【会社でのTシャツ作成】キャンペーンなどに使用する場合「品質を最重視」

会社で販促やキャンペーン用に作るTシャツ、何を重視しますか?

販売目的だけでなく、会社のキャンペーンや販促用にTシャツを作成する場合もあるでしょう。
ではそんな販促やキャンペーンのためにTシャツを作成する場合、何を重視して作るでしょうか。
また、デザインは誰が行って、どんなデザインにする場合が多いのでしょうか。

今回は、株式会社プリズマと共同で、「会社内で販促やキャンペーン、または販売目的でオリジナルのTシャツを作成したことがある」と回答した全国の男女300名を対象に、販促やキャンペーン用のTシャツについてアンケートをおこないました。

「販促やキャンペーン用のTシャツに関するアンケート」調査概要
調査手法 インターネットでのアンケート
※自社運営のアンケートサイト「ボイスノート」を利用して調査を実施
調査対象者 事前調査で「会社内で販促やキャンペーン、または販売目的でオリジナルのTシャツを作成したことがある」と回答した男女
調査期間 2021年10月26日~10月28日
質問内容 質問1:Tシャツを作成する業者を選択するときにもっとも重視したことは何ですか?
質問2:それを重視した理由を教えてください。
質問3:プリントデザインはどのように作成しましたか?
質問4:作成したTシャツにプリントしたデザインのモチーフは何ですか?
質問5:そのデザインにした理由を教えてください。
質問6:そのオリジナルTシャツの作成で困ったことはありましたか?
集計対象人数 300人

※原則として小数点以下第2位を四捨五入し表記しているため、合計が100%にならない場合があります。

Tシャツを作成する業者を選択するときには「品質を最重視」が45%

まずは、Tシャツを作成する業者を選択するときにもっとも重視したことについて聞きました。

「品質を重視した」と回答した方が45%と、もっとも多い結果になりました。
それぞれの回答をした方に、それを重視した理由についても聞きました。

「品質」を重視した理由

  • すぐにくたくたになるようでは会社のイメージが損なわれる(60代・男性)
  • 1度洗濯したくらいで着れなくなるようでは困る。品質を重視したい。(70代・男性)
  • Tシャツの安物は、直ぐに色落ち、型崩れするので、品質が大事。(70代・男性)
  • ひとつのイベントで着なくなってしまうのはもったいないし、その後も来てくれれば活動の宣伝や活性化につながるので、できる限り予算と考えながら質のいいもので作ったことがあるから。(60代・男性)
  • すぐに首回りがよれてくるものは会社の評判を落とすから(50代・男性)
  • 着心地や速乾性が大事なので質が良く技術力のある企業にした。(60代・男性)
  • キャンペーンを信頼性のあるものにするには、信頼性のある品質が必要です。(70代・男性)
  • コマーシャルのための贈答用なので、できるだけ良い商品を提供するために品質も重要な要素と考えた(70代・男性)
  • キャンペーンに景品として利用のため、色落ちやよれよれにならない品質に重きを置く(70代・男性)
  • アウトドアで使う物を作るので、しっかりした作りの物を選んだ。(60代・男性)
  • 心地よく身につけてもらわないことには始まらない(40代・女性)

「品質」を重視した理由としては、キャンペーンなどで使う場合、Tシャツの品質が悪いと会社の評判を落とす恐れもあるからなどがありました。

「価格」を重視した理由

  • かけられる経費が決まっていたから。(30代・女性)
  • 結構な枚数を作る必要があったので、予算内で納られうようにする必要があったから(40代・男性)
  • 大量に作るので、少しでも安いほうが良い。(50代・男性)
  • 長く着る物では無いし、販促用なので、コストがかからない事が大事だと思います(30代・女性)
  • 社員が買うのをためらわない価格がよいから(40代・男性)
  • 予算があるので先ずは価格ありきでないと話は進展しないからです。(40代・男性)
  • テレビ番組のスタッフTシャツとのちに視聴者様プレゼント用だったので。(50代・女性)
  • やはり数が多くなると価格は安いほうがいい。(50代・男性)
  • イベントで一度着る為だけに作ろうと思ったものなので、とにかく安く作れればそれでよかった。(40代・男性)
  • 2日しか使わないものだから安いほうがよかった。(50代・男性)

「価格」を重視した理由としては、予算が決まっているからや、イベントなどで一時的にしか使用しないからなどがありました。

「信頼性」を重視した理由

  • 適当な仕事をしてほしくないから。(30代・女性)
  • 金銭のやり取りでもあるので、信頼できた方がいいと思うから。(20代・女性)
  • 多くのメンバーからの賛同を求められるから。(40代・男性)
  • 面と向かい合い挨拶→話す→依頼のいきさつ等々でその人となりが分かるから。(40代・男性)
  • 信頼がおけないと、後日トラブル等あった場合は非常に不安なため。(50代・男性)
  • 実積のある会社で信頼できたから。(70代・男性)
  • 他社の登録商標などの侵害に注意。(70代・女性)
  • 自分の作品は信頼できる人にまかせたい。(50代・男性)

「信頼性」を重視した理由としては、実績があって信頼できる会社の方が賛同が得やすいからなどがありました。

Tシャツデザインは14.7%が「社内コンペ」で作成

続いて、プリントデザインはどのように作成したかについて聞きました。

「社内のスタッフやデザイナー」がもっとも多く、48%という結果になりました。
その作成したTシャツにプリントしたデザインのモチーフについても聞きました。

56.7%が「会社のロゴやマーク」と回答し、もっとも多い結果になりました。
それぞれのデザインした理由についても聞きました。

Tシャツのデザインとその理由

デザイン そのデザインにした理由(年代・性別)
スローガンやメッセージ 統一感を出したかったから。(40代・男性)
会社のロゴやマーク
スローガンやメッセージ
納涼祭につき、会社ロゴや感謝の言葉・納涼祭をアピール。(60代・男性)
会社のロゴやマーク 会社の存在感をアピールするため。(50代・男性)
会社のロゴやマーク 会社の宣伝のため。(60代・男性)
その他(社章) みんなが親しめる(60代・男性)
会社のロゴやマーク 社長の鶴の一声(50代・女性)
会社のロゴやマーク
スローガンやメッセージ
来ていただいた方に、制作の意図が伝わることがポイントだから。(70代・男性)
会社のロゴやマーク 社名と商品名を印象づけるため。(70代・男性)

会社の社名などを印象付けるために「会社のロゴやマーク」のデザインにする場合が多いようです。

20.7%が、Tシャツの作成で「困ったことがあった」

続いて、そのオリジナルTシャツの作成で困ったことはあるか聞きました。

20.7%の人が、「困ったことがあった」と回答しました。
どのようなことで困ったか具体的に聞きました。

Tシャツの作成で困ったこと

  • 細かい絵が大変だった。(30代・女性)
  • 社内の意見がわかれること。(70代・男性)
  • デザインで揉めた。(50代・女性)
  • 他社の登録商標侵害(70代・男性)
  • サイズが足りないものが出た。(70代・男性)
  • 絵柄のデザインのイメージがなかなかうかばなかった。(50代・男性)

社内で意見が分かれたり、デザインで揉めることも少なくないようです。

まとめ

今回は「販促やキャンペーン用のTシャツ」に関するアンケートの結果を紹介しました。
会社のキャンペーンなどでTシャツを使う場合、そのTシャツの品質が悪いと会社の評判を落としてしまう可能性もあることから、「品質」をもっとも重視する場合が多いようです。

また、Tシャツのデザインは社内で作成した方が多く、「会社のロゴやマーク」をプリントする場合が多いようです。
社内でデザインなどを行う場合、意見がわかれて揉めるということも少なくないようです。

SNSでもご購読できます。

No.1リサーチ 満足度モニター調査