ITエンジニアとして働くなら正社員?それともフリーランス?

正社員?フリーランス?ITエンジニアとして働くならどっち!?

どんな業種でもフリーランスとして自営業で働く方が良いか、正社員として会社に属していた方が良いのかという悩みはあるかと思います。
フリーランスと正社員それぞれメリットやデメリットがあると思いますが、「ITエンジニア」という職種の場合はどうでしょう。
実際に「ITエンジニア」の職に就いたことがある方は、フリーランスと正社員どちらで働く方が良いと思っているのでしょうか。

今回は、フリーランスITエンジニアのマッチングサービス『moveIT!』を運営する株式会社アクロネットと共同で、ITエンジニアの職に就いたことがある方々にアンケートを実施しました。

「ITエンジニアに関するアンケート」調査概要
調査手法 インターネットでのアンケート
※自社運営のアンケートサイト「ボイスノート」を利用して調査を実施
調査対象者 事前調査にて「ITエンジニアの職に就いたことがある」と回答した男女
調査期間 2021年11月14日~11月16日
質問内容 質問1:フリーランスITエンジニアとして働いたことがありますか?
質問2:ITエンジニアとして働くにあたって、フリーランスと正社員ではどちらのほうが良いと思いますか?
質問3:その回答の理由を教えてください。
集計対象人数 280人

フリーランス経験者と未経験者で大きな差

ITエンジニアとして働くなら、フリーランスと正社員どちらの方が良いと思うかについて聞きました。

67.5%の方が「正社員の方が良いと思う」と回答しました。
では、フリーランスとして働いたことがある方とそうではない方では、回答に差があるのでしょうか。
フリーランス経験の有無についても回答していただき、別々で集計も行いました。

まずフリーランス経験の有無についての結果はこちらです。

「フリーランスの経験がない」と回答した方の場合

「正社員」と回答した方が71.7%と、フリーランスとして働いたことがない方の多くが正社員として働いたほうが良いと思っているようです。
それぞれの回答をした方に、その理由についても聞きました。

正社員の方が良いと思う理由

  • 自分で仕事をとる実力があれば、フリーランスの方が稼げるが、ITエンジニアとしてはまだ勉強中である場合は、会社で仕事をしながら上司や同僚に教えてもらって技術を磨くのがいいと思うから(20代・女性)
  • 厚生年金や退職金の制度があるため。(20代・男性)
  • 社会保障費や各経費を考慮すると、フリーランスでの実質的収入が会社員を超えるには、かなりの努力を要すると思われるから。(50代・男性)
  • 会社を背負って責任を持った仕事ができる。(70代・男性)
  • 毎月決まった額の収入があるから。(70代・男性)
  • 給与の面で安定しているので生活に不安が出ないから。(40代・男性)
  • フリーランスでは長期的に仕事をしてゆくことが難しいと思います。(60代・男性)
  • フリーランスの場合、収入が景気に左右されやすい。(60代・男性)
  • よほど技術力が高くないとフリーは厳しいのではないか。(50代・女性)
  • やはり安定しているので正社員を選びます。(40代・女性)

フリーランスの方が良いと思う理由

  • 収入がいいので。技術があればフリーランスでやるべき。(40代・男性)
  • 自由がきく方が良いと思ったから(30代・男性)
  • 作成したプログラムのが自分のものになる。(70代・男性)
  • 部下の管理とか余計な縛りがないから楽でいい。(50代・男性)
  • 自ら営業出来て、得意な分野で仕事が出来る。(50代・男性)

どちらともいえない理由

  • 双方メリットがあるからスキルや時間に合わせて選択するほうがよい。(40代・男性)
  • フリーランスで十分な収入が得られればよいが、少ないなら通常勤務でもいい。(60代・男性)
  • フリーランスは安定しないが、技術さえあれば高収入が期待できる。(60代・男性)
  • フリーランスとして働いた事はありませんがフリーランスの方が自由度は高そうだけど安定性はなさそうかなと思ったので。(40代・男性)
  • フリーのメリットは、自由度高いこと。半面仕事にうまくありつけるかどうか?は微妙。社員は、忙しければ、社畜だし、好きな仕事ばかりとは言えない。(50代・男性)
  • 絶対的なスキルが有ればフリーでもよいと思うが、中途半端な腕ではまともに暮らしていけないと思う。(50代・男性)
  • フリーランスで十分な収入が得られればよいが、少ないなら通常勤務でもいい。(60代・男性)

「フリーランスの経験がある」と回答した方の場合

「フリーランス」と回答した方が35.4%と、フリーランスとして働いたことがない方に比べると多い結果になりました。
それぞれの回答をした方に、その理由についても聞きました。

正社員の方が良いと思う理由

  • 仕事を得るための縁が見つかりにくい。また、安定した給与がないと大胆な方法に出づらい。(40代・女性)
  • 営業力に自信がないので。(50代・女性)
  • 給与の面で安定しているので生活に不安が出ないから。(40代・男性)
  • 役割が明確だから。(50代・男性)
  • 収入や税金の管理が面倒くさいし、社員の頃の年収を超えたことがないから。(50代・男性)

フリーランスの方が良いと思う理由

  • 働く時間を自由に決めれるから。(30代・男性)
  • 自分の能力を最大限売れる。(70代・男性)
  • 大変な案件の時、正社員は逃げられない(60代・男性)
  • 実力次第で努力で何とでもできる。(70代・男性)
  • 社員だとメチャクチャ安い給料でこき使われる。フリーランスだと社員の3倍は稼げる。ただし、健康保険や税金、年金などは自前だし、確定申告も面倒くさい。さらに、体調崩したりしても納期は待ってくれないし、休業補償もない。リスクが多いがそれを上回る稼ぎがあるから(50代・男性)
  • 契約が自由にとれてストレスがないから(30代・男性)

どちらともいえない理由

  • 社員はある程度保障されているがフリーランスは保障がない、その代わりある程度の自由がある。(60代・男性)
  • 社員のほうが安定感はあるが自由度が少ない。(60代・男性)
  • 正社員は正社員なりに、フリーランスはフリーランスなりにいいとこがあるのです。(60代・男性)
  • フリーランスでも契約の内容次第では、正社員より収入が落ちることがある。全体的にみると厚生費や諸税金、最終的には年金の収入額まで考えると、正社員の方が有利です。フリーランスはあくまで一時的なもので、それを継続させるのは非常に才能がいる。(70代・男性)

まとめ

今回はITエンジニアの職に就いたことがある方々に、正社員かフリーランスどちらで働く方が良いと思うかについての調査結果を紹介しました。
67.5%の方が「正社員の方が良いと思う」と回答し、その理由としてはフリーランスでの実質的収入が会社員を超えるにはかなりの努力を要すると思われるからや、給与の面で安定しているので生活に不安が出ないからなどがありました。
一方で「フリーランスの方が良いと思う」と回答した方は、自ら営業出来て、得意な分野で仕事が出来るからや、自分の能力を最大限売れるからなどの理由がありました。

また、実際にフリーランスとして働いたことがある方と、フリーランスとしては働いたことが無い方を別々で集計した結果も紹介しました。
「フリーランスの方が良いと思う」と回答した方の割合が、フリーランスとして働いたことがある方は35.4%、フリーランスとして働いたことが無い方は8.3%と大きく差が出る結果になりました。

SNSでもご購読できます。

No.1リサーチ 満足度モニター調査