【2022年のお年玉】お年玉を渡した方の7割以上が「本人に手渡し」

コロナ禍でお年玉の金額や渡し方に変化はありましたか?

2022年がスタートしました。オミクロン株への心配は続きますが、新型コロナの新規感染者数が落ち着いていることもあり、数年ぶりに帰省をしたり、親族一同で集まった方もいるのではないでしょうか。
子どもたちにとっては「お年玉」もお正月の楽しみの一つです。
コロナ禍で迎えるお正月ですが、お年玉の渡し方や金額に変化はあるのでしょうか。

今回は、全国の男女2,300名を対象に「お年玉に関するアンケート」を実施しました。

「お年玉に関するアンケート」調査概要
調査手法 インターネットでのアンケート
※自社運営のアンケートサイト「ボイスノート」を利用して調査を実施
調査対象者 男女
調査期間 2022年1月2日~1月4日
質問内容 質問1:お年玉をあげたことはありますか?
質問2:2022年にお年玉をあげる予定はありますか?
質問3:お年玉の渡し方に変化はありますか?
質問4:コロナ禍以前のお年玉の渡し方は?[複数回答可] 
質問5:質問4の回答の理由を教えてください。
質問6:2022年のお年玉の渡し方は?[複数回答可] 
質問7:質問6の回答の理由を教えてください。 
質問8:コロナ禍でお年玉の金額に変化はありますか?
質問9:質問8の回答の理由を教えてください。
集計対象人数 2,300名

※原則として小数点以下第2位を四捨五入し表記しているため、合計が100%にならない場合があります。

これまでにお年玉を渡したことがある方の半数は「2022年はあげる予定はない」

初めに、これまでにお年玉をあげたことがあるかどうかを聞きました。

66.6%の方が、これまでにお年玉をあげたことが「ある」と回答しました。

次に、2022年にお年玉をあげる予定があるか聞いてみました。

37.8%の方が、「あげる予定がある(あげた)」と回答しました。

これまでにお年玉をあげたことが「ある」と回答した方と「ない」と回答した方に分けて、「2022年にお年玉をあげる予定はあるか」をまとめました。

これまでにお年玉をあげたことが「ある」方の53.1%が、2022年もお年玉を「あげる予定がある(あげた)」と回答しています。

お年玉は「本人に手渡し」が多数

コロナ禍以前と2022年で、お年玉の渡し方には変化はあるのでしょうか。

コロナ禍前と2022年の両方でお年玉をあげたことがあると回答した813名に「お年玉の渡し方」に変化があるか聞いてみました。

23.1%の方が、渡し方に「変化がある(あった)」ようです。

具体的に、コロナ禍前はどのように渡していたのでしょうか。

お年玉を渡したことがあると回答した1,531名に、コロナ禍以前のお年玉の渡し方を聞いてみました。

87.3%の方が、「本人に手渡し」と回答しました。その渡し方を選んだ理由についても聞いてみました。

「本人に手渡し」を選んだ理由

  • 手渡すのが当然だと思っているから。(60代・女性)

  • 昔からの習慣。(60代・男性)

  • 喜ぶ顔を見たいから。(50代・女性)

  • お金のありがたみを教えるため。(40代・女性)

  • 気持ちが伝わるから。(60代・男性)

「本人以外に預ける」を選んだ理由

  • 本人がまだ幼いから。(60代・男性)

  • 本人に会うことがほとんどない。(50代・女性)

「郵送」「振込」「電子マネー」を選んだ理由

  • 離れて住んでいるので。(70代・女性「郵送」)

  • 遠方にいるので手渡しができないから。(30代・男性「振込」)

  • 便利だから。(60代・男性「電子マネー」)

お正月に集まった時に習慣的に「手渡し」する方が多いようです。

では、2022年の渡し方はどうなのでしょうか。

2022年にお年玉を「あげる予定がある(あげた)」と回答した870名に、渡し方を聞きました。

77.5%の方が「本人に手渡し」と回答しました。コロナ禍以前に比べて、10%程度低くなっています。「本人以外に預ける」が2.5%増え、「郵送」「振込」「電子マネー」もコロナ禍以前より増えているようです。

その渡し方を選んだ理由についても聞いてみました。

「本人に手渡し」を選んだ理由

  • 直接会うことができたので。(30代・女性)

  • 本人に渡した方が気持ちが伝わるから。(50代・男性)

  • 喜ぶ顔が見たいから。(60代・男性)

  • 2年ぶりにお正月に会えるから。(70代・女性)

  • 手渡しの方がありがたみがあるから。(60代・男性)

「本人以外に預ける」を選んだ理由

  • コロナ禍で会えないから。(40代・女性)

  • できるだけ集まらないようにしているから。(40代・男性)

「郵送」「振込」「電子マネー」を選んだ理由

  • 孫が帰省してこなかったので郵送にした。(70代・男性「郵送」)

  • オンライン帰省で直接会わなかったから。(30代・女性「郵送」)

  • 遠方にいるから。(60代・男性「振込」)

  • お金を郵送するのは気がひけるので、電子マネーであれば簡単だから。(40代・女性「電子マネー」)

お年玉は直接会って渡すという回答が多くある中で、新型コロナを心配して「郵送」「振込」「電子マネー」を選ぶ方もいるようです。

コロナ禍でもお年玉の額は変わらず

お年玉の額にコロナの影響はあったのでしょうか。

コロナ禍前と2022年にお年玉を「あげる予定(あげた)」と回答した813名に「コロナ禍でお年玉の金額に変化があったか」聞きました。

87.8%の方が「変化なし」と回答しました。

それぞれの回答の理由についても聞いてみました。

「変化なし」回答理由

  • 年齢で金額を決めているから。(60代・男性)

  • 親族で決まっている額があるから。(50代・女性)

  • コロナとお年玉は関係ないから。(40代・女性)

  • コロナ禍でも今まで通りにしてあげたいので。(40代・男性)

  • 景気に連動するものではないから。(60代・男性)

「金額が増えた」回答理由

  • 年齢が上がったから。(60代・男性)

  • 会えない分を上乗せした。(70代・女性)

「金額が減った」回答理由

  • コロナの影響で収入が減ったから。(40代・男性)

  • 給料が減ったから。(40代・女性)

まとめ

今回の調査では、お年玉の渡し方と金額の変化についてアンケートを実施しました。

これまでにお年玉を渡したことがある方の23.1%が渡し方に「変化がある(あった)」と回答しました。お年玉の渡し方でもっとも多かったのが、コロナ禍前、2022年ともに「本人に手渡し」でした。

新型コロナへの不安から「本人以外に預ける」「郵送」「振込」「電子マネー」を選択する方の割合も増えているようです。

お年玉の額については、87.8%の方がコロナ禍前と2022年で「変化なし」と回答しています。コロナとお年玉は切り離して考えている方が多いようです。

少数でしたが、コロナによる収入状況の変化により「金額が減った」と回答する方もいました。

SNSでもご購読できます。

No.1リサーチ 満足度モニター調査