【子どもの大学どう選ぶ?】2割以上が、本来の学力より高めの大学を選んだ

子どもの志望大学を決めたきっかけは?

志望校の決定は、今後の人生を大きく左右する決断です。
あとから後悔してしまわないよう、本人の意志を第一優先に子どもに適した大学をじっくり検討する必要があるでしょう。

ということで今回は、医学部受験予備校 医進の会と共同で、事前調査で「大学に通っている、もしくは過去に大学に通っていた子どもがいる」と回答した全国の男女317名を対象に、塾や予備校についてアンケートを実施しました。

「子どもの志望大学を決めたきっかけに関するアンケート」調査概要
調査手法 インターネットでのアンケート
※自社運営のアンケートサイト「ボイスノート」を利用して調査を実施
調査対象者 事前調査で「大学に通っている、もしくは過去に大学に通っていた子どもがいる」と回答した全国の男女
調査期間 2024年1月13日 ~2024年1月16日
質問内容 質問1:子どもの志望校はどのように決めましたか?重視した点をすべて選んでください。
質問2:その志望校に受かるために、塾や予備校などには通わせていましたか?
質問3:その理由を教えてください。
質問4:本来の学力と比べて、どれくらいの大学を選びましたか?
質問5:その理由を教えてください。
集計対象人数 317人

※原則として小数点以下第2位を四捨五入し表記しているため、合計が100%にならない場合があります。

79.2%が「子どもの学力」で志望校を決めた

まずは子どもの志望校はどのように決めたか、重視したポイントをすべて選んでもらいました。

79.2%の方が「子どもの学力」で志望校を決めた、と回答しています。
続いて多かったのは「学部・学科」で48.6%でした。
また「その他」で挙がっていたのは「スポーツ推薦」や「本人の希望」などでした。

56.2%がその志望校に受かるために、塾や予備校などに「通わせていた」

また、志望校に受かるため、塾や予備校などに通わせていたか聞いてみました。

56.2%の方がその志望校に受かるために、塾や予備校などに「通わせていた」と回答しています。
それぞれ理由を聞いてみたので、一部を紹介します。

志望校に受かるために、塾や予備校などに「通わせていた」その理由は?

  • もうひとつ上を目指せるかもしれなかったから。(40代・男性)
  • 確実に入学できるようにしたかったため(60代・女性)
  • 独学での合格は、かなり難しいとおもったから(60代・男性)
  • とにかくどこかしらの大学には合格しないと高校卒業時点での就職意志は無かったし、就きたい職業もはっきり決まってなかったから(40代・女性)
  • 志望校の模試判定が少し厳しかったので予備校に通わさせてました(50代・男性)

「合格するための学力をつけるため」「少しでもランクの上の学校に入学できるように」などの理由が多く挙がっていました。
ほかにも「本人が行きたいと希望したため」といった理由も少なくありませんでした。

一方で、塾や予備校などに「通わせていない」と回答した方の理由を見てみましょう。

志望校に受かるために、塾や予備校などに「通わせていない」その理由は?

  • 高校時代は部活で忙しかった為(40代・男性)
  • AO入試一択だったので(50代・女性)
  • お金がないから(50代・男性)
  • 近くに塾がなかった(60代・女性)

「部活で忙しかった」や「スポーツ推薦・AO入試だったから」のほか、「本人の希望だった」といった声も少なくありませんでした。

21.1%が「本来の学力より高めの大学を選んだ」

さらに、本来の学力と比べて、どれくらいの大学を選んだか聞いてみました。

21.1%が「本来の学力より高めの大学を選んだ」と回答しています。
それぞれ理由を聞いてみたので、一部を紹介します。

「本来の学力より高めの大学を選んだ」その理由は?

  • 挑戦する価値があるので。(60代・男性)
  • できるだけ知名度や偏差値の高い行きたい学校を選んだ(40代・女性)
  • 上昇志向を常に持って望むとあとあとの人生で必ず役立つときが来るから(50代・男性)
  • 上を目指してほしかったから(50代・女性)
  • 本人がその大学に行きたいと言ったので(50代・女性)

「ちょうどいい大学を選んだ」その理由は?

  • 高すぎてついていけないかもしれなかったから。(40代・男性)
  • 塾の判定や学校の先生からの勧められる学校を希望した。(60代・女性)
  • プレッシャーがかからない程度がいいから(50代・男性)
  • 無理をするとあとが大変(50代・女性)
  • 現役で合格したかったから(60代・女性)

「本来の学力より低めの大学を選んだ」その理由は?

  • 受かりたかったから(50代・女性)
  • 子供の意思(60代・男性)

まとめ

今回は「子どもの志望大学を決めたきっかけ」に関する調査を行い、その結果について紹介しました。
79.2%が「子どもの学力」で志望校を決めた、と回答しています。

また21.1%が「本来の学力より高めの大学を選んだ」と回答しており、その理由としては「上を目指してほしかったから」や「努力する大切さを知ってもらいたかったから」などが挙げられていました。

子どもの大学は、今後の人生を大きく左右する選択となります。
受験する本人の意図もしっかりと汲み取って、双方ともに納得のいく選択を導き出しましょう。

SNSでもご購読できます。