トレンド調査

【いまや冬の風物詩】節分に恵方巻を食べますか?

「恵方巻」の風習は定着しているのか

年が明けてお正月ムードが薄れてくると毎年、飲食店や小売店による「恵方巻商戦」が始まります。

恵方巻とは、節分の日に恵方(歳徳神がいるとされる方向、吉方)に向かって食べる巻き寿司、またはその風習のことで、その食べ方には「願いことを思い浮かべながら無言で食べきる」「笑いながら食べる」など地域によっても違いがあるようです。

恵方巻を食べる風習はもともと全国的ではなく、関西地方のみでおこなわれているものでした。1990年代から一部のコンビニが、「恵方巻」という巻き寿司を全国販売したことで広まり始めた、比較的新しい風習です。

定着したように見える恵方巻ですが、近年では、各店舗での売れ残りの廃棄についても毎年問題視されるようになってきました。恵方巻は、「生産者側」が考えているほど「消費者側」ではまだまだ一般的な風習ではないのでしょうか。

そこで、どの程度の方が恵方巻を食べるのか調査してみました。

「恵方巻に関するアンケート」調査概要
調査手法 インターネットでのアンケート
※自社運営のアンケートサイト「ボイスノート」を始め複数の調査サービスを利用して調査を実施
調査対象者 全国の男女
調査期間 2020年1月24日~1月27日
質問内容 質問1:今年の「恵方巻」について、あなたが最も当てはまるものを選んでください。
質問2:今年の恵方を知っていますか?
質問3:今年の恵方をお答えください。
集計対象人数 1,717人

約5割は恵方巻を食べる

まずは、恵方巻を食べるのか聞きました。
グラフ1-3

今回の調査では、「予約注文する(した)」方が8.3%、予約はしないものの「当日は食べる」という方が39.4%と、合わせておよそ5割の方が、「今年は恵方巻を食べる」という結果となりました。

また、恵方巻を食べる方の大半が「予約注文はしない」との回答でした。予約状況だけでは節分の当日にどれだけの方が購入するかわからないことを踏まえると、生産者側が過剰に供給してしまうのも致し方ないことなのかもしれません。

いずれにしても、半数近くの方がおこなう風習であれば、十分に「一般的な風習」と言えるのではないでしょうか。

ところで、「恵方」をわかっていますか?

さて、およそ半数の方がおこなっている風習「恵方巻」ですが、恵方巻を食べる時は「恵方」を向く必要があります。恵方は「歳徳神がいるとされる方向」とされていて、毎年変わります。
ちなみに2020年は「庚(かのえ)」の方向となり、「西南西のやや西」にあたります。360°式では「255°」の方位です。
この恵方をわかっている方はどの程度いるのでしょうか。

恵方巻を「食べる」という方818名に、まずは恵方を知っているか聞きました。

グラフ2

18.8%の方が「知っている」と回答しました。

続いてその方に、今年の恵方がどの方向であるか答えていただいたところ、次のような結果となりました。

グラフ3

「庚(かのえ)」「西南西のやや西」「西南西」「255°」、以上のいずれかを回答すれば正解としたところ、正解者は74.7%という結果となりました。

不正解だった25.3%の方は、誤った方向を恵方だと思っている状態です。このまま間違った認識でいると、歳徳神様がいない方向を向いて巻き寿司を食べてしまうという残念な結果となりかねないので、節分までに何とか恵方を正しく知っていただきたいものです。

恵方巻は、半数の方がおこなう一般的な風習ではありますが、裏を返せば半数はおこなっていないものでもあります。今後、恵方巻を食べる方が増えることは考えられますが、これまで生産者側の供給過多であったことは否めないので、この点を今一度見直していただき、消費者側が恵方巻を心から楽しめるようになることを切に願います。

【国会招集】2020年通常国会に期待していますか?

2020年通常国会に期待しているのは約3割

2020年1月20日、通常国会が招集されました。

補正予算案・新年度予算案の成立をはじめ、さまざまな法案についての審議が予定されていますが、同時に野党からの汚職事件や「桜を見る会」などへの激しい追及も予想されます。

今回の調査では、国会や政権について聞きました。

「政治に関するアンケート」調査概要
調査手法 インターネットでのアンケート
※自社運営のアンケートサイト「ボイスノート」を始め複数の調査サービスを利用して調査を実施
調査対象者 全国の男女
調査期間 2020年1月21日~1月22日
質問内容 質問1:今期の通常国会に期待していますか?
質問2:現在の安倍政権を支持していますか?
集計対象人数 1,074人

通常国会に期待を寄せている人は3割

まずは単刀直入に、今期の通常国会に「期待」しているのかどうかを聞きました。

通常国会に期待している?

今回の調査では、「期待している」と回答した方は27.5%となりました。
多くの方が「期待していない」と回答しています。

つづいて、現在の安倍政権についての支持・不支持も伺いました。

安倍政権を支持していますか?

「支持している」と回答した方は27.7%と「支持していない」が15ポイントほど上回りました。

政権支持者も国会に期待する人は約半数

最後に、国会に期待する割合を政権への支持・不支持別に集計しました。

政権支持×国会期待

安倍政権を「支持する」と回答した方で、通常国会に「期待している」と回答した方は59.4%、
「支持しない」と回答した方で通常国会に「期待している」と回答した方は13.2%となりました。

通常国会の会期は150日間、6月17日までの予定です。

【2020シーズンも流行中】インフルエンザ対策していますか?

インフルエンザ対策してますか?

インフルエンザ、予防接種は必要ない!?

例年秋から春にかけて猛威を振るうインフルエンザ。
令和初の年またぎとなった2019年から2020年にかけても流行が確認されています。

そこで日本トレンドリサーチでは、インターネットアンケートで全国の方にアンケートを実施、インフルエンザの予防接種やマスクの着用について調査してみました。

「季節に関するアンケート」調査概要
調査手法 インターネットでのアンケート
※自社運営のアンケートサイト「ボイスノート」を始め複数の調査サービスを利用して調査を実施
調査対象者 全国の男女
調査期間 2020年1月16日~1月17日
質問内容 質問1:今シーズン(2019年秋以降から現在まで)、インフルエンザの予防接種を受けましたか?
質問2:予防接種を受けていない理由について最も当てはまるものを選んでください。
質問3:今シーズン、外出時などにマスクを着用していますか?
※10問程度実施した中から抜粋
集計対象人数 1,086人

予防接種実施率は3割程度

まずは、今シーズン(2019年秋以降から調査時点まで)にインフルエンザの予防接種を受けたかどうかを聞きました。

インフルエンザの予防接種受けた?

今回の調査では、インフルエンザの予防接種実施率は30.7%となりました。
7割の方が「受けていない」と回答しています。

「受けていない」と回答した方には続けてその理由も聞きました。

インフルエンザの予防接種受けていない理由

予防接種自体を「必要ないと思っている」という回答が最も多く、62.4%となりました。

毎年「流行している」とされるインフルエンザですが、それでも「自分とは関係ない」と考える方が多いようです。

外出時のマスク着用は4割

外出時のマスク

「外出時にマスクを着用している」と回答した方は、39.5%。
インフルエンザの予防接種よりは1割程度多い結果となりました。

「予防接種はシーズンに入る前に受けないと意味がない」とか「マスクにインフルエンザ予防効果はない」といった話も見聞きしますが、何もしないよりは「まし」であるはずです。
まだまだこれからもインフルエンザのシーズンは続きます。
体調を崩さないように、できうる対策はしっかりと行なっていきたいですね。

【2020・東京オリンピック】注目度の高い競技は?

記念すべき自国開催、どこで観る?

いよいよ東京オリンピックの開催が今年に迫りました。

世界的なスポーツの祭典であるオリンピックが自国で開催されるのは、人生においてそう何度も経験できるものではありません。めったにない機会ですので、できることなら生で観たいところですが、「仕事を休めない「「開催地までが遠い」「チケット代が高すぎて買えない」などなど問題も多く、自国開催だからといって、生で観ることは簡単ではなさそうです。

さて、そんな東京オリンピックですが、現時点でどのくらい関心があるのか調査してみました。

「東京オリンピックに関するアンケート」調査概要
調査手法 インターネットでのアンケート
※自社運営のアンケートサイト「ボイスノート」を始め複数の調査サービスを利用して調査を実施
調査対象者 全国の男女
調査期間 2020年1月8日~1月10日
質問内容 質問1:あなたは、東京オリンピックを観戦しますか?
質問2:最も楽しみにしている競技はどれですか?
質問3:その競技が楽しみな理由を教えてください。
集計対象人数 1,660人

観戦

「会場に行って直接観たい」は4.4%、「テレビなどで観たい」は67.6%で、合わせて7割以上の方は関心があるという結果となりました。一方で約3割は「特に関心はない」と回答しました。自国開催とはいえ、関心がないものはないようです。

最も楽しみな競技、一位はあの花形スポーツ

続いて、東京オリンピックを「観る」と回答した方に、最も観たい競技を聞いてみました。実施が決定している33競技から選んでもらった結果、上位10競技はこのようになりました。

参考:競技|東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の公式ウェブサイト

オリンピック2-2

楽しみにされている競技一位は「陸上競技」で21.4%でした。
楽しみな理由も併せて答えていただいているのですが、「陸上競技は花形だから」という回答が目立ちました。「オリンピックといえば陸上競技」というイメージを持っている方は少なくないようです。また近年、短距離種目で世界レベルの日本人選手が多くなってきたことも、楽しみの理由として多くありました。

二位以降の競技も同様に、いずれも日本人選手が世界レベルで活躍している競技でした。「メダルを期待できるから楽しみ」という方が多かったことからも、メダル獲得の瞬間を目撃することがオリンピックの楽しみ方の一つと言えそうです。

東京オリンピックまであと半年

少し前まで“近未来”ぐらい先のことだと思っていた東京オリンピックも、いよいよ今年のこととなりました。オリンピックでは、歴史に残る伝説が毎回と言って良いほど生まれています。

そんなオリンピックが自国開催されるのは、人生に二度はないことと言っても過言ではありません(55年前にも開催されていますが、次はいつ開催されるのかわかりません!)。楽しみな方もそうでない方も、東京オリンピックの成功と選手たちの活躍を祈りましょう!

No.1リサーチ 満足度モニター調査