2022年 3月 の投稿一覧

「鼻うがい」の目的、54.7%が「花粉症・アレルギー対策」

花粉症シーズン到来、鼻うがいをしたことはありますか?

西日本から本州にかけて、スギ花粉の飛散が本格化してきました。

花粉症対策でマスクや眼鏡を着用したり、薬を服用している方もいるのではないでしょうか。
新型コロナ対策と同様、うがいや手洗いも花粉症に効果があるようです。

うがいといえば、口に水を含んで行う喉うがいが一般的ですが、鼻から洗浄液を入れて、鼻もしくは口から出す「鼻うがい」に関する商品も販売されています。
アメリカのオーガスタ大学の研究によると、「鼻うがい」は新型コロナの重症化を防ぐ効果もあるようです。

今回は、全国の男女計500名を対象に「鼻うがいに関するアンケート」を実施しました。

「鼻うがいに関するアンケート」調査概要
調査手法 インターネットでのアンケート
※自社運営のアンケートサイト「ボイスノート」を利用して調査を実施
調査対象者 男女
調査期間 2022年3月3日~3月9日
質問内容 質問1:「鼻うがい」をしたことはありますか?
質問2:「鼻うがい」どれぐらいの頻度で行いますか?
質問3:「鼻うがい」をしてみたいと思いますか?
質問4:回答の理由を教えてください。
質問5:具体的に教えてください。
質問6:「鼻うがい」の目的を教えてください。[複数選択可] 
質問7:具体的に教えてください。
質問8:「鼻うがい」による効果・変化はありましたか?
質問9:具体的に教えてください。
集計対象人数 500名(20代以下・30代・40代・50代・60代以上 各年代 男女各50名)

※原則として小数点以下第2位を四捨五入し表記しているため、合計が100%にならない場合があります。

30.0%の方が「鼻うがい」をしたことが「ある」

初めに、「鼻うがい」をしたことがあるか聞きました。

30.0%の方が鼻うがいをしたことが「ある」ようです。

鼻うがいをしたことが「ある」と回答した方に、どれぐらいの頻度で鼻うがいをしているのか聞きました。

最も多かったのが「年に1回よりも少ない」で、31.3%でした。
13.3%の方は「毎日」鼻うがいをしているようです。

鼻うがいをしたことが「ない」と回答した方に、鼻うがいをしてみたいか聞きました。

21.7%の方は鼻うがいをしてみたいと「思う」ようです。

それぞれの回答の理由を聞いたので、一部を紹介します。

「鼻うがいをしてみたいと思う」理由

  • 花粉症や風邪に効果が高そうだから。(40代・女性)
  • 鼻詰まりなどが減るような気がするから。(20代・男性)
  • すっきりするし、コロナ予防にもなりそう。(60代・女性)
  • リフレッシュできそうだから。(30代・男性)
  • アレルギー鼻炎だから。(60代・女性)
  • 健康に良さそうだから。(30代・女性)
  • 興味がある。(10代・女性)
  • 効果があるか試したいので。(50代・男性)

「鼻うがいをしてみたいと思わない」理由

  • 痛そう。(50代・女性)
  • 怖いし、むせてしまいそうだから。(40代・女性)
  • 鼻に水が入るのは痛そうだから。(30代・男性)
  • 鼻うがいしている間、気持ち悪い感じがしそうだから。(20代・女性)
  • 息苦しそうなので。(20代・男性)
  • なんとなく不安だから。(60代・女性)
  • うがいの効果に疑問がある。(50代・男性)
  • やり方も知らないし、怖い。(60代・女性)
  • 今のところ、必要と思っていないから。(40代・男性)
  • 今まで一度もやったことがないから抵抗がある。(30代・女性)
  • そんな器用ではない。(70代・男性)
  • 難しそうだから。(40代・女性)

鼻うがいの目的、半数以上が「花粉症・アレルギー対策」

鼻うがいをしたことが「ある」と回答した方に、鼻うがいの目的を聞きました。

複数回答で答えてもらったところ、54.7%の方が「花粉症・アレルギー対策」と回答しました。

鼻うがいをしたことが「ある」と回答した方に、鼻うがいによる効果・変化があったのかについても聞いてみました。

41.3%の方が「効果や変化があった」ようです。

どのような効果や変化があったのか聞いたので、一部を紹介します。

「鼻うがいによる効果や変化」回答

  • 鼻の通りがよくなる。(40代・女性)
  • くしゃみが減り、鼻の通りがよくなった。(50代・女性)
  • 花粉症対策になったと思います。(50代・男性)
  • アレルギー症状が一時的に改善した。(20代・男性)
  • 鼻うがいした後は鼻の奥のかゆみがなくなる。(30代・女性)
  • 病院の治療で行ったのですが、病状が改善しました。(30代・男性)
  • 風邪の初期に実践すると、症状の悪化が防げたように思う。(60代・男性)
  • あまり風邪をひかない体質に変わった。(60代・女性)

まとめ

今回は、鼻うがいに関するアンケートを行いました。

鼻うがいをしたことが「ある」と回答した方に、鼻うがいの目的について聞いたところ、「花粉症・アレルギー対策」と回答した方が半数を超え、「新型コロナ対策」を目的としている方も26.7%でした。

鼻うがいによる効果や変化について聞いたところ、41.3%の方は「効果や変化があった」ようです。
「鼻の通りがよくなった」と鼻づまりに効果があったと回答する方も多くいました。

適切な鼻うがいによって、鼻づまりやくしゃみといった症状が軽減されることもあります。
ただし、間違った方法で鼻うがいを行ってしまうと、中耳炎などを招く恐れもあるので注意しましょう。

「派遣会社比較サイト」についてのサイトのイメージ調査結果

日本トレンドリサーチがおこなった「派遣会社比較サイト」についてのインターネット調査(サイトのイメージ調査)において、株式会社cielo azulの運営する『派遣会社おすすめ比較ランキング24選』が、下記3項目で第1位を獲得しました。

【調査項目】
調査1:派遣会社比較サイト 総合満足度
調査2:自分に合った派遣会社が見つかる比較サイト
調査3:女性が選ぶ派遣会社比較サイト

【調査概要】
実施手法

インターネットでのアンケート調査

実施対象
調査1・2:全国の男女(年代不問)、
調査3:全国の女性(年代不問)

回答者数
調査1:1067、調査2:1101、調査3:973

比較対象選定条件
Googleで「派遣会社比較サイト」と検索して表示された、派遣会社に特化して比較情報を公開しているサイト上位9つ(検索日:2022年1月25日)

実施期間
2022年1月26日~2月9日

【調査結果】
アンケートサイトユーザーに対し、「派遣会社比較サイト」についての調査を実施した結果、『派遣会社おすすめ比較ランキング24選』が「派遣会社比較サイト 総合満足度」「自分に合った派遣会社が見つかる比較サイト」「自分に合った派遣会社が見つかる比較サイト」の3項目で第1位になりました。

派遣会社おすすめ比較ランキング24選:https://派遣会社おすすめ登録ナビ.com/

※イメージ調査です。利用有無は聴取しておりません。

「債務整理相談比較サイト」についてのサイトのイメージ調査結果

日本トレンドリサーチがおこなった「債務整理相談比較サイト」についてのインターネット調査(サイトのイメージ調査)において、株式会社cielo azulの運営する『債務整理相談NAVI』が、下記3項目で第1位を獲得しました。

【調査項目】
調査1:債務整理相談比較サイト 総合満足度
調査2:債務整理相談比較サイト 情報掲載充実度
調査3:安心・信頼できる 債務整理相談比較サイト

【調査概要】
実施手法

インターネットでのアンケート調査

実施対象
調査1~3:全国の男女(年代不問)

回答者数
調査1:1421、調査2:1421、調査3:1421

比較対象選定条件
Googleで「債務整理相談比較サイト」と検索して表示された債務整理相談比較サイト上位9つ(検索日:2021年12月21日)

実施期間
2021年12月24日~2022年1月5日

【調査結果】
アンケートサイトユーザーに対し、「債務整理相談比較サイト」についての調査を実施した結果、『債務整理相談NAVI』が「債務整理相談比較サイト 総合満足度」「債務整理相談比較サイト 情報掲載充実度」「安心・信頼できる 債務整理相談比較サイト」の3項目で第1位になりました。

債務整理相談NAVI:https://債務整理相談ナビ.com/

※イメージ調査です。利用有無は聴取しておりません。

「ハウスクリーニング業者」についてのサイトのイメージ調査結果

日本トレンドリサーチがおこなった「ハウスクリーニング業者」についてのインターネット調査(サイトのイメージ調査)において、株式会社Fire Worksの運営する『アールクリーニング』が、下記3項目で第1位を獲得しました。

【調査項目】
調査1:ハウスクリーニング業者 クオリティ満足度
調査2:コスパ満足度の高いハウスクリーニング業者
調査3:主婦におすすめするハウスクリーニング業者

【調査概要】
実施手法

インターネットでのアンケート調査

実施対象
調査1~3:全国の男女(年代不問)

回答者数
調査1:1000、調査2:1000、調査3:1000

比較対象選定条件
Googleで「ハウスクリーニング業者」と検索して表示されたハウスクリーニング業者上位9つ(検索日:2022年2月2日)

実施期間
2022年2月12日~23日

【調査結果】
アンケートサイトユーザーに対し、「ハウスクリーニング業者」についての調査を実施した結果、『アールクリーニング』が「ハウスクリーニング業者 クオリティ満足度」「コスパ満足度の高いハウスクリーニング業者」「主婦におすすめするハウスクリーニング業者」の3項目で第1位になりました。

アールクリーニング:https://r-cleaning.com/

※イメージ調査です。利用有無は聴取しておりません。

【柔軟剤に関する調査】購入時に香りを重視する女性は約3割。男女での差は?

柔軟剤の香りは必要?購入時のポイントは?

柔軟剤は、柔らかくふわふわな仕上がりにしてくれるだけではなく、他にもさまざまな効果があります。
商品によっては良い香りを付けてくれたり、抗菌除菌してくれたりと、好みに合わせて使用している方が多いでしょう。

では普段柔軟剤を使用している方は、どのようなことを目的に柔軟剤を使用しているのでしょうか。
今回は、株式会社ハル・インダストリと共同で、柔軟剤を使用したことがある全国の男女600名を対象に「柔軟剤」についてのアンケートを実施しました。

「柔軟剤に関するアンケート」調査概要
調査手法 インターネットでのアンケート
※自社運営のアンケートサイト「ボイスノート」を利用して調査を実施
調査対象者 柔軟剤を使用したことがある全国の男女
調査期間 2022年3月4日 ~3月9日
質問内容 質問1:柔軟剤の香りは必要だと思いますか?
質問2:あなたがもっとも好きな柔軟剤の香りを選んでください。
質問3:柔軟剤を購入する際に、もっとも重視するポイントは何ですか?
質問4:柔軟剤を使う目的として当てはまるものを、すべて選んでください。
集計対象人数 600人(30代以下、40代、50代、60代以上、男女各75人)

男性の8.7%が「全く必要ない」

まずは、柔軟剤の香りは必要だと思うかについて聞きました。

「必要」「少しは必要」を合わせて女性は73.3%、男性は71.3%となり、男女とも7割以上の方が柔軟剤の香りは必要だと思っているようです。
一方で女性8%、男性8.7%の方は「全く必要ない」と回答しました。
それぞれの回答をした方にその理由についても聞いたので、その一部を紹介します。

「必要」回答理由

  • 自分は香水の匂いが苦手なのですが、柔軟剤の匂いが1番好きで、その人特有の自然な柔軟剤の匂いというのがいいと思ったのが理由です。(10代・女性)
  • 洗剤だけより柔軟剤の匂いがある方が洗濯した満足感を得られるため(20代・女性)
  • いい匂いがする洗濯物ってなんとなく幸せ感を感じるし、洗濯したってわかりやすいから(40代・女性)
  • いいにおいをまとっていると、テンションがあがるため(50代・女性)
  • 柔軟剤イコール香りづけのように認識しているところがある。最近は洗剤も柔軟剤に迫る効果があるので、香りで工夫して惹きつけてほしい。(50代・女性)
  • 女子ウケが良いため。清潔感があるように思われるから。(30代・男性)

柔軟剤の香りがある方が選択した満足感を得られるからや、柔軟剤イコール香り付けのように認識しているからなどの理由がありました。
香り付けを一番の目的として柔軟剤を使用している方も多いようです。

「少しは必要」回答理由

  • なくても困らないが、身の回りからふと良い香りがするのは心地よく魅力的である。(40代・女性)
  • 自分の好きな香りだと少し香ると気分が癒されるから。香りすぎると気分が悪くなるが。(50代・女性)
  • あまりしっかりした香りは必要ないが、干すときに心地よく、洗濯した達成感をその香りでなんとなく感じられるから。(50代・女性)
  • あまりきつ過ぎても良くないがほんのりはあったほうが良いから(50代・女性)
  • ぷんぷんと香りがきついのは着ていて周りの人に迷惑がかかりそうだが、微香なら周りを明るくしそうだから(40代・男性)

あまりきつ過ぎても良くないが、ほんのりはあった方が良いなどの理由がありました。
香りは欲しいけど、あまりに香りがきつすぎると気分が悪くなってしまう方も少なくないようです。

「あまり必要だと思わない」回答理由

  • 洗剤と柔軟剤別々の香りだと混ざって変な気がするから(40代・女性)
  • 柔らかく仕上げるのが目的であって、香りをつけるために用いるわけではないから(50代・女性)
  • 自分がいい匂いと思っても他の人はいい匂いと思わないかもしれないから(40代・男性)
  • 香りを付けられることで、元々の衣類の匂いがちゃんと落ちているのか分からないから。(40代・男性)

香りを付けるために用いるわけではないからや、元々の衣類の匂いがちゃんと落ちているか分からないからなどの理由がありました。

「全く必要ない」回答理由

  • 香りが不快で具合が悪くなるから(30代・女性)
  • 人工的な香りが常にすると具合悪くなるので無臭にしてほしいです(40代・女性)
  • 香りが嫌いなので化粧品も無香料を選ぶ。(70代・女性)

一番好きな柔軟剤の香りは?「フローラル系」が人気

続いて、柔軟剤に香りが「必要」「少しは必要」と回答した方に、一番好きな柔軟剤の香りは何かについて聞きました。

男女ともに「フローラル系」がもっとも人気なようです。
それぞれの回答をした方に、その香りが好きな理由についても聞きました。

「フローラル系」が好きな理由

  • フローラルの香りは優しくて、香りが苦手な人でも比較的受け入れられやすいと思うから。(30代・女性)
  • 他の洗剤の香りと混ざっても嫌なニオイにならないから。(50代・女性)
  • 自然で柔らかい印象になるし、ほんのりした、花の香りが好きだから。(50代・女性)
  • 花の香りには心を癒やす成分が多数含まれており、嗅ぐと幸せな気持ちになれるから。(50代・男性)
  • ほのかに甘い香りが好きだから。(60代・男性)

男女ともに約半数の方が「フローラル系が好き」と回答しました。
自然で柔らかい印象になるからや、他の洗剤と混ざっても嫌なニオイにならないからなどの理由があるようです。

「せっけん系」が好きな理由

  • 1番落ち着くし、周りの人にも悪影響にならないと感じているため(40代・女性)
  • 嫌いな人はいないかおりだと思う。飽きがこなくて誰もが不快にならない香りなので安心して使えるから。(50代・女性)
  • いちばん柔らかくて自然なかおり(40代・男性)
  • 洗濯した感じが一番する匂いなので(50代・男性)

男女ともに約15%の方が「せっけん系が好き」と回答しました。
理由としては「嫌いな人はいない香りだと思う」などがあり、誰しもが馴染みある香りなので、使用しやすいようです。

「シトラス系」が好きな理由

  • 集中したい時など気持ちを切り替えるために使っていたから。(20代・男性)
  • 甘ったるい匂いは苦手でさっぱり系のシトラスの香りが落ち着くから(20代・女性)
  • 甘すぎる香りや独特な香りが嫌い。爽やかな感じがするから。(50代・女性)

女性8.6%、男性10.7%の方が「シトラス系が好き」と回答し、甘い香りが苦手な方から特に人気があるようです。

柔軟剤を購入する時に重視するポイントは?

次に、柔軟剤を購入する時にもっとも重視することについて聞きました。

男女ともに「肌ざわり」を重視する方がもっとも多い結果になりましたが、男女で比べると男性は「肌ざわり」を、女性は「香り」をより重視する方が多いようです。
それぞれの回答をした方に、重視する理由についても聞きました。

「肌ざわり」を重視する理由

  • 肌ざわりが良くなるのを一番の目的として使用しているので(30代・女性)
  • 柔軟剤というくらいで本来の目的は衣類を柔らかく仕上げるべきものだと思っているので(30代・女性)
  • 洗濯物はゴワゴワするより柔らかくて肌ざわりの良いのが一番です。(60代・女性)
  • 肌触りの良い洗濯物はとても気持ち良いから。(50代・男性)
  • やはり肌ざわりが悪いと着心地などでストレスになるかもしれないので(50代・男性)

「香り」を重視する理由

  • 香りが良いと気分が上がって洗濯が楽しくなるから。(20代・女性)
  • 汗の匂いなど気になるときに香りが重要だと思った。(30代・女性)
  • 好きな香りじゃないとテンションあがらない(40代・女性)
  • 柔らかさ等は、どの商品でも大きな差は無いとおもうが、香りは差がでるから。(50代・女性)
  • それが目的で使っているようなものなので。(50代・男性)
  • 衣類から好みの香りが漂う感じが好きだから。(50代・男性)

「抗菌除菌」を重視する理由

  • 今は菌やウイルスをつけたくないから。(30代・女性)
  • 菌が衣類に残ると嫌だから(40代・男性)
  • 出来ればウイルスなどを除菌出来る柔軟剤が欲しいが、取り敢えず少しでも菌を抑制出来る物が欲しい(40代・男性)
  • 肌に触れる場合が多いため清潔に保たれた方がいいと思う。(40代・男性)

「価格」を重視する理由

  • どこに行っても断然安い柔軟剤を選ぶ(20代・女性)
  • 価格が高いと気軽に使えないから(50代・女性)
  • 消耗品にお金を使いたくないから(50代・男性)

柔軟剤を使用する目的は?

柔軟剤を購入する時に重視するポイントとして、「肌ざわり」や「香り」が多く挙げられました。
そもそも「香り付けをするため」に柔軟剤を使用しているという方もいましたが、どのような目的で柔軟剤を使用している方が多いのでしょうか。

男女ともに「肌ざわりを良くしたい」と回答した方がもっとも多い結果になりました。
「香り」を目的としている方も多くいましたが、女性は「静電気防止」が29%、「抗菌したい」が25.7%など、さまざまな目的で使用している方が多いようです。

まとめ

今回は、柔軟剤に関するさまざまな調査を実施し、その調査結果を紹介しました。
柔軟剤の香りについては、「必要」「少しは必要」を合わせて女性は73.3%、男性は71.3%となった一方で、「全く必要ない」と思っている方も約8%程度いました。

柔軟剤の好きな香りの調査では男女ともに「フローラル系」がもっとも人気で、その理由は自然で柔らかい印象になるからや、他の洗剤と混ざっても嫌なニオイにならないからなどがあるようです。
また、柔軟剤を購入する時のポイントとしては、「肌ざわり」や「香り」を重視する方が多い結果になりました。
さまざまな役割を担ってくれる“柔軟剤”、自分のお気に入りを追求したくなりますね。

【新生活】一人暮らしのメリット1位は「自由」、デメリットは?

これまでに一人暮らしをしたことはありますか?

3月に入り、少しずつ暖かい日も増えてきました。
進学や就職を機に、春から一人暮らしを始めるという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、一人暮らしのメリットやデメリット、一人暮らしを始める際の注意点などについて調査したいと思います。
いったいどのくらいの方が一人暮らしをしてているのでしょうか。

今回は、全国の男女1,000名を対象に「新生活に関するアンケート」を実施しました。

「新生活に関するアンケート」調査概要
調査手法 インターネットでのアンケート
※自社運営のアンケートサイト「ボイスノート」を利用して調査を実施
調査対象者 男女
調査期間 2022年3月3日~4日
質問内容 質問1:これまでに一人暮らしをしたことはありますか? 
質問2:一人暮らしをしてみたいですか?
質問3:回答の理由を教えてください。
質問4:一人暮らしをした理由は何ですか?[複数選択可] 質問5:一人暮らしの部屋は誰が決めましたか?[複数選択可] 質問6:一人暮らしのメリットを教えてください。[複数選択可] 質問7:一人暮らしのデメリットを教えてください。[複数選択可] 質問8:これから一人暮らしを始める方へのアドバイスを教えてください。
集計対象人数 1,000名

※原則として小数点以下第2位を四捨五入し表記しているため、合計が100%にならない場合があります。

一人暮らしの経験が「ある」のは68.5%

まずは、これまでに一人暮らしをしたことがあるか聞きました。

「現在している」方は17.1%、「以前したことがある」方は51.4%でした。
合わせると68.5%の方が一人暮らしの経験があるようです。
一方で、31.5%の方は一人暮らしを「したことがない」と回答しました。

では、その中でどのくらいの方が一人暮らしをしてみたいと思っているのでしょうか。

57.5%と半数以上の方は「してみたくない」と回答しました。
「一人暮らしをしたくない」という方のほうが多いようです。

この回答の理由についても聞いたので、一部を紹介します。

一人暮らしを「してみたい」回答理由

  • 自分の好きな家具の配置にしたり、推しのグッズを色んなところに飾ってみたいです!(20代・女性)
  • たまには一人でのびのびと過ごしたいから。(60代・男性)
  • 他人に干渉されたくない。(50代・男性)
  • 彼氏さんと自由に遊べるようになるから。(10代・女性)
  • 家族と過ごす時間がストレスになったから。(20代・男性)
  • ずっと実家にいるのはもう嫌なので一人暮らしになって自由に生活したい。(30代・女性)
  • 自分だけの城!自分の好きなものだけ!の場所があったら最高だなと思う。(30代・女性)
  • 自由に友達を家に呼べるから。(50代・男性)
  • 1人で自立して生活出来るか試してみたいから。(20代・女性)
  • 家族とは生活時間や衛生観念が異なり、ストレスがたまる。自身の望むような環境で生活したい。(30代・女性)
  • 好きな時にゲームが出来るから。(20代・女性)

一人暮らしを「してみたくない」回答理由

  • 怖がりだから。夜1人とかは怖い。(40代・女性)
  • 身の回りのことを全て一人でやらなきゃならないのは面倒すぎるから。(20代・女性)
  • 一人暮らしの経験が全くないので、生活するのに不安を感じるから。(60代・男性)
  • 料理や洗濯など自分でやらなければならないから。(50代・男性)
  • 自分一人では、何一つできないと思うから。(60代・男性)
  • お金がかかるから。(30代・女性)
  • 心霊体験をしたくない。(30代・女性)
  • あらゆる家事をひとりでやりきる自信が無いので。(40代・男性)
  • 寂しがりやなので、ずっと一人は耐えられないから。(20代・女性)
  • 一人だと寂しいし防犯も怖いから。(50代・女性)
  • 具合が悪くなったときに困る。(50代・女性)
  • 嫁が大好きだから。(60代・男性)
  • 話し相手がいないと寂しいから。(40代・女性)
  • 家族と一緒に過ごして話せる生活は楽しいから。(30代・女性)

一人暮らしを「してみたい」方からは、「自分一人の空間が欲しい」「自由な時間が欲しい」などの意見がありました。

一方で、「お金がかかる」「一人は寂しい」「一人で何でもやらなければならなくて家事が不安」と感じている方は多いようです。

続いて、一人暮らしをした理由についても聞きました。

一人暮らしをし始めた理由として最も多かったのは39.4%で「就職」、次いで「進学」のためという方も多く、33.7%でした。
やはり「春から新生活を始める!」という方は多いのかもしれません。

続いて、一人暮らしの部屋は誰が決めたかについても聞きました。

90.4%とほとんどの方が「自分」で決めたと回答しました。
「家族」に決めてもらったという方も8.8%いるようです。

「その他」と回答した方からは、「会社指定のアパート」や「会社の寮」など会社が決めたという方が多くいました。

83.4%が一人暮らしのメリットは「自由」と回答、デメリットは「食事の用意」

続いて、一人暮らしのメリットについても聞きました。

83.4%と多くの方が一人暮らしのメリットは「自由」だと感じているようです。
次に多かったのは、「家族に気を使わなくてよい」で52.0%の方が回答しました。

「その他」のメリットとしては「親のありがたみがわかる」「やりくり上手になる」という意見がありました。
中には「家族と暮らしていた時よりも家事の負担が減った」という方もいるようです。

多くの方が一人暮らしのメリットを感じているようですが、デメリットについてはどうでしょうか。

最も多かったのは「食事の用意」で60.0%でした。
また、「体調不良のときに頼る相手がいない」ことがデメリットだと感じている方も48.3%いました。

「その他」のデメリットとしては、「掃除や洗濯などその他の家事を自分でやらなければならないこと」や「防犯の面で不安」という意見がありました。

最後に、これから一人暮らしを始める方へのアドバイスや注意点について聞いているので、紹介します。

これから一人暮らしを始める方へのアドバイス

  • アパートの近くになにがあるか(店、病院等)を調べておく。部屋のセキュリティが高いかどうかのチェック。そのアパートにどんな人が住んでいるか不動産屋に聞く。駐車場、駐輪場が含まれているか。(40代・女性)
  • ゴミ出しを忘れないこと、特に夏場の生ゴミは要注意。(60代・男性)
  • 勤め先が会社ならば、近すぎず遠すぎずの場所がいいです。通勤電車は、人と逆方向へ移動するなど、空いているとこがオススメ。お酒を飲む人は、好みで安い居酒屋街が近くにあると楽しいかも。でも、会社の帰り道に飲み屋があったら、お金凄い使う。(40代・男性)
  • 女性はなるべく一階は避けて、できればオートロックのある物件にしてください。マンションで無料Wi-Fiが使えるのを売りにしているところは回線の質が悪く不安定なので結局別途プロバイダ契約しないといけなくなります。そして壁の薄さに気をつけて欲しいです。隣人トラブルの元なので。(40代・女性)
  • 健康に気をつけること。(60代・男性)
  • 近隣住民との挨拶はしっかりとしてください。(60代・女性)
  • いざという時頼れる友達、知人を作って大切にしておくこと。(50代・男性)
  • スーパーなどの買い物に便利な場所の近くがいい。(70代・男性)
  • 家事など基本自分一人でやる事になるので自分を成長させるのに良いです。今まで親や人がやってくれていたことへの有難さにも気づき精神的にも成長します。(40代・男性)
  • 1ヶ月の生活費、何にどれだけ費用がかかるのかをシュミレーションしておくことが大切。(40代・女性)
  • 宅配ボックスがある所を選んだら便利。(30代・女性)
  • 一人暮らしは積極的にした方が人生勉強になると思います。(30代・男性)
  • お金の管理はしっかり。そして自炊をしっかり。これさえ守れば一人暮らしは楽しいし有意義です。(50代・女性)
  • とにかく治安のよいところに住むようにしたほうがよいです。(40代・女性)
  • 食事は3食食べる事、余り夜更かしをしない等、生活のリズムを崩さないように!!(80代・男性)
  • あまり最初から色々買いそろえても、結局使わなかったものが多かったように思います。生活しながら、必要なものをすこしずつ買い足していくのが、無駄がなくて良いと思います。(50代・女性)
  • 無理をせず、マイペースな生き方を貫いてほしいと思う。(60代・女性)
  • とにかく先立つものはお金なので少々自分の好みに合わなくても無理しないで生活を続けていくレベルの生活環境にすべき。(60代・男性)
  • 家具家電付きの部屋が楽。(20代・女性)
  • 偏った食事による栄養不足で体調を崩すことが多いので、ビタミン剤など、栄養を補給できるものを常備しておいた方が良い。(30代・女性)
  • 楽しいことがいっぱいあるので、その時間を楽しんでほしい。(30代・女性)

まとめ

今回は、「一人暮らし」についてアンケート調査を行いました。

「就職」や「進学」などを機に、春から新生活を始める方は多いようです。

一人暮らしのメリットについては83.4%が「自由」と回答していました。
一方で、デメリットとして最も回答が多かったのは「食事の用意」でした。

一人暮らしをしてみて、「家事の大変さから親のありがたみを知った」という方も多いようです。

また、一人暮らし経験者の方からは、部屋選びの際の注意点や、生活する上でのアドバイスなど、様々な意見を聞くことができました。
これから新生活を始めるという方は、ぜひ参考にしてみてください。

去年はお花見を「していない」方の23.8%が、今年はお花見を「する・するつもり」

コロナ禍で迎える3度目の春、今年は「お花見」をしますか?

2022年の桜の開花予想が発表されました。
去年は平年よりも10日ほど早い開花でしたが、今年は西日本では“平年並み”、東日本・北日本では“平年より早い”予想となっています。

コロナ禍で迎える3回目の春ですが、いまだ新型コロナの収束は見えてきません。
お花見シーズンを控え、東京都は今年も都立公園などでの宴会自粛を要請しています。

2020年3月に「お花見」についてアンケートを実施しましたが、2年経って「お花見」に対する心境に変化はあったのでしょうか。
【自粛ムードの春】今年はお花見をひかえますか?

今回は、全国の男女計450名を対象に「お花見に関するアンケート」を実施しました。

「お花見に関するアンケート」調査概要
調査手法 インターネットでのアンケート
※自社運営のアンケートサイト「ボイスノート」を利用して調査を実施
調査対象者 男女
調査期間 2022年3月3日~3月8日
質問内容 質問1:今年(2022年)は「お花見」をしますか?
質問2:去年(2021年)はお花見をしましたか?
質問3:今年の花見について、例年とは違って意識していることがあれば教えてください。
質問4:今年のお花見はどこでしますか?[複数回答可] 
質問5:具体的に教えてください。
質問6:去年のお花見はどこでしましたか?[複数回答可] 
質問7:具体的に教えてください。
質問8:コロナ禍前のお花見はどこでしていましたか?[複数回答可] 
質問9:具体的に教えてください。
質問10:コロナが収束したら「お花見」に行きたいですか?
質問11:回答の理由を教えてください。
集計対象人数 450名(20代以下・30代・40代・50代・60代以上 各年代 男女各45名)

※原則として小数点以下第2位を四捨五入し表記しているため、合計が100%にならない場合があります。

コロナ禍以前と比べ、お花見は「自宅の近所」と回答した方の割合が増加

初めに、今年(2022年)は「お花見」をするか聞きました。

38.2%の方が、今年はお花見を「する・するつもり」のようです。

次に、去年(2021年)は「お花見」をしたか聞きました。

去年お花見を「した」と回答した方は20.7%で、今年お花見を「する・するつもり」と回答した方よりも少なかったようです。

今年のお花見についての回答を、去年のお花見についての回答別に集計しました。

去年お花見を「した」方の多くが、今年もお花見を「する・するつもり」と回答しました。
去年は「していない」と回答した方の23.8%は、今年はお花見を「する・するつもり」のようです。

去年お花見を「した」方で、今年もお花見を「する・するつもり」と回答した方に、「今年のお花見について、例年とは違って意識していること」を聞きました。

「例年とは違って意識していること」回答

  • 飲食はしない。(20代・女性)
  • 人出の多い場所を避ける。(70代・男性)
  • 人の少ない時間に行く。(40代・女性)
  • 大勢ではやらず特定の人と少人数でおこなう。(20代・男性)
  • 桜の名所は混み合うので人が少ないところを探す。(60代・女性)
  • 人が大勢集まるところは避けて、自分の家の近くのマイナーなところでする。(50代・男性)
  • 車中から見る。(50代・女性)
  • お酒をあまり飲まないようにする。(40代・男性)
  • 新型コロナウイルスの型が変化してきているので、感染者数を逐一チェックしながら出かける。(30代・男性)
  • マスクをなるべく着用する。(10代・男性)

「いつも通り」「特に意識していることはない」といった回答もありました。

続いて、コロナ禍以前、去年、今年のお花見の場所について聞きました。

コロナ禍以前は「自宅の近所」を選んだ方は36.4%でしたが、去年・今年は6割を超えました。
「花見の名所(住んでいる都道府県以外)」と回答した方の割合は、去年は5.4%でしたが、今年は11.6%でコロナ禍以前の割合に近づいています。

今年はお花見を「しない」方の半数が、コロナが収束したらお花見に「行きたい」

コロナが収束したらお花見に行きたいか聞きました。

68.4%の方が、コロナが収束したらお花見に「行きたい」と回答しました。

回答の理由について聞いたので、一部を紹介します。

「コロナが収束したらお花見に行きたい」回答理由

  • ゆっくり桜を見れていないので、ゆっくり見たい。(50代・女性)
  • 周りを気にせず、のんびりとしたいから。(70代・男性)
  • ステイホームが続いているので、のんびり外に出て家族や友人とワイワイしながら過ごしたい。(40代・女性)
  • 長年桜を間近で見ていないのでリラックスも兼ねて旅行先でお花見したい。(60代・女性)
  • 感染が怖いので人の多いところは遠慮している生活が続いている。終息したら日本の春を謳歌したい。(50代・男性)
  • 感染症で他人に迷惑を掛けなくて済むから。(50代・男性)
  • いろいろあったが平穏が戻ったという感じに浸りたい。(40代・男性)
  • 綺麗な桜を子どもたちに見せてあげたい。(30代・女性)
  • 店で飲んだりするのと違い、開放感があってより楽しさを感じるから。(50代・男性)
  • 綺麗な花を見ながらご飯やお酒を楽しみたいから。(20代・女性)
  • 中学校の同級生と集まる機会がほしいから。(10代・男性)

「コロナが収束してもお花見に行きたくない」回答理由

  • 面倒に感じる。別に普段街を歩く中で見れればよい。(30代・男性)
  • お花見の習慣がない。(60代・女性)
  • つまらないから。(20代・男性)
  • コロナ関係なくお花見に興味がないし、これまでも誘われたり機会がない限り行ってなかったから。(30代・女性)
  • 酒の席と、人混みが嫌いだから。(40代・男性)
  • 時期的にちょうど花粉症のピークだから、極力外に出掛けたくない。(40代・女性)
  • 虫などが出たら嫌なので。(20代・男性)
  • 庭に桜があるので。(60代・女性)
  • 家から道路通行の際に見ることができるから。(50代・女性)

コロナが収束したらお花見に行きたいかどうか、今年のお花見についての回答別に集計しました。

今年はお花見を「する・するつもり」と回答した方の98.8%が、コロナが収束後もお花見に「行きたい」と回答しました。
今年はお花見を「しない」方の半数も、コロナが収束したらお花見に「行きたい」ようです。

まとめ

今回は、お花見に関するアンケートを行いました。

去年お花見を「した」と回答した方は20.7%でしたが、今年お花見を「する・するつもり」と回答した方は38.2%でした。
去年のお花見ではコロナ対策として、人出の多い場所を避けたり、飲食を控えたりした方も多いようです。

お花見をする場所については、「自宅の近所」と回答した方の割合がコロナ禍以前よりも増えています。
「花見の名所(住んでいる都道府県以外)」と回答した方の割合は去年よりも増え、多少自粛ムードが緩んできているかもしれません。

最近では、ARを活用したバーチャルお花見や、桜の名所の様子を生配信するサービスも増えています。
感染対策を取りながら、春の訪れを感じてみてはいかがでしょうか。

【男性200人に聞いた】漫画の影響で始めたスポーツランキング!多くの人に影響を与えた漫画とは?

漫画に影響されて始めたスポーツはありますか?

漫画に影響されて何かを始めた経験がある方も少なくないと思います。
なかでも、スポーツ漫画に魅了されて「自分もやってみたい!」と思って実際に始めた方も多いのでは?

今回は、推し漫を運営する株式会社ハイレゾと共同で、事前調査で「漫画に影響されてスポーツを始めたことがある」と回答した全国の男性200名を対象に、「漫画の影響で始めたスポーツ」についてアンケートを実施しました。
その中から人気を集めたTOP10をランキング形式で紹介していきます。

「漫画の影響で始めたスポーツ」調査概要
調査手法 インターネットでのアンケート
※自社運営のアンケートサイト「ボイスノート」を利用して調査を実施
調査対象者 事前調査で「漫画に影響されてスポーツを始めたことがある」と回答した全国の男性
調査期間 2022年2月27日 ~3月4日
質問内容 質問1:漫画の影響で始めたことがあるスポーツをすべてお選びください。[複数回答可]
質問2:影響された漫画の作品名を教えてください。
質問3:影響された理由を教えてください。
集計対象人数 200人(30代以下、40代、50代、60代以上、各50人)

 

第1位 野球 71票

出典:Amazon

今回は影響を受けた漫画の作品名についても聞いたので、理由と合わせて紹介します!

影響を受けた漫画とその理由

影響を受けた漫画 影響を受けた理由(年代)
巨人の星 大リーグボールみたいな魔球が投げたくて始めました(50代)
巨人の星 スポ根もので格好良かった。(60代)
巨人の星 大リーグボールを打ちたかった(60代)
ドカベン 運動神経が鈍かったが、ドカベンを見て自分もやれそうな気がした(60代)
ドカベン 主人公が頑張る姿にあこがれた。(60代)
タッチ 南ちゃんみたいなマネージャーがいるかも知れない! と愚かにも思ったから(60代)
タッチ たつやが格好よかった。(40代)

「野球」が第1位でした。
特に影響された方が多かった漫画は以下の通りでした。

第1位「巨人の星」 25人(40代2人、50代4人、60代以上19人)

第2位「ドカベン」 21人(30代以下3人、40代3人、50代10人、60代以上5人)

第3位「タッチ」 4人(40代2人、50代1人、60代以上1人)

60代以上の方は「巨人の星」、50代の方は「ドカベン」に影響されて野球を始めた方が多いようです。
そのため「野球」と回答した方は、他のスポーツと比べると年代が高い結果になりました。

 

第2位 サッカー 53票

出典:Amazon

影響を受けた漫画とその理由

影響を受けた漫画 影響を受けた理由(年代)
キャプテン翼 夢があるし、単純にサッカーが楽しそうだと感じたから(20代)
キャプテン翼 漫画内に出てくるようなアクロバティックなシュートを真似したかった。(40代)
キャプテン翼 サッカーというものがあまりにも魅力的に描かれていた。(40代)
キャプテン翼 実際にはありえない、スーパーシュートがかっこよかったから。(50代)
キャプテン翼 シュートの必殺技が面白そうだったので(50代)
キャプテン翼 翼のドライブシュートがかっこよかったから(40代)

「サッカー」が第2位でした。
特に影響された方が多かった漫画は以下の通りでした。

第1位「キャプテン翼」 46人(30代以下10人、40代25人、50代9人、60代以上2人)

第2位「赤き血のイレブン」 3人(50代1人、60代以上2人)

第3位「ホイッスル」他 1人(30代以下)

大半の方が「キャプテン翼」に影響されてサッカーを始めたと回答しました。
漫画単体で見ても、今回の調査では「キャプテン翼」を挙げた方がもっとも多く、幅広い世代に広く影響を与えているようです。

 

第3位 バスケットボール 23票

出典:Amazon

バスケットボールの回答では、「スラムダンク」に影響を受けた方が多いようです。
影響された理由について一部を紹介します。

「スラムダンク」に影響を受けた理由

・この本を読んで感動したから(10代)

・とにかくカッコ良かった(30代)

・当時世間であまりにも流行っていたから。(30代)

・猛烈に自分もバスケをやりたくなったため(30代)

・初心者が上達していく過程が面白かったから(40代)

「スラムダンク」に影響を受けた方は10代1人、20代2人、30代8人、40代7人、60代1人となっており、特に30~40代の方が多い結果になりました。
1990年~1996年にかけて連載されており、当時学生だった多くの人に「バスケがしたい」と思わせた作品であることは間違いないようです。

 

第4位 テニス 21票

出典:Amazon

テニスの回答では、「テニスの王子様」に影響を受けた方が多いようです。
影響された理由について一部を紹介します。

「テニスの王子様」に影響を受けた理由

・最強主人公にあこがれた(10代)

・かっこいい技をしてみたかった(20代)

・スポーツを通して仲間との絆が深まる、そのスポーツが魅力的に見えたから。(30代)

・青春を謳歌できそうだったから。(30代)

・クールなテニスのプレイスタイルがかっこよくて憧れたから。(30代)

「テニスの王子様」に影響を受けた方は10代2人、20代3人、30代7人、40代1人となっており、30代以下の方が多い結果になりました。
現在も「新テニスの王子様」として連載中で、今後も多くの人に影響を与えそうです。

 

第5位 空手 13票

出典:Amazon

空手の回答では、「空手バカ一代」に影響を受けた方が多いようです。
影響された理由について一部を紹介します。

「空手バカ一代」に影響を受けた理由

・見てたらやりたくなった(60代)

・強くなれると思った(60代)

・強いものに憧れて(60代)

「空手バカ一代」に影響を受けた方は40代1人、50代2人、60代5人となっていました。

第6位~第10位

ここからは6位~10位を、一部の理由とともにまとめて発表していきます。

第6位 柔道 11票

影響を受けた漫画 影響を受けた理由(年代)
柔道一直線 強くて格好良いと思った(50代)                            
YAWARA! 様々な技、術に惹かれたから(30代)

第7位 ゴルフ 9票

影響を受けた漫画 影響を受けた理由(年代)
明日天気になあれ 子供の時に読んで、簡単そうに思えたから(40代)                    
プロゴルファー猿 面白い漫画だったから。やりたくなった。(50代)

同率第8位 剣道 8票

影響を受けた漫画 影響を受けた理由(年代)
おれは鉄兵 マンガを読んだタイミングで、近所に道場ができたので(50代)
YAIBA 刀を武器に冒険し敵を倒していくところが格好良く、剣道をすると自分も強くなれると思ったから。(30代)

同率第8位 バレーボール 8票

影響を受けた漫画 影響を受けた理由(年代)
アタックNo.1 ジグザグサーブとか、すごい技が出てきて、本当にできるのかと思った。(50代)
ハイキュー かっこいいから(20代)

第10位 ボクシング 7票

影響を受けた漫画 影響を受けた理由(年代)
リングにかけろ パワーリストを使ってみたかった(50代)                    
あしたのジョー ストーリーが好きだった。矢吹丈の生きざまがかっこ良かった。(50代)

ということで今回のランキングは以下のようになりました。

第1位となったのは、「野球」でした。
「巨人の星」や「ドカベン」に影響されて野球を始めた50~60代以上の方が多くいるようです。

一方で40代以下の方は「サッカー」「バスケットボール」「テニス」を始めた方が多く、「キャプテン翼」「スラムダンク」「テニスの王子様」などの影響を大きく受けていました。
今回ランクインした作品は今も学生に愛されているものも多く、今後も多くの人に影響を与えていくかもしれません。

【3月11日は「パンダ発見の日」】パンダキャラ人気ランキング! 1位は脱力系のあの人気キャラ

「パンダのキャラクター」と聞いて思い浮かぶのは?

3月11日は「パンダ発見の日」だそうです。
フランス人宣教師のアルマン・ダヴィドが中国でパンダの毛皮を発見し、パンダの存在が広く伝えられた日とされています。

白黒の姿が可愛らしく世界中で大人気のパンダですが、パンダをモチーフとしたキャラクターもたくさんいますよね。
マンガやアニメをはじめ、企業のマスコットなどでも多くの“パンダキャラ”が登場しています。
数多くの「パンダのキャラクター」のなかで最も人気なのは誰なのでしょうか?

今回は、事前調査で「『パンダのキャラクター』と聞いて、具体的に思い浮かぶキャラクターがいる」と回答した全国の男女計400名を対象に「パンダのキャラクター」についてアンケートを実施しました。
その中から人気を集めたTOP10をランキング形式で紹介していきます。

「キャラクターに関するアンケート」調査概要
調査手法 インターネットでのアンケート
※自社運営のアンケートサイト「ボイスノート」を利用して調査を実施
調査対象者 事前調査で「『パンダのキャラクター』と聞いて、具体的に思い浮かぶキャラクターがいる」と回答した全国の男女
調査期間 2022年3月3日 ~3月9日
質問内容 質問1:「パンダのキャラクター」といえば誰(何)ですか?
質問2:そのキャラクターを挙げた理由や好きなところなどを教えてください。
集計対象人数 400人(20代以下、30代、40代、50代、60代以上 各80人)

 

第1位 たれぱんだ 123票

出典:公式サイト

「たれぱんだ」はサンエックスのキャラクターです。
名前のとおり、見た目や行動、性格などが「たれた」、パンダのような生物という設定で、1995年にシールが発売されました。
その後、文房具や絵本など様々なキャラクターグッズが発売され、「たれぱんだや」というグッズ専門店もできるほどの一大ブームになりました。

「たれぱんだ」を選んだアンケート回答者からは以下のようなコメントがありました。

・学生の頃はやっていて今も好きだから。(40代・女性)

・小学校の時シールを集めていた記憶があるため。(30代・女性)

・いかにも可愛い感じを全面に押し出さず、緩い感じが癒される。(20代・女性)

・ぐったりした感じがゆるくてかわいい。(40代・女性)

・シンプルなフォルムとゆったりとしたキャラクターが好き。(20代・女性)

・柔らかそうでさわってみたい。だるだるしている所が可愛いから。(30代・女性)

・ゆるい感じがパンダとマッチしている。(60代・男性)

・自分が小学生の頃流行っていて、文房具を揃えるのが当時のステータスだった。(20代・女性)

・昔、好きでグッズや絵本を集めていたから。すごく癒されるフォームや性格の設定だから好きだった。(50代・女性)

・最高の癒し系。(60代・男性)

多くのパンダキャラを抑え、「たれぱんだ」が第1位になりました。
「昔グッズを集めていた」、「ゆるい感じの見た目がかわいい」などの意見がありました。
特に「脱力系の見た目に癒される」という方が多く、女性から人気のようです。

 

第2位 お買いものパンダ(楽天) 88票

出典:公式サイト

「お買いものパンダ」は楽天の公式キャラクターです。
2013年5月にLINEスタンプとして誕生しました。
お買いものが大好きで「楽天市場」のユーザーという設定で、幼馴染の「小パンダ」といつも一緒にいます。
様々なグッズも販売されていて、2022年3月から5月までの期間はポップアップショップもオープンしています。

「お買いものパンダ」を選んだアンケート回答者からは以下のようなコメントがありました。

・楽天のサイトやCMをよくみるから。(50代・男性)

・楽天ユーザーなのでよく見かける。可愛らしい。(30代・女性)

・いろんな動きをしてかわいいと思うから。(50代・女性)

・よくLINEスタンプになっていたり、楽天のサイトで見かけていて表情豊かなキャラクターで可愛いなと思ったから。(30代・女性)

・LINEスタンプでよく楽天パンダのスタンプを使用しています。カワイイので大好きです。(50代・女性)

・ポイ活で出て来て踊る。(60代・男性)

・数あるパンダキャラの中でも、シンプルなかわいさがあると思う。(40代・女性)

・いつも使う楽天カードに描かれているから。(50代・男性)

楽天の公式キャラクター、「お買いものパンダ」が第2位でした。
「表情豊かでかわいい」「LINEスタンプを愛用している」という意見が多くありました。
楽天のCMやウェブサイト、アプリでよく見るという方も多く、知名度が高いようです。

 

第3位 パンダ(呪術廻戦) 51票

出典:アニメ公式サイト

「パンダ」は週刊少年ジャンプで連載中の大人気作品『呪術廻戦』に登場するキャラクターです。
東京都立呪術高等専門学校の2年生で、面倒見がよく漢気があり、見た目に反して人間らしい性格が魅力です。

「パンダ」を選んだアンケート回答者からは以下のようなコメントがありました。

・呪術廻戦で好きなキャラクターだから。とても大人なところが良い。(20代・男性

・ユニークなんだけど、かわいらしいし、実は、めちゃくちゃ強いのが良い。(50代・男性)

・呪術廻戦が好きでアニメを見ているため。情熱的なところもありつつ、冷静に物事を見ていたりなどの二面性やおちゃらけていそうだけど仲間思いなところがあり、面白いから。(20代・女性)

・見た目がパンダなのがかわいい。(10代・女性)

・有名で、好きな声優さんがやっているから。(20代・女性)

・今一番有名なパンダ。(30代・女性)

・アニメはそんなに多くみないですが呪術廻戦をみてパンダがいることに衝撃を受けました。(20代・女性)

・おちゃめなのに強いところ。(30代・男性)

・とにかく強く正義感がある。(50代・女性)

・面白いし、インパクトがあるし、強い。(40代・女性)

・最近呪術廻戦にハマっているので!パンダ先輩強いしかわいい!(30代・女性)

大人気漫画『呪術廻戦』に登場する「パンダ」が第3位にランクインしました。
「強くてかっこいい」「正義感があって仲間思いなところが好き」という意見が多く挙げられていました。

 

第4位 ビン・ドゥンドゥン(北京冬季五輪) 46票

出典:北京五輪2022 公式サイト

「ビン・ドゥンドゥン」は2022年に行われた『北京オリンピック』の公式マスコットです。
名前は、中国語の「ビン(氷)」「ドゥンドゥン(活発な子ども)」が由来で、氷でできた宇宙服を着ています。

「ビン・ドゥンドゥン」を選んだアンケート回答者からは以下のようなコメントがありました。

・北京冬季五輪で見て可愛いと思った。(40代・女性)

・最近北京オリンピックで話題になったから。(10代・女性)

・ただ、可愛い。(60代・男性)

・ダサかわいい。(50代・女性)

・見た目が丸っこくて可愛らしいから。(40代・女性)

・意外とかわいい。(50代・男性)

・親しみやすい。(60代・女性)

北京冬季五輪のマスコット「ビン・ドゥンドゥン」が第4位にランクインしました。
「丸くて可愛い」「オリンピックで話題になった」という意見が多く挙げられていました。

 

第5位 早乙女玄馬(らんま1/2) 23票

出典:プレミアムバンダイ ホームページ

「早乙女玄馬」は高橋留美子による漫画『らんま1/2』に登場するキャラクターです。
主人公の早乙女乱馬の父親で、普段は中年男性の姿をしていますが水をかぶるとパンダの姿になります。

「早乙女玄馬」を選んだアンケート回答者からは以下のようなコメントがありました。

・正体がおやじなのがユニーク。(30代・男性)

・愛嬌のあるキャラクターだから。(30代・男性)

・目が釣り目でひょうきんなところがいいです。(30代・女性)

・強烈なキャラクターだったから。(40代・男性)

・プラカードで会話するから。(20代・男性)

・パンダになった姿を楽しんでいるところ。(40代・男性)

・見た目があんななのに人の姿とのギャップが好き。(30代・男性)

・何だかすごく愛嬌がなく騒がしいところ。(30代・女性)

「早乙女玄馬」が第5位にランクインしました。
「元の姿とのギャップ」「見た目が印象的」という意見が多く挙げられていました。

第6位~第10位

ここからは6位~10位を、一部の理由とともにまとめて発表していきます。

第6位 ポー(カンフーパンダ) 19票

出典:ディズニー・チャンネル 公式サイト

・面白くて強いところ。(30代・男性)

・好きな俳優が声を担当していたから。(50代・男性)

同率第7位 星星(ZIP!) 11票

出典:日本テレビ『ZIP!』番組サイト

・朝のニュース番組で毎日見てる。声が可愛い。(30代・女性)

・ZIP!に出ていて親しみがあるから。(40代・女性)

同率第7位 まごころパンダ(サカイ引越センター) 11票

出典:公式サイト

・可愛らしいパンダの特徴を損なうことなく、親しみやすいキャラクターデザインだと感じたから。(50代・男性)

・健気に頑張っているところ。(10代・男性)

第9位 さくぱん(さくさくぱんだ) 8票

出典:さくさくぱんだ村公式Twitter

・ゆるくて可愛い。(10代・女性)

・顔が愛らしい。(60代・女性)

第10位 パンダマン(ワンピース) 7票

出典:ワンピース公式サイト

・ワイルドでギャグセンスが高いところ。(20代・男性)

・探すのが面白いから。(30代・男性)

ということで今回のランキングは以下のようになりました。

ちなみに、各年代でのトップ3はこのようになりました。

【20代以下】
1 パンダ(呪術廻戦) 24票
2 たれぱんだ 20票
3 お買いものパンダ(楽天) 11票

【30代】
1 たれぱんだ 35票
2 お買いものパンダ(楽天) 12票
3 早乙女玄馬(らんま1/2) 11票

【40代】
1 お買いものパンダ(楽天) 23票
2 たれぱんだ 22票
3 ビン・ドゥンドゥン(北京冬季五輪) 9票

【50代】
1 たれぱんだ 27票
2 お買いものパンダ(楽天) 18票
3 ビン・ドゥンドゥン(北京冬季五輪) 10票

【60代以上】
1 お買いものパンダ(楽天) 24票
2 たれぱんだ 19票
3 ビン・ドゥンドゥン(北京冬季五輪) 16票

まとめ

いかがでしたか?

今回は、パンダのキャラクターについて調査しました。

第1位となったのは、「たれぱんだ」でした。
グッズの多さや、癒される見た目が人気のようです。

第2位は「お買いものパンダ」でした。
知名度の高さや、LINEスタンプの種類の多さが身近に感じるという声が多く挙がりました。

実際のパンダそのものがキャラクターのようなフォルムとカラーですが、パンダをモチーフにしたキャラクターはたくさんいますし、これからもたくさん出てくることでしょう。たぶん。

皆さんのお気に入りの「パンダのキャラクター」はランクインしましたか?

【コロナ治療薬】半数以上が「副作用」と「体への安全性」を不安だと思っている

新型コロナの治療薬に期待することは?

新型コロナワクチンの3回目接種や、5~11歳の子どもへのワクチン接種が始まりました。

厚労省によると、軽症の場合は経過観察のみであったり、解熱薬などの対症療法で軽快することも多いそうです。
しかし、軽症でも重症化リスクがある場合は、中等症の治療で使用する中和抗体薬や抗ウイルス薬を使うようです。

感染収束が見えてこない新型コロナに対して、治療薬の実用化は急務となっています。
塩野義製薬は、2月末に新型コロナ治療薬の販売へ向けた申請を厚労省にしました。
国内初の新型コロナ向け治療薬となるのでしょうか?

今回は、全国の男女計720名を対象に「新型コロナ治療薬に関するアンケート」を実施しました。

「新型コロナ治療薬に関するアンケート」調査概要
調査手法 インターネットでのアンケート
※自社運営のアンケートサイト「ボイスノート」を利用して調査を実施
調査対象者 男女
調査期間 2022年3月3日~3月7日
質問内容 質問1:どのような治療薬を使いたいですか?[複数回答可] 
質問2:具体的に教えてください。
質問3:その治療薬を選んだ理由を教えてください。
質問4:「コロナ治療薬」に期待することはありますか?[複数選択可] 
質問5:具体的に教えてください。
質問6:「コロナ治療薬」で不安なことはありますか?[複数選択可] 
質問7:具体的に教えてください。
集計対象人数 720名(30代以下・40代・50代・60代以上 各年代 男女各90名)

※原則として小数点以下第2位を四捨五入し表記しているため、合計が100%にならない場合があります。

新型コロナの治療薬、8割の方が「飲み薬」を使いたい

初めに、新型コロナに感染した場合に、どのような治療薬を使いたいか聞きました。

複数回答可で回答していただいたところ、「飲み薬」が最も多く、79.4%でした。
「注射」や「点滴」を選んだ方が25%ほどで、「薬は使いたくない」と回答した方も9.9%いました。

それぞれの回答の理由を聞いたので、一部を紹介します。

「飲み薬」回答理由

  • 手軽だから。(30代・女性)
  • 注射や点滴は怖いから。(10代・男性)
  • なんとなく、点滴よりも薬を飲むほうが楽だと思うから。(60代・男性)
  • 飲み薬は簡単で痛くないから。(10代・女性)
  • 注射や点滴は病院でないと難しいが、薬なら自宅で治療可能。(70代・女性)
  • 飲み薬で治すことができれば体への負担が少なく、自宅で療養できるから。(50代・女性)
  • 従来のインフルエンザの治療と同じなら安心できると思ったから。(40代・女性)
  • 体への負担が少ないと思うから。(50代・男性)
  • 副反応が少なそうだから。(40代・男性)
  • 効果が一番ありそうだからです。(30代・男性)

「注射」回答理由

  • 早く効きそう。(30代・男性)
  • 効果がありそうだから。(20代・女性)
  • 即効性がありそうだから。(40代・男性)
  • 時間短縮で簡単そうだから選びました。(40代・女性)
  • 効果が強そうだから。(50代・男性)

「点滴」回答理由

  • 素早く効きそうだから。(50代・女性)
  • 効果が高そうだから。(30代・女性)
  • じっくり治せそうだから。(40代・男性)
  • 副作用が少なそうだから。(50代・男性)

「薬は使いたくない」回答理由

  • 安全性が不確かなので。(40代・男性)
  • 薬は少し怖いから。(10代・女性)
  • 薬の効果がよく分からない。(60代・男性)
  • 不安だから。(30代・女性)
  • 短期的な効果は期待できても長期的な影響の不安は払拭されないから。(10代・男性)
  • 副作用や後遺症が心配。(50代・男性)
  • 病院嫌いだから。(40代・女性)
  • アレルギー体質なので。(20代・女性)
  • 気合と根性で何とかしたい。(30代・男性)
  • 自分自身の治癒力で治したい。薬には頼りたくない。(50代・女性)
  • なるべく余計なものを体内に入れたくないから。(50代・女性)

「その他」回答理由

  • どれがいいのかしっかり調べたりしていないから判断がつかない。(60代・女性)
  • 何が良いのか分からないから。(50代・男性)

複数の選択肢を選んだ方の理由で多かったのが、「効果があればどれでもいい」「医師に任せる」といったものでした。

半数以上がコロナ治療薬の「副作用」と「体への安全性」を不安だと思っている

「コロナ治療薬」に期待することについて聞きました。

最も多かったのが「新型コロナ感染症の治療効果」でした。

年代別に集計するとこのようになりました。

「期待することはない」と回答した方の割合は、全体では6.8%でしたが、30代以下では16.1%でした。
50代・60代以上と比べると、14ポイントほどの差がありました。

続いて「コロナ治療薬」で不安なことについても聞きました。

73.5%の方がコロナ治療薬で不安なこととして「副作用」を選びました。
「体への安全性」と回答した方も55.6%で、効果を期待する一方で安全性を不安視する方が多いようです。

まとめ

今回は、「コロナ治療薬」に関するアンケートを行いました。

治療薬について聞いたところ、自宅で気軽に使用できるという理由から「飲み薬」を使いたいと思っている方が多いようです。
安全性への不安などから「薬を使いたくない」と回答した方も9.9%いました。

「コロナ治療薬」に期待することについては、「新型コロナ感染症への治療効果」「重症化の予防」といった即時的な効果に期待する方が6割を超えた一方、「期待することはない」と回答した方も6.8%いました。
特に30代以下では「期待することはない」と回答した方の割合が他の年代より高く、16.1%でした。

現在、国では新型コロナ治療薬の開発を行う企業への支援事業を行っています。
安全かつ効果的な治療薬の開発と普及が待たれます。

「婚活アプリ」についてのサイトのイメージ調査結果

日本トレンドリサーチがおこなった「婚活アプリ」についてのインターネット調査(サイトのイメージ調査)において、株式会社IBJの運営する『ブライダルネット』が、下記3項目で第1位を獲得しました。

【調査項目】
調査1:真剣な出会いが見つかる婚活アプリ
調査2:安心・信頼できる婚活アプリ
調査3:結婚したい30代が選ぶ婚活アプリ

【調査概要】
実施手法

インターネットでのアンケート調査

実施対象
調査1・2:全国の男女(年代不問)、
調査3:事前調査で「結婚したい」と回答した全国の30代の未婚男女

回答者数
調査1:1000、調査2:1000、調査3:303

比較対象選定条件
Googleで「婚活アプリ」と検索して表示された婚活アプリ上位9つ(検索日:2022年2月16日)

実施期間
2022年2月17日~25日

【調査結果】
アンケートサイトユーザーに対し、「婚活アプリ」についての調査を実施した結果、『ブライダルネット』が「真剣な出会いが見つかる婚活アプリ」「安心・信頼できる婚活アプリ」「結婚したい30代が選ぶ婚活アプリ」の3項目で第1位になりました。

ブライダルネット:https://www.bridalnet.co.jp/

※イメージ調査です。利用有無は聴取しておりません。

【災害対策】マイ・タイムライン(防災行動計画)を「知っている」のは8.4%

いざというときのための災害対策はしていますか?

東日本大震災から間もなく11年が経ちます。
いざというときにのための、災害に対する準備はできていますか?

近年、地震や豪雨といった自然災害が増えています。
おしゃれなインテリアとして利用できる防災グッズや、日常食として使える備蓄食などを活用している方もいるのではないでしょうか。

今回は、全国の男女計680名を対象に「災害に対する備えに関するアンケート」を実施しました。

「災害に対する備えに関するアンケート」調査概要
調査手法 インターネットでのアンケート
※自社運営のアンケートサイト「ボイスノート」を利用して調査を実施
調査対象者 男女
調査期間 2022年3月3日~3月7日
質問内容 質問1:災害対策として自身が行っているものを全て選んでください。[複数回答可]  
質問2:具体的に教えてください。 
質問3:非常用持ち出し袋には、どのようなものが入っていますか?[複数回答可] 
質問4:具体的に教えてください。
質問5:災害が起きたとき、どのように情報収集をしますか?[複数回答可] 
質問6:具体的に教えてください。
質問7:「マイ・タイムライン」を知っていますか?
質問8:「マイ・タイムライン」を作りたいと思いますか?
質問9:回答の理由を具体的に教えてください。
集計対象人数 680名(30代以下・40代・50代・60代以上 各年代 男女各85名)

※原則として小数点以下第2位を四捨五入し表記しているため、合計が100%にならない場合があります。

災害対策として「飲料水や食料品の備蓄」をしている方は55.9%

初めに、災害対策として自身が行っているものについて聞きました。

半数以上の方が「飲料水や食料品の備蓄」を行っているようです。

「その他」と回答した方に、具体的な災害対策を聞いたので回答の一部を紹介します。

「その他」自身が行っている災害対策

  • 自宅まで歩いて帰れる経路の確認。(50代・女性)
  • 懐中電灯と靴を常に枕元に置いて寝ています。(50代・男性)
  • 愛猫の災害対策全般。(50代・女性)
  • 太陽光発電で使えるランタンや充電器の所持。(50代・男性)

災害対策は「していない」と回答した方もいました。

先ほどの質問で「非常用持ち出し袋の準備」をしていると回答した方に、どのようなものが入っているのか聞きました。

複数回答可で回答していただいたところ、「懐中電灯」が最も多く、86.0%でした。
「非常食」「飲料水」「タオル・トイレットペーパー」も7割を超えました。

「その他」と回答した方に、具体的に入っているものを聞いたので回答の一部を紹介します。

「その他」非常用持ち出し袋に入っているもの

  • 携帯用トイレ。(40代・女性)
  • 電池。(40代・男性)
  • ライター、お金。(20代・男性)
  • サランラップ。(40代・女性)
  • くつ、新聞紙、レインコート。(20代・女性)
  • メガネ。(50代・女性)
  • 汗ふきシート。(30代・女性)
  • ガムテープ。(70代・男性)
  • 筆記用具。(50代・女性)

災害が起きたとき、77.1%の方が「テレビ」で情報収集

災害が起きたときに、どのように情報収集をするのか聞きました。

77.1%の方が「テレビ」で情報収集するようです。
「ラジオ」と回答した方も半数近くいました。

「その他」と回答した方に、具体的な情報収集方法について聞いたので、回答の一部を紹介します。

「その他」情報収集方法

  • スマートフォンにある防災関係アプリ。(50代・男性)
  • LINEのニュースや通知。(30代・女性)
  • 災害用アプリ。(40代・女性)
  • NHKのHP。(50代・男性)
  • ご近所に相談などの身近な情報。(60代・女性)
  • 地域の防災無線。(40代・女性)
  • 他のマンションの住人に聞く。(60代・男性)

67.6%の方が「マイ・タイムライン」を作ってみたい

災害が発生したときに、自身がどのような行動を取るのかをあらかじめ決めておくことを「マイ・タイムライン(防災行動指針)」といいます。

国土交通省のホームページには、「マイ・タイムライン」について以下のように記載されています。

「マイ・タイムライン」は、平成27年9月関東・東北豪雨における避難の遅れや避難者の孤立の発生を受けて、国、県、鬼怒川・小貝川沿川市町で構成される「鬼怒川・小貝川下流域大規模氾濫に関する減災対策協議会」の枠組みで様々な取り組みを進める中で、住民一人ひとりの単位で、水防災に関する知識と心構えを共有し、事前の計画等の充実を促すためのツールとして開発しました。(国土交通省のホームページより引用)

もともとは台風や大雨による水害に対して使用する防災ツールでしたが、最近では地震や津波災害を想定したテンプレートを配布している自治体もあります。

国土交通省は「マイ・タイムライン」のさらなる普及・啓発に向けたパンフレットや、小中学生向けの「マイ・タイムライン」作成補助ツールをホームページで公開しています。

このように国や各自治体が作成を推し進めているマイ・タイムラインですが、実際に「マイ・タイムライン」という言葉をどの程度の方が知っているのか聞いてみました。

91.6%の方が「知らない」と回答しました。

「マイ・タイムライン」とは、防災行動指針であるということを知った上で、「マイ・タイムライン」を作りたいと思うか聞きました。


「作ってみたい」と回答した方が67.6%でした。

回答の理由を聞いたので、一部を紹介します。

マイ・タイムラインを「作ったことがある」

  • いざというときに備えて。(40代・男性)
  • 高齢の父が余裕を持って行動できるように。(50代・男性)
  • 安心感がある。(30代・男性)
  • 地域の防災訓練で作成したことがある。(70代・男性)

マイ・タイムラインを「作ってみたい」

  • いざというときに安心感が出る。(70代・男性)
  • 事前に決めておけばその通りに行動できて、命の危険を減らせそうだと思いました。(30代・女性)
  • 大災害が発災した時、思い付きで行動してもよいことがないので、事前にどのようにしたらよいかは大切だから。(40代・男性)
  • 避難時に素早く行動できそうだから。(60代・男性)
  • 小さな地震などが起きたときでもとても不安になるので、作っておいた方が今後のためになると思ったから。(20代・女性)
  • 友達が最近教えてくれて便利だと言っていたので作ってみたいと思いました。(10代・女性)
  • 対策を取らないことで、周りに迷惑をかけるようなことにならないため。(60代・女性)
  • 何も準備していないのが怖くなったから。(50代・男性)
  • 震災が多く危機感を持つことは大切だと思うので。(40代・女性)
  • 防災意識が強まりそうだから。(30代・男性)
  • ペットを連れて避難しなくてはならなくなったときに慌てないようにするため。(50代・女性)
  • 作成しながら知らなかった知識も得られるかもしれないから。(60代・女性)

マイ・タイムラインを「作りたくない」

  • 面倒。(40代・女性)
  • 必要性を感じない。(50代・男性)
  • 興味がないので。(60代・男性)
  • いざ地震が起こったら作っておいてもその通りに行動はできないと思う。(20代・女性)
  • ある程度決めておくことは有効だと思うが、それによって柔軟に対応できないのも困るから。(40代・男性)
  • 実際の災害の規模や周囲の状況などで違いがあり想像だけでは難しいと感じました。(30代・女性)
  • その時の最善策をその場で考えたほうがいい。(50代・女性)
  • それほど、災害に遭うとは思えない。(60代・女性)
  • 毎日が忙しく災害発生の準備まで気が回らないため。(30代・男性)
  • 作らなくても頭に入っているので。(70代・女性)

マイ・タイムラインを知っているかどうかについての回答を、マイ・タイムラインを作ってみたいかどうかの回答別に集計しました。

マイ・タイムラインを「知っている」「知らない」にかかわらず、多くの方がマイ・タイムラインを作ることに前向きのようです。
マイ・タイムラインを「知らない」が「作ったことがある」と回答した方からは、「名前は知らなかったが、同様のことを家族で決めている」という理由が挙がりました。

まとめ

今回は、「災害に対する備え」についてアンケートを行いました。

災害対策として、飲料水や食料品の備蓄をしている方が多いようです。
35.6%の方が災害対策として準備していると回答した「非常用持ち出し袋」の中身について聞いたところ、「非常食」「飲料水」「タオル・トイレットペーパー」など生活必需品が多く挙がる中、少数意見として「汗ふきシート」や「筆記用具」なども挙がりました。

災害が起きたときの情報収集では「テレビ」を使う方が77.1%と最も多く、ラジオやインターネットを利用すると回答した方もいました。
地震の際は、停電になることもあるので、電池式のラジオを準備したり、スマートフォンの充電器の用意も大切です。

「マイ・タイムライン」のように、いざというときの行動を事前に考えておくことも災害対策につながります。
作成のためのワークショップや、作成支援のための動画を公開している自治体もあります。
年に1度でもよいので、災害対策について考えてみてはいかがでしょうか。

【車買取の相見積もり】15.8%が、「接客態度」を理由に選ばなかった業者がある

車の売却先、どう決めますか?

車を売却するタイミングとして、買い替え時、維持費の問題、引っ越し時などさまざまあるかと思います。
いずれにしても大切な愛車を買い取ってもらう業者は慎重に選びたいですよね。

では実際に車を売却したことがある方はどのような理由で、どこへ売却する場合が多いのでしょうか。
また、売却先を決めるポイントとして重要なことは、どのようなことなのでしょうか。
今回は、会宝産業株式会社と共同で、車を売却したことがある男女1,323名を対象に、「車の売却」についてアンケートを実施しました。

「車の売却に関するアンケート」調査概要
調査手法 インターネットでのアンケート
※自社運営のアンケートサイト「ボイスノート」を利用して調査を実施
調査対象者 車を売却したことがある全国の男女
調査期間 2022年2月26日 ~2月28日
質問内容 質問1:車を売ろうと思ったのはどのような時か、当てはまるものをすべてお選びください。[複数回答可]
質問2:どこで買い取ってもらったことがありますか?[複数回答可]
質問3:売却先を決めた理由として、もっとも当てはまるものをお選びください。
質問4:車を売却する際、相見積もりを取りますか?
質問5:相見積もりの結果、選ばなかった業者はどこが欠けていましたか?[複数回答可]
質問6:相見積もりの結果、選ばなかった理由について具体的に教えてください。
集計対象人数 1,323人

車を売却した理由、78.6%が「買い替え」

まずは、車を売ろうと思ったのはどのような時かについて聞きました。

78.6%の方が「買い替え」と回答し、もっとも多い結果になりました。
また、「免許証の返納」と回答した方が2.6%となっており、今後はこういった理由で愛車を手放す方も増えるかもしれません。

次に、車をどこで買い取ってもらったことがあるかについて聞きました。

「買い替え時の下取り」と回答した方が70.4%と、多くの方が買い替え時にそのまま下取りをお願いしているようです。
一方で、「中古車買い取り業者」と回答した方も43.9%となっており、買い替えの場合でも下取りには出さずに別の場所で売却している方も少なくないようです。

売却先を決めた理由は?

続いて、売却先を決めた理由について聞きました。
※複数回売却の経験がある方には、最近車を売却した時のことについて答えてもらっています。

「買取価格」と回答した方が56.9%ともっとも多く、「手続きのしやすさ」が30.8%と2番目に多い結果になりました。
買取価格を重視することは当然かもしれませんが、「どれほどスムーズに手続きできるか」ということも重要なポイントになっているようです。

相見積もりは取る?選ばなかった理由は?

売却先を決めた理由として「買取価格」「手続きのしやすさ」などがありましたが、売却先を選ぶ際にどれほどの方が相見積もりを取っているのでしょうか。

「はい」と回答した52.5%の方に、相見積もりの結果、選ばなかった業者はどこが欠けていたかについて聞きました。

「買取価格」と回答した方が85.2%と圧倒的に多い結果になりましたが、「接客態度」などを理由に選ばなかった方も少なくないようです。
選ばなかった理由について具体的に聞きました。

買取価格

  • クルマの状態が良いのに、年式だけで判断されて低査定だった(60代・男性)
  • 買取価格が30万円~50万円低かった。(60代・男性)
  • 一括査定に申し込んで、一番高額な業者に売却した、選ばなかった理由は値段が安かったから(50代・男性)
  • 買い取り価格が50万以上違った(70代・女性)

車の状態が良いのに、年式だけで判断されて低査定だったという方などがいました。
また、買取査定価格が業者によって50万円以上違ったという方もいるようです。

接客態度

  • 買い取り価格が低い上に、軽く脅しをかけてきたから(こんな車はうちしか買い取らない、うちよりも高く買い取る業者はいない、など)(40代・女性)
  • セールスマンの態度の悪さ(60代・男性)
  • 担当の人が嫌な感じで、やめました(30代・女性)
  • 相見積もり依頼時の対応が良くなかったため。(70代・男性)
  • 他店での見積もりを半強制的に辞めさせるなど横柄であった(50代・男性)
  • 契約した後に、事故歴があるといって値引きされた。契約時に、過去に事故歴があってと申請したのに、なぜこのようなことをされるのか、不満に感じた。(60代・男性)

セールスマンの態度が悪かったからや、軽く脅しをかけてきたからなどがありました。
もし査定額が良かったとしても、接客態度が悪いと「ここには売りたくないな」と思われてしまうかもしれませんね。

手続きのしやすさ

  • 以前、一括査定で車を売ったことがあり手続きの面倒くささに嫌になったから。(50代・女性)
  • 電話がじゃんじゃんかかってきて嫌になった(60代・男性)
  • 下取りの方が、納車と手放すタイミングが簡単そうだから(40代・男性)
  • 買い替えの時は前車は乗り尽くしているから値段よりもスムーズに処理したいから(50代・女性)

一括査定で車を売った時に手続きが面倒だったという方や、値段よりもスムーズに処理したいという方などがいました。
あまりに手続きが面倒だと、途中で嫌になってしまう場合もありそうですね。

サービス

  • 選ばなかった理由としては、金額は選んだ業者と同じでしたが、その場で売却する車を置いていかなければいけなかったので。拘束が厳しかったのです。売却を決めた業者は、次の車が納車される直前まで猶予してくれた。(70代・男性)
  • 多少見積もりが高くても、代車とかほかのサービスが良くなかった。(60代・男性)
  • 車は価格だけでなく、購入後のサービスが不可欠だから。(70代・男性)

台車などのサービスや、購入後のサービスなども売却先を選ぶうえで重要なポイントになっているようです。

まとめ

今回は、車売却に関してのアンケートを実施し、その調査結果を紹介しました。
車を売却した理由としては「買い替え」が78.6%ともっとも多く、売却方法としても「買い替え時の下取り」が70.4%ともっとも多い結果になりました。

また、52.5%の方が売却の際に相見積もりを取っており、そのうち85.2%の方が「買取価格を理由に選ばなかった業者がある」と回答しました。
一方で「接客態度を理由に選ばなかった業者がある」と回答した方も15.8%となっており、必ずしも買取価格だけが重要というわけではないようです。

【遺産相続】32.8%が「やっておけば良かった」と後悔。事前にやっておくべきこととは?

遺産相続、事前にやっておくべきだったと後悔したこととは?

以前紹介した『相続について事前に話し合ったことがあるか』の記事では、27.4%が相続について「事前に話し合ったことがある」という結果になりました。
では実際に相続を経験したことがある方は、「事前にやっておくべきだった」と後悔したことはあるのでしょうか。

今回は、日本クレアス税理士法人と共同で、遺産の相続をしたことがある全国の男女1,000人の方々にアンケートを実施しました。

「遺産相続で事前にやっておくべきだったと後悔したことに関するアンケート」調査概要
調査手法 インターネットでのアンケート
※自社運営のアンケートサイト「ボイスノート」を利用して調査を実施
調査対象者 遺産の相続をしたことがある全国の男女
調査期間 2022年2月23日~2022年2月25日
質問内容 質問1:遺産の相続について、「事前にやっておけば良かった」と後悔したことはありますか?
質問2:どのようなことで後悔したか教えてください。
質問3:遺産の相続について、「事前にやっておいて良かったこと」はありますか?
質問4:どのようなことをやっておいて良かったか教えてください。

集計対象人数 1,000人

32.8%が「やっておけば良かった」と後悔したことがある

まずは、遺産の相続について「事前にやっておけば良かった」と後悔したことはあるかについて聞きました。

32.8%の方が、事前にやっておけば良かったと「後悔したことがある」と回答しました。
どのようなことで後悔したのかについても聞いたので、紹介します。

遺言書について

  • 公正証書の遺言状を書いてもらっていたので助かったが、株とかのことを聞きそびれていたので、その辺もしっかり聞いておけばよかった。(60代・男性)
  • 遺言状の詳細な内容を確認すべきだった。(50代・男性)
  • 相続人が数名いる場合は、遺言書などはきちんと公正証書遺言にしておくべき(70代・女性)
  • 遺言を書いてもらっておけばよかった。(50代・女性)
  • 生前口約束ではなく、正式な遺言書作成をしとけばよかった。(60代・女性)

まず多かったのは、「遺言書」についてでした。
具体的には、「遺言を書いてもらえばよかった」や、「きちんと公正証書遺言にしておくべき」などがありました。

兄弟間での話し合い

  • 親の死亡後、遺産の処分について兄弟の了解を得る処置を行えなかったため、今も絶交状態が続いている。(70代・男性)
  • 兄弟間の相続について十分な相談ができなかったこと(70代・女性)
  • 兄弟ですごくもめて、なかなか相続ができなかった。(20代・男性)
  • 相続の配分を兄弟間で話し合ってあれば、もう少し楽に解決できたかもしれない。(70代・男性)

兄弟ですごく揉めてしまったという方や、遺産の処分について兄弟の了解を得なかったために、今も絶交状態が続いているという方もいました。
兄弟がいる場合は、兄弟間で事前にしっかり話し合っておくことも重要なようです。

相続税

  • 相続税対策で遺産総額を少なくしておくこと。父が死んだとき相続人を母一人にする失敗をした。子供たちにも分与し母の死後の遺産総額を減らしておくべきだった。(60代・男性)
  • 予め少しずつでも相続しておけば相続税を払う必要が無かった(40代・男性)
  • 終身保険による免税を利用できるようにしておけば、節税できた。(60代・男性)
  • 相続税対策。うまく対応すれば、かなり減額できたらしい。(70代・男性)

相続税について事前に話し合っておけば良かったと後悔している方も少なくないようです。
具体的には、「あらかじめ少しずつでも相続しておけば良かった」などがありました。

遺産の把握

  • 何がどこにいくら有るのかがなかなかつかめずに時間を費やされた。(50代・女性)
  • 親に財産一覧表を作成してもらえればよかった。(60代・男性)
  • 遺産の詳細な内容を聞いておけばよかった(50代・男性)
  • どこにどれくらいのお金があるかなどを聞いておくこと。(50代・男性)

「遺産の把握」では、遺産の詳細な内容を聞いておけば良かったという方などがいました。
事前に遺産の内容について把握しておかないと、かなりの時間を費やすことになってしまいそうです。

必要なものの所在

  • 通帳や保険の保管場所を聞いとけばよかったと思う。(50代・男性)
  • ネット銀行の口座を持っていることは聞いていたが、銀行名やその口座番号等を聞き忘れていたことです。(70代・男性)
  • やっぱりネットでの銀行口座のやり取りが把握しづらい。事前に知っておかないとアクセスすら出来ない。(50代・男性)
  • 各銀行口座の貯金通帳やカードの有無と場所。口座の有効性の確認。(60代・男性)
  • 親の資産の把握や銀行口座の種類、銀行印の把握(50代・男性)
  • 生命保険などの契約書の保管場所を聞いておけば良かった。(70代・男性)

必要な書類や通帳、印鑑などの所在も事前に確認しておかないと、思わぬところで苦労することになってしまいそうですね。

26.3%が、「事前にやっておいて良かったこと」がある

続いて、遺産の相続について、「事前にやっておいて良かったこと」があるかについて聞きました。

26.3%の方が、事前にやっておいて良かったことがあるようです。
どのようなことを事前にやっておいて良かったと思うかについても聞きました。

事前にやっておいて良かったこと

  • 生前贈与をしてもらっていたが、これについては相続税がかからなかったので、大幅に節税できたと思う。(50代・男性)
  • 財産があるなしにかかわらず遺言書を書いておくこと。(70代・男性)
  • 遺言書を書いてもらっていた。兄弟と相続について話し合っていた。(70代・男性)
  • 公正証書遺言があったので遺産分割がわりとスムーズに進んだ。(50代・女性)
  • 親との相談で書類関係・預金関係のリストを作ることが出来たこと。(70代・男性)
  • 遺品になる品物の、整理整頓しておいて、何がどこにあるのかわかると分かったこと。(70代・男性)
  • 親が常日頃から「兄弟は平等に」と言ってくれていたので、相続の際もその意思を大切に守りたいと思えた。自分でやっておいたこととは別だが、その親の教えを聞いておいて本当に良かった。(50代・女性)

まとめ

今回は「遺産相続について事前にやっておくべきだったと後悔したこと」についての調査結果を紹介し、32.8%の方が「やっておけば良かったと後悔したことがある」と回答しました。
遺言書の作成や、兄弟間での話し合い、必要なものの所在確認など、事前にやっておいた方が良いことはさまざまあるようです。

また、「事前にやっておいて良かったこと」の回答でも、「遺言書の作成」を多くの方が挙げられていました。
特に「公正証書遺言」を準備しておくことで、遺産相続がスムーズに進んだという方も。
出来そうなことはなるべく事前に準備しておくことで、いざという時に困らずに済むかもしれませんね。

【小学校の卒業式】年代で服装にも変化、60代以上は「普段着」、50代以下は「スーツ・ワンピース」が多い

小学校の卒業式でどんな曲を歌いましたか?

3月に入り、今年もいよいよ卒業シーズンが到来しました。
一緒に過ごした友人との別れの日でもあり、それぞれの旅立ちの日でもある「卒業式」。

特に小学校は6年間通うという事もあり、小学校の卒業式が思い出に残っているという方は多いのではないでしょうか。

今回は、全国の男女計800名を対象に「小学校の卒業式に関するアンケート」を実施しました。

「小学校の卒業式に関するアンケート」調査概要
調査手法 インターネットでのアンケート
※自社運営のアンケートサイト「ボイスノート」を利用して調査を実施
調査対象者 男女
調査期間 2022年1月26日~1月31日
質問内容 質問1:小学校の卒業式でどんな曲を歌いましたか?[複数回答可]  
質問2:具体的な曲名を教えてください。 
質問3:小学校の卒業式はどのような服装で参加しましたか?
質問4:具体的に教えてください。
質問5:忘れられない出来事はありますか?
質問6:具体的なエピソードを教えてください。
集計対象人数 800名(30代以下・40代・50代・60代・70代以上 各年代 男女各80名)

※原則として小数点以下第2位を四捨五入し表記しているため、合計が100%にならない場合があります。

卒業式に最も歌われているのは「校歌」、2位は「仰げば尊し」

初めに、定番の卒業ソングについて聞きました。
全国の皆さんは、小学校の卒業式でどんな曲を歌っているのでしょうか。

複数回答可で回答していただいたところ、最も多かったのは「校歌」で60.5%の方が回答しました。
「校歌」と何か別の曲を歌ったという方が多いようです。

続いて、2番目に多かったのは「仰げば尊し」で、60.4%の方が回答しました。

この回答を年代別に集計した結果、以下のようになりました。

60代以上の方は「仰げば尊し」が最も多くなりました。
また、70代以上では「蛍の光」を歌ったという方も多いようです。

一方で、30代以下の方は「校歌」のほかに、「旅立ちの日に」を歌ったという方や、「3月9日」や「さくら(森山直太朗)」など、J-POPの曲を歌ったという方も多いようです。
また、ほかの年代と比べて「仰げば尊し」の割合が少なくなりました。
最近は「言葉の意味が分かりづらい」や「教師への尊敬を強要している」などの理由で歌わない学校が増えているようです。

全体では2位と皆さんの思い出にも残っているであろう「仰げば尊し」は、いずれどの学校でも歌われなくなってしまうのかもしれません。

「その他」と回答した方に、どんな曲を歌ったか聞いたところ、以下のような回答がありました。

「その他」小学校の卒業式で歌った曲

  • 『卒業の歌』(50代・男性)
  • Kiroroの『未来へ』(30代・女性)
  • 『大地讃頌』(30代・女性)
  • 海援隊の『贈る言葉』(40代・女性)
  • 『巣立ちの歌』(50代・女性)
  • 『RPG』(10代・女性)
  • いきものがかりの『ありがとう』(20代・女性)
  • 『6年間』(50代・男性)

どの年代も定番の卒業ソングが人気のようですが、最近はJ-POPなど、様々なアーティストの卒業ソングを歌う学校も増えているようです。

続いて、卒業式の服装についても聞きました。

「普段の通学時と同じ(普段着)」という方が37.0%で最も多くなりました。

この回答を年代別の集計した結果、以下のようになりました。

60代以上の方は「普段の通学時と同じ(普段着)」という方が多いようです。

一方で、50代以下の方は「洋装(スーツやワンピースなど)」という方が最も多くなりました。

「中学校の制服」はどの年代でもあまり多くなく、最近は、卒業式用にスーツやワンピースなどの式服を用意している方が多いようです。

最後に、卒業式の思い出について聞きました。

忘れられない出来事が「ある」方は13.3%でした。

具体的なエピソードについて聞いたところ、以下のような回答がありました。

小学校の卒業式の思い出

  • 卒業アルバムの最後のページにみんなから書いてもらったメッセージが嬉しかった。(40代・女性)
  • 「泣くなよ~」って友達に言っときながら自分が泣いちゃいそうだった。(30代・女性)
  • 下級生からボタンをねだられた。(40代・男性)
  • ピアノ伴奏を担当しており、直前まで全然弾けなかったのが卒業式直前に猛練習してできるようになり、先生や同級生にとても褒められたこと。(20代・女性)
  • 先生が黒板にメッセージを書いてくれた。(60代・男性)
  • 友達と絶対に泣かないよと約束していたのに、卒業式の最中から私も友達も号泣したこと。(50代・女性)
  • 母親ではなく父親に来てほしいと希望したら父親が来てくれたのが忘れられない思い出です。(70代・女性)
  • 先生からのスピーチが忘れられない。(60代・女性)
  • 初恋の子に告白した。(50代・男性)
  • 仲の良かった男子二人と女子二人で、すぐに帰らず教室でいつまでもストーブの周りで話していた。(60代・男性)
  • 恩師の先生との別れが寂しかった。(60代・男性)
  • タイムカプセルを埋めることになって、寄せ書きをしたのですが、後になって漢字を間違えていたことに気づき、掘り出したときに恥ずかしいなと思っていました。卒業以来40年以上経ちますが、誰も掘り出そうと言わないのでホッとしています。(50代・女性)
  • 校長の話が長かったこと。(60代・女性)
  • なんでもないことだが式の雰囲気や様子とか、謝恩会で出たご馳走の他の事のシーンを 覚えている。 特別のことでも何でもないのだが。(60代・男性)
  • 5年生が蛍の光を歌ってくれたのが、すごく感動的だった。(70代・女性)
  • 引っ越す女の子からプレゼントをもらった。(50代・男性)
  • PTA会長さんがスピーチで号泣していて、みんな笑ってしまったこと。(90代・女性)
  • 好きだったひとが、卒業後、引っ越すことになっていたので、卒業式が最後のお別れだった。(70代・男性)

「初恋の人に告白した」「号泣してしまった」「仲が良かった友達や好きな子が引っ越してしまった」など、皆さん様々な思い出があるようです。

まとめ

今回は、「小学校の卒業式」についてアンケート調査を行いました。

卒業式で歌う曲は「校歌」と何か別の曲を歌うという方が多いようです。

40代以上では「仰げば尊し」など定番の卒業ソングが人気になっていました。
30代以下の若い方は「旅立ちの日にのほか、様々なアーティストの卒業ソングを歌ったという方もいるようです。

卒業式の服装についても年代別で違いがあるようで、最近は、卒業式用にスーツやワンピースなどの式服を用意している方が多いようです。

卒業式に忘れられない出来事が「ある」方からは、「嬉しい思い出」から「切ない思い出」まで様々なエピソードが挙がっていました。

48.1%の方が、自動販売機で「マスク」を購入できたら便利だと思う

自動販売機で購入できたら便利だと思うものは?

新型コロナの影響で、外食を控えて自宅で食事をする方も多いのではないでしょうか。
外食業界では、長引く苦境への打開策として、自動販売機を導入する飲食店も増えています。

ジュースやタバコを取り扱っているイメージが強い自動販売機ですが、最近ではギョウザやラーメンなどの冷凍食品や、生花、さらには婚約指輪を販売する自動販売機も登場しています。

自動販売機を利用することで、非対面で販売ができ感染リスクを下げられることや、営業時間外でも販売ができるというメリットもあるようです。

今回は、全国の男女計800名を対象に「自動販売機に関するアンケート」を実施しました。

「自動販売機に関するアンケート」調査概要
調査手法 インターネットでのアンケート
※自社運営のアンケートサイト「ボイスノート」を利用して調査を実施
調査対象者 男女
調査期間 2022年2月22日~3月1日
質問内容 質問1:自動販売機で購入したことがあるものを全て選んでください。[複数回答可]  
質問2:具体的に教えてください。 
質問3:自動販売機で購入できたら便利だと思うものはありますか。[複数回答可] 
質問4:具体的に教えてください。
質問5:“変わり種自販機”を見たことはありますか?
質問6:具体的に教えてください。
集計対象人数 800名(30代以下・40代・50代・60代以上 各年代 男女各100名)

※原則として小数点以下第2位を四捨五入し表記しているため、合計が100%にならない場合があります。

2人に1人が、自動販売機で「マスク」を購入できたら便利だと思う

初めに、これまでに自動販売機で購入したことがあるものを聞きました。

95.0%の方が「飲み物」と回答しました。

続いて、自動販売機で購入できたら便利だと思うものについて聞きました。

もっとも多かったのが「マスク」で48.1%でした。
「傘」や「医薬品」と回答した方も3割以上でした。

「その他」と回答した方に、具体的に購入できたら便利だと思うものを聞きましたので、回答の一部を紹介します。

「その他の具体的に購入できたら便利だと思うもの」回答

  • 手袋・靴下(60代・男性)
  • ハンカチ(50代・女性)
  • エコバッグ(70代・女性)
  • のど飴(50代・男性)
  • パン・おにぎり(60代・女性)
  • 乾電池(30代・女性)
  • 消毒液(50代・男性)
  • カイロ(40代・男性)
  • 切手(10代・男性)
  • プリカ(10代・男性)
  • 音楽用CD(60代・女性)

「自動販売機を利用しないから購入できたら便利だと思うものはない」といった回答もありました。

「イクラ」や「婚姻届」、見たことがある“変わり種自販機”は?

これまでに「飲み物」や「タバコ」といった定番商品以外の自動販売機を見たことがあるか聞きました。

26.6%の方が“変わり種自販機”を見たことが「ある」と回答しました。

どのような自動販売機だったのか聞いたので、回答の一部を紹介します。

「見たことがある“変わり種自販機”」回答

  • ペットボトルに入った出汁。(50代・女性)
  • おでん缶詰やイチゴ。(50代・男性)
  • すぐに食することができるラーメン。(20代・女性)
  • うどん。(60代・男性)
  • 刺し身。(40代・男性)
  • イクラ。(60代・男性)
  • 牡蠣。(30代・男性)
  • 豚足や焼き鳥。(40代・男性)
  • バナナ。(70代・女性)
  • こおろぎのクッキー。(30代・女性)
  • 納豆。(30代・女性)
  • 焼き芋。(30代・女性)
  • カバン。(10代・男性)
  • 香水。(40代・男性)
  • 絆創膏。(30代・女性)
  • 数珠だったか念珠みたいなもの。(50代・女性)
  • 静岡県掛川市の茶箱(日本茶)自販機。(70代・男性)
  • 生きた虫。(60代・男性)
  • 長崎で実際に使える坂本龍馬さんの婚姻届。(50代・女性)

特に多く挙がったのは、「ペットボトル入りの出汁」「おでん缶」「ラーメン」でした。

まとめ

今回は、自動販売機についてアンケートを行いました。

48.1%の方が、自動販売機で「マスク」を購入できたら便利だと思うと回答しました。
外出時のマスク着用が欠かせない中、急に新しいマスクが必要になったときに自動販売機で買うことができたら便利です。

長崎県の自動販売機で買うことができる「坂本龍馬の婚姻届」には、龍馬夫妻の写真などが印刷されているそうです。
行政書士の方が発案したもので、実際に全国の自治体で使うことができます。

「飲み物」の自動販売機にも変化が起きています。
コカコーラ社はマイボトルに対応した自動販売機の導入を発表しました。
これからの自動販売機は、品ぞろえだけでなく環境への取り組みも求められるようです。

【昆虫食】30.1%の方が、これまでに昆虫を食べたことが「ある」

これまでに「昆虫」を食べたことはありますか?

将来的な食糧危機への不安から「昆虫食」が注目されています。

無印良品やDAISOがコオロギせんべいを販売したり、「昆虫食」専門の自販機の設置も増えるなど、手軽に「昆虫食」を楽しめるようになりました。

「昆虫食」は新たなビジネスチャンスとしても期待されています。
IT企業が食用コオロギの養殖事業を開始したり、コオロギ活用事業のためのクラウドファンディングも行われています。

今回は、全国の男女計800名を対象に「昆虫食に関するアンケート」を実施しました。

「昆虫食に関するアンケート」調査概要
調査手法 インターネットでのアンケート
※自社運営のアンケートサイト「ボイスノート」を利用して調査を実施
調査対象者 男女
調査期間 2022年2月17日~2月28日
質問内容 質問1:これまでに昆虫(イナゴ・蜂の子・蚕など)を食べたことはありますか? 
質問2:昆虫食をしてみたいと思いますか? 
質問3:回答の理由を教えてください。
質問4:食べたことがある昆虫を全て選んでください。[複数回答可] 
質問5:具体的に教えてください。
質問6:どのようにして食べましたか?[複数回答可] 
質問7:具体的に教えてください。
質問8:食べてみたい昆虫を全て選んでください。[複数回答可] 
質問9:具体的に教えてください。
集計対象人数 800名(30代以下・40代・50代・60代以上 各年代 男女各100名)

※原則として小数点以下第2位を四捨五入し表記しているため、合計が100%にならない場合があります。

60代以上の42.0%が、これまでに昆虫を食べたことが「ある」

初めに、これまでに昆虫を食べたことはあるか聞きました。

30.1%の方が「ある」と回答しました。

この回答を年代別に集計した結果、以下のようになりました。

年代が上がるについて「ある」と回答した方の割合は増え、60代以上の42.0%の方が、これまでに昆虫を食べたことが「ある」と回答しました。

これまでに昆虫を食べたことが「ある」と回答した方に、食べたことがある昆虫を聞きました。

83.4%の方が「イナゴ」と回答しました。
これまでに昆虫を食べたことがある方の多くは、「イナゴ」や「蜂の子」を食べたようです。

実際にどのような調理方法で食べたのか聞きました。

「煮物」がもっとも多く、44.0%でした。
「揚げ」「炒め」を選んだ方も22%ほどいました。

「その他」と回答した方に、どのようにして食べたのか聞いたので、回答の一部を紹介します。

「その他の食べ方」回答

  • サプリメント(60代・男性)
  • はちみつ漬け(60代・女性)
  • キャンディー(60代・男性)

これまでに昆虫食をしたことが「ない」方の9.1%が、昆虫食をしてみたいと「思う」

これまでに昆虫を食べたことが「ない」と回答した方に、昆虫食をしてみたいと思うか聞きました。

昆虫食をしてみたいと「思う」と回答した方は9.1%でした。

それぞれの回答の理由を聞いたので、一部を紹介します。

「昆虫食をしてみたいと思う」回答理由

  • 栄養価が高いと言われているから。(30代・男性)
  • 手軽にたんぱく質を得る方法として興味があるので。(40代・男性)
  • 栄養豊富だし、バッタなどの害虫を食べれば、社会貢献になると思ったから。(30代・女性)
  • もしいずれ食料危機に陥ったらと考えると、しっかり食べられるように挑戦してみたいから。(20代・女性)
  • ダイエットに良さそうだから。(30代・女性)
  • 怖いもの見たさで一度食べてみたいから。(70代・女性)
  • 体験できるものは何でもやってみたいから。(40代・女性)
  • 興味本位と話のタネに。(50代・女性)
  • どんな味わいなのかが気になるから。(50代・男性)

「昆虫食をしてみたいと思わない」回答理由

  • 気持ち悪いから。(40代・男性)
  • 虫嫌いだから。(10代・女性)
  • 食べなくても見てるだけで無理なので。(60代・女性)
  • 普通の食事で十分だから。(20代・男性)
  • 食が有り余っている今は食べてみたいとは思わない。(60代・男性)
  • 栄養価が高いしおいしいものもあるとは聞いたことがあるが、どうしても生理的に受け付けない。(50代・女性)
  • 食べる機会がないし、おいしくなさそうだから。(40代・女性)
  • アレルギーがあるかもしれないから。(30代・男性)
  • 衛生面で不安がある。(50代・男性)
  • 身近に販売してない。(30代・女性)

これまでに昆虫を食べたことが「ある」と回答した方と、これまでに昆虫を食べたことはないが昆虫食をしてみたいと「思う」と回答した方に、食べてみたい昆虫を聞きました。

半数の方が「蜂の子」と回答しました。
「その他」を選択した方に具体的な内容について聞いたところ、「これまでに昆虫を食べたことはあるが、今は食べたいとは思わない」という回答が多く挙がりました。

まとめ

今回は、昆虫食についてアンケートを行いました。

30.1%の方が、これまでに昆虫を食べたことが「ある」ようです。
「ある」と回答した方の割合は、年代が上がるほど高くなりました。

これまでに食べたことがある昆虫について聞いたところ、「イナゴ」と回答した方がもっとも多かったですが、食べてみたい昆虫については「蜂の子」と回答した方がもっとも多くなりました。

1960年代までの日本では、55種類ほどの昆虫が食べられていたそうです。
「高タンパク」「高脂肪」が魅力の「昆虫食」は、食糧危機の解決策となるのでしょうか。

【妊娠中の悩み】46.7%が、妊娠中に「体調面以外でも悩んだことがある」

妊娠中、悩んでしまったことはありますか?

妊娠中には体の変化が多く、つわりなどさまざまな体調の変化に悩まされることも多いかと思います。
そんな「体調面」での悩みを抱えている方は多いと思いますが、「体調面以外の悩み」はどのようなことがあるでしょうか。

今回は青山ラジュボークリニックと共同で、事前調査で「妊娠・出産をしたことがある」と回答した全国の女性300名を対象に、「妊娠中の悩み」についてのアンケートをおこないました。

「妊娠中の悩みに関するアンケート」調査概要
調査手法 インターネットでのアンケート
※自社運営のアンケートサイト「ボイスノート」を利用して調査を実施
調査対象者 妊娠・出産をしたことがある女性
調査期間 2022年2月18日 ~ 2月21日
質問内容 質問1:妊娠中に「体調面以外」で悩んだことがありますか?
質問2:もっとも悩みが大きかったのは、いつ頃ですか?
質問3:どのようなことで悩んだか教えてください。
質問4:悩んでしまった時、もっとも相談した相手は誰ですか?
質問5:相談した結果、悩みが解決できたことはありますか?
質問6:どのように悩みを解決しましたか?
集計対象人数 300人

※原則として小数点以下第2位を四捨五入し表記しているため、合計が100%にならない場合があります。

46.7%が妊娠中に「体調面以外」で悩んだことがある

まずは、妊娠中に「体調面以外」で悩んだことがあるかについて聞きました。

46.7%の方が「悩んだことがある」と回答しました。

では妊娠中のどの期間に悩む方が多いのでしょうか。
「悩んだことがある」と回答した方に、もっとも悩みが大きかった時期についても聞きました。

45.7%の方が「妊娠後期」、41.4%の方が「妊娠初期」と回答し、妊娠直後や出産前に悩む方が多いようです。
どのようなことで悩んでいたかについても聞きました。

妊娠中の悩み

  • 妊娠初期なのでおなかも大きくなく妊婦だと思われずに肉体労働を頼まれたり、マタニティマークを付けていても嘘だろうみたいに言われたこと(30代)
  • 上の子の世話があるのに夫のサポートがほとんどなかったこと(30代)
  • 自分がちゃんと子供を育てられるのか不安で、インターネット検索しまくりました。(30代)
  • イライラして上の子を叱ってしまう(50代)
  • 就職していたので妊娠悪阻で入院してしまったとき、自分の仕事がすごく迷惑かけると思った。(60代)
  • 高齢出産だったから不安でした。(50代)
  • お腹が大きくなって、足元が見えないから危険。(50代)
  • 出産の2ヶ月前まで働いていたのですが、周りに隠していたので、体型は変わっていくので大変でした。(40代)

仕事への悩みや、夫のサポートがなくて悩んでしまったという方がいました。
すでに子供がいる場合は、イライラして上の子を叱ってしまうなどの悩みを抱えていた方もいるようです。

妊娠中の悩み、その相談相手は?

続いて、悩んでしまった時、誰に相談することが多かったかについて聞きました。

「夫」と回答した方が30.7%ともっとも多かった一方で、「誰にも相談していない」という方も26.4%いました。
では、誰かに相談したことで実際に悩みが解決できたことはあるのでしょうか。

66%の方が「相談した結果、悩みが解決できたことがある」と回答しました。
どのように悩みが解決できたのかについても聞きました。

どのように悩みを解決したか

相談相手 どう解決したか(年代)
友人 同じような悩みを抱えていた人の解決策を聞いた(50代)
友人 相談して話を聞いてもらったことで楽になった(20代)
考えすぎないように、プラスのことを考えるようにするようにしました。(20代)
二人で育てて行こうと言われ負担が軽くなった(40代)
仕事面で悩んだ時に夫がいろいろアドバイスしてくれて、悩みを解決できた。(20代)
みんな初めてだからいちいち心配しなくても良いといわれて気持ちが楽に成りました(60代)
ネットや本 同じ状況のママの体験談などを読んだり、妊婦用の雑誌を読んだりして解決した(40代)

まとめ

今回は妊娠・出産をしたことがある女性に「妊娠中の悩み」についての調査をし、その結果を紹介しました。
46.7%が妊娠中に体調面以外で「悩んだことがある」と回答し、その多くが「妊娠初期」や「妊娠後期」に特に悩んでいたようです。

初めての妊娠では分からないことだらけで悩んだり、すでに妊娠を経験したことがあっても上の子の世話で悩んだりと、どのような方でも悩む場合はあるようです。
もし根本的な悩みの解決にならなかったとしても、「話を聞いてもらったことで楽になった」という方もいるように、誰かに相談することは大事なことかもしれません。

【人気比較】TOYOTAの新型「ノア」と新型「ヴォクシー」、乗りたいのはどっち?

あなたはどちらに乗りたい?

今年1月に、TOYOTAから新型「ノア」、新型「ヴォクシー」の販売が開始されました。
同じプラットフォームが採用されていますが、外観や内装、価格設定など異なる点も多くあります。

では、新型「ノア」と新型「ヴォクシー」では、どちらにより乗ってみたいと思う方が多いのでしょうか。
今回は、グーネット中古車と共同で、車が好きな男女400名を対象に、「乗りたい車」についてアンケートを実施しました。

「乗りたい車に関するアンケート」調査概要
調査手法 インターネットでのアンケート
※自社運営のアンケートサイト「ボイスノート」を利用して調査を実施
調査対象者 事前調査で「車が好き」と回答した全国の男女
調査期間 2022年2月22日 ~2月24日
質問内容 質問1:TOYOTAの新型「ノア」、新型「ヴォクシー」、あなたはどちらにより「乗ってみたい!」と思いますか?
質問2:選んだ理由を教えてください。
集計対象人数 400人(30代以下、40代、50代、60代、男女各世代50人)

わずかな差で「ノア」が女性から人気

まずは、車が好きな女性200名に聞きました。

「ノア」が51.5%、「ヴォクシー」が48.5%と、わずかに「ノア」の方が人気が高い結果になりました。
年代別で集計した結果は以下の通りです。

それぞれの回答をした方に、選んだ理由についても聞きました。

「ノア」を選んだ理由

  • ヴォクシーはちょっとやんちゃに見えてしまうので(30代・女性)
  • 見た目がノアの方が好みだから(30代・女性)
  • フロントグリルの形がかっこよかった。(40代・女性)
  • テールランプがノアの方が好き(40代・女性)
  • ノアのほうが家庭向き、というイメージがあるため。(50代・女性)
  • 見た目とデザイン、また我が家のライフスタイルに合っていると感じるから。(50代・女性)
  • クルマの形がノアの方が好き(60代・女性)

「ノア」を選んだ理由では、見た目が「ヴォクシー」よりも好きという方が多くいました。
また、「ノア」の方が家庭向きというイメージがある方もいるようです。

「ヴォクシー」を選んだ理由

  • デザインがノアよりかっこ良くて好みだから。(20代・女性)
  • スタイリッシュでかっこいいから。(20代・女性)
  • 現在ヴォクシーに乗っているので最新型が気になる(40代・女性)
  • スタイリッシュでかっこいいから。(50代・女性)
  • 以前乗っていた時に乗り心地が良かったので、どんなふうにモデルチェンジしたのか試乗してみたいです。(50代・女性)
  • ヴォクシーの方がかっこいいので。(50代・女性)

「ヴォクシー」を選んだ理由では、現在乗っていて最新型が気になるという方がいました。
また、見た目では「ノア」よりも「ヴォクシー」の方がかっこいいと感じる方が多いようです。

男性人気が高いのはどっち?

続いて、車が好きな男性200名に聞きました。

男性の場合でも女性と同様に、わずかに「ノア」の方が人気が高い結果になりました。
年代別で集計した結果は以下の通りです。

それぞれの回答をした方に、選んだ理由についても聞きました。

「ノア」を選んだ理由

  • 乗り心地が良さそうで、車のフォルムも好きだから(30代・男性)
  • ノアの方がフロント部分かっこいい。(40代・男性)
  • ノアの方がデザインがシンプルでスマートな印象があるので。(40代・男性)
  • 少し落ち着いた感じがいいから(50代・男性)
  • ノアの方がおとなしい印象で安心出来る。(60代・男性)
  • 基本的には、同系統の車両ですが、外観や、ハンドル周りのデザインが好きなので、選びました。(60代・男性)

「ノア」を選んだ理由では、フォルムが好きだからや、フロント部分がかっこいいからなどがありました。
また、「ノア」の方がおとなしい印象があるからという理由もありました。

「ヴォクシー」を選んだ理由

  • フロントグリルが一新されカッコいいから。(20代・男性)
  • がっちりとしていてパワーがありそうだから。(10代・男性)
  • 落ち着いた感じのノアより、イカつい系のヴォクシーの方が好みなので。(40代・男性)
  • 単純に見た目がカッコよく、ワイルドなイメージが好きです。(40代・男性)
  • ノアはファミリーカーのイメージがあるから独身の自分には合わないと思った。(50代・男性)
  • 今ヴォクシ-に乗っており、新型にも乗ってみたい。(60代・男性)

「ヴォクシー」を選んだ理由では、フロントグリルが一新されてかっこいいからや、パワーがありそうだからなどの理由がありました。
やはり「ノア」よりも「ヴォクシー」の方が、かっこいいと感じる方が多いようです。

まとめ

今回は、TOYOTAの新型「ノア」と新型「ヴォクシー」の人気比較調査を実施し、その結果を紹介しました。
今回の結果ではわずかに「ノア」の方が人気という結果になりましたが、男女や年代での大きな差はありませんでした。

一方で「ノア」は比較的ファミリーからの人気が高く、家族構成やライフスタイルによる好みの差はあるようです。