カウブランド「無添加 泡の洗顔料」なら、ふわふわ泡が簡単に作れる!商品を実際に使用して、口コミを検証しました!

「ふわふわの優しい泡で顔を洗いたい」

「敏感肌だから成分には気をつけたい…」

ニキビや乾燥などの敏感肌に悩まされていると、洗顔料選びに迷いますよね。

例えば肌に優しい成分の商品と言えば、牛乳石鹸のカウブランドから発売される「水色の洗顔フォーム」などが有名です。

他にも、ピンク色の「無添加 泡の洗顔料」が発売されているのはご存知でしょうか?

こちらはポンプ式の洗顔料なので、ふわふわの泡を簡単に作ることが出来ます!ドラッグストアでも手軽に買えて、つめかえもOK!

無添加の成分が使用されているので、デリケートな敏感肌の人にもおすすめの商品です。

この記事では、カウブランド「無添加泡の洗顔料」の成分や効果、口コミについてご紹介していきます!

ふわふわの泡洗顔を試したい人や、成分について知りたい敏感肌の人はぜひ参考してみて下さいね。

この記事を監修した美容アドバイザー
しおり
美容ライター
美容部員として働いていた経験から、コスメ・基礎化粧品を中心に記事を書いています。女性は化粧ひとつで、心も顔も変化します♪皆さんのさまざまな顔の悩みを”メイクという魔法”でお手伝いできればと思います。今回は肌に優しい泡洗顔、『カウブランド無添加 泡の洗顔料』をご紹介します!

 



【牛乳石鹸】カウブランド「無添加 泡の洗顔料」にはどんな特徴がある?

有害物質無添加で敏感肌の方も安心

洗顔料は選び方を間違えると、顔をきれいにするどころかヒリヒリしたり赤くなったりしてしまいます。

特に敏感肌の方は気をつけなくてはいけないですよね。

購入前に成分表を見て、肌への刺激が強い成分が含まれていないか、確認しましょう。

牛乳石鹸から発売されるカウブランド泡の洗顔料は着色料が入っていませんが、色味を整えるために「赤○○号」などと表記され、香料も入っていません。

天然香料であれば害も少ないのですが、とても高価なためほとんどの商品には合成香料が使われています。

これは人体に悪影響を及ぼすことが多いのですが、同じくこちらも配合されていません。

カウブランド無添加のシリーズ使いもおすすめ

また、クレンジングに無添加メイク落としミルクを使うと、トータルで肌に優しいスキンケアができます。

ボディケア用品も低刺激な処方のものが多く、おすすめです。

防腐剤も肌荒れなどを引き起こす原因の一つで、他にも品質安定剤・鉱物油・アルコールなどがよく使われています。

しかしカウブランド泡の洗顔料にはこれらが一切入っておらず、肌のことを考えて作られた商品で、安心して使い続けられますよ。

プチプラなのに、低刺激処方で安心して使いやすいカウブランドの商品。他の製品では刺激が気になる方も、カウブランドの商品なら刺激を感じずに使用できるかもしれません。

天然由来のセラミド配合で保湿効果が高い

カウブランド泡の洗顔料を使うとお肌がしっとりするのですが、これは天然由来のセラミドが配合されているためです。

セラミドとは肌の水分が体外に出ていかないように働くバリアの一つで、これをしっかり足すことで元々のうるおいを逃さずしっかり守ってくれます。

天然由来なので人間の角質細胞間脂質と近く、敏感肌やアトピーの人にもおすすめできる成分。

非常に高価な成分なのに、カウブランド泡の洗顔料はリーズナブルなのでありがたいですね。

プチプラなのに、セラミド配合の高コストパフォーマンスな商品です。成分にこだわりがある方も、コスパの良さに驚きを隠せないでしょう!

植物性アミノ酸系洗浄成分配合

洗顔料には洗浄成分が入っていますが、それがどんな種類なのか気にしたことはありますか?

洗浄剤の界面活性剤にはいくつかの種類がありますが、石油系や科学系は洗浄力が強い代わりに肌を傷つけ、長期間使い続けると肌トラブルを引き起こすことも。

その一方で、アミノ酸系は特に体に優しいタイプだとして、知られています。

私たちの体は約20%がアミノ酸で出来ており、それと同じ成分で作られているので低刺激なんですね。

そのため敏感肌の人や石油系界面活性剤を避けたい人に、おすすめできます。

洗浄力が強すぎる洗浄剤が使われていないので、長く安心して使用できます。常に常備しておく洗顔料として、おひとついかがでしょうか?

カウブランド「無添加 泡の洗顔料」の特徴的な成分をピックアップ!成分からみた期待できる効果は?

カウブランド 泡の洗顔料成分表

カウブランド「無添加 泡の洗顔料」の全成分

水、DPG、PEG-400、ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルグルタミン酸Na、ラウリルヒドロキシスルタイン、セラミドNG、ラウロイルアスパラギン酸Na、PEG-60水添ヒマシ油、ラウリン酸、クエン酸

カウブランド「無添加 泡の洗顔料」の特徴的な成分1:ラウロイルメチルアラニンNa

ラウロイルメチルアラニンNaは界面活性剤のひとつで、低刺激で安全性が高く、適度な洗浄力があるのが特徴です。

必要な分の皮脂を残した洗い上がりなので、必要以上に分泌されず乾燥を防ぎます。

強力な洗浄力の洗顔料を使っていた人が使うと、肌の機能を正常化してくれる一面も持っているんです。

オーガニック製品や低刺激シャンプーなど、敏感肌の人が使うような商品によく使われています。

カウブランド「無添加 泡の洗顔料」の特徴的な成分2:セラミドNG

セラミドとは細胞間脂質の一種で、水分を保持する役割を果たしています。

細胞の間を埋めている物質の半分を占めており、摩擦や紫外線といった刺激から肌を守ってくれ、保湿力があり、しっとりした肌触りに必要な成分。

セラミドにはいくつか種類がありますが、セラミドNGは特に保湿機能のサポート力が高いのが特徴。

人の肌にもっともたくさん含まれており、多量の水分を保って保湿します。

カウブランド「無添加 泡の洗顔料」の特徴的な成分3:クエン酸

クエン酸というと、疲労回復などに効果が期待されているだけでなく、美肌効果も高いと言われています。

ピーリング効果があり、ターンオーバーの周期が遅くなってしまった肌に使うと、古い角質を落としてくれるんです。

代謝を促進して、ニキビやニキビ跡の改善につながり、肌の酸化を防ぐので、アンチエイジングにも貢献。

きれいな白い肌にや化粧のノリが良い肌に導くので、コスメを厚塗りしなくてもつるんとした肌を演出できるのがポイント。

洗顔しながらアンチエイジングケアや角質ケアもできる、素晴らしい商品。洗顔に迷っている方は、一度使われてみてはいかがですか?

カウブランド泡の洗顔料は毛穴とニキビに効くの?

カウブランド泡の洗顔料は、洗浄力が優しいため、肌を刺激しすぎず洗うことができるんです。

またピーリング効果もあり、古い角質を取り除いて、正しい肌環境を保てるようサポート。

これによりニキビができても治るまでのスピードが速まり、治った後はニキビができにくい肌に導いてくれます。

カウブランド「無添加 泡の洗顔料」は本当に効果的?実際に試した体験レビュー

ここからは、実際に牛乳石鹸から発売されるカウブランド「無添加 泡の洗顔料」を使ったレビューをご紹介します。

カウブランド「無添加 泡の洗顔料」の使い方

カウブランド泡の洗顔料を用意

カウブランド 泡の洗顔料正面
クレンジングでメイク汚れを落としたら、洗顔開始です。

コンパクトサイズで、ポンプ部分を押すだけで泡が出てくるので、忙しい朝や疲れている夜にも使いやすいですね。

2~3プッシュを使うと書かれていたので、ひとまず2プッシュしてみました。

手間いらずで、泡洗顔できるのが嬉しいですね。

泡で洗ってぬるま湯で流す

カウブランド 泡の洗顔料泡
顔にぬるとこんな感じで、たっぷり濃密泡が好きな方には物足りないかもしれません。

泡自体は手に出したときには弾力があり、泡立てネットを使ったもののような感じです。

泡立てないで洗顔すると、肌には刺激が強すぎるんです。どうしても泡立てが面倒な時は、泡で出てくるタイプをおすすめします。

カウブランド「無添加 泡の洗顔料」の良かった点

泡で出てくるのが便利

みなさんは、いつもどうやって洗顔をしていますか?

私は必ず泡立てネットを使ってもちもちの泡を作っているので、この工程がカットできたのはものすごく楽でした。

眠いときやお酒を飲んで帰って来た時など、「面倒だから洗顔料をこのまま顔につけちゃおうかな」という誘惑にかられつつ、仕方なく泡立てネットを使っています。

今日からその手間が省けると思うと、それだけですごく気が楽ですね。

洗い上がりはさっぱりしている

カウブランド 泡の洗顔料使用前後
こちらが洗う前後の状態で、見た目が劇的に改善したということはないのですが、カウブランド泡の洗顔料で顔を洗うと、洗っている途中から汚れが落ちている感覚がします。

顔がさっぱりし、余分な皮脂や汗、汚れが落ちていると体感しました。

洗い流しているときにも、ぬるま湯と一緒に汚れが落ちていくような感じがありました。

優しい洗浄力なのにこれだけ洗った感じがあるのは、自分の顔がきちんときれいになっていく感覚があって◎。

カウブランド「無添加 泡の洗顔料」の残念だった点

水気を拭きとった後につっぱる

ぬるま湯できれいに洗い流しタオルで顔についた水気を拭きとると、少しつっぱる感覚がありました。

特に目の周りなどの皮膚が薄いところは、顕著にそうした現象が出ていて、すぐに化粧水をつけたくなり、乾燥肌の方はもう少し保湿成分が欲しいかもしれません。

泡がすぐつぶれる

手に出したときはもちっとした泡でしたが、顔につけるとすぐに薄くなってしまいました。

つぶれるまでが早いので、顔を洗っている途中で手が直接顔にしっかり触れるようになり、摩擦が気になります。

もう少し多めに出すと、摩擦は軽減されるでしょう。

カウブランド「無添加 泡の洗顔料」の使用後の感想

使い勝手が良く、肌に優しい処方のため、コストパフォーマンスが高い印象です。

洗面所に置いておいて洗顔が面倒なときにも、毎日のデイリー使いにも、丁度よい商品です。

無添加の洗顔料で感じられる効果&ふわふわの泡立て方を調査!

敏感肌の人にとって、無添加の洗顔料はとても心強い味方です。

一見高いイメージがありますが、ドラッグストアでもプチプラ価格で購入することができます。

安くて便利な牛乳石鹸を始めとした「無添加の洗顔料の良さ」について、さらに知っておきたいですよね。

そこで今回は、無添加の肌に優しい洗顔料を使ったことがある女性219人にアンケートを取りました!

まずは、最も感じられた効果について見ていきましょう。

1位 「肌への刺激が少ない」

最も多かったのは、女性219人中153人(約70%)の「肌への刺激が少ない」でした!

これは肌への刺激になりやすい「着色料・香料・防腐剤・品質安定剤・鉱物油・アルコール」などが含まれていないことが理由だと分かります。

刺激が少ないことで、かゆみや肌荒れなどの原因を抑えることが出来るのです。

2位 「肌がしっとり潤う」

次いで、二番目に多かったのは、女性219人中20人(約9%)の「肌がしっとり潤う」でした!

肌内部にあるセラミドと同じ保湿成分を浸透させることで、洗顔後も肌がしっとり潤うようです。

敏感肌向けの化粧品の多くは、保湿成分としてセラミドが配合されていることが多いので、ぜひ注目して見てください。

3位 「肌の透明感がアップする」&「ニキビができにくい」

さらに三番目に多かったのは同率で、女性219人中6人(約3%)の「肌の透明感がアップする」と「ニキビができにくい」でした!

無添加の洗顔料は潤い効果の高いものが多く、肌のキメが整いワントーンアップした効果を感じられます。

また、しっかり洗顔することで清潔な状態が保たれるので、結果的にニキビ対策にも繋がるのです。

続いて、女性219人がどんな方法で洗顔料を泡立てているのかご紹介します!

1. 泡立てネットを使う

東京都
36歳女性

泡だてネットを使用している。たっぷりあわがきめ細かくなるように何度も空気を入れて泡を立てている。

北海道
43歳女性

泡立てネットで泡立てています。泡が細かくてやさしい泡になるから

2. 泡立てグッズを使う

神奈川県
47歳女性

ふわふわ泡が作れる泡立て器。100円ショップで購入したもの

広島県
46歳女性

百均で買ったこっぷに蓋がついて真ん中に棒があって上下にしゃかしゃかやってあわだてるやつを使ってます

3. ブラシで泡立てる

宮崎県
43歳女性

ブラシで洗顔料を泡だたて、優しく洗顔している

大阪府
64歳女性

液体の無添加の泡立ちの良い肌に優しい洗顔料を洗顔ブラシで泡立てて使っています。

4. 手で泡立てる

神奈川県
45歳女性

適量を出して、少量の水を加えて泡立てる。手のひらで丁寧に泡立てている

福島県
30歳女性

手の平で指などを使って慎重に泡立てている

 

今回は4つのポイントに分けて泡立て方をご紹介しました!

なかでも、「泡立てネット」を使用した泡立て方に人気が集まっているようです。

泡立てグッズはドラッグストアではもちろん、百均でも気軽に購入することが出来るので、ふわふわの泡を作りたい人はぜひ挑戦してみて下さい。

もちろん「手の平で泡立てる方法」も人気がありますが、時間を掛けてキメ細かい泡を作るのは大変ですよね。

こうした時は、カウブランド「無添加 泡の洗顔料」のようにポンプ式で手軽にふわふわの泡を作れる洗顔料を選びましょう!

泡の質が変わるだけで、毛穴汚れの落ち方もぐんっとアップさせることができますよ。

敏感肌の原因とは?スキンケアをするならセラミド成分に注目!

カウブランドのように、無添加の洗顔料であれば敏感肌の人でも安心して使うことが出来ます。

「肌のかゆみ」や「ヒリヒリした症状」に悩んでいた人にとっては、低刺激タイプの化粧品はとてもありがたいものですよね。

しかし、敏感肌とはどういう状態の肌のことを言うのでしょうか。

もしスキンケアが関係しているのであれば、少しでも状態を変えていきたいですよね。

ここでは、敏感肌になる原因とその対策法についてご紹介します。

敏感肌に関係しているのは0.02mmの角質層

皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の3つの層からできています。一番外側の表皮は、日光(紫外線)、ほこり、細菌、ウイルスといったさまざまな異物から体を直接保護しています。
敏感肌に関連しているのは、この表皮の一番外側を覆っている角質層です。角質層は0.02mmという薄さながら肌内部の水分が逃げるのを防ぐとともに外的刺激をブロックするバリア機能を備えています。水分を保ち肌を守っているのは、表面の皮脂や、角質層の細胞に含まれるアミノ酸などの天然保湿成分(NMF)、細胞の間を満たし細胞同士を結びつけるセラミドや脂肪酸などの細胞間脂質です。ところが何らかの理由でこうした成分が少なくなってしまうと、肌のバリア機能のはたらきが弱まり敏感な状態になってしまうのです。

 

このことから、敏感肌は角質層によるバリア機能が影響していることが分かりました!

バリア機能の働きをサポートするためにも、スキンケアでは「アミノ酸」や「セラミド」などを補う必要があります。

例えばカウブランド「無添加 泡の洗顔料」のように、天然由来のセラミド成分が配合されているものであれば、洗顔中も潤いを保つことができるのです。

肌内部にある水分の蒸発を防ぐことでバリア機能が保たれて、デリケートな敏感肌を守ってくれます。

さらに保湿効果を高めるためにも、化粧水や乳液などで肌の表面をしっかり保護してあげて下さい。

カウブランド「無添加 泡の洗顔料」はアマゾン・楽天・公式ページのどこで購入するのが最安値か

販売サイト 最安値相場
Amazon
カウブランド「無添加 泡の洗顔料」
527円(税込)
楽天
カウブランド「無添加 泡の洗顔料」
428円(税込)+送料

■Amazon:527円(税込・送料込)

アマゾンでは527円で販売されていました。送料を考慮すると、楽天で買うよりもお得な価格になっています。

一緒に「つめかえ用」も合わせて購入しておくと便利です。

■楽天:428円(税込)+送料

楽天では428円で販売されていますが、別途600円ほどの送料がかかります。

【牛乳石鹸】カウブランドは赤箱・青箱が有名

カウブランドの商品が気になる人には、固形石鹸もおすすめです。

こちらは無添加ではありませんが、赤箱がしっとりタイプ、青箱がさっぱりタイプとなっています。

牛乳石鹸の定番商品となっているので、ぜひチェックしてみて下さい!

カウブランド「無添加 泡の洗顔料」の口コミと実際に使ってみた感想

まずは、牛乳石鹸から発売されるカウブランド「無添加 泡の洗顔料」の口コミを確認しましょう。

購入を迷っている方は、ぜひ参考にされてくださいね。

しまいたいさん
満足度:★★★★★☆☆(7点中5点)

他社のピンク色のものを数年使っていましたが老いて乾燥が激しくなってきたため
こちらに変更しました。2度洗ってスッキリくらいを求めていたのですが、ちょうどそんな使い心地で満足です。

 

亜沙緋さん
満足度:★★★★☆☆☆(7点中4点)

何とか肌には合っていた感じですね。
荒れたりもしないです。
綺麗になりますしね。
あっさりしてるけど、ちゃんとしっとり感はあります!

 

isiaさん
満足度:★★★★★★★(7点中7点)

荒れやすい敏感肌ですが問題なく使えています。
とても優しい洗いごこちで突っ張らずみずみずしいです。
泡は少しゆるいですが短時間で洗い流すので問題なし、1プッシュで顔全体へ延ばせます。
マイルドなので朝洗顔にもW洗顔にも負担なく使えて◎
久々のHITでした。

 

口コミの内容と実際に使ってみた感想

ポンプ式の使いやすさや、肌への優しさを感じている方が多かった印象です。

しっとり水分を感じる人もいれば、つっぱりを感じる人もいるかもしれませんが、もともと乾燥しやすい人だとカサついた感じになりやすいのかもしれません。

この商品をおすすめ出来る人

  • 手軽に洗顔したい人
  • 泡立てが面倒な人
  • 脂性肌の人
  • リーズナブルな洗顔料を求めている人

カウブランド「無添加 泡の洗顔料」のメリットは、その手軽さ

ポンプ式だからさっと出せますし、泡の状態で出てくるのですぐに洗い始められますから、泡立てが面倒な人には特におすすめ。

ちょっとした違いですが、毎日のことだから少しでも時短になるのは嬉しいですよね。

人によってはつっぱった感じが出てしまうことがありますが、脂性肌であればその心配が要らないかもしれません。

Tゾーンなど脂がよく出てしまうのなら、一度試してみる価値はあります。

安価で低刺激処方なため、コストパフォーマンスを重視している人にもおすすめ

【牛乳石鹸】カウブランド「無添加 泡の洗顔料」の詳細

カウブランド泡の洗顔料公式

内容量 200ml
価格 527円
詰め替え用あり ボトルタイプよりもリーズナブル
皮膚アレルギーテスト済み 皮膚アレルギーをし、クリアした商品