福山市で評判の注文住宅メーカーを徹底比較!口コミで人気の業者を厳選しました。

家の印象を左右する!注文住宅の外観を決める際のポイントとは?

公開日:2021/06/01  最終更新日:2021/06/07

おしゃれな家を建てたい!とは思いつつも、具体的なデザインはイメージできていない人も多いのではないでしょうか?家のイメージは外観の色や素材によって大きく変わります。イメージに合わせた外観にするための色や素材、形状などの要素などをご紹介します。また注意点もあるので後悔する前にしっかりとチェックしておきましょう。

注文住宅の外観を決める要素はどこ?

住宅のイメージにはモダンや和モダン、洋風、和風、北欧などさまざまなテーマがあります。それらを構成する要素の11つを把握し、イメージを作っていきましょう。

モダン

フラットや片流れの屋根で、全体的に直線的でシンプルな形状が特徴です。外壁の色は黒や白、グレーなどのモノトーンカラーで仕上げています。非常にシンプルなデザインなので、玄関ドアやサッシ、ガラスなどの素材に変化を持たせることでおしゃれな印象にできます。

洋風モダン

洋風の住宅を現代的にアレンジしたスタイルです。洋風の要素を取り入れつつ日本の風土に合わせているので、周りから浮くことなくなじみがよいです。南欧スタイルや北欧スタイルも人気なので、木や石などの自然素材を用いたデザインが多くみられます。

和モダン

和風の要素を取り入れつつモダンに仕上げたデザインです。直線的でシンプルなデザインでありながらも畳や縁側とマッチするようなデザインになっており、家の形やシャープでありながらもどこかゆったりとした雰囲気があります。屋根の形状はモダンと同じようにフラットや片流れもありますが、瓦屋根と直線的な外構を組み合わせるデザインもあります。丸い形状の窓を採用すると柔らかい雰囲気になります。外壁は木材や土壁を採用して和風の要素を残し、色は複数組み合わせたものを多く見かけます。

和風

日本の伝統的な建築デザインです。日本の風土に合うよう工夫された建築技術が特徴です。屋根は瓦で壁は土壁が多く、畳や縁側、ふすま、土間などが存在します。じめじめとした夏を乗り切るため湿気がこもりにくい設計になっているのも特徴の1つです。

北欧

スウェーデンやフィンランド、デンマーク、ノルウェーなど、ヨーロッパの中でも北に位置する国の建築デザインです。冬の寒さがとても厳しく日照時間も少ないことから家の中に長時間いても飽きないシンプルなデザインであることが特徴です。外壁の色は白やグレー、茶、赤が多く、窓枠の色を変えることでセンスのよさが際立ちます。外壁の素材には重厚感と温かみを感じるレンガも人気です。屋根の素材は洋瓦やアスファルトシングル、ガルバリウム、などさまざまです。

南欧

南ヨーロッパなど地中海沿岸諸国に見られる建築デザインです。屋根の素材は洋瓦が多く、軒がないことも特徴の1つです。外壁は色などの明るい色が多いです。妻飾りや格子、門扉に鉄製の装飾を設けるとよりおしゃれな雰囲気になります

注文住宅の外観を決める際のポイント

単色、多くても2色でまとめる

外壁の色を1色、もしくは2色でまとめると家が大きく見える効果があります。逆に多くの色を使用すると落ち着きがなく小さく見えてしまうこともあります。

デザインイメージを絞る

先ほど紹介したように、家のイメージやテーマを決めておくことはデザインを決める上で非常に重要な項目となります。積雪が多い地域では屋根から雪が落ちやすいよう勾配を付ける必要もあるのでフラットな形状にするのは難しいでしょう。理想と現実を考えた上で建築可能なデザインになるので、イメージは事前にある程度絞っておきましょう

バランスの取れた形状にする

家のイメージは形状による影響が大きいです。真上からみた形や屋根の形状、窓の形や配置によって雰囲気が変わります。内装に合わせて窓や間取りを決めてしまうと、外から見た時にはバランスがとれていないこともあります。

色味や素材を決定する

色が同じでも素材によってクールな印象を与えたり、優しい雰囲気にすることもできます。外壁で主流なのは窯業サイディングや金属サイディング、モルタル、タイルなどです。それぞれに一長一短があるので、風土や立地条件などと照らし合わせながら素材を決定しましょう

注文住宅の外観を決める際に注意するべき点

外観の配色や形状、素材に気を配っても凹凸がなければメリハリがつきません。外構やベランダの配置にも気を付けてバランスをよくしましょう。家のデザインをする段階では完成予想図などを用いてイメージのすり合わせが行われます。完成予想図をしっかりと確認し、何が足りないのかまたいらないものがないかも考えつつ打ち合わせましょう

 

家のイメージを固めるためにそれぞれのデザインにどのような要素があるのか、また外観を決める際に共通するポイントと注意点を解説しました。「これがあれば絶対におしゃれな家になる!」というようなものはなく、形状や素材・配色などをバランスよく組み合わせることでおしゃれな家が誕生します。おしゃれな家にしたいのであれば、設計士に丸投げするのではなく何が必要なのか自ら調べておくことも必要です。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

大切な我が家を一瞬で失ってしまう液状化は、これから土地や住宅を購入する方にとって脅威の現象です。しかし、液状化から住宅を守る方法を知らない方も多いのではないでしょうか。そこで当ページでは、液
続きを読む
最近家を建てる際の選択肢の一つとして注目を集めている、平屋の注文住宅をご存じですか?本記事では、平屋住宅とは何かについてと平屋の注文住宅を建てるメリット・デメリットについて解説します。平屋の
続きを読む
注文住宅を建てる際に重要なのにもっとも見落としがちなポイントがトイレです。トイレは毎日使用する設備のためしっかり選ばないと後悔することになるかもしれません。本記事では、注文住宅に設置するトイ
続きを読む