福山市で評判の注文住宅メーカーを徹底比較!口コミで人気の業者を厳選しました。

注文住宅の間取りを決める上での考え方!間取りアイデアも紹介

公開日:2021/05/15  最終更新日:2021/05/25


憧れの注文住宅。外観や内装はもちろん、間取りも自由に決めることができます。しかし実際に住んでみると「思っていたのと違った」「もっとこうすればよかった」と後悔する人も少なくありません。間取りを決める上での大切なポイントを押さえて、夢の注文住宅を手にしれましょう。

注文住宅の間取りを決める上での考え方

採光と風通し

自然光は気持ちのよい過ごし方ができる大切な要素。一日をとおして採光が確保できる場所にリビング、トイレや浴室は採光が望めない場所に配置されることが多いようです。西日は避けられがちですが、庭に大きなシンボルツリーを植えることで解決したケースもあり、工夫次第では快適な暮らしに変えられます。風通しは窓の配置がカギ。通風が目的の窓であれば大きさにこだわらなくても、効果は期待できます。できれば対面で2か所以上あるのが理想です。

生活動線

暮らしやすい生活動線も重要です。効率よく家事をこなす間取りは、心と時間にゆとりを作ります。キッチン、洗面所、ランドリースペースはなるべく近くに配置し、時折子どもの様子が見えるような間取りがいいでしょう。

家電や家具の配置

配置する家具や家電を具体的に決めておきましょう。あらかじめ家具・家電の寸法を測り、綿密に計画しておくと引っ越し後に慌てることなく設置できます。場合によってはコンセントの位置も決める必要があります。インテリアの邪魔にならず、不便でない場所にしましょう。

今後のライフプラン

10年、20年、できれば30年後のことも考えてみましょう。両親との同居や介護、子どもの独立を想定した間取りも考慮することが大切です。将来的にリフォームすることも視野に入れておくと、無駄の少ない設計ができます。

失敗しないための間取り選びのポイント

・騒音問題
「道路沿いに作ったリビングは、車の音がうるさくテレビが聞こえにくい」「子ども部屋の真下に客間を作ってしまい、足音が気になる」。騒音問題は賃貸だけではありません。前もって想像できる騒音には対策ができます。

・収納の設置場所、収納量
多ければ多いほどよいというものではありません。当たり前のことですが、収納を増やした分、居住スペースが狭くなります。収納量に合わせて、物を取捨選択することも必要です。

・窓
太陽の光は時にストレスにもなります。日の当たる場所に大きな窓を設置したら、まぶしくて早朝から目が覚めてしまうかもしれません。窓が大きいと冬は寒いですし、夏には家具やフローリングが日焼けし、劣化も早めてしまいます。

・生活動線、水回りの動線
家族の生活動線をイメージしてみてください。朝の洗面と洗濯の時間が重なれば、洗面所が混雑することは想像できますし、水回りの点在は家事動線が悪く時間がかかります。来客が多いのにトイレや浴室が玄関から近いと、プライバシーが守られません。生活動線は各家庭によって異なりますので、自分にぴったりの間取りを考えましょう。

・コンセントの位置
目立たないように部屋の角に設置したら、遠すぎて延長コードが必要になり、もっと目立つことになるかもしれません。見栄えも悪く、タコ足配線は漏電の危険性も高まります。どこにどんな家電を置き、コンセントがいくつ必要なのか、図面に書き込んでいくと失敗がありません。

・部屋の広さ
部屋の広さも頭を悩ます問題です。「家族が集まるリビングはなるべく広く」と希望していても、広すぎると冷暖房が効きにくくなります。想像以上に光熱費がかかってしまったり、設定温度までに時間がかかるストレスを感じてしまったりするかもしれません。

おしゃれな間取りのアイデア一例

・吹き抜けリビング
開放感があり、明るい自然な光でインテリアが映える吹き抜け。冷暖房効率が上がった現代では採用しやすくなっています。

・リビング階段
玄関のすぐそばにある階段では、帰宅した子どもが自分の部屋に直行できてしまいます。リビング階段では、思春期になり会話が減った子どもとも必ず顔を合わせるきっかけができ、コミュニケーションを取りやすいのがメリットです。

・小上がりの畳スペース
リビングから一続きの和室もいいですが、少し高さをつけた畳スペースもモダンな印象で人気です。床下収納も取り入れられるので、物が多い人にもおすすめ。子どものお昼寝や洗濯物を片付ける時にも役立ちます。

・オープンキッチン
人気の対面キッチンに加え、アイランドキッチンを選択する家庭も増えています。リビングとの一体感、解放感につながり、広く感じるでしょう。子どもたちと一緒にキッチンに立てるので、食育にもなりますね。まだ小さな子どもの様子も見えて安心。料理しながら家族と会話も弾みます。

・中2階のデスクスペース
テレワークやオンライン授業が普及しつつある現在、仕事や資格取得の勉強に自分専用のデスクを。家族の存在を感じつつ、自分だけの空間を作れます。

 

間取り決めは家の過ごしやすさを決める重要な項目です。間取りの設計は自由度が高い反面、選択肢が多く、素人には判断が難しいこともあります。迷ったときには設計担当者に相談を。プロの目線で最適なアドバイスをくれるはずです。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

大切な我が家を一瞬で失ってしまう液状化は、これから土地や住宅を購入する方にとって脅威の現象です。しかし、液状化から住宅を守る方法を知らない方も多いのではないでしょうか。そこで当ページでは、液
続きを読む
最近家を建てる際の選択肢の一つとして注目を集めている、平屋の注文住宅をご存じですか?本記事では、平屋住宅とは何かについてと平屋の注文住宅を建てるメリット・デメリットについて解説します。平屋の
続きを読む
注文住宅を建てる際に重要なのにもっとも見落としがちなポイントがトイレです。トイレは毎日使用する設備のためしっかり選ばないと後悔することになるかもしれません。本記事では、注文住宅に設置するトイ
続きを読む