福山市で評判の注文住宅メーカーを徹底比較!口コミで人気の業者を厳選しました。

注文住宅の外壁の色選びのコツとは?ありがちな失敗例も知ろう!

公開日:2021/11/15  最終更新日:2021/10/12

外壁の色は家の印象を決めると言っても過言ではありません。色によって印象がガラッと変わって見えるので、外壁の色選びも重要なポイントとなってきます。そこで今回は、注文住宅の外壁の色選びのコツを紹介します。外壁の色を変えようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

注文住宅の外壁の色選びで起きがちな失敗とは?

まずは、注目住宅の外壁の色選びで起きがちな失敗を見ていきましょう。よく起きる失敗例を知っておくことで、リスクを回避しやすくなるので必見です。

1つ目はイメージしていた色と仕上がりの色が違うことです。最も多い失敗例と言っても間違いではありません。カタログや見本から気になる色を選んだはずなのに、実際に完成した色を見てみるとイメージと違っていたということはよく聞く話です。

2つ目は意外と汚れが目立つ色だったという失敗です。かわいいから、おしゃれだからという理由だけで色を選んだ場合によく起きる失敗でしょう。選ぶ色によっては汚れが目立って綺麗が長続きしない場合もあるので、注意しなければいけません。

3つ目は玄関や屋根の色と合わないということです。外壁の色単体で選ぶとおしゃれで綺麗な印象になるかもしれませんが、玄関や屋根の色と合っていなければちぐはぐな印象を与えることも…。どんな綺麗な色でも周りの色と合っていないと失敗してしまう可能性があるので、注意しておきましょう。

注文住宅の外壁の色選びのコツ

ここからは外壁の色選びのコツを紹介していきます。後から公開しないためにも、しっかりチェックしておきましょう。

1つ目は面積効果に注意することです。面積効果とは色の錯覚の1つのことです。よくある失敗例にも挙げましたが、カタログや見本で見たときの色と実際に見た色が違っていたということもありますよね。

全く同じ色だったとしても面積の大小で色の印象が変わって見えることがあるのです。これが面積効果。面積が小さいと色が濃く見えますし、面積が大きいと色が薄いように感じます。

外壁は面積が大きいので、カタログやサンプルから色を選ぶ場合は色の印象が変わって見える場合もあることを頭においておきましょう。実際に自分が気になる色の外壁をしているお宅を参考にしてみるのもいいかもしれません。

2つ目は周りとの色を合わせることです。おしゃれな色を選んだとしても、周りと相性が合わなければ綺麗な印象にはなりにくいでしょう。

例えば、屋根やサッシは和風な感じなのに、外壁があまりにも洋風な印象だったら、どこかちぐはぐな印象に見えませんか?色を選ぶ際はサッシや玄関、屋根の色なども考慮した上で選ぶ必要があります。

3つ目はシミュレーションのようにはいかないことを理解しておくことです。パソコンのツールでシミュレーションしてもらえる場合もありますが、必ずしも見本通りに仕上がるわけではありません。

少しでも色のイメージの相違を避けるためにも、太陽光に当てながら色見本を見てみること、外壁に実際に当ててみることを意識してみてください。外壁は太陽の光の当たり具合で印象が変わることもあるので、太陽光に当てながらチェックしたほうが現物に近づけられます。

また、実際に外壁に色見本を当ててみることでより具体的なイメージが湧きやすくなりますよ。

注文住宅の外壁の色選びの際に注意するべき点!

外壁の色を選ぶ際は確認しておくべき注意点があります。どのような注意点があるのかもしっかりチェックしておきましょう。

1つ目は景観ガイドラインを確認しておくことです。市町村によって独自の景観ガイドラインを設けている場合があります。

わかりやすい例えでいうと、京都のコンビニです。京都にあるコンビニは街の景観を損なわないために、周りの雰囲気に合わせたデザインで設計されているのです。場合によってはあなたの宅も景観ガイドラインに引っかかる場合があるので、事前にチェックしておく必要があります。

2つ目は試し塗りの際にしっかりチェックしておくことです。正式に契約をすると試し塗りをしてもらえるケースもあります。下塗りの段階ではありますが、実際の色を確認できるチャンスです。下塗りの段階であれば色の変更をできる場合もあるので、より自分の理想通りの仕上がりに近づきやすくなりますよ。

上記の2つのポイントをチェックしながら、色を選んでみてください。

 

今回は注文住宅の外壁の色選びのポイントや注意点を紹介していきました。外壁の色選びに失敗して後悔している方も少なくありません。

色選びで失敗しないためにも、今回紹介したポイントに合わせて色を選んでみてくださいね。なんといっても担当者としっかり話し合って、相違の違いを少なくすることが重要なポイントだと言えるでしょう。

また、景観ガイドラインに該当していないかも事前に確認しておく必要があります。市町村によって違いますが、特に観光地域に住んでいる方は必ずチェックしておいたほうがいいですね。理想に近い外壁に仕上げて、憧れに家に仕上げましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

大切な我が家を一瞬で失ってしまう液状化は、これから土地や住宅を購入する方にとって脅威の現象です。しかし、液状化から住宅を守る方法を知らない方も多いのではないでしょうか。そこで当ページでは、液
続きを読む
最近家を建てる際の選択肢の一つとして注目を集めている、平屋の注文住宅をご存じですか?本記事では、平屋住宅とは何かについてと平屋の注文住宅を建てるメリット・デメリットについて解説します。平屋の
続きを読む
注文住宅を建てる際に重要なのにもっとも見落としがちなポイントがトイレです。トイレは毎日使用する設備のためしっかり選ばないと後悔することになるかもしれません。本記事では、注文住宅に設置するトイ
続きを読む