福山市で評判の注文住宅メーカーを徹底比較!口コミで人気の業者を厳選しました。

ワウハウス株式会社(アウルホーム)

ワウハウス株式会社の画像1
高い設計力でオンリーワンの住まいを提案
商号ワウハウス株式会社
本社〒721-0973 福山市南蔵王町6丁目12番22号
TEL 084-940-5570(代)FAX 084-940-5540
設立1998年12月4日(平成10年)
資本金8,250万円
代表者中島 美彦
事業内容宅地造成及び販売、住宅の建築及び販売、
マンションの企画及び販売
以上に附帯する一切の業務

アウルホームはワウハウス株式会社が展開する、注文住宅特化ブランドです。長年にわたって培ってきた木造住宅に対するノウハウを活かした、高品質かつ自然なデザインの住まいを、リーズナブルに提供できることが最大の特徴です。

アウルホームが持つ高い設計力は、1人1人の理想にぴったりと寄り添った、この世に1つだけの図面を作り上げてくれるでしょう。暮らしに調和するデザインと価格面での安心を両立させたい方には、特に魅力的な住宅会社です。

\電話で問い合わせてみる/

0800-2000-406

ワウハウス株式会社(アウルホーム)の公式サイトを見てみる

 

顧客目線・多角的視野での家づくり

アウルホームが持つ1番の強みは、これまでの経験やノウハウに裏打ちされた設計力です。顧客がそれぞれ持っている理想やニーズに対し、コストパフォーマンスなどを含めた要素とも向き合って、一緒に考えることでオンリーワンな住まいの設計を創り上げていきます。

デザインされたことを感じさせないような自然な設計こそ質の良い空間を創ると考えており、家全体が人々の暮らしを引き立て調和するような、安心感のある住まいの提案が期待できるでしょう。

また、顧客が持つ予算や想定する資金計画に沿った、コスト面でのデザインも任せることが可能です。例えば設計・積算・現場管理まで…、トータルでのコストコントロールを含めてアウルホームではデザインとしています。

コンセプト・設計力

アウルホーム(OWL)は『O:Owner’s seeing(お客様の目線に立ち)』『W:Wide viewing(より多角的な視野で)』『L:Life value(生活価値を向上させる)』を掲げ、高品質でおしゃれな家を、リーズナブルに提供することをコンセプトに活動しています。

値段が高ければ品質も良いのは当たり前として、そうではなく低価格でもそれ以上の価値がある住宅提供をモットーとしています。アウルホームに依頼することで無理なく、そして妥協をせずに高クオリティのマイホームを建てることができるでしょう。

充実の保証・アフターサポート

アウルホームの家づくりでは、第三者機関による厳しい構造検査・完了検査がおこなわれるため、安心して暮らすことができます。また引き渡し後のアフターメンテナンスも、1ヶ月後から15年後までの間に計7回実施されます。

また、急なトラブルや不具合があった場合にもスピーディーに対応してくれる担当スタッフも存在します。リフォームも得意ですので、必要になった際は相談してみると良いでしょう。

ワウハウス株式会社(アウルホーム)の公式サイトを見てみる


 

魅力的な商品ラインナップ

アウルホームが提案する注文住宅には、大きく分けて3種類の商品プランがあります。ここからはそれぞれの住まいについて、詳しく紹介しましょう。

SHINKA

住宅のデッドスペースを有効活用できるプランです。吹き抜けの部分をそれぞれの家庭のライフスタイルにあわせてカスタマイズできるので、無駄のない住空間を実現できます。

たとえば、家での仕事が増えた方には、仕事に没頭できる秘密基地のようなロフト、物が多く収納できる場所が多くほしい方は、スキップフロアを物置として使用、小さな子どもがいる家庭には半地下を子どもの遊び場として使用、などの使い方があります。このようなさまざまなカスタマイズがあれば、より快適な家になりそうですよね。

また吹き抜け部分を有効活用したからといって、開放感が失われるわけではありません。開放感を保ちながら有効活用できる点もSHINKAの魅力の1つです。

Cafelien

こちらの解放感や繋がりを大切にしたプランは、777万円から建てることが可能なloT住宅です。例えば朝「おはよう」と言うだけで明かりやエアコンが付いたり、帰宅前にスマートフォンからエアコンを事前に作動させておけるなど、インターネットで繋がる新しい暮らしを提案しています。

また外出先からでも自宅にいるお子さんの様子を確認することやドア・窓にセンサーを取り付けることも可能なので、共働きの家庭であっても安心できるような、セキュリティ面を考慮した非常に便利な生活が送れるでしょう。

DOT LINE

外観・内装のデザインを存分に追求できる、自由設計に特化したプランです。さまざまなアイデアやお気に入りのアイテムを取り入れることで、家族それぞれの想いとこだわりがたくさん詰まったマイホームが完成するでしょう。

さらに幅広くさまざまな立地に対応可能なように、4LDKの間取りを全部で36通りのプランから選べるようになっている点もポイントです。

ロコスの家

さまざまなライフスタイルに合わせて選択することができる、1LDK680万円からの企画住宅です。用意されたプラン数はなんと40種類!幅広いニーズに応えることが可能な、エコ住宅になっています。

優れた構造と最新住宅設備(食器洗浄乾燥機/オール電化(IH)/電気温水器/換気乾燥暖房機など)が標準仕様であるにもかかわらず、低価格を維持しているロコスの家は、まさにアウルホームならではの住宅ではないでしょうか。

アウルホームの住宅性能

アウルホームでは、木のぬくもりを活かした木造軸組工法をベースに、さまざまな各種先進テクノロジーを使った家づくりをおこなっています。

特殊金物接合システム

金物接合システム「ワウセッター」は、木材の内部に収まった金物によって強い構造体を組み上げるものです。2mm程度の薄く軽い金物ですが、木材にかかる負担を軽減し絶妙な強度バランスを保てるのが特徴ですね。

他にもスリットの目立たない美しい仕上がりや環境に優しい銅板の採用、コンパクトな資材運搬による近隣住民への配慮が可能なことなど、メリットの多い工法です。

また、ワウセッターのラインナップ増えることで設計の自由度が高まり、多種多様なニーズに対応できるようになりました。例えば、天井に梁があるデザイン住宅や角度を自由に変更できる天窓の設置など、さまざまな建築条件や要望を取り入れたプランニングが可能になっています。

構造用集成材

一般的な無垢材と比較すると1.5倍以上の強度を誇るこの集成材は、JAS(日本農業規格)による強度試験をクリアしています。実験によると無垢材は7.8トンの荷重で折れてしまいますが、構造用集成材なら12トンの荷重でも耐えられるそうです。

また、集成材はコンピューター制御によって精密な加工がされるため、均一でクオリティにバラつきがないのも大きな特徴です。さらに含水率が低いため乾燥・収縮による変化も少なく、新築で建てた時の性能が長く続くのもメリットでしょう。

まずは問い合わせ・資料請求をしてみよう!

ここまでワウハウス株式会社の注文住宅ブランド、アウルホームについて紹介してきました。高いデザイン力とコストマネージメントを含めた提案力が、非常に魅力的な住宅会社です。

問い合わせは電話から、資料請求はホームページ内の専用フォームから可能です。またアウルホームには、スタッフも不在な無人観覧ができる完全予約制のモデルハウスもありますので、ぜひ気になった方は利用してみてはいかがでしょうか。

ワウハウス株式会社(アウルホーム)の公式サイトを見てみる


 

ワウハウス株式会社(アウルホーム)の口コミ評判

匿名

スタッフの対応とコスパが良い

アウルホームで建てました。
スタッフの皆さんの対応も早く、大工さんや他の業者さんもとても丁寧で礼儀正しく、建設中の現場もとても綺麗に保たれていました。
家もコスパが良く、予算内で予算以上の家になりました。
断熱がいいのか、吹き抜けですが冬もリビングのエアコン1つで家中があったかいです。

引用元:https://www.e-mansion.co.jp/bbs/thread/603546/

ワウハウス株式会社(アウルホーム)の注文住宅は、スタッフの対応やコスパ・機能性の評判が良いようです。建設中の現場の様子は気になるところですが、きちんとマナーを守るワウハウス株式会社(アウルホーム)なら、安心してお任せできそうですね。近隣住民から苦情がくる心配もしなくて良いのではないでしょうか。
投稿者さんによると、断熱性も優れているようですね!高い設計能力で優れた注文住宅を建てたい方はワウハウス株式会社(アウルホーム)がおすすめです。
ワウハウス株式会社(アウルホーム)の施工事例を見てみる
SEARCH

新着記事

大切な我が家を一瞬で失ってしまう液状化は、これから土地や住宅を購入する方にとって脅威の現象です。しかし、液状化から住宅を守る方法を知らない方も多いのではないでしょうか。そこで当ページでは、液
続きを読む
最近家を建てる際の選択肢の一つとして注目を集めている、平屋の注文住宅をご存じですか?本記事では、平屋住宅とは何かについてと平屋の注文住宅を建てるメリット・デメリットについて解説します。平屋の
続きを読む
注文住宅を建てる際に重要なのにもっとも見落としがちなポイントがトイレです。トイレは毎日使用する設備のためしっかり選ばないと後悔することになるかもしれません。本記事では、注文住宅に設置するトイ
続きを読む