No.1リサーチ導入会社インタビュー一覧

株式会社ロボット応用ジャパン様

No.1リサーチを獲得する事は、自社サービスに対しての大きな励みにもなります。

1位を獲得できたことに恥じないように、サービス品質を高めていかなければと気持ちも引き締まります。

株式会社タニタフィッツミー様

広告段階でサービスの質に説得力を持たせられるサービス

自社の商品・サービスに対しても自信がつくので、そうした社内意識を変えられるというのは、特に営業スタッフが現場で顧客対応をしている時にも大きな助けになると思います。

合同会社SMY様

第三者からの評価を得てブランディングをするということは、ストレートに自社の強みをお客様に訴求することができる良い方法。

お客様のニーズに対して、単に応えるだけでは良いサービスとは言えません。サービスの提供側はそのニーズから更に潜在的に求めているものを提供することができれば、それそのものがサービスの強みとなり競合他社との差別化に繋がると思います。

株式会社ライテック様

自社商品に自信があればこそNo.1ロゴの取得を

徹底した品質管理を行い、「ライテックの商品だから買おう」「ライテックの商品だから安全だ」という認識をユーザー様や販売店様に持ってもらう事を目標としていましたが、客観的なエビデンスがなく、どうにか証明する手段が無いかと思っていたところでNo.1リサーチを知り、導入させていただきました。

株式会社アップリーチ様

No.1のロゴを取得する事は、プラスにしかならないと思うんです。

Metell-ミテル-の課題は、ブランディングなど広報面に手が回っていないことでした。
様々な体調管理サービスがリリースされる中で、一部弊社特許技術もあり、機能の差別化はできていました。

No.1リサーチ 満足度モニター調査