50万円借りたいときはどうする?借りるための条件や借り方を解説!

「まとまったお金が必要だけど、50万円ほど足りない…。」

50万円もの金額になると、単発バイトや何かをしてすぐに稼ぐことは難しいでしょう。

50万円がどうしても必要な方は、少額融資可能なカードローンで借りるのがおすすめです。

この記事では50万円借りる方法や、50万円借りるのにおすすめのカードローンをご紹介します。

50万円借りたいならカードローンがおすすめの理由

「50万円を借りたいけれど、どうすれば良いかわからない」そうしたとき役に立つのがカードローンです。

もしあなたが早急に現金を用意しなければならないのなら、消費者金融カードローン、少しでも利息を抑えて返済したいのなら銀行カードローンがおすすめといえます。

そもそもカードローンってなに?

カードローンについて知識がなく、借入に不安を持つ方もいるかも知れません。

カードローンとは、消費者金融や銀行といった金融機関がサービスする個人用の融資のこと。

抵当や保証人はいらず、24時間365日いつでも借り入れができ、すぐに借りられるのが魅力です。

カードローンのセキュリティは?

カードローンと聞いてイメージしやすいのが「サラ金」や「闇金」ですが、そのブラックなイメージとは裏腹に、カードローンは信頼性のある銀行や消費者金融会社によって健全に運営されています。

例をあげると、大手消費者金融のアコムは株式会社三菱UFJフィナンシャルグループを親会社に持ち、プロミスは株式会社三井住友フィナンシャルグループが株主となっております。

したがって、信頼のおけるサービスといえるでしょう。

信頼できる消費者金融とヤミ金融の違いは以下の通りです。

消費者金融・金利の上限・法律を遵守している

・国から認可されている

ヤミ金融・法律・金利上限をやぶっている

・国の許可なく営業をしている

50万円を借りる方法は3通り

50万円を借りる方法は、大まかに以下3つあります。

  1. 消費者金融カードローン
  2. 銀行カードローン
  3. カードローンは使用せず工面する方法

すぐに借り入れしたいときは、消費者金融カードローンがおすすめ

ここでは、一番上の消費者金融カードローンがおすすめの理由について解説します。

あなたがすぐに50万円を借りたいときに役に立つのが消費者金融カードローン。

消費者金融カードローンの特徴は下記の通りです。

  • すぐに借り入れができる
  • 初回は無利息のケースが多い
  • サービスプランが幅広い

消費者金融カードローンの最大の特徴は、すぐにお金を借りられることです。すぐに融資を受けられるカードローンは他にないので、早急にお金が必要な人にとってはありがたいでしょう。

消費者金融カードローンは銀行カードローンと比較して金利が高いので、初回利用のケースでは、30日〜最大180日まで無利息期間が設けられていることがほとんど。したがって、短期で一気に返済をしたいと考えている人に最適です。

また、振り込み時間が短くなるサービスを提供している消費者金融カードローンや在籍確認を電話以外でおこなってくれる消費者カードローンなど、消費者金融会社によって契約者が使いやすいサービスが提供されています。

50万円借りるのにおすすめのカードローン10選

ここからは、50万円借りるのにおすすめのカードローンについて紹介していきます。

以下、順にみていきましょう。

プロミス

プロミス
プロミスの特徴

  1. おまとめローンがある
  2. 信頼の大手銀行グループ
  3. 大手消費者金融の中では低金利
金利(実質年率)4.5%〜17.8%
限度額500万円
審査期間最短30分(事前審査最短15秒)
※1
融資スピード最短即日
WEB完結
申し込み条件18歳以上69歳以下の安定した収入のある方
※2
借入・返済方法
借入方法・口座振込
・店頭窓口
・プロミスATM
・提携A T M
返済方法・インターネット返済
・自動引落し
・店頭窓口
・プロミスATM
・提携先A T M
・コンビニのマルチメディア端末
・銀行振込

※1 事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。新規契約のご融資上限は、本審査により決定となります。
※2 お申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

\ 30日間利息0円 /

プロミスに申し込む

WEB申込・最短30分融資可能

おまとめローンがある

プロミスのおまとめローンは他社で借り入れがある場合、それを1つにまとめて一括管理できる返済専用ローンです。対象となる契約者は、最低2社以上の貸金業者から借り入れをしている人です。このローンは借金を1つに集約できるだけでなく、月ごとの返済額を減らせるので、誰にも知られずにスタートさせることができます。

返済額がどうして減らせるのかといえば、金利を下げられるからです。おまとめローンは、いくつかのカードを1つにするとき、分散した金利より低くなる傾向にあります。よって月々の返済額を減らせるのです。おまとめローンでは、通常上限18%の金利が17.8%となり、お得です。

信頼の大手銀行グループ

プロミスは大手銀行グループの傘下にあるので信頼があります。プロミスを運営するのはSMBCコンシューマーファイナンス株式会社なのですが、この会社は三井住友銀行を含めたSMBCグループの1つです。メガバンクである三井住友銀行の口座を持っている人は多いかも知れません。

もしプロミスが問題を起こし、無理矢理な取り立てをしたりすれば、三井住友銀行の方にも傷がつくことになります。そういうわけで、プロミスはクリーンな運営をおこなっているのです。

大手消費者金融の中では低金利

プロミスの注目すべき最後の特徴は、金利の低さです。他の消費者金融が18.0%という金利に対して、プロミスは「17.8%」となっています。通常金利を比較するときは、必ず上限金利を見ることになります。例をあげると、プロミスのケースでは、金利が4.5~17.8%ですが、上限金利は17.8%です。

上限金利を見るべき理由は、とりわけ初回の借り入れにおいては、ほとんどの人が上限金利による借り入れとなるからです。プロミスは他社より上限金利が0.2%低くなっているので、お得に借り入れが可能です。

プロミスの口コミ

32歳/男性(正社員)
年収:400万円以上600万円未満
借入額:60万円

申込みが24時間受付となっていて土日でも融資が可能です。週末にお金が入用になった時にはかなり助かります。スマホから気軽に申し込みができ、融資開始も速いので実用性がありました。ビギナーに助かるキャンペーンで初月の利息が無料になるものがあります。短期間で返してしまおうという人にはかなりありがたく働くもので良かったです。アプリが有能で、返済プランを立てるのに役立つお金の管理機能が搭載されているのが良かったです。


38歳/女性(正社員)
年収:200万円以上400万円未満
借入額:50万円

プロミスはよく聞く名前で昔からあるので、信頼できると思い借りることにしました。実際にプロミスを利用したら、とにかく早いと思いました。手続きしてすぐにお金を借りることができるため、急いでる人にぴったりです。金利は他の銀行よりも少し高いかもしれませんが、店舗に行けばすぐに借りられるので、とにかくお金に困っている人に是非おすすめします。

\ 30日間利息0円 /

プロミスに申し込む

WEB申込・最短30分融資可能

アイフル

アイフル
アイフルの特徴

  1. 職場への在籍確認が不要
  2. 審査通過率が高い
  3. おまとめMAXがある
金利(実質年率)3.0%〜18.0%
限度額800万円
審査期間web申し込みなら最短25分
融資スピードweb申し込みなら最短25分
WEB完結
申し込み条件20歳以上69歳以下の安定した収入のある方
借入・返済方法
借入方法・口座振込
・スマホアプリATM
・アイフルATM
・提携先ATM
返済方法・口座振込
・スマホアプリATM
・アイフルATM
・提携先ATM
・コンビニ
\ 最大30日間利息0円 /

アイフルに申し込む

WEB申込なら最短25分で融資も可能

職場への在籍確認が不要

アイフルの特徴1つ目は、基本的に職場への在籍確認が不要という点です。そのため、借金をしていることが職場に知られることがありません。また、カードレス対応なので、自宅に郵便物が届いて家族にバレてしまうこともないでしょう。

アイフルでは専用アプリを使用して全手続きが可能。全国のセブン銀行やローソン銀行のATMで借り入れ・返済の手続きができます。お手持ちのスマホがあれば、いつでもどこでも利用状況を逐一チェックできるのも魅力の一つです。スマホのヘビーユーザーにとってはありがたいサービスといえます。

審査通過率が高い

アイフルの特徴2つ目は、審査通過率の高さです。他の消費者金融と比較してもトップクラス。ネット口コミにおいても「他社で審査に落ちても、アイフルでは通過できた」という情報もあるようです。一度審査に落ちてしまい二の足を踏んでいる、次に審査が通るか心配という人もアイフルなら審査通過できる可能性が高いといえるでしょう。

ちなみに、アイフルは2021年下半期の価格ドットコムのカードローンカテゴリで1位になっており、その人気の高さがうかがえます。※同社公式サイトより引用

おまとめMAXがある

アイフルの特徴3つ目は、おまとめローンがある点です。アイフルのおまとめローンには、「おまとめMAX」と「かりかえMAX」があります。

おまとめMAXはアイフルを利用中または利用経験のある人が対象で、ウェブによる契約手続きができます。いくつかの借り入れを集約することで返済。利息の負担を軽減してくれます。アイフル利用中のローンはもちろんのこと、他の貸金業者や銀行ローン、クレカリボも範疇となります。

かりかえMAXは、アイフルを初利用者が対象の商品で、無人店舗もしくは店頭窓口、郵送にて申し込みできます。上に同じくいくつかの借り入れを集約させることで、返済・利息の負担を減らしてくれます。対象は、他の貸金業者や銀行ローン、クレカリボとなります。

アイフルの口コミ

38歳/男性(正社員)
年収:600万円以上800万円未満
借入額:50万円

申し込みの簡単さに審査や借入までの早さはもちろんでしたが、返済が遅れてしまった時があり、その際には電話で非常に親身な対応をしてもらえましたし、こちらの事情もきちんと聞いて柔軟な対応をしてもらえたので非常に助かりました。また、サポート体制がとても整っていて問い合わせに対するレスポンスも早かったですし、安心して借入や返済をする事ができとても満足です。


39歳/男性(正社員)
年収:800万円以上1000万円未満
借入額:50万円

審査も早くすぐに借りることができた。借入・返済方法についても、コンビニATMやWebからの即日振り込みなどがあるためすぐに借入ができるため便利。銀行振り込みでの返済もすぐに反映されるため早い。利率については同業他社と同等程度なのでそんなもんかな?という感想です。低い金利で借入したいなら銀行などの金融機関の方がおすすめです。

\ 最大30日間利息0円 /

アイフルに申し込む

WEB申込なら最短25分で融資も可能

アコム

アコム
アコムの特徴

  1. 大手消費者金融の中で新規契約率が高い
  2. 30日間無利息サービスがある
  3. 最速で融資を受け取れる
金利(実質年率)3.0%〜18.0%
限度額800万円
審査期間最短30分
融資スピード最短即日(WEBで最短60分)
WEB完結
申し込み条件安定した収入のある方
※18,19歳の方は収入証明書の提出が必須
借入・返済方法
借入方法・口座振込
・店頭窓口
・アコムATM
・提携A T M
返済方法・インターネット返済
・自動引き落とし
・店頭窓口
・アコムATM
・提携A T M
\ 30日間金利0円 /

アコムに申し込む

最短30分で審査回答、即日振込も可能

大手消費者金融の中で新規契約率が高い

アイフルの特徴1つ目は、新規の契約率が高いという点です。アコムは同社CMでも「初めてのアコム」と謳っているように、1社目としてカードローン利用時に選ばれることが多く、審査通過率が高いようです。新規契約率とは新しくアコムで契約した人のパーセンテージのこと。

アコムは新規契約率が高いので、新期利用者を積極的に受け入れている消費者金融といえるでしょう。したがって、他社に比べて申し込みをしたときに通過する可能性が高いのかも知れません。

30日間無利息サービスがある。

アコムの特徴2つ目は、初回利用者には30日間無利息サービスがある点です。初期費用がなくて困っている人にとっては、ありがたいサービスといえます。ただ、20未満の人は契約が難しいこともあります。収入証明書を準備する必要あるので、注意する必要があるでしょう。

申し込み方法はとても簡単です。公式サイトから受付した後、確認のメールまたは電話を受けます。その後、本人確認書類を公式サイトから提出し、「契約手続きのお願い」メールを受け取ったら契約完了となります。

最速で融資を受け取れる

アコムの特徴3つ目は、すぐに融資を受け取れる点です。アコムに申し込むと、当日に借り入れできることが多いです。急な出費によってお金が必要なときにすぐに入金されるのはありがたいサービスといえるでしょう。

アコムは申し込みからお金を借りるまでの工程が非常にスムーズで、最短30分ほどで審査が完了するので、即日での入金が可能となっているのです。

「どうしても引越しのために即金で50万円を準備しなければならない」というときもアコムを利用すれば、借りられる可能性が高いです。そのため利用者150万人以上(2020年時点)という実績を確保できているのでしょう。

アコムの口コミ

34歳/女性(正社員)
年収:200万円以上400万円未満
借入額:50万円

アコムは誰もが知っている企業なので、借りるときに安心感があります。お金が必要になったら「アコムで借りよう」と思えるくらい身近だと思います。実際に利用してみて、とにかく審査が終わるまでが早く、その日か次の日には審査が通ります。また、金利も30日間0円というサービスをしているので、借りてすぐに返せる人は、とてもお得に借りることができます。ただ、消費者金融なので、銀行よりも金利が高いため、借りすぎには注意が必要だと思いました。


36歳/女性(パート・アルバイト)
年収:200万円未満
借入額:50万円

初めは借り入れた事がなかったので本当に借入ができるのか、自分にもできるのかとても不安だったが、大手の会社であること、多くの人が利用していると聞いていたので選んで利用しました。ネットで登録できたし、わたしにもあまり悩まず申請できたので安心したのを覚えています。また、周りにお金を借りているのがバレたらどうしようかと不安もありましたが、ネットで調べるとその心配もなかったので周りの目を気にしないで済むのも良かったです。

\ 30日間金利0円 /

アコムに申し込む

最短30分で審査回答、即日振込も可能

SMBCモビット

SMBCモビット
SMBCモビットの特徴

  1. 三井住友銀行ATMであれば、手数料0円
  2. 返済のたびにTポイントが貯まる
  3. 公式サイトからの申し込みなら在籍確認がない
金利(実質年率)3.0%〜18.0%
限度額800万円
審査期間最短30分(簡易審査10秒)
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
融資スピード最短即日
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
WEB完結
申し込み条件20歳以上69歳以下の安定した収入のある方
借入・返済方法
借入方法・口座振込
・提携先ATM
・スマホアプリATM
返済方法・自動引き落とし
・提携先ATM
・スマホアプリATM
・銀行振込
・インターネット返済
・ポイント返済
\ WEB完結 /

SMBCモビットに申し込む

WEB完結なら勤務先へ電話連絡なし

三井住友銀行ATMであれば、手数料0円

SMBCモビットの特徴1つ目は、SMBCモビットで借り入れをした場合、三井住友銀行ATMであれば手数料が0円になるサービスが提供されています。対象になるのは、三井住友銀行ATMで取引したときの提携ATM利用手数料となります。

現実的に借り入れを開始すれば手数料の負担は、ばかになりませんので、こういったサービスはうれしいですよね。大手SMBCグループだからこそ実現できるサービスといえます。

SMBCでの借り入れは、手数料を少しでも軽くしていきたいという人におすすめといえるでしょう。

返済のたびにTポイントが貯まる

SMBCモビットの特徴2つ目は、SMBCモビットのTポイントサービスを利用すると、Tポイントが返済により貯まってそのまま返済に使用できます。返済金額のうち利息分の200円分が1ポイント分として加算されます。1ポイントは1円単位で返済に充てられるので多額の借り入れをするときには、使い勝手のいいサービスといえるでしょう。

なお、このサービスを利用するためには、契約を完了した後にTポイントサービスの利用手続きをするだけです。

公式サイトからの申し込みなら在籍確認がない

SMBCモビットの特徴3つ目は、申し込み時に在籍確認が不要なことです。SMBCモビットはカードローン申し込む際に、必ず職場の在籍確認があります。ただし、公式サイトから申し込みすることで、必要書類のチェックだけで職場への在籍確認を省くことができるようになります。

また、ネット完結なのでメールだけのやり取りで完了できるのもメリットです。

職場や身内に知られたくない人にとっても大きな利点となります。公式サイトからの申し込みのデメリットはほぼないので、幅広い人におすすめのサービスといえるでしょう。

SMBCモビットの口コミ

24歳/女性(派遣社員)
年収:200万円以上400万円未満
借入額:50万円

審査自体はスピード感があって、申し込みから借り入れまでの時間は短くて助かった記憶があります。働き出したばかりでそこまで収入が多くなかった私でも限度額が50万まであり、コンビニで簡単に借り入れられてしまうので、気づいたら額が嵩んでしまい正直怖くなった部分もあります。今はネットバンキングからの返済もできるので、どこからでも入金ができて便利です。その分借り入れもネットからできるので、一度借りたらなかなか抜け出せなくなってしまうのではないかという心配もあります。


36歳/男性(正社員)
年収:600万円以上800万円未満
借入額:63万円

冠婚葬祭と子供の部屋のリフォームの時期が重なってしまい、ボーナスの時期まで待てないので、超短期にはなりますが消費者金融から借り受けを受けることにしました。今まで、マイホーム購入の時に銀行からローンを組んで借り受けしたことはありましたが、それまでは借金はしたことがありませんでした。繰り上げ返済で3ケ月で返済するつもりだったので、あまり金利のことは気にせずに、三井住友銀行の系列のSMBCモビットにしました。審査はすぐに降りるかと思いましたが、3日ほどかかりましたし、会社にも在籍確認の連絡がありました。借入金が入金されてから、支払いを済ませて、3ケ月後には完済しました。

\ WEB完結 /

SMBCモビットに申し込む

WEB完結なら勤務先へ電話連絡なし

レイクALSA

レイクALSA
レイクALSAの特徴

  1. 60日間無利息で借り入れできる
  2. 新生銀行のカードローンATM手数料が0円
  3. 4,000円ほどの少額返済を選べる
金利(実質年率)4.5%〜18.0%
限度額500万円
審査期間最短15秒
融資スピード最短60分
WEB完結
申し込み条件・20歳以上70歳までの方
・国内居住(日本の永住権)の方
借入・返済方法
借入方法・口座振込
・提携先ATM
・スマホアプリATM
・新生銀行カードローンATM
返済方法・自動引落し
・銀行振込
・提携先ATM
・スマホアプリATM
・新生銀行カードローンATM
\ 【WEB限定】60日間利息0円 /

レイクALSAに申し込む

5万円まで180日間利息0円

60日間無利息で借り入れできる

レイクALSAの特徴1つ目は、初回利用者であれば、ネットから申し込むと60日間無利息で借り入れできる点にあります。競合他社と比べて数段安いサービスなので、初回利用者にとってかなりお得なサービスといえるでしょう。

あるいは、借り入れ金額のうち5万円まで180日間無利息というサービスも選べます。5万円を超えた部分に関しては、通常金利適用となります。こちらは、ネット申し込みの契約でなくとも適用されます。どちらがあなたにとってメリットとなるのか考えた上で決めていきましょう。

新生銀行のカードローンATM手数料が0円

レイクALSAの特徴2つ目は、新生銀行のカードローンATM手数料が0円になるという点です。新生銀行の口座をすでに持っている人、これから開設しようと考えている人にとって、お得なポイントといえます。

新生銀行は大手ですので業務提携しているということは、一つの安心材料となるでしょう。

通常、大きな母体のある消費者金融カードローンとそうでない消費者金融カードローン比べたときに信頼できるのは、前者といえるでしょう。

4,000円ほどの少額返済を選べる

レイクALSAの特徴3つ目は、4,000円という少額からでも返済可能な点です。

レイクALSAの最低返済金額は、下記のように定められています。

借り入れ金額最低返済金額最低返済回数
1万円〜10万円4,000円36回以内
10万円〜20万円8,000円36回以内
20万円〜30万円12,000円36回以内
30万円〜40万円13,000円60回以内
40万円〜50万円14,000円60回以内

このように少額からでも借り入れ返済可能なので、資金に余裕がない人にとっても安心できるでしょう。

レイクALSAの口コミ

31歳/女性(自営業)
年収:200万円以上400万円未満
借入額:48万円

初めて、金融会社からお金を借りました。とてもスムーズに対応して下さり、助かりました。登録した後に、年収の詳細についてお電話がありました。お電話の対応はとてもご丁寧な優しい感じな女性が受け応えして下さったので安心してお話が出来ました。現在、48万の枠で借りてますが増枠の通知のお電話が最近きました。その時は男性でしたが、その方も非常に対応がご丁寧で、しっかりしている会社なんだなと感じました。ネットから直ぐに借入が出来るので、コロナ禍で収入が不安定な現在とても役に立っています。


38歳/女性(正社員)
年収:200万円以上400万円未満
借入額:50万円

すぐにお金が必要になったので、あわてて利用しました。レイクはとにかく審査までが早く手続きをしたらすぐに借りることができました。今すぐお金が必要なので借り入れるまでが早いところはすごくありがたいです。金利の面では少し高いですが、その分、審査も通りやすく、早いので、少しのお金を借りるなら利用するのはアリだと思います。ただ、高額な金額を借りたいなら、ネット銀行のようなところの方が金利が安くておすすめです。

\ 【WEB限定】60日間利息0円 /

レイクALSAに申し込む

5万円まで180日間利息0円

三菱UFJ銀行カードローン・バンクイック


三菱UFJ銀行カードローン・バンクイックの特徴

  1. 消費者金融よりも低金利
  2. 銀行カードローンの中では審査スピードが早い
  3. 消費者金融とほとんど同額の融資限度額
金利(実質年率)1.8%〜14.6%
限度額500万円
審査期間最短翌日
融資スピード最短翌日
WEB完結
※お申し込みまではWEB完結
申し込み条件20歳以上65歳未満の安定した収入がある方
借入・返済方法
借入方法・提携先ATM
・三菱UFJ銀行ATM
・銀行振込
・インターネット振込(該当口座あり)
返済方法・提携先ATM
・三菱UFJ銀行ATM
・自動振り替え
・銀行振込
\ WEBで申込完結 /

三菱UFJ銀行カードローンバンクイックに申し込む

24時間申込OK

消費者金融よりも低金利

三菱UFJ銀行カードローン・バンクイックの特徴1つ目は、低金利で融資を受けられる点にあります。通常、消費者金融であれば、18.0%が最大上限としてかかってきますが、三菱UFJ銀行カードローン・バンクイックであれば、最大上限が14.6%とかなり低い金利で借り入れが可能です。

消費者金融カードローンはスピード融資が可能ですが、金利が高くなります。もしあなたが融資時間をかけていいのであれば、三菱UFJ銀行カードローン・バンクイックは最適な借り入れ手段の一つといっても過言ではないでしょう。

銀行カードローンの中では審査スピードが早い

三菱UFJ銀行カードローン・バンクイックの特徴2つ目は、銀行カードローンの中では審査スピードが早いという点です。

1つ目の特徴で審査スピードが消費者金融に比べて劣るとお伝えしましたが、それでも銀行カードローンの中では、三菱UFJ銀行カードローン・バンクイックは審査スピードが早い方です。

即日融資こそ未対応ですが、最短翌日に融資を受けられることもあるもあります。消費者金融よりも低金利という特徴は変わらないので、すぐに借りられなくても低金利を優先させたい人におすすめです。

消費者金融とほとんど同額の融資限度額

三菱UFJ銀行カードローン・バンクイックの特徴3つ目は、限度額が最大で500万円で、消費者金融とほとんど変わらないところです。金利については、消費者金融よりも低いので、お得に高額融資を受けることができます。

仮に初回利用から最大500万円を借りることは困難ですが、利用回数や返済の実績を積み重ねていくと、最大額で借り入れできることもあります。この点は、大きな母体のある大手銀行が提携している強みといえるでしょう。

三菱UFJ銀行カードローン・バンクイックの口コミ

37歳/女性(パート・アルバイト)
年収:200万円未満
借入額:50万円

急遽まとまったお金が必要になり、三菱UFJ銀行の口座を持っていたこともあって、24時間ネットから申込みもできて便利なのでバンクイックを利用しました。車のローンも残っていたために審査がおりるか心配しましたが、2日ほどで無事苦手な審査が通りました。審査をするときには勤務先に在籍確認をするということで、お金を借りたことが職場にバレたくないなと思っていましたが、三菱UFJ銀行の名前で連絡してくれるためお金を借りてることを周りには知られずにすみ、低金利で借りれて助かりました。


44歳/男性(正社員)
年収:400万円以上600万円未満
借入額:50万円

利用は簡単です。ATMで簡単に借入できます。でも返済は大変です。利息も14%程度です。毎月の返済額は少額ですが、それは返済を遅らせて利息を多くとるためと考えてください。銀行ATMで借りられるので、借入限度額が預金残高みたいな感覚になる方が多いと思います。そうなると、毎月限度額いっぱいまで借りて、返済に追われるようになります。そうならず計画的に利用できる方、急な出費で一時的に借入する方には良いと思います。

\ WEBで申込完結 /

三菱UFJ銀行カードローンバンクイックに申し込む

24時間申込OK

auじぶん銀行カードローン

auじぶん銀行じぶんローン
auじぶん銀行カードローンの特徴

  1. じぶんローンは毎月1,000円から返済可能
  2. 最短60分で仮審査結果がわかる
  3. 全国のATMで借り入れ・返済可能
金利(実質年率)通常:1.48%~17.5%
カードローンau限定割 誰でもコース:1.38%~17.4%
カードローンau限定割 借り換えコース:0.98%~12.5%
限度額最大800万円
※通常・カードローンau限定割 誰でもコース:10万円以上800万円以内、カードローンau限定割 借り換えコース:100万円以上800万円以内
審査期間最短翌日以降
融資スピード最短翌日以降
WEB完結
申し込み条件20歳以上70際未満の安定した収入のある方
借入・返済方法
借入方法・スマホ、PCから振り込み依頼
・三菱UFJ銀行ATM
・セブン銀行ATM
・ローソン銀行ATM
・コンビニATM(E.net)
・ゆうちょ銀行ATM
返済方法・口座振替
・三菱UFJ銀行ATM
・セブン銀行ATM
・ローソン銀行ATM
・コンビニATM(E.net)
・ゆうちょ銀行ATM・三菱UFJ銀行ATM
・みずほ銀行ATM
\ WEBで申込完結 /

auじぶん銀行じぶんローンに申し込む

au IDを持っていれば誰でも年0.1%の金利優遇

じぶんローンは毎月1,000円から返済可能

auじぶん銀行カードローンの特徴1つ目は、じぶんローンというサービスを利用すれば月々1,000円から返済できる点です。申し込みから契約完了までスマホ完結するのも魅力の一つです。

auじぶん銀行はau IDを持っていると0.98~12.5%になり通常金利よりも0.5%低くなります。auじぶん銀行のカードローンは、下記の2通りです。

  1. 誰でもコース:金利(年率)0.98~12.5%
  2. 借り換えコース:金利(年率)1.38~17.4%

おまとめとして利用可能なのは、借り換えコースです。もし借り換えコースを申し込んでも、審査限度額が100万円未満になったケースでは誰でもコースの金利が適用されます。誰でもコースの金利は年1.38~17.4%と大幅に上がるのでおまとめ向きではありません。

最短60分で仮審査結果がわかる

auじぶん銀行カードローンの特徴2つ目は、最短60分で仮審査結果を受け取ることができる点です。本審査結果は、早くて翌営業日以降にわかります。よって、auじぶん銀行カードローンでは、申し込みした後の翌営業日以降に借りられると思っていいでしょう。

申し込み当日の16時までに必要書類を提出すれば、翌営業日中に審査結果を受け取ってから最短で借りられる可能性があります。早急にお金を借りたい人は、早い時間帯に申し込み手続きをするとスムーズでしょう。

全国のATMで借り入れ・返済可能

auじぶん銀行カードローンの特徴3つ目は、・全国主要ATMで借り入れ・返済ができる点です。ATMで返済手続きするケースでは、期日を定めた返済と、35日ごとの返済から返済日を選べます。自分が決めたペースで月々の返済が可能なので返済計画が立てやすいのがメリットといえるでしょう。

また、セブン銀行・イーネット(ファミマなど)・ローソン銀行・三菱UFJ銀行ATMなど、利用可能なATMが複数あるので、コンビニをよく利用する人にとっても使い勝手のいい返済方法といえます。

auじぶん銀行カードローンの口コミ

32歳/女性(自営業)
年収:200万円以上400万円未満
借入額:50万円

元々じぶん銀行は利用していなかったのですが、審査が早くあっという間に希望通りの借入額が通った印象です。申し込みから契約まで全てスマホで完結できるところも魅力的で、かなりスムーズに借入ができました。またセブン銀行やローソン銀行などのコンビニATMで手数料が無料なのが非常に助かりました。仕事が忙しかったり、出先で時間がない時に銀行を探すのは一苦労なので、コンビニで気軽に利用できるところが1番嬉しいポイントでした。


34歳/男性(正社員)
年収:400万円以上600万円未満
借入額:50万円

auのスマホを持っていると金利が下がるとのことで、なんとなく持っていたじぶん銀行で借り入れを申し込みました。週末に申し込むと週明けに電話確認があり、専用のカードがなくても融資をすぐ受けられるように手配してくれました。スピーディーさはさすがの大手だと思います。返済については最低額以上を払っていればいいので、コントロールしやすいです。月々の自分の必要経費や返済額の内訳を、しっかり握れれば無理なく返済できます。また、金利は最初17%くらいでしたが、遅滞なく返済していると、なぜか段々と金利が下がっていくので、比較的そういった基準が優しめで利用しやすい会社なんだと思います。

\ WEBで申込完結 /

auじぶん銀行じぶんローンに申し込む

au IDを持っていれば誰でも年0.1%の金利優遇

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン
みずほ銀行カードローンの特徴

  1. 低金利で借りられる
  2. 各種手数料が無料となる
  3. キャッシュカードで借り入れできる
金利(実質年率)2.0%〜14.0%
限度額800万円
審査期間最短翌日
融資スピード最短翌日
WEB完結
申し込み条件・20歳以上66 歳未満で継続的に安定した収入がある方
・保証会社の保証を受けられる方
借入・返済方法
借入方法・みずほ銀行ATM
・提携先ATM
・みずほダイレクト(インターネット返済)
返済方法・自動引き落とし
・みずほ銀行ATM
・提携先ATM
・みずほダイレクト(インターネット返済)
\ WEBで申込完結 /

みずほ銀行カードローンに申し込む

年会費・入会金0円!

低金利で借りられる

みずほ銀行カードローンの特徴1つ目は、低金利で借り入れが可能なことです。みずほ銀行カードローンの金利は2〜14%になっています。みずほ銀行カードローンだけでなく、カードローンをはじめて借りるときは上限金利になってしまうことがほとんどです。

みずほ銀行カードローンの金利14.0%という数字は他行のカードローンが15.0~16.0%であることに比べてかなり低い金利です。なるべく低金利で借り入れ融資を申し込みたい人にとって同行カードローンは適切な選択となるでしょう。

各種手数料が無料となる

みずほ銀行カードローンの特徴2つ目は、みずほ銀行の各種手数料が0円になるところです。仮にみずほ銀行の特徴である「みずほマイレージクラブ」と「みずほダイレクト」に加入すると、カードローンの利用者はおおよそ2か月後から特典を受けられます。

その内容は、ATM手数料や他校宛振り込み手数料が無料になるというものです。みずほ銀行の口座を待っている、これから開設しようと思っている人にとってこの特典は有利に働くでしょう。銀行カードローンを希望していて金利を押さえて返済していきたい人におすすめです。

キャッシュカードで借り入れできる

みずほ銀行カードローンの特徴3つ目は、キャッシュカードでもカードローン利用できる点です。みずほ銀行の口座を持っている場合、手元にはキャッシュカードがあるはずです。このキャッシュカードをローンのカードとして使用できるので、自宅に送付されてくるローンカードによってバレてしまうというリスクがないのです。

現代は複数カードを持つのが当たり前なので、ローンカードが増えるとカード管理がややこしくなる、財布がかさばってしまうなど、手間を省くことにもなるでしょう。

みずほ銀行カードローンの口コミ

35歳/男性(契約社員)
年収:400万円以上600万円未満
借入額:40万円

カードローンだけでなくキャッシュカードも使っていないとほとんど魅力がないです。金利が高いので、他のカードローンを使用した方が良いと思います。私がみずほ銀行カードローンを使用している理由は、特典のみずほ銀行ATM時間外手数料や振り込み手数料が0円になるから使用していました。上限を上げる時はWEB上ですぐできた所は良かったです。私は使いませんでしたが、返済の最小金額が2000円に出来ます。短期でお金に困っている人なら良い制度かもしれません。


43歳/女性(専業主婦)
年収:200万円未満
借入額:50万円

店舗に行かずすべて郵送で手続きしました。専業主婦で収入がなかったため、借りられるか不安でしたが借りることができたので助かりました。夫には連絡いっていないようなので、誰にもバレずに借りることができたのが良かったです。金利は消費者金融よりは低いですが、すごく低いというわけではないのです。現在50万円を返すのに毎月1万円引き落とされ、けっこう苦労しています。でもコンビニからでもみずほ銀行ダイレクトからでも簡単に臨時返済もできるので、できるだけ早く返済するよう心掛けています。

\ WEBで申込完結 /

みずほ銀行カードローンに申し込む

年会費・入会金0円!

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン
楽天銀行スーパーローンの特徴

  1. アプリで簡単申し込み
  2. ネット・ATMが利用可能
  3. キャンペーンが充実している
金利(実質年率)1.9%〜14.5%
限度額最大800万円
審査期間最短当日
融資スピード最短翌日
WEB完結可能
申し込み条件・20歳以上62歳以下の安定した収入のある方または専業主婦
・日本国に居住している方
借入・返済方法
借入方法・口座振込
・提携先ATM
・コンビニのマルチメディア端末
返済方法・自動引き落とし
・提携先ATM
・インターネット返済
\ WEBで申込完結 /

楽天銀行スーパーローンに申し込む

年会費・入会金0円!

アプリで簡単申し込み

楽天銀行スーパーローンの特徴1つ目は、アプリやサイトから簡単に申し込める点です。楽天銀行スーパーローンは、公式サイトやアプリからの申し込みの際に、基本的には書類提出は全く必要なく、印鑑も必要ありません。すべての手続きをサイトやアプリからの画像送信のみで完了できることが利用者から好評につながっているようです。

ただ、注意しなければならないのが、50万円以上を借りる場合、収入証明書を用意する必要があるところです。

証明写真画像を送る際は、鮮明に写っているかチェックしてから画像アップロードしましょう。もし、名前・住所が一致していないと再送信を求められて手間がかかってしまいます。

ネット・ATMが利用可能

楽天銀行スーパーローンの特徴2つ目は、ネットやコンビニのATMで借り入れや返済が簡単にできるところです。ローソン銀行・セブン銀行・イオン銀行が利用可能で、手続きの際の手数料はかかりません。お手持ちのスマホやパソコンから24時間365日いつでも借り入れが可能で手数料0円で登録の口座に振り込まれます。

忙しい人にとって、主要なコンビニATMのみで手続きを完結できるのは大きなメリットといえるでしょう。また、サイトのアカウントマイページから残高など利用状況を把握しておけるのも安心です。

キャンペーンが充実している

楽天銀行スーパーローンの特徴3つ目は、キャンペーンが充実しているところです。ネットバンクとしての柔軟な対応、楽天銀行らしいオリジナルなキャンペーンが一番の魅力といえるでしょう。

とくに、期間限定キャンペーンを利用すれば金利をかなり安くすることもできます。ただ、金利は変動するので、キャンペーン期間中も適用金利が変わる可能性があるため注意が必要です。

また、楽天グループではさまざまなキャンペーンを頻繁におこなうので、もしあなたが楽天会員であれば、お得に借り入れできます。

楽天銀行スーパーローンの口コミ

20歳/男性(アルバイト)
年収:200万円未満
借入額:50万円

日頃から楽天にはお世話になっているので三菱UFJ銀行など色々ありましたが楽天を選びました。感想としてはやはり普段からお世話になっているので安心感があり、スムーズに借入できたこと。さらには借入方法がたくさんあるので自分に合った方法でできたこと(自分はインターネットです。)そして審査のスピードがとても早くて助かったことなどが挙げられ、大きなメリットだと感じました。スマホでは細かくメールなどを送ってくださったり迅速な対応をして下さったので楽天銀行スーパーローンでよかったと思いました!


38歳/男性(正社員)
年収:600万円以上800万円未満
借入額:60万円

元々借入をする前から楽天銀行口座を持っていたので、申し込みから借入までが非常にスムーズでしたし、時間関係なく必要な時にいつでも借入ができるのでとても使い勝手が良かったです。金利に関しては若干高いようには感じましたが、24時間リアルタイムで借入が出来たり専用アプリの利便性の高さなどを考慮すると、その金利の高さは全く気にならなかったです。また、返済にかかる手数料も無料でしたし、楽天ユーザーだったので楽天ポイントが貰えたりなどお得も様々にあり満足でした。

\ WEBで申込完結 /

楽天銀行スーパーローンに申し込む

年会費・入会金0円!

三井住友銀行カードローン


三井住友銀行カードローンの特徴

  1. 低い金利で借りられる
  2. パート・アルバイトであっても借り入れ可能
  3. 返済額を少ない額から決められる
金利(実質年率)1.5%〜14.5%
限度額10~800万円
審査期間最短翌営業日(※1)
融資スピード最短翌営業日(※1)
WEB完結可(※2)
申し込み条件満20歳以上満69歳以下
借入・返済方法
借入方法・三井住友銀行ATM
・提携先ATM
返済方法・インターネット返済
・三井住友銀行ATM
・提携先ATM
・自動引き落とし
・銀行振込
\ WEBで申込完結 /

三井住友銀行カードローンに申し込む

スマホで24時間、土日も申込OK

低い金利で借りられる

三井住友銀行カードローンの特徴1つ目は、低い金利で融資を受けられる点です。三井住友銀行の金利は銀行カードローンの中でもトップクラスに低いのが特徴です。最低金利は、1.5%、最高金利が14.5%なのでいずれも低い数字といえるでしょう。

当然ですが、誰でも低い金利で借り入れできるわけではなく、借り入れ金額により借り入れ利率が違ってくることも念頭に入れておくといいです。とはいえ、消費者金融と比べれば、おおむね低金利で借りられるのでメリットを感じられるでしょう。

パート・アルバイトであっても借り入れ可能

三井住友銀行カードローンの特徴2つ目は、たとえ、学生や主婦であってもパート・アルバイトをしていて、十分な収入が見込めれば申し込みできる点です。ただ、年齢が70歳以上だと申し込みはできませんので、注意が必要です。

カードローンの審査を通過できるかどうかは収入状況と勤続年数にも関わってきます。また、審査基準については、まず「信用情報:ローン・クレジットの取引履歴」次に「複数借り入れ:総量規制にかかっていないか」そして「個人情報:融資利用者と家族の状況」があります。

返済額を少ない額から決められる

三井住友銀行カードローンの特徴3つ目は、返済額を少ない額から開始できるところです。最低返済金額は2,000円から設定できるので、初利用で心配があるという人にとっても、はじめやすい返済計画を立てられます。

月々の返済は、返済したときの借り入れ残高によって約定返済金額が設定されます。約定返済とは毎月決められた日に返済する方法です。三井住友銀行カードローンでは毎月5日・15日・25日・月末のうちから決められます。指定日までに、当座貸越元金額に沿った約定返済金額を返済していくことになります。

三井住友銀行カードローンの口コミ

22歳/男性(正社員)
年収:200万円以上400万円未満
借入額:40万円

急な出費が重なってしまい、カードローンを利用することになった。カードローンを利用するのは初めてでとても緊張したが、三井住友銀行という大手金融機関ということもあり、安心して借りることができた。また借りる際の煩わしいプロセスが全くなく、すぐに借りることができたのがとてもよかった。また、三井住友銀行のカードローンは、返済額と返済期間のシミュレーションがHPで行えるのがよかった。シミュレーションをすることで、不安を少しでも解消できると思う。


33歳/女性(派遣社員)
年収:200万円以上400万円未満
借入額:50万円

引っ越し費用がすぐ必要だった為に利用しました。私自身借り入れをするのは避けたかったのですが、引っ越しまで時間が限られていたのですぐに返せる程度の金額のみ借り入れをしました。更に初めての借り入れだったので不安だらけではありましたが、担当して下さった方が電話越しではありましたがご丁寧に対応して下さったおかげで直ぐにお金が用意出来たのは助かりました。また平日は仕事で銀行に行けない状況だったので、夕方に小部屋で周りの人を気にすることなく手続き出来たのも有難かったです。

\ WEBで申込完結 /

三井住友銀行カードローンに申し込む

スマホで24時間、土日も申込OK

カードローン以外で審査なしで50万円借りる方法

カードローン以外で審査なしで50万円借りる方法は、以下4つです。

それでは、順に見ていきましょう。

キャッシング

あなたがもしクレジットカードを持っている場合、キャッシングが一つの手段となります。

キャッシングであれば、カードを契約した時点で審査通過しているので、審査なく借りられます。もちろん、キャッシング枠がないケースではこの方法は有効ではありません。

くわえて、ショッピング枠を使用しすぎていたり、カード利用限度額が低い場合、50万円の借り入れは不可能です。カードに枠が残っていればこの方法を試しましょう。

親族・身内から借りる

もしあなたに頼れる親族・身内の人がいる場合、親族や身内に借りるのが一番いい方法です。

注意点として、必ず「借用書」を作って誠意を表すことです。第三者に入ってもらい宣誓を確認してもらうのも一つの手です。

トラブルを防止するためにも、借用書には具体的返済期日とその目的についても記載して貸し手に伝えておきましょう。

有担保ローンを組む

あなたが不動産を所有している場合、有担保ローンが有効となります。不動産を抵当にして出すことで審査なく融資を受けられます。

もちろん、返済不能となれば、抵当に出した不動産は差し押さえに合うことを考えておきましょう。

自宅を抵当にする場合、総量規制の対象となります。総量規制とは、借り入れ額を利用者の年収の3分の1までに制限をかける法律です。例を挙げると、年収300万円の人は、100万円だけ借り入れできます。よって自宅を抵当に借り入れするには、最低年収150万円が必要になってきます。

年金担保貸付け制度を利用する

あなたが高齢者であれば、年金担保貸付を利用できます。カードローンの「無担保ローン」は、担保がない代わりとして審査を受けなければなりません。つまり、担保付きのローンであれば、審査なく借り入れを受けられるのです。

年金担保貸付は金利2.8%なので、かなり低金利です。ただし、月々の支払いは年金から天引されてしまいます。現状の生活が困窮しているケースでは利用できません。また全額を返済するまでは追加で借り入れもできません。

年金担保貸付けには連帯保証人が必要です。ただし、もし頼れる身内や友人がいないときは「信用保証制度」を活用することも可能です。

50万円借りたときの金利比較

カードローン金利(年率)
プロミス4.5%~17.8%
アイフル3.0%~18.0%
アコム3.0%~18.0%
SMBCモビット3.0%~18.0%
レイクALSA4.5%~18.0%
三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック
1.8%~14.6%
auじぶん銀行カードローン1.38%~17.4%
みずほ銀行カードローン2.0%~14.0%
楽天銀行スーパーローン1.9%~14.5%
三井住友銀行カードローン1.5%~14.5%

以上が50万円を借りたときの金利比較表になります。

50万円は決して安い額ではありませんので返済計画は綿密に立てていきたいところです。多数の会社にまたがって借り入れしてしまうと、多重責務に陥って、最悪「自己破産」などということにもなりかねません。

50万円を借り入れするとき、通常、毎月の最低返済金額は1〜1万2,000円くらいが基準です。

これを踏まえて、以下、「6ヶ月」「12ヶ月」「36ヶ月」の順に返済シミュレーションをしていきましょう。

6ヶ月で返済シミュレーション

▼消費者金融カードローンで50万円を借りて6か月返済するときの例

消費者金融名月々の返済額金利返済期間利息総額総返済額
プロミス106,043円17.8%630,233円530,233円
アイフル106,112円18.0%630,583円530,583円
アコム106,112円18.0%630,583円530,583円
SMBC106,112円18.0%630,583円530,583円
レイクALSA106,112円18.0%630,583円530,583円

▼銀行カードローンで50万円を借りて6か月返済するときの例

銀行名月々の返済額金利返済期間利息総額総返済額
三菱UFJ銀行カードローン・バンクイック104,940円14.6%624,712円

 

524,712円

 

auじぶん銀行カードローン105,905円

 

17.4%629,541円

 

529,541円

 

みずほ銀行カードローン104,734円

 

14.0%623,685円

 

523,685円

 

楽天銀行スーパーローン104,906円14.5%624,541円

 

524,541円

 

三井住友銀行カードローン104,906円14.5%624,541円

 

524,541円

 

12ヶ月(1年)で返済シミュレーション

▼消費者金融カードローンで50万円を借りて12か月返済するときの例

消費者金融名月々の返済額金利返済期間利息総額総返済額
プロミス50,334円17.8%1253,680円553,680円
アイフル50,391円18.0%1254,309円554,309円
アコム50,391円18.0%1254,309円554,309円
SMBC50,391円18.0%1254,309円554,309円
レイクALSA50,391円18.0%1254,309円554,309円

▼銀行カードローンで50万円を借りて12か月返済するときの例

銀行名月々の返済額金利返済期間利息総額総返済額
三菱UFJ銀行カードローン・バンクイック49,433円14.6%1243,763円543,763円
auじぶん銀行カードローン50,221円

 

17.4%1252,434円552,434円
みずほ銀行カードローン49,265円

 

14.0%1241,920円541,920円
楽天銀行スーパーローン49,405円14.5%1243,458円543,458円
三井住友銀行カードローン49,405円14.5%1243,458円543,458円

36ヶ月(3年)で返済シミュレーション

▼消費者金融カードローンで50万円を借りて36か月返済するときの例

消費者金融名月々の返済額金利返済期間利息総額総返済額
プロミス18,690円17.8%12154,096円654,096円
アイフル18,743円18.0%12156,002円656,002円
アコム18,743円18.0%12156,002円656,002円
SMBC18,743円18.0%12156,002円656,002円
レイクALSA18,743円18.0%12156,002円656,002円

銀行カードローンで50万円を借りて36か月返済するときの例

銀行名月々の返済額金利返済期間利息総額総返済額
三菱UFJ銀行カードローン・バンクイック17,842円14.6%12124,447円624,447円
auじぶん銀行カードローン18,582円17.4%12150,351円650,351円
みずほ銀行カードローン17,686円14.0%12118,984円

 

618,984円
楽天銀行スーパーローン17,816円14.5%12123,527円623,527円
三井住友銀行カードローン17,816円14.5%12123,527円623,527円

50万円借りる時の気を付けたいポイント

どの貸金業者も貸金業法に沿って審査をしているので、簡単に通過できるものではありません。

ここからは、50万円を借りる際に気を付けるべきポイントについて解説していきます。

そのポイントは以下の通りです。

融資の希望額を減らす

ポイントの1つ目は、希望融資額を減らすことです。審査通過できないのは、利用者の信用度が低く、貸す側のリスクが大きいからです。そこで、借り入れ額を減らすことにより審査通過率を上げることができます。

転職直後など勤続年数が浅い、収入が十分でないなど審査に不利な判断材料があるとき、融資額を減らすことも考えましょう。

複数社で同時に申し込まない

ポイントの2つ目は、複数社で同時に申し込まないことです。少しでも早く借り入れを成功させたい気持ちが強くなり、急いで複数社に申し込んでしまうと、お金にひどく困っているとみなされ、審査に不利になることがあります。

したがって、1社ずつ丁寧に申し込む方が結果として通りやすくなるでしょう。

ちなみに、申し込みの履歴は、信用情報に記録として保存されます。審査時は信用情報が照会されるので、必ず事実がわかってしまいます。申し込み履歴は半年間保存されるので、その間は、新規申込をしないようにしましょう。

他社の借り入れを軽減する

ポイントの3つ目は、他社の借り入れを少なくすることです。貸金業者は他社の借り入れに過敏です。先の項目でお伝えしましたように、複数社で借り入れをしている人はお金に困っている可能性が高いです。貸金業者は、そういう人に対しては、目を光らせざるを得ないのです。

申し込みのときは、借り入れている会社を少なくしておくようにしましょう。それが厳しい状態であれば、借り入れを断念すべきかもしれません。債務整理になってからでは、手遅れになります。慎重に行動するようにしてください。

まとめ

今回は、50万円借りたいときはどうするのかを解説してきました。

借りるための条件や借り方についても詳しく紹介してきました。消費者金融カードローンであれば、すぐにお金を借りることもできます。ただし、銀行カードローンに比べて金利が高くなるというデメリットもあります。

どうしても、すぐに必要な場合を除くと、銀行カードローンを選んだ方がいいかもしれません。よく検討してから申し込みをしましょう。

▼カードローン関連記事

※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事に掲載している情報は、可能な限り正確な情報となるよう努めておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合があります。
※本記事に掲載されているカードローン等のローン商品に関するご質問、お問い合わせにはお答えすることができません。各金融機関へ直接お問い合わせ頂きますようお願いいたします。
※カードローンのご利用は計画的に。お借り入れ条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。