【即日】今すぐ5万円借りたいときは?今すぐ手に入れる方法

「どうしてもお金が必要になってしまったけどお金が少し足りない」

「家賃の支払いが間に合わないから5万円だけ借りたい」

こんな状況になってしまった時にすぐにお金を借りられるサービスがあるのをご存知ですか。

消費者金融カードローンならすぐに借り入れを行うことができます。

今回は5万円借りたいときにおすすめの方法・消費者金融カードローンについて解説していきます。

5万円の借入なら消費者金融カードローンがおすすめの理由

カードローンには銀行カードローンと消費者金融カードローンがあります。

本記事では主に消費者金融カードローンをおすすめします。理由は大まかに以下の4点です。

それぞれ解説していきます。

即日融資ですぐに借入できる

銀行カードローンは即日で借り入れを行うことができません。

しかし消費者金融カードローンならすぐにお金が欲しい方でも利用することができます。

申し込み自体もWebから行うことが可能なため、(営業時間内に)最短30分~1時間で審査が完了し、機関によってはATMからの引き出しも可能なため、審査後すぐにお金を借りられるようになります。

消費者金融のレイクALSAは24時間申し込みに対応している為、急ぎの方はこちらを利用してみるのも良いでしょう。

しかし注意点もあります。申請時に間違った情報を記載してしまうと審査が遅くなってしまうこともあるのですぐに借り入れを行うことができません。申請情報はしっかり確認してから提出しましょう。

無利息期間がある会社もある

借り入れを行う際に一番気になるのは利息に関してですよね。

消費者金融カードローンなら無利息期間が存在する会社があります。

無利息期間とは、一定の期間内における利息が発せしないサービスのことです。

初めてカードローンを使用する方はこのサービスを受けることができます。5万円ほどならプロミスやアイフル、アコムは無利息期間が最大30日間設けられているので利息が気になる方にはおすすめです。

少額借入にも対応している

消費者金融カードローンなら少額から借り入れを行うことができます。

5万円程度なら返済時の信頼度も高く見積もられるのでアルバイトやパートタイムで働く主婦の方でも利用することが可能です。1万円から3万円ほどの少額でも借り入れが可能です。消費者金融がなぜ少額の貸し付けに対応しているのかというと、金利が18.0%前後に設定されている為、消費者金融は少額でも利益を得ることができるのです。

ちなみに、5万円借りて1ヶ月後に支払う利息は740円前後ですので申請者もそこまで利息を気にすることなく利用することができます。「生活費が足りない」「どうしても買わなければならないものがある」等の理由で少額の借り入れを行いたい場合におすすめです。

WEB申込で完結できる

消費者金融カードローンならWebで申し込みを行うことができます。

Webで申し込みができるので自宅で素早い借り入れが行えるのと同時に、周りに借り入れを行った事実を知られる心配がありません。

ちなみに後述しますが、プロミスでしたら郵送物もないので家族に気づかれる心配もありません。消費者金融カードローンなら審査の際に行われる在籍確認も、回避することができます。

5万円の借入に銀行カードローンが向かない理由

借り入れたい金額が少額の場合、銀行カードローンで借り入れを行うのは不向きです。

なぜなら、銀行カードローンは小額からの借り入れに対応していないケースが多いからです。多くの場合、10万円からしか借り入れができません。加えて、銀行カードローンには利息が必ず付きますので、消費者金融カードローンなどで見られる無利息期間を利用することができません。

更に銀行カードローンは近年審査が厳格化しています。アルバイトやパートタイムで働く人々はそもそも審査に通らないことも多いのです。更に銀行カードローンはWeb申し込みに対応していないケースや即日の借り入れの停止が発表されていることから、借り入れまでに時間がかかってしまうようになりました。

5万円借入におすすめの消費者金融カードローン5選

それでは、具体的にどの消費者金融カードローンがおすすめなのかご紹介していきます。

今回ご紹介するのは、プロミス、SMBCモビット、アイフル、アコム、レイクALSAの5つです。

会社名プロミスSMBCモビットアイフルアコムレイクALSA
イメージプロミスSMBCモビットアイフルアコムレイクALSA
金利(実質年率)4.5%〜17.8%3.0%〜18.0%3.0%〜18.0%3.0%〜18.0%4.5%〜18.0%
限度額500万円800万円800万円800万円500万円
審査期間最短30分
(事前審査最短15秒)
※1
最短30分
(簡易審査10秒)
※2
web申し込みなら
最短25分
最短30分最短15秒
融資スピード最短即日最短即日
※2
web申し込みなら
最短25分
最短即日
(WEBで最短60分)
最短60分
WEB完結
申し込み条件

・18歳以上69歳以下
・安定した収入のある方

・20歳以上69歳以下
・安定した収入のある方

・20歳以上69歳以下
・安定した収入のある方

・安定した収入のある方
(18,19歳の方は収入証明書の提出が必須)

・20歳以上70歳以下
・国内居住(日本の永住権)の方

詳細申し込む申し込む申し込む申し込む申し込む

※スクロールできます。

※1 事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります。
※2 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

それぞれのカードローン会社を詳しく解説していきます。

プロミス

プロミス

プロミスの特徴

  1. 多彩な返済方法
  2. はじめての利用で30日間無利息
  3. 最短30分の審査と最短即日の融資
金利(実質年率)4.5%~17.8%
限度額最高500万円
審査期間最短30分
融資スピード最短30分
WEB完結可能
申し込み条件18歳以上、69歳以下で本人に安定した収入のある方
借入・返済方法
借入方法・プロミスATM
・三井住友銀行ATM
・セブン銀行ATM
・ローソン銀行ATM
・コンビニATM(E.net)
・ゆうちょ銀行ATM
・その他提携ATM
返済方法・インターネット返済
・口座振替
・店頭窓口
・プロミスATM
・銀行振り込み
・三井住友銀行ATM
・セブン銀行ATM
・ローソン銀行ATM
・コンビニATM(E.net)
・ゆうちょ銀行ATM
・その他提携ATM

プロミスは24時間Webの申し込みに対応しています。申し込みを土日に行ったとしても約24時間ほどで借り入れを行うことができます。

プロミスは無利息期間が設けられており、初回借り入れの翌日から30日間となっております。Webで完結するので郵送物もありません。いざという時の為に審査に通過しておいても損はないでしょう。

年率は4.5~17.8%で、最高年利はご紹介する金融機関の中で最も安いです。

\ 30日間利息0円 /

プロミスに申し込む

WEB申込・最短1時間融資可能

SMBCモビット

SMBCモビット

SMBCモビットの特徴

  1. 電話、郵送物なし
  2. 3つの機能を搭載したカード
  3. Tポイントでの返済が可能
金利(実質年率)3.0%~18.0%
限度額最高800万円
審査期間最短30分(事前審査10秒)

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

融資スピード最短3分(電話申込の場合)
最短即日(WEB申込の場合)※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
WEB完結可能
申し込み条件年齢20歳以上、69歳まで、安定した定期収入のある方、SMBCモビットの基準を満たす方
借入・返済方法
借入方法・プロミスATM
・スマホ、PC、電話から振込依頼
・三菱UFJ銀行ATM
・三井住友銀行ATM
・セブン銀行ATM
・ローソン銀行ATM
・コンビニATM(E.net)
・イオン銀行ATM
・ゆうちょ銀行ATM
・その他提携ATM
返済方法口座振替(三井住友銀行、三菱UFJ銀行またはみずほ銀行、ゆうちょ銀行のみ)
・銀行振り込み
・インターネット返済(ネットバンク)
・三菱UFJ銀行ATM
・三井住友銀行ATM
・セブン銀行ATM
・ローソン銀行ATM
・コンビニATM(E.net)
・イオン銀行ATM
・ゆうちょ銀行ATM
・その他提携ATM

借り入れを行った情報が勤務先に伝わってしまうのを防げるのがSMBCモビットの特徴です。

ではどのように勤務先情報を提出・確認をするのかと言うと、直近2ヶ月分の収入証明書の提出を行います。これだけで勤務先への電話連絡をなしにしてもらえます。勤務先に怪しまれずにお金を借り入れることができます。

更にこちらもWeb申し込みからすぐに借り入れを行うことができ、手続きも最短60分で済みます。年利は3.0~18.0%です。

\ WEB完結 /

SMBCモビットに申し込む

WEB完結なら勤務先へ電話連絡なし

アイフル

アイフル

アイフルの特徴

  1. 審査、融資スピードが最短25分
  2. 職場への在籍確認がない
  3. 借入、返済ともにスマホアプリでカードレス
金利(実質年率)3.0%~18.0%
限度額最高800万円
審査期間web申し込みなら最短25分
融資スピードweb申し込みなら最短25分
WEB完結可能
申し込み条件20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、アイフルの基準を満たす方
借入・返済方法
借入方法・アイフルATM
・セブン銀行ATM
・ローソン銀行ATM
・コンビニATM(E.net)
・イオン銀行ATM
・西日本シティ銀行ATM
・十八親和銀行ATM
・福岡銀行ATM
・熊本銀行ATM
返済方法・口座振替
・アイフルATM
・銀行振り込み
・セブン銀行ATM
・ローソン銀行ATM
・コンビニATM(E.net)
・西日本シティ銀行ATM
・十八親和銀行ATM
・福岡銀行ATM
・熊本銀行ATM

アイフルはコンビニで借り入れを行うことができるのが特徴です。

カードローンを利用する際に発行するローンカードの必要が無く、ATMに表示されるバーコードを読み込むだけで借り入れを行うことができます。店頭に行くことが無いので身内にばれることを防げます。

審査通過率も高い為、だれでも利用しやすい消費者金融と言えます。年利は3.0~18.0%です。

\ 最大30日間利息0円 /

アイフルに申し込む

WEB申込なら最短25分で融資も可能

アコム

アコム

アコムの特徴

  1. 24時間インターネット返済可能
  2. WEB申し込みで最短60分融資
  3. はじめての利用で30日間の無利息
金利(実質年率)3.0%~18.0%
限度額最高800万円
審査期間最短30分(仮審査は最短15秒)
融資スピード最短60分
WEB完結可能
申し込み条件安定した収入のある方
※18,19歳の方は収入証明書の提出が必須
借入・返済方法
借入方法・アコム店頭窓口
・アコムATM
・スマホ、PCから振込依頼
・セブン銀行ATM
・ローソン銀行ATM
・コンビニATM(E.net)
・三菱UFJ銀行ATM
・イオン銀行ATM
・その他提携ATM
返済方法・口座振替
・アコムATM
・アコム店頭窓口
・銀行振り込み
・インターネット返済(ネットバンク)
・セブン銀行ATM
・ローソン銀行ATM
・コンビニATM(E.net)
・三菱UFJ銀行ATM
・イオン銀行ATM
・その他提携ATM

アコムは最も早く借り入れを行うことができます。そのスピードはなんと最短30分。アコムはWeb上に3秒診断という機能を設けており、年収・年齢・他社の借り入れ状況を入力し、たった数秒で仮審査を受けることができます。

何よりも急ぎでお金が必要な人は仮審査を受けてからアコムで申し込むのも一つの手です。年利は3.0~18.0%です。

\ 30日間金利0円 /

アコムに申し込む

最短30分で審査回答、即日振込も可能

レイクALSA

レイクALSA

レイクALSAの特徴

  1. はじめてのお申し込みで60日間無利息
  2. 最短60分のスピード融資
  3. カードレス借入が可能
金利(実質年率)4.5%~18.0%
限度額最高500万円
審査期間最短30分(仮審査は最短15秒)
融資スピード最短60分
WEB完結可能
申し込み条件年齢20歳以上、70歳まで、国内居住の方、日本の永住権を取得されている方
借入・返済方法
借入方法・新生銀行カードローンATM
・セブン銀行ATM
・ローソン銀行ATM
・コンビニATM(E.net)
返済方法・口座振替
・新生銀行カードローンATM
・銀行振り込み
・セブン銀行ATM
・ローソン銀行ATM
・コンビニATM(E.net)
・銀行振込(一括返済のみ)

レイクALSAも素早い借り入れに対応しています。

Webからの申し込みで最短15秒で審査を終了することができます。

オペレーターに急ぎの旨を伝えると優先して審査を進めてもらえます。こちらは最大で180日間の無利息期間があるので安心して借り入れを行うことができます。年利は4.5~18.0%です。

\ 【WEB限定】60日間利息0円 /

レイクALSAに申し込む

5万円まで180日間利息0円

少額融資の審査や必要書類

少額融資を行いたいならWeb完結型申し込みを利用しましょう。

Web融資なら誰かに知られる心配も少ないですし、なにより早く融資が受けられるようになります。24時間申し込みが可能ですので急ぎの方はぜひWeb融資を利用してみましょう。大まかな内容は金融機関で借り入れを行う際と同じです。申請時にはあらかじめ必要な書類を揃えておきましょう。

必要な一般書類は運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなどのいずれかと源泉徴収票などの収入証明書(希望額が高い場合)です。

審査手順は以下の通りです。

  1. 申請情報の入力
  2. 本人確認の電話
  3. 証明書の提出
  4. 職場への在籍確認
  5. 審査結果の連絡
  6. ローンカードの発行

①②③はスマホなどの契約時と同じです。ホームページから必要情報を入力し、本人確認の電話がかかってきて、証明書の提出を行います。

④で申請者が職場に在籍しているかどうかの確認電話を行います。こちらは銀行では必ず職場へ連絡が行くのですが、消費者金融の場合は過去2ヶ月の収入証明書の提出を行えば良い所もあります。

⑤で申請が通ったかどうかの連絡が来ます。最短で30分で済む場合もあります。

そして最後に⑥で借り入れを行う際に必要なローンカードが発行されます。ローンカードは郵送で送られてきます。しかしこちらも消費者金融によってはQRコードで済ますカードレス対応を行っている場合もあります。

少額融資の審査時の注意点

最後にいくつ注意点です。

いかに24時間対応している消費者金融でもすぐに借り入れを行えないことはあります。

原因は、以下のようなものが考えられます。

  1. 申請情報の記載ミス
  2. 本人確認が行えない
  3. 借入金額が高い

申請情報の記載ミス

お金を借りるわけなので誤った情報を記載してしまうと信用がないと判断されてしまいかねません。

その場合は審査が長引くだけでなくそもそも審査に通らない、なんてことも起こりえます。

スムーズな借り入れを行う為にも申請情報はしっかり確認しましょう。

本人確認が行えない

また電話番号を家電にしてしまうと本人確認の電話が来た際に本人が出られないことがあります。

その場合、本人確認ができないということになりますので審査がそこで止まってしまいます。

そして振り込み可能時間が過ぎてしまいますと、翌日以降になってしまいます。電話番号は常に持ち歩いている携帯電話の番号を記載しておきましょう。

借入金額が高い

そして借入金額が高い場合です。借入金額を高く設定してしまうと、収入証明書の提出が必要になります。

こちらの書類は源泉徴収票などの印刷が必要になるので時間がかかります。加えて金額が大きいとそれだけ信用情報が重要になってきます。金融機関は返済時の利息で利益を得ているわけですから、きちんと返す保証ができない人にお金を貸すことはしません。

貸す金額が多ければ多いほどきちんと返済能力を備えているか申請者の情報を慎重に審査します。ですので、直近で借りたい金額がそう高くない場合は希望額を下げておく方が良いでしょう。具体的な希望借入限度額は10万円程度にとどめておきましょう。

5万円借り入れた時の返済額をシミュレーション

借り入れを行う際、返済する際には一体いくら払うのでしょうか。5万円借り入れるとして具体的な返済シミュレーションをしてみましょう。

まず利息の計算ですが、下記の計算式で求めることができます。

借入金額×年利(%)×借入日数÷365日

3ヶ月借りると仮定して、これをプロミスの最高年率17.8%で計算してみましょう。

ちなみにプロミスは30日間無利息期間が存在しますので日数は自動的に-30日です。つまり50,000×0.178×(90-30)÷365=1,463円となります。無利息期間の無い銀行カードローンを3ヶ月借りる年利が17.8%だと仮定すると、2,200円になります。消費者金融カードローンの方が737円もお得です。

以下は1か月からかかる利息の金額を年利17.8%の場合と14.8%の場合でグラフにしました。参考にしてみてください。

▼消費者金融カードローン(年利17.8%)の場合

返済日数月々の支払返済金額合計
1ヶ月50,731円50,731円
3ヶ月17,163円51,489円
6ヶ月8,771円52,625円
1年(12ヶ月)4,579円54,942円

▼消費者金融カードローン(年利14.6%)の場合

返済日数月々の支払返済金額合計
1ヶ月50,608円50,608円
3ヶ月17,073円51,221円
6ヶ月8,691円52,147円
1年(12ヶ月)4,503円54,036円

いかがですか。返済はこのような金額になります。お金を借りるわけですから必ず返す時のことも考えないといけません。カードローンは返済計画をしっかりと立ててから利用するようにしましょう。

5万円借りたいときのよくある質問

5万円借りたいときによくある質問をQ&A形式で回答していきます。

5万円を無審査で借りることはできるの?

5万円や10万円などの少額であっても、無審査でお金を借りることは出来ません。

無審査で貸し付けを行っているのはいわゆる闇金業者です。

通常のカードローン会社であれば、必ず審査が行われます。

審査を煩わしいと思う方もいるかもしれませんが、安全にお金を借りるなら審査は必須です。

5万円借りるのにおすすめのカードローン会社は?

5万円借りるのにおすすめのカードローン会社はプロミスです。

プロミスなら即日融資に対応していますし、30日間の無利息期間があります。

5万円をその日のうちに手に入れられ、無利息期間があるのでお得に借り入れが可能です。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は今すぐお金が欲しい人の為の消費者金融カードローンの申請方法、その特徴についてご説明してきました。

上述しましたが、カードローンはいずれも「お金を借りること」です。利用する際は十分に返済計画を立ててから、慎重に利用するようにしましょう。

▼カードローン関連記事

※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事に掲載している情報は、可能な限り正確な情報となるよう努めておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合があります。
※本記事に掲載されているカードローン等のローン商品に関するご質問、お問い合わせにはお答えすることができません。各金融機関へ直接お問い合わせ頂きますようお願いいたします。
※カードローンのご利用は計画的に。お借り入れ条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。