クレジットカードとデビットカードはどっちがいい?違いと使い分け方を解説!

クレジットカードとデビットカードの違いが分からないという方もいるのではないでしょうか?

この記事では、クレジットカードとデビットカードの違いを比較していきます。

それぞれの特徴を解説し、どんな方におすすめか紹介していきますので、最適な方を選んでくださいね。

クレジットカードとデビットカードの特徴比較

クレジットカードのことは知っていても、デビットカードについて詳細は分からないという方もいると思います。

そこで、ここではクレジットカードとデビットカードの特徴を比較して説明します。

クレジットカードの特徴

クレジットカードの特徴

  • 1ヶ月分をまとめて支払う
  • 利用限度額の範囲内で使用する
  • 審査がある(18歳以上から申し込み可能)
  • キャッシング機能が付いている
  • コンビニ、スーパー、ホテルや公共料金の支払いなどに使える
  • ポイントやマイルを貯められる
  • 一括や分割など支払い方法を選べる

1ヶ月分の利用額をまとめて請求されるため、使い方をよく考える必要があります。

また、リボ払いを利用してお得にお買い物をすることもできますが、お金の計画をしっかり立てておかなければいけません。

ほか、ポイントやマイルを貯められるので、節約やポイ活のためにクレジットカードで決済をする人も多くいます。

デビットカードの特徴

デビットカードの特徴

  • 利用ごとに銀行口座から引き落とし
  • 預金口座にお金がある限り使える
  • 審査なし(16歳以上から)
  • キャッシング機能はなし
  • コンビニ、スーパー、ホテルやネット通販などで使える
  • ポイントやマイルが貯まるものは少数
  • 一括払いのみ

デビットカードは、1回利用するごとに、登録している銀行口座から即時引き落とされます。

そのため、使いすぎを防ぐことができます。利用限度額はなく、預金口座にお金があるぶんだけ支払えます。この点から見ると、現金代わりに使えるといえます。

また、16歳以上なら申し込めるので、学生の方でも利用できるのがメリットです。ただし、支払い方法は一括のみ、ポイントやマイルが貯まるカードは限られている点は、デメリットといえるでしょう。

次の項目で、より詳しく2つのカードの違いを解説します。

クレジットカードとデビットカードの違い

項目クレジットカードデビットカード
支払い回数一括、2回、分割から選ぶ一括のみ
海外でのATM利用借り入れとして可能預金口座から出金可能
ETCカード発行可能不可能
不正利用対応

 

60日前以前なら全額補償

 

銀行により補償額・期間が異なる
利用できる場所

 

VISA、MasterCard、JCBなど提携しているところデビットカードの種類による

 

支払い回数

クレジットカードは、一括や2回、分割払いから自分の状況に合わせて、支払い回数を選べます。分割払いにすると、1回の支払額が少なくなるため、ついつい使いすぎてしまう恐れもあります。

対してデビットカードは、一括のみです。「お金の管理に自信がない」という人は、デビットカードの利用を検討してもよいでしょう。

海外でのATM

海外でATMを利用するとき、クレジットカードは借り入れとして使えます。デビットカードは、預金口座から出金できる点がポイントです。

たとえば学生の方で海外旅行や留学をしているとき、現地でお金が不足したとします。そのときデビットカードがあれば、現地のATMから現地通貨として出金できます。

ETCカード

クレジットカードは、追加カードとしてETCカードを発行できます。デビットカードは発行できません。これは、両カードの決済方法の違いからきています。

クレジットカードは、いったんカード会社が料金を立て替えて支払います。その立て替えた分を、まとめて契約者に請求します。

デビットカードは契約者の銀行口座に直結しています。もし銀行口座の残高が不足していたら、その時点で料金所から出られなくなる事態もありえます。

この点から、デビットカードでのETCカード発行は不向きといえます。

不正利用の対応

クレジットカードは60日前以前なら全額補償していますが、デビットカードは銀行によって対応にばらつきが出ます。

ネット通販をよく利用するのなら、セキュリティ面を考えて、クレジットカードを利用したほうが安全でしょう。

利用できる場所

クレジットカードは、VISA、MasterCard、JCBなど国際ブランドがあります。国際ブランドと提携しているところなら、どこでも決済できます。個人商店などを除けば、ほぼ支払いに困ることはないでしょう。1枚持っていると安心です。

対してデビットカードは、カードの種類によっては使えないところもあります。次項で、デビットカードの種類について詳しく解説します。

誰でも申し込めて、気軽に利用できるのがデビットカードのよいところです。反面、いざというときの対応はクレジットカードのほうがより安全といえます。

未成年の人が海外でATMを利用するなら、デビットカードが向いています。両者の違いをよく確かめて、自分のスタイルに合ったカードを持つようにしましょう。

デビットカードには2種類ある

デビットカードは2種類あります。

  1. 国際ブランドデビットカード
  2. J-Debitカード

それぞれの違いを説明します。

国際ブランドデビットカード

国際ブランドデビットカードは、国内外の多数店舗・ネットショップで利用できます。

金融機関窓口や、web上、郵送での申し込みが可能です。キャッシュカードを作るとき、デビットカード機能を備えている一体型カードを申し込めます。

クレジットカードが使えるところや、海外でも決済可能です。また、キャッシュバックやポイントを貯められるカードもあり、節約につながります。

銀行で申込時に、デビットカード発行を希望する旨を伝えましょう。カードによりますが、大抵15歳以上か16歳以上から申し込めます。

海外でのATM利用時、現地通貨として出金できるのもこのカードです。

J-Debitカード

デビットカードの日本における呼称です。web上で運営状況が確認できる店舗でのみ利用できます。ほか、J-Debit加盟店で使えますが、提携している店舗は少なく、必然的にシーンは限られます。

銀行キャッシュカードの役割を兼ねているため、申し込みや手続きは不要です。極端な話、小学生や未就学児でも、銀行口座があればJ-Debitカードを持っているといえます。

無論、上述したとおり、使えるのは一部のネットショップのみのため、利用は難しいでしょう。ショッピングで利用しても、ポイントやキャッシュバックなどはありません。

海外でのATM利用も不可能です。

ただ、新規にカード発行が不要であることと、J-Debit加盟店ならキャッシュカードで買い物ができる点はメリットといえるでしょう。

2種類のデビットカードを比較しました。

国際ブランドデビットカードは利便性に優れ、クレジットカードとほぼ同様に使えることが分かります。持つならやはり、国際ブランドデビットカード、といいたいところです。

ですが、J-Debitカードは、近年、スマホ決済と紐付けて利用できるようになりました。これに伴い、知名度および利用者の増加が見込めます。

たとえば、小学生のお子様にお小遣いを入れたJ-Debitカードを渡して、お金の管理を学ぶきっかけにするという使い方もあります。

また、抽選型のキャンペーンがよく開催されています。J-Debitカードを利用しているなら、積極的に応募してはいかがでしょうか。

クレジットカードとデビットカードはどっちがいい?使い分け方

クレジットカードとデビットカード、持つのなら、どちらがよいのでしょうか?

それぞれのカードが向いている人と、使い分け方について解説します。

クレジットカードがおすすめの人

  1. 手元にお金がないときも買い物がしたい
  2. お金の管理が自分でできる
  3. ポイントを貯めてお得にショッピングがしたい
  4. 公共料金を支払いたい
  5. ETCカードも欲しい

上記の点から、「安定かつ継続して収入のある人」がクレジットカードに向いている、といえます。実際、申し込みが18歳以上からとなっているのは、そのためです。

また、審査を通過しなければなりません。お金の管理が不得手な場合、審査通過は厳しくなるでしょう。ポイントを貯めてよりお得なお買い物がしたい人や、車での移動が多く高速道路を利用する人も、クレジットカードが向いています。

デビットカードがおすすめの人

  1. お金の管理に自信がない
  2. 審査はないほうがよい
  3. 16歳以上の未成年者
  4. 海外でATMから現地通貨として出金したい
  5. 即引き落としのほうが安心できる

16歳以上の未成年者でも申し込めて、審査も不要ですから、誰でも申し込めます。口座にお金があれば使えますから、収入がなくても利用できます。

学校の行き帰りで、コンビニなどで買い物をするときに使えます。財布を持つ機会を減らせば、使いすぎや紛失も防げるでしょう。デメリットとして、ETCカードが使えない、ポイントが貯まらないか貯まりにくいことが挙げられます。日常生活に密着したカードといえるでしょう。

2つのカードを使い分ける

クレジットカードとデビットカード、両方持つという選択もあります。

コンビニやスーパーなど、ちょっとした買い物ではデビットカードを利用して、大きな買い物や公共料金・携帯料金の支払いはクレジットカードというふうに使い分けるのです。

すると、クレジットカードのポイントも貯まりやすくなります。発行元によっては、クレジットカードとデビットカードを、同時に申し込めます。

まとめ

クレジットカードとデビットカードの違い、特徴がお分かりいただけたと思います。

それぞれのメリット・デメリットを把握して、申し込みましょう。

クレジットカードとデビットカードはシーンによって使い分ければ、よりお得に、便利に買い物を楽しめるでしょう。

▼クレジットカード関連記事