クレジットカードの種類|おすすめブランドとカードを紹介!

クレジットカードにはカードランクだけでなく、国際ブランドや発行会社などの種類があります。

数多くのクレジットカードから、自分にあったクレカを探すのはとても大変です。

この記事ではクレジットカードの種類ごとの特徴特徴を詳しく解説していきます。

種類の違いを知って、自分に最適なカードを使いましょう。

クレジットカードの種類

クレジットカードの種類は色々あります。

  1. カードランク
  2. 国際ブランド
  3. 発行会社

上記3つに分けて、それぞれ説明していきます。

カードランク

カードランクとはクレジットカードのステイタスのことです。ランクによって特典やポイント還元率、年会費などが異なります。

高いランクのカードほど審査が厳しく加入が難しいですが、空港のラウンジが利用できたり、ポイント還元率が高かったりします。

カードランクは一般的に、下記の4ランクがあります。

  1. 一般カード
  2. ゴールドカード
  3. プラチナカード
  4. ブラックカード

年会費は無料のものから、数十万円を超えるカードもあります。

国際ブランド

国際ブランドとは、世界中で使えるクレジットカードのブランドのことで、クレジットカードが広く使用できるように決済システムを提供しています。

ブランドによって加盟店が異なり、使えるお店が違います。

具体的には、下記の5種類が5大国際ブランドと言われています。

  1. VISA
  2. Mastercard
  3. JCB
  4. American Express
  5. Diners Club

JCBは日本のクレジットカード会社で唯一、世界的に知名度のある国際ブランドであり、発行会社でもあります。

発行会社

発行会社とは、実際にクレジットカードを発行する会社のことです。

発行会社は数多くあり、カードの発行に加えて申込者の審査や入会手続き、ポイント付与や特典の提供、旅行傷害保険やショッピング保険などの保険サービス、利用明細の送付など会員へのサービス提供や会員の管理を行っています。

発行会社によって受け取れるポイントやキャンペーン内容なども違いますので、発行会社の特徴を抑えた上でカードを選びましょう。

国内の主な発行会社には三菱UFJニコスや三井住友カード、クレディセゾンや楽天カードなどがあります。

クレジットカードのカードランクの種類

クレジットカードのカードランクは、4ランクあります。

ここでは、そのランク別の特徴を説明していきます。

一般カード

一般カードは年会費が無料のものや、有料でも2,000円台の低いものが多く、初めてカード作る若い方やカードを作るのにお金をかけたくない方にはおすすめです。

その代わりに他のカードと比べて、カードの利用可能限度額が低く設定されており、カードに付帯されているサービス自体も少ないのが特徴です。クレジットカードの保険サービスにはショッピング保険と旅行傷害保険がありますが、一般カードは保険サービスが付いていなかったり、付いていても内容が手薄だったりします。

付帯サービスやステイタスに関心がない方や日々の支払いにおいてカードを利用して利便性を高めたり、ポイントを貯めたりする場合は一般カードで十分だと言えます。

ゴールドカード

ゴールドカードは一般カードに比べて審査も厳しく、年間費も高額になります。

その分、カードの利用限度額が高くなります。また保険内容が手厚かったり、空港のラウンジが利用できたり、充実した特典や付与サービスが受けられます。

カードで購入した商品が破損や盗難に遭った場合、購入日からさかのぼって損害を補償してもらえるショッピング保険は多くのゴールドカードに付帯されています。また旅行傷害保険も多くのゴールドカードに付帯されており、最高保証額が5,000万円~1億円と一般カードと比べて高額です。

また金額だけでなく保証内容も航空便遅延費用補償や寄託手荷物遅延、紛失費用補償などが付いていて、より手厚い補償が受けられるカードもあります。カード決済を頻繁に利用する方、旅行や出張が多い方には補償内容が充実しているゴールドカードを選ぶと保険の節約にもなりおすすめです。

プラチナカード

プラチナカードはゴールドカードよりワンランク上のクレジットカードです。

プラチナカードを最上級カードとしているクレジットカード会社もあります。それだけに受けられる特典やポイント還元率、保険サービスがゴールドカードよりさらに充実しています。

プラチナカードの特徴としてコンシェルジュサービスが受けられます。コンシェルジュを通して旅券、ホテルやレストラン、舞台チケットやゴルフ場などの予約代行を依頼することができます。

また旅行プランの提案なども行ってくれます。出張や旅行が多い方や有名な飲食店を頻繁に利用する方、コンサートや観劇が好きな方にはおすすめのカードです。

ブラックカード

ブラックカードは全てのカードで一番ランクの高いクレジットカードです。

招待制での入会がほとんどで年間費は数万円~数十万円です。コンシェルジュサービスはもちろん、会員限定特別イベントへの参加や厳選されたプレゼントが届きます。

入会自体が難しいですが、最上級のサービスやステイタスを有したい方にはおすすめです。

クレジットカードの国際ブランドの種類

ここではVISAや JCBなどの国際ブランドの違いを解説していきます。

それぞれ見ていきましょう。

VISA

VISAは加盟店数とカード発行数が世界一を誇り、加盟店は5,000万以上、会員数は18億以上と言われています。

決済に特化した国際ブランドとして、国内外のあらゆる場所で利用可能ですので、初めてカードを作る方はまずVISAカードをおすすめします。

クレジットカードが利用できる場合はほぼVISAカードが利用でき、特にアメリカでの加盟店が多くのでアメリカ出張や旅行に適したカードです。

Mastercard

MastercardはVISAに次ぐ国際ブランドで、現在ではVISAと加盟店舗数で差がなくなってきています。

海外での使い勝手が良く、支払いの際の為替レートが良いという特徴があります。そのため、海外出張が多い方や海外旅行が好きの方にはおすすめです。

またコストコで唯一利用できるクレジットカードですので、コストコ会員の方にもおすすめです。

JCB

JCBは日本のクレジットカード会社のため、国内での加盟店舗が多く、国内でクレジットカードが使える場所ではほとんど利用可能です。

JCBは旅とエンターテインメントに特化したカードとして、オリジナルの特典を多数用意しています。世界60か国の人気の旅行先でJCBプラザラウンジやJCBプラザを展開し、日本語によるきめ細かなサポートを受けることができます。

またディズニーのスポンサーであることから、ディズニー関連の特典に強いことで有名です。国内でのクレジットカード利用がほとんどの人やJCBのオリジナル特典を受けたい方にはJCBカードがおすすめです。

American Express

American Expressは1850年の創立で国際ブランドの中では歴史が古く、ステイタスが高いのが特徴です。

JCBと提携しており、日本国内のJCB加盟店で利用可能できるので利便性が高いです。年会費が高く、その代わりに特典が豊富で会員のみが受けられる特典が多数用意されています。

空港利用時の特典が充実しており、国内主要空港28か所とハワイのダニエル・イノウエ空港の29空港のラウンジが無料で利用できます。また海外旅行の際に、スーツケース1つを自宅から空港まで、帰りは空港から自宅まで無料で配送してくれます。海外旅行保険は自動付帯されており、内容が手厚いのも特徴です。

American Expressの特別なステイタスを手に入れたい方や旅行や出張での特典を受けたい方におすすめです。

Diners Club

Diners Clubは年会費が税抜22,000円で年齢制限が27歳以上のハイステイタスカードです。

利用限度額がなく、グルメ・トラベル・ゴルフなどで様々な優待が受けられます。ダイナーズ指定のレストランで2名以上の利用で1名分が無料になったり、予約が取りにくい高級店をダイナーズが予約代行を行ったりしてくれます。

また最高で1億円の旅行保険や最高500万円のショッピング補償など手厚い保険が付帯されます。いろいろなレストランに行きたい方や海外へよく行く方におすすめのカードです。

クレジットカードの発行会社の種類

クレジットカードの発行会社の種類は銀行系、信販系、流通系などがあります。

それぞれの特徴を説明していきます。

銀行系クレジットカード

銀行系クレジットカードは銀行や銀行グループが発行しているクレジットカードです。信頼感やステイタスが高く、セキュリティ面が充実しているのが特徴です。

ATM手数料が無料になったり安くなったり、金利の優遇される場合もあり金融機関を使用する際にメリットが多いです。またコンビニATMの手数料が優遇される場合があります。

学生向けのクレジットカードも発行しており、卒業と同時に社会人向けに切り替わるカードであれば、審査が厳しいステータスカードへステップアップしやすくなります。

キャッシュカードとクレジットカードが一体になったものもあり、カード2枚分の機能が1枚で利用できます。銀行の信頼感やATM手数料の優遇を得たい方には特におすすめです。

信販系クレジットカード

信販系クレジットカードは信用販売会社が発行しているクレジットカードです。ニコスカード、セゾンカード、オリコカード、ジャックスカードなどが信販系クレジットカードです。

信販会社は長年クレジット業務に携わっているため、審査の早さや正確性に定評があります。また分割払いなどで優遇を受けられる傾向があり、銀行系カードに比べて審査が甘いとも言われています。キャッシングに強く、審査に自信のない方やキャッシング機能を付けたい方におすすめです。

またコンビニや大手飲食店など普段の生活でよく使用する店との提携が多いので、そういった店でクレジットカードを使用する方は、ポイント還元が受けられるのでおすすめのカードです。

流通系クレジットカード

流通系カードは、スーパー、百貨店などが発行しているクレジットカードです。イオン、イトーヨーカドー、セブンイレブン、伊勢丹や三越などが発行しているカードです。

年会費が無料のカードが多く、主婦や学生などもターゲットのため、安定収入がなくても利用できる可能性が高いです。審査が早くお店で発行してその日のうちに利用できるカードもあります。

発行元のお店や系列店で利用することで、ポイント還元率が高くなります。また毎日の生活で利用するため、利用金額も高くなりそれに応じてポイント還元の額も高くなります。

よく利用する百貨店やスーパーなどがあれば、その会社のクレジットカードを作ることで高いポイント還元が受けられるのでおすすめです。

クレジットカードの選び方

ここまでクレジットカードの種類やそれぞれの特徴について説明してきましたが、クレジットカードは種類が多く、自分に合ったカードを見つけるのはなかなか難しいです。

ここではクレジットカードを選ぶポイントについて解説します。

年会費の有無

年会費の有無はクレジットカードを選ぶ時の重要なポイントです。

年会費はカード会社やランクによって、無料のものから数十万円かかるものまであります。

年会費が永久無料なのか、1年目のみ無料なのか、一定の条件を満たせば無料なのか、最初から有料なのか確認してください。

セキュリティの高さ

クレジットカードで一番大切なのがセキュリティ面です。

現金よりあらゆる面で利便性が高い反面、クレジットカードには不正使用のリスクが伴います。不正利用を防ぐシステムをカード会社がきちんと用意しているかがとても重要です。

カードを選ぶ際にセキュリティにどれだけ力を入れているかを比較して選びましょう。

付帯保険の内容

クレジットカードの付帯保険には旅行保険やショッピング保険があります。

旅行保険は出張や旅行が多い方には特に重要ですし、安心してカードを利用するためにはショッピング保険の内容も必ず確認してください。カードを持っているだけで保険が適用される自動付帯と、カードで旅行代金を支払った場合のみ適用される利用付帯があります。

カードの種類によって補償額や補償内容が異なりますので、自身が必要としている補償内容かどうか確認してカードを選みましょう。

ポイント還元率と有効期限

ポイント還元率とポイントの有効期間がどのくらいかもクレジットカードの重要な要素です。

還元率が高かったとしてもそれがすべての買物に適用されるのか、それとも特定の店舗やサービスのみで適用されるか確認します。自身がクレジットカードを利用するシーンで適用されるポイント還元率に着目しましょう。

またそのポイントの有効期限が永久なのか、期間があるのかの確認も必要です。

特典の内容

クレジットカードは独自性を出すために様々な特典を用意しています。商品の購入代金が割引されたり、通常よりポイント還元率が高かったり、ギフト券やクーポンがプレゼントされるような特典もあります。

またホテルやレストラン、レジャー施設などで割引が受けられたり、イベントのチケットを先行予約できたり、特別なサービスを受けられたりします。自分がどういった目的でカードを利用するか考えて、どのような特典が受けられるもカードを選ぶ1つのポイントです。

クレジットカードおすすめ3選

ここまでクレジットカードの種類や特徴、そして選び方についても説明してきました。

ここでは具体的におすすめできるカードを紹介します。

カード名楽天カードJCB CARD W三井住友カードNL
イメージ楽天カードJCB CARD W三井住友カードナンバーレス
年会費無料無料無料
国際ブランドVisa・MasterCard・American Express・JCBJCBVisa・MasterCard
ポイント
還元率
1.0%1.0%〜5.5%0.5%〜2.5%
申し込み対象

・18歳以上であれば可能(高校生は除く)

・18歳以上39歳以下で、本人または配偶者に安定継続収入のある方。18歳以上の学生の方(高校生は除く)

・満18歳以上(高校生は除く)

発行スピード最短5日最短3営業日最短5分
詳細申し込む申し込む申し込む

※スクロールできます。

それぞれ見ていきましょう。

楽天カード

楽天カード

楽天カードの特徴

  1. ポイントが貯めたり使えたりする店が圧倒的に多い
  2. 楽天市場の買物はポイント3倍
  3. 新規入会で8,000ポイントゲット
  4. 国際ブランドが4つから選べる
年会費永年無料
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB、American Express
ポイント還元率1%~3%
ポイント使用例楽天市場、マクドナルド、ファミリーマート
追加カードETC、家族カード
電子マネー楽天Edy
対応スマホ決済Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ
保険・補償海外旅行傷害保険:最高2,000万円
マイル交換ANAマイル
申し込み対象18歳以上(高校生を除く)
発行スピード1週間~10日

楽天カードの最大の特徴はポイントを貯めたり、使えたりする店が圧倒的に多いことです。楽天市場をはじめ、マクドナルド、ファミリーマート、ガスト、すき家、吉野家、大戸屋、その他多くのドラッグストアや百貨店などでポイントを「貯める使える」の両方が可能です。

また楽天市場で楽天カードを利用した場合は、ポイントが3倍になります。新規入会ポイントは時期によって違いますが、新規入会と新規利用を合わせると現在は8,000ポイントゲットできます。入会のハードルも高くなく、あらゆる人にとって利便性が高いので、誰もが1枚持っていて損はないカードです。国際ブランドがVISA、Mastercard、JCB、American Expressと4つから選べるのもポイントです。

\ 新規入会&利用で5000ポイントもらえる /

楽天カード公式サイト

ポイントが貯まりやすい人気カード
楽天カードの口コミ

28歳/男性

近くのどのATMでも対応しているので手軽に利用できとても便利に感じています。基本的には少額を入金して必要な時に使っていますが、急な要件があり、必要になった時でもすぐに近くのコンビニへ行き利用できるのでそこが魅力ではないかと思います。公営競馬で入金や出金をし利用することが多いですが、レースによってポイントが付くのでとてもありがたく、追加されたポイントで物品を購入できるので二重で楽しむことができ、得した気分です。


43歳/女性

楽天カードは初めて作ったクレジットカードで、選んだのも口コミで審査が通りやすいという評判を目にしたからでした。普段から楽天ショッピングサイトでよく買い物をしていますし、支払い時に利用することでポイントが多くもらえるというのが魅力的です。外で使うことはほとんどなく、ほぼ通販での決済で利用していますが、一度だけ不正利用されてしまいました。そのときは私が気づく前に利用を停止し、連絡がきて迅速に処置をしてもらえて金銭的な被害がなかったため、しっかりしたサポート体制も信頼しています。

\ 新規入会&利用で5000ポイントもらえる /

楽天カード公式サイト

ポイントが貯まりやすい人気カード

JCB CARD W

JCB CARD W

JCB CARD Wの特徴

  1. いつでもどこでも常にポイント2倍
  2. ネットショッピング時にOkidokiランド経由でポイント最大20倍
  3. 入会特典としてアマゾン利用で最大12,000円キャッシュバック
年会費永年無料
国際ブランドJCB
ポイント還元率1%~10%
ポイント使用例nanaco、amazon、スターバックス
追加カードETCカード、家族カード
電子マネーQUICPay、nanaco、楽天edy
対応スマホ決済Apple Pay、Google Pay
保険・補償海外旅行傷害保険 最高2,000万円

ショッピングガード保険 最高100万円

マイル交換ANAマイル、JALマイル
申し込み対象18歳以上39歳以下(高校生除く)
発行スピード最短3営業日~1週間

JCB CARD WはJCB史上最もお得で使いやすいクレジットカードと言われています。入会対象は高校生を除く18歳から39歳までで、39歳までに入会すればその後は年会費が永年無料です。

追加カードのETCカードや家族カードも年会費は無料です。通常のJCBカードに比べて、常に2倍のポイントが貯まります。特にNanacoで決済をしたり、amazonやスターバックスを頻繁に利用したりする方にはさらに高いポイント還元が用意されています。

またネットショッピングやネットで旅行などを申し込む場合、JCBが運営するOkidokiランドを経由することでポイントが最大20倍になります。入会特典としてアマゾンを利用することで最大12,000円のキャッシュバックがあります。39歳までの方であればぜひ検討するべき1枚です。

\ ポイント高還元率カード /

JCB CARD W公式サイト

18~39歳入会限定
JCB CARD Wの口コミ

20歳/男性

自分が使っているクレジットカードはポインとがよく貯まるので、利用をしています。また、自分が買い物をする時以外にも、友人の買い物をして、後で現金を貰えばポイントが増えていくので使います。クレジットカードは現金とは違っていくら使ったのかが把握しずらい点がデメリットだと思います。しかし、現金を持ち歩かなくてもカード一枚で支払いをできる点はかなりのメリットだと感じるので利用を続けています。また、使った額を把握できるようなアプリもあるので確認をすれば良いと思って使っています。


37歳/女性

JCBカードWで私が最も満足感を得ることができた理由としましては、18歳~39歳まで入会限定であると言う点でありました。他にも、選べるデザインが用意されていることや、なんと言いましても一番魅力的な部分として、年会費永年無料であると言う点でありました。年会費永年無料であることは、カード保有者にとって最大の魅力であると思えるものであり、いつでもポイントが2倍になること、安全・安心のセキュリティが充実していて非常に良かったです。

\ ポイント高還元率カード /

JCB CARD W公式サイト

18~39歳入会限定

三井住友カードNL

三井住友カードナンバーレス

三井住友カードNLの特徴

  1. 最短5分発行
  2. コンビニ3社とマクドナルドで常にポイント還元率が5%
  3. ナンバーレスカードでセキュリティ面も安心
年会費永年無料
国際ブランドVISA、Mastercard
ポイント還元率0.5%~5%
ポイント使用例Vポイントアプリ支払い、キャッシュバック

Amazonギフト券

追加カードETCカード、家族カード
電子マネーID
対応スマホ決済Visaのタッチ決済、Apple Pay
保険・補償海外旅行傷害保険 最高2,000万円

ショッピングガード保険 最高300万円

マイル交換ANAマイル・JALマイル
申し込み対象高校生を除く18歳以上
発行スピード最短5分~1週間

三井住友カードNLは最短5分で発行でき、最大で8,500円相当の入会特典が付与されます。

また追加カードのETCカードや家族カードも年会費は無料です。Visaのタッチ決済やMastercard®コンタクトレス決済でタッチするだけで、サインや暗証番号も不要でスムーズに支払いが完了します。

カードにはクレジットカード番号も有効期限も記載されておらず、記載は名前とカードの発行日だけで、他人や店員に重要なカード情報が見られる心配がありません。

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンのコンビニ3社とマクドナルド利用時にVisaのタッチ決済やMastercard®コンタクトレス決済を行うことで、ポイント還元率が常に5%になります。コンビニ3社やマクドナルドを頻繁に利用する方は大変お得なカードです。

\ ポイント最大5%還元 /

三井住友カード(NL)公式サイト

ナンバーレスで高セキュリティ
三井住友カードナンバーレスの口コミ

26歳/女性

年会費が無料で使えるので、普段のお買い物や生活用品、スマホ代や光熱費の支払いなどに使用するために作りました。キャンペーン中だったので、新規に作るとポイントがもらえてお得でした。また、買い物に応じてポイントも貯まるので、支払いに使うのにも便利です。スマホのアプリでも管理ができてチェックできるので、使いやすい。海外旅行の保証もついているので、海外にいく時も持っていっています。安心して使えるので、便利です。


30歳/男性

両面に書かれているはずのナンバーが印字されていないので、人の多い場所でもカードナンバーを見られることなく気にせずに使用できます。細かいことかもしれませんが不安なくして利用できるというのは非常に嬉しいと思います。また、アプリと連携して使用するのは少し手間かもしれませんが、利用した内容がしっかりと確認できるところは安心に繋がりますのでとても良いサービスだと思っております。カードのデザインもセンスのあるものが多く魅力的に思えます。

\ ポイント最大5%還元 /

三井住友カード(NL)公式サイト

ナンバーレスで高セキュリティ

クレジットカードの種類に関するよくある質問

ここではクレジットカードに関するよくある質問についてお答えしていきます。

クレジットカートとデビットカード・プリペイドカードとの違いは?

  • クレジットカード:カード名義人の信用によって、後払いができるカードです。一括払いの他に分割払いやリボ払い、ボーナス払いなども可能です。
  • デビットカード:決済と同時に、支払い代金が預金口座から即時に引き落とされる仕組みです。
  • プリペイドカード:事前に現金をチャージし、その残高の範囲内で支払いができます。

デビットカードやプリペイドカードは残高以上の金額は利用できず、利用と同時に決済されます。

クレジットカードはカード会社が設定した利用限度額の範囲内で利用できます。

国際ブランドによって審査基準は違うの?

クレジットカードの審査は国際ブランドでなくカード発行会社が行っているので、国際ブランドによって審査の難易度が変わることは原則ありません。

しかし国際ブランドによって発行している会社が違うケースがあります。例えばANAカードの場合、VISAとMastercardは三井住友カードが発行会社で、JCBの発行会社は㈱ジェーシービーです。American Expressはアメックスインターナショナルインコーポレイテッドが発行会社で Diners Clubは三井住友トラストクラブが発行会社です。このように発行会社に違いによって審査基準が異なる場合はあります。

審査が気になる場合は国際ブランドではなくカード発行会社に注目しましょう。

カード発行後に国際ブランドを変更できる?

カードの発行後に国際ブランドの変更は行えません。

また同じ種類のカードを国際ブランド違いでの複数発行することもできません。どうしても変更したい場合は、一旦現在のカードを解約して、新規で作り直すことになります。その場合は新規入会と同じように審査があります。

ライフカードなど発行後に国際ブランドの変更ができるカードも一部ありますが、同じように審査が必要です。

おすすめの国際ブランドは?

おすすめの国際ブランドはカードの利用状況や何を重視するかによって変わってきます。

初めてカードを作る方や海外での利用が多い方は、加盟店が多く海外に強いVISAやMastercardが良いかもしれません。

日本での利用がほとんどの方やディズニーのオリジナル特典などを受けたい方はJCBカードがおすすめです。ステイタスを重視し、年会費が高くても充実した旅行保険や手荷物無料宅配サービスを受けたい方はAmerican Express、いろいろなレストランに行きたい方や海外へよく行く方はDiners Clubがおすすめです。

まとめ

クレジットカードの種類や特徴、選び方について解説してきました。

ただクレジットカードの種類は多く選ぶのが大変なので、利便性が高いと評価されているカードをいくつか具体的にご紹介しました。

カードを選ぶ基準は人によって様々ですので、大切なことはどんな目的でカードを作るのか、どのような場面で使用するかを考えることです。この記事を参考にして、自分に合ったカードを見つけて下さい。

▼クレジットカード関連記事

※本記事の内容は、本記事内で紹介されているクレジットカードを提供する企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事に掲載している情報は、可能な限り正確な情報となるよう努めておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介しているクレジットカードの内容が変更されている場合があります。
※本記事に掲載されているクレジットカードに関するご質問、お問い合わせにはお答えすることができません。各発行元会社へ直接お問い合わせ頂きますようお願いいたします。