クレジットカードの作り方!申込から発行までの流れを詳しく解説!

初めてクレジットカードを作りたいという方で、作り方が分からないという方もいるのではないでしょうか?

この記事ではクレジットカードの作り方を、申し込みから発行まで詳しく解説していきます。

クレジットカード発行に必要な書類や注意点も解説していくので、ぜひ参考にしてください。

クレジットカードの作り方と流れ

キャッシュレス時代が普及している中で、クレジットカードはとても便利なアイテムです。

カード1枚あれば、コンビニで110円のコーヒーを購入する際も、家電量販店で20万円のテレビを購入する際も、現金を支払うことなくクレジットカードで商品を購入することが可能です。

ここでは、そんな便利なアイテムであるクレジットカードの作り方について解説します。

ネット申し込み

今やほとんどの方が、インターネットからのWEB申し込みでクレジットカードに申し込みを行うでしょう。

パソコンを持っていなくても、スマートフォンがあれば申し込みができるようになっています。

クレジットカードを選ぶ

まずは、持っておきたいクレジットカードを選びましょう。

ポイントの還元率や、搭載される国際ブランド(JCBやVISA、マスターカードなど)、年会費の有無、カードデザインなどから、自分の好みに合ったクレジットカードを選びます。

よくわからない方は、ご自身のライフスタイルに合わせて選ぶことをおすすめします。

たとえば、電車をよく利用する方なら、Suicaにチャージできてポイントも貯まるクレジットカードを選ぶと、お得に利用できます

選んだクレジットカードのWEBサイトから申し込む

次に、選んだクレジットカードの公式サイトにアクセスします。

どのクレジットカード会社でも、申し込みはわかりやすくなっているので「新規申し込みはこちらから」などの、バナーをクリックすればOKです。

必要事項を入力していく

申込フォームが開いたら、必要事項を入力していきましょう。住所・氏名・生年月日などの個人情報から、勤務先情報、年収、住まいの状況、借り入れ状況などを入力していきます。

ここでの注意点は、サバを読んで年収を多く申告したり、借り入れがあるにも関わらず「0件」などの、虚偽の申告をしたりしてはいけません。質問には、正確に虚偽なく申告しましょう。

審査結果を待つ

すべての必要事項の入力が完了したら、カード会社の審査結果を待ちます。

カード会社によって結果が出るまでの時間に差があります。早いカード会社なら数時間、遅いカード会社の場合だと数日かかるケースもあります。

クレジットカードが発送される

無事に審査通過となれば、カード会社から申告した現住所にクレジットカードが送られてきます。

本人限定郵便や、書留で送られてくることがほとんどです。普通郵便では送られないので、手渡しで受取る必要があります。

届くまでの期間は、これもカード会社によって異なってきますが、1週間~2週間を目安に到着を待ちましょう。

店頭申し込み

店頭で申し込むクレジットカードの特徴は、即日発行のタイプになります。代表的なのはセゾンカードやエポスカード、ACマスターカードなどですね。

申し込みを店頭で行うケースと、WEBにて申し込みを行い、カードの受け取りを店頭で行うケースにわかれます。

申し込みを行う

店頭で申し込みを行う際には、カード会社の店頭に赴いて申し込みから行います。

申し込むだけならWEBで行うことも可能です。

必要書類の提出も店頭で行う

運転免許証などの本人確認書類や、口座振替用の銀行の通帳やキャッシュカードなどが必要になってきます。

すべてを店頭で行う際には、必要なので忘れずに持参しましょう。

審査

店頭で申し込みを行った際には、審査結果が出るまで待機する必要があります。

ほとんどの場合、その場で30わから1時間程度で結果がわかるので、再来店する必要はありません。

カード発行

審査が通過すれば、その場でクレジットカードが発行されます。

即日発行、即日利用が可能なのが、店頭での申し込みの最大のメリットです。

申し込みから審査まではWEBで行い、カードの受け取りだけ店頭で行うケースも可能です。

郵送申し込み

時間がかかるのであまりおすすめではありませんが、クレジットカードは郵送でも申し込むことが可能です。

イオンカードなどは、イオンのショッピングモールに申込書が置いてありますが、ショッピング系のクレジットカードでない場合は、カード会社に連絡して申込書を取り寄せる必要があります。

申込書を取り寄せる

  1. カード会社のWEBサイトから取り寄せる
  2. ショッピングセンターなどでもらう
  3. カード会社に連絡して取り寄せる

上記のいずれかの方法で、まずはクレジットカードの申込書を取り寄せる必要があります。

書面の必要事項を記載する

申込書にある必要事項を記載していきます。

また、運転免許証などの本人確認書類のコピーも必要になるので、用意しておきましょう。

申込書を送って審査結果を待つ

申込書と本人確認書類の写しをカード会社に送って、審査結果を待ちます。

審査結果は、申込書に記載した、メールアドレス宛もしくは電話にて行われます。

クレジットカードの到着を待つ

審査に通過したら、カード会社からクレジットカードが送られてきますから、カードの到着を待ちましょう。

クレジットカード申し込みに必要なもの

クレジットカードを申し込む際には、申込書とは別に必要なものが数点あります。

ここでは、クレジットカードを申し込む際に必要な、書類や情報を解説します。

本人確認書類

本人確認書類は重要な書類です。この書類なくしては、クレジットカードへの申し込みは成り立ちません。運転免許証をお持ちでていない方のために、本人確認書類として有効な書類を一覧表でご紹介します。

本人確認書類一覧表

三井住友カードの場合
【現住所記載の本人確認書類のコピーを2種類提出】

1:運転免許証または経歴証明書

2:パスポート(写真印刷面および最終ページの住所記載面)

3:健康保険証(本人の氏名・生年月日・住所のページ)

カードタイプの場合は両面

4:住民票または印鑑登録証明書(発行日より6ヵ月以内のもの)

①    原本の場合、2種類のコピーの提出は不要です。

②    住民票コードの記載がある書類はお受付できません。

5:個人番号(マイナンバー)カード

裏面(個人番号)は提出不要です。

 

【現住所記載の本人確認書類を1種類だけの場合】

本人確認書類のコピーを1種類、領収書などのコピーを1種類提出

1:公共料金の領収証書(電気・ガス・水道・NHK受信料のいずれか1点)

※当該領収書に限り、同居するご家族名義のものでも可

2:社会保険料の領収証書

3:国税、地方税の領収証書または納税証明書

三菱UFJニコスカードの場合
1:運転免許証または経歴証明書(住所変更している場合は両面)

【運転免許証または経歴証明書を持っていない場合】

1:パスポート

2:在留カード、特別永住者証明書

3:個人番号(マイナンバー)カード

4:健康保険証

5:住民票(6ヵ月以内のもの)

このように、カード会社によって若干取扱いが異なるので、注意が必要です。

カードの利用代金を支払う銀行口座

クレジットカードの支払いは、基本的に銀行口座から引き落としとなります。ですから、本人名義の銀行口座が必要です。

また、カード会社によっては利用できない銀行もあるので、お持ちの銀行口座が利用可能かどうか、確認しておきましょう。

連絡がつく電話番号

これは、本人確認ができる電話番号が必要となります。

申請欄には固定電話と携帯電話の各番号を記入するようになっていますが、固定電話のない場合は携帯電話番号だけで問題ありません。

カードが届く住所

現住所であり、本人確認書類に記載のある住所と同じである必要があります。

クレジットカードは転送不要で送られてきますから、必ず本人が受け取ることのできる住所である必要があります。

【未成年】クレジットカードの作り方

クレジットカードは高校生を除く、18歳以上の方が申し込みをできます。

たとえば、留年して19歳であり放課後にバイトをして一定の収入があったとしても、高校生である以上はクレジットカードに申し込むことができません。

親権者の同意が必要

カード会社によっては、18歳以上であっても未成年の場合は親権者の同意が必要となります。

同意書を代筆しても、カード会社は親御さんに電話して確認するので、騙すことはできません。

2021年4月以降は親権者の同意は不要となる

2021年4月以降では、民法が改正されて18歳以上は「成人」となります。

18歳から20歳までは「未成年」となっていましたが、そうではなくなるのでクレジットカードを作成する際に、親権者の同意は不要となります。

クレジットカードの作り方(2021年4月まで)

本稿執筆時での、未成年者のクレジットカードを作る手順は次の通りです。

  1. カード会社に申し込みを行う
  2. 親権者の同意書を提出する
  3. カード会社が親権者に確認を行う
  4. 審査を行う
  5. 審査に通過したらクレジットカードが発行される

親の家族カード会員になる

親御さんと話し合って、親が入会しているクレジットカードの「家族カード」の発行をしてもらえば、簡単にクレジットカードを持つことができます。

ただし、手続きは本人カードを持っている親御さんが行う必要があるので、親公認の場合のみクレジットカードを持てることになります。

【大学生】クレジットカードの作り方

現在、クレジットカードを作る際に最もメリットのある方は、大学生といっても過言ではないでしょう。

その理由は、各カード会社が「学生専用のクレジットカード」を発行しているからです。

審査基準は学生専用

クレジットカードを作る際のハードルは、審査に通過することです。社会人でもカード会社の審査に通過しなければ、クレジットカードを作ることはできません。

また、審査基準には「安定した継続的収入があること」が、ほとんどのカード会社の申し込み条件となっています。ところが、学生専用クレジットカードの場合は、審査基準が異なります。

バイトをしていても学生は勉強が本文ですから、生活するための就職はしていないです。ですからカード会社では、「大学に通うだけの財力のある家庭であれば、問題ないであろう。」との内容で、審査が行われます。

その結果、大学生であればほとんどの場合、学生専用クレジットカードの審査には通過するといわれる程です。

学生専用クレジットカードに申し込む

  1. 一般カードでなく、「学生専用クレジットカード」に申し込みます。
  2. 学生専用でも親権者の同意が必要となります。(2021年4月まで)
  3. 本人確認書類に学生証が必要となります。
  4. カード会社による審査
  5. 審査通過にて学生専用カードの発行が行われる

大学生以外の学生は申し込めない

学生専用クレジットカードは、大学生や大学院生であれば申し込みが可能です。

予備校生や専門学校の生徒の場合は、認可校ではないので残念ながら、学生専用カードに申し込むことはできません。

【無職】クレジットカードの作り方

基本的に無職の方が、クレジットカードを作るのは難しいです。

その理由は、クレジットカードへの申し込み条件が「安定した継続収入のある方」となっているからです。

ただし、無職の方が主婦(主夫)であれば、話は変わってきます。無職でも主婦(主夫)の場合、配偶者に収入があれば申し込むことが可能なクレジットカードがあります。

クレジットカードの申し込み条件に「配偶者に安定した収入があること」との、注記のあるクレジットカードは狙い目です。

この場合は、申し込み時に配偶者の勤務先や年収を記載しなくてはなりません。配偶者の在籍確認や、本人確認が行われるケースもありますので、配偶者に完全に内緒でクレジットカードを作るのは難しくなります。

親もしくは配偶者に家族カードを発行してもらう

無職でもクレジットカードを作る方法として、親もしくは配偶者のクレジットカードにて、家族カードを発行してもらう手段があります。

家族カードの発行には、家族カード会員の収入は問われません。また、利用枠も本カード会員の利用枠に準ずるので、家族カード会員用の利用枠は存在しないのです。

また、申し込みも本カード会員の追加カード扱いとなるので、本カード会員が申し込みを行う必要があります。つまり、内緒で家族カードを作ることはできないということです。

初めてでも安心!おすすめのクレジットカード5選

初めてクレジットカードを作るという方にもおすすめのクレジットカードを紹介します。

カード名JCB CARD W楽天カード三井住友カードNL三井住友カード
デビュープラス
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
イメージJCB CARD W楽天カード三井住友カードナンバーレス三井住友カード デビュープラスセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費無料無料無料初年度無料(利用がなければ2年目以降1,375円)3,300円
(26歳以下無料)
国際ブランドJCBVisa・MasterCard・American Express・JCBVisa・MasterCardVisaAmerican Express
ポイント
還元率
1.0%〜5.5%1.0%0.5%〜2.5%1.0%〜3.0%0.5%
申し込み対象

・18歳以上39歳以下で、本人または配偶者に安定継続収入のある方。18歳以上の学生の方(高校生は除く)

・18歳以上であれば可能(高校生は除く)

・満18歳以上(高校生は除く)

・18歳から25歳までの方(高校生は除く)

・満18歳以上(高校生を除く)

発行スピード最短3営業日最短5日最短5分最短翌日営業日最短当日
詳細申し込む申し込む申し込む申し込む申し込む

※スクロールできます。

それぞれの特徴を詳しく解説していくので、参考にしてください。

JCBCARDW

JCB CARD W

JCBCARDWの特徴

  1. 18歳から39歳入会限定カード
  2. 年会費は永年無料
  3. いつでもポイント2倍
  4. ETCカード発行無料
年会費永年無料
国際ブランドJCB
ポイント還元率1.00%~5.50%
ポイント使用例OkiDokiポイント
追加カードETCカード、家族カード
電子マネー非搭載
対応スマホ決済ApplePay、GooglePay
保険・補償《海外旅行》

死亡後遺障害:2,000万円

傷害治療:100万円

疾病治療:100万円

携行品損害:20万円

賠償責任:2,000万円

救援者費用:100万円

《ショッピングガード保険》

海外:最高100万円

マイル交換ANAマイル、JALマイル、スカイマイル
申し込み対象18歳以上39歳以下
発行スピード最短約1週間

JCBCARDWは18歳以上39歳以下の方のみが、申し込み可能なクレジットカードです。もちろん、この間に申し込んだ方は、40歳以降も年会費無料でカードを使い続けることができます。

JCBCARDWのカードデザインは、表面へのカード番号・ローマ字氏名・有効年月の刻印のない、ナンバーレスなスッキリしたデザインとなっています。

また、ポイントはいつでもどこでも2倍となる、1,000円=2ポイント(10円相当)なので還元率は1.0%。また、スターバックスやモスバーガー、amazon、セブンイレブン、メルカリなど、パートナー店で利用すれば、ポイントアップとなります。

\ ポイント高還元率カード /

JCB CARD W公式サイト

18~39歳入会限定
JCB CARD Wの口コミ

32歳/男性

年会費は無料で維持がかからない、それでいてポイント還元率が良いのでお得だと思って入会しました。普段からAmazonでの買い物をよく行います。そこでの買い物でポイント還元率がアップするのがお得で良いと思いました。仕事の合間にスターバックスで一服することがあります。ここで更にお得にポイントが10倍になります。元からお店を使っていた上、更にお得になるので損がまったくないから良いと思いました。コンビニのセブンイレブンで食事を間に合わせますが、ここではポイントが3倍になってお得です。これらの店を扱う上でお得になるが魅力でした。


37歳/女性

JCBカードWで私が最も満足感を得ることができた理由としましては、18歳~39歳まで入会限定であると言う点でありました。他にも、選べるデザインが用意されていることや、なんと言いましても一番魅力的な部分として、年会費永年無料であると言う点でありました。年会費永年無料であることは、カード保有者にとって最大の魅力であると思えるものであり、いつでもポイントが2倍になること、安全・安心のセキュリティが充実していて非常に良かったです。

\ ポイント高還元率カード /

JCB CARD W公式サイト

18~39歳入会限定

楽天カード

楽天カード

楽天カードの特徴

  1. 年会費が永年無料
  2. ポイント還元率は、1.0%
  3. 楽天市場利用でポイントがザクザク貯まる
  4. 最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯
年会費永年無料
国際ブランドマスターカード・VISA・JCB・アメックス
ポイント還元率1.00%~3.00%
ポイント使用例楽天ポイント

ANAマイル

追加カードETCカード、家族カード
電子マネー楽天Edy
対応スマホ決済ApplePay、GooglePay、楽天ペイ
保険・補償《海外旅行》

死亡後遺障害:2,000万円

傷害治療:200万円

疾病治療:200万円

携行品損害:20万円

賠償責任:2,000万円

救援者費用:200万円

マイル交換ANAマイル
申し込み対象18歳以上
発行スピード最短約1週間

楽天カードは、誰もが知っているクレジットカードです。ポイント還元率は常時1.0%で、楽天市場での利用なら、ポイントがザクザク貯まっていきます。

また、貯まった楽天ポイントは、楽天ペイで利用できますし、マクドナルドやくら寿司など多くのリアルショップで利用&貯めることが可能となっています。

楽天カードでは、年会費無料のクレジットカードには珍しい「アメリカン・エキスプレス」の、国際ブランドを選ぶことも可能となっています。

\ 新規入会&利用で5000ポイントもらえる /

楽天カード公式サイト

ポイントが貯まりやすい人気カード
楽天カードの口コミ

30歳/男性

日頃から楽天市場を利用して買い物をしているので楽天カードを作りました。カードを作って使うだけでポイントが3倍になったりするのでいつも以上にポイントが溜まりますので作って良かったと思います。カードのデザインもシンプルでお洒落な見た目になっており場所を問わず利用できるところもいい点だと思っています。また、年会費用が無料ですので初めてクレジットカードを作る方にも楽天カードはおすすめできる一枚だと思います。


44歳/女性

楽天の会員で、楽天市場で毎月1万円以上買い物をしているのでカードを作りました。楽天の買い物時に楽天カードで支払うと、ポイントが+1倍になるので良いと思ったからです。実際、ポイントが貯まりやすいです。更新時にカードの種類(絵柄)を変更したいと思ったのですが、有料なのでやっていません。特に不便を感じたことはありませんが、カードの申し込み時に初期設定がリボ払いになっています。うっかり設定の確認を忘れていると勝手にリボの支払いになってしまうので注意が必要です。私も途中で気付いて変更しました。

\ 新規入会&利用で5000ポイントもらえる /

楽天カード公式サイト

ポイントが貯まりやすい人気カード

三井住友カードナンバーレス

三井住友カードナンバーレス

三井住友カードナンバーレスの特徴

  1. 年会費永年無料
  2. カード情報は専用アプリで管理
  3. 最短5分で即時発行
  4. コンビニ3社&マクドナルドで最大5.0%還元+家族ポイント
  5. 最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯
年会費永年無料
国際ブランドVISA・マスターカード
ポイント還元率0.50%~10.00%
ポイント使用例Vポイント

ANAマイル

追加カードETCカード、家族カード
電子マネーiD、WAON
対応スマホ決済ApplePay、GooglePay、楽天ペイ
保険・補償《海外旅行》

死亡後遺障害:2,000万円

傷害治療:50万円

疾病治療:50万円

携行品損害:15万円

賠償責任:2,000万円

救援者費用:100万円

マイル交換ANAマイル
申し込み対象満18歳以上の方
発行スピード最短5分で即時発行利用

本カードは最短1週間で郵送にて届く

三井住友カードナンバーレスは、カード番号・ローマ字氏名・有効年月などの刻印がなく、カード券面がスマートなデザインが特徴です。

カード情報はスマホの専用アプリで管理するのでセキュリティが強く、安全に利用可能。さらに、ローソン・セブンイレブン・ファミリーマートのコンビニ大手3社とマクドナルドで利用すれば、最大5.0%+家族の人数分プラスのポイント還元率となっています。

「通常ポイント0.5%+2.0%、タッチ決済で+2.5%、合計5.0%+家族4人なら4%=9.0%」になる、驚異の高還元率カードになります。因みに、家族ポイントは+5.0%がMAXとなっています。

\ ポイント最大5%還元 /

三井住友カード(NL)公式サイト

ナンバーレスで高セキュリティ
三井住友カードナンバーレスの口コミ

26歳/女性

三井住友銀行の口座を開設した際に、ナンバーレスクレジットカードとデビット付きキャッシュカードを作りました。普段、買い物で利用しているのはデビットカードで、ナンバーレスカードは固定費の支払いに利用しています。その為、普段ナンバーレスカードは持ち歩くことが少ないのですが、使用する時は、ナンバーが表に表示されていないので、見た目がスッキリしていて、カッコいいなと思いました。他は普通のクレジットカードと違いは無いので、違和感なく利用しています。


49歳/男性

クレジットカードを悪用した犯罪が増えている中で、このナンバーレスのカードは画期的だと思い、このカードを作りました。いまは他のカード会社も追随してナンバーレスを導入してきているようなので、このナンバーレスが主流になるのだと思います。カードの表面にはカード番号だけでなく名前も載っていないので、とても安全だと思いました。シンプルなカードデザインで、年会費は永年無料ということなので、長く使いたいと思えるカードです。

\ ポイント最大5%還元 /

三井住友カード(NL)公式サイト

ナンバーレスで高セキュリティ

三井住友カードデビュープラス

三井住友カード デビュープラス

三井住友カードデビュープラスの特徴

  1. 18歳~25歳の方限定カード
  2. 年会費実質永年無料
  3. 最短翌営業日で発行可能
  4. ポイント還元率常時1.0%
年会費初年度無料

次年度以降も前年1回でも利用があれば無料

国際ブランドVISA・マスターカード
ポイント還元率1.00%~3.00%
ポイント使用例Vポイント

ANAマイル

追加カードETCカード、家族カード
電子マネー非搭載
対応スマホ決済ApplePay、GooglePay、楽天ペイ
保険・補償《ショッピング保険》

海外・国内:最高100万円

国内は、リボ払い・3回以上の分割払いが対象

マイル交換ANAマイル
申し込み対象満18歳以上の方
発行スピード最短翌営業日で発行可能

三井住友カードデビュープラスは、18歳~25歳までの方限定のクレジットカードです。カードの名前の通り、クレジットカードデビューする方にとって、使いやすいカードスペックとなっています。

年会費は初年度無料で、次年度以降も前年度に1回でもカード利用のある場合は無料となります。クレジットカードを申し込んで、1年間1回も利用しないことはあり得ないので、実質の年会費は永年無料といってよいでしょう。獲得ポイントも、常に1.0%なので高還元の部類に入ります。

\ 実質年会費無料 /

三井住友カードデビュープラス公式サイト

18~25歳限定のクレジットカード
三井住友カードデビュープラスの口コミ

22歳/女性

このカードは、年会費に関しては、初年度は無料なのですが、2年目以降は前年度に1回でも利用すると無料になるので、比較的持ちやすいカードだと感じました。また、コンビニやスーパー等での買い物で1%のポイント還元なので、他のクレジットカードよりも貯めやすいと感じました。さらに、月額に一定額の金額を利用するとボーナスポイントも貰えるので、普段の買い物以外でもさらにポイントを貯めることが出来て非常に良かったと感じました。


25歳/男性

私が初めて作成したクレジットカードが、三井住友デビュープラスカードでした。初年度の年会費は無料で、2年目以降も条件付きで実質無料で使っていたと思います。クレジットカードに入会金や年会費を支払う事に抵抗があるため、このサービスは自分にぴったりでした。三井住友カードということで、社会的な信頼や、シルバーカードですがステータス性があり満足しています。他の会社のクレジットカードではポイント還元率が0.5%など多くある中、1%還元なのでポイントも貯まりやすいです。

\ 実質年会費無料 /

三井住友カードデビュープラス公式サイト

18~25歳限定のクレジットカード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの特徴

  1. 26歳までは年会費無料
  2. セゾンポイントモールで永久不滅ポイントが最大30倍
  3. 最高3,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯
  4. 海外アシスタンスデスクが利用可能
  5. 憧れのアメックスカードを持てる
年会費26歳まで無料

27歳から3,300円(税込)

国際ブランドアメリカン・エキスプレス
ポイント還元率0.50%~1.00%
ポイント使用例セゾン永久不滅ポイント
追加カードETCカード、家族カード
電子マネー非搭載
対応スマホ決済ApplePay、GooglePay
保険・補償《海外旅行》

死亡後遺障害:3,000万円

傷害治療:300万円

疾病治療:300万円

携行品損害:30万円

賠償責任:3,000万円

救援者費用:200万円

《国内旅行》

死亡後遺障害:3,000万円

入院保険金日額:5,000円

通院保険金日額:3,000円

《ショッピング保険》

海外・国内:最高100万円

マイル交換ANAマイル・JALマイル
申し込み対象満18歳以上の方
発行スピード最短即時発行可能

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、セゾンカードが発行するアメックスの提携カードです。

アメックスのプロパーカードであるグリーンカードは、申し込みが20歳以上からなので18歳では申し込むことができません。また、年会費もアメックス・グリーンカードでは13,200円(税込)と高額です。

ところが、セゾンが発行する提携カードでは18歳から申し込みできて、年会費は26歳まで無料。その後も3,300円(税込)とリーズナブルになっています。

もちろん、付帯サービスに差はありますが、最高3,000万円の海外・国内旅行傷害保険が付帯し、最高100万円のショッピング保険も付帯。さらには、海外アシスタンスデスクが利用可能なので、アメックスカードならではのスペックの高さが伺えます。

\ 新規入会&利用で最大8000ポイントもらえる /

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイト

26歳になるまで年会費無料

クレジットカードが届いたらすること

待ちにまったクレジットカードが届いたら、行うことがあります。

その中には、行っていないと、クレジットカードを使うことができない項目もあるので、要注意ですよ。

申し込んだカードであるか確認する

クレジットカードを発行するカード会社では、多くのクレジットカードを発行しています。充分に注意して送られているはずですが、よくあるのが「カードデザインが違う」ケースです。

また、まったく違うタイプのクレジットカードが届くケースも稀にありますから、カードが届いたら、申し込んだカードで間違いないか確認しておきましょう。

限度額を確認する

クレジットカードが送られてくると、カードが貼り付けてある台紙に「カードの利用限度額」が記載されています。

利用限度額を把握していないと、大きな買い物をした時に「このカードは使えませんよ」とお店のスタッフにいわれるかも知れません。利用限度額内での買い物をするように心がけましょう。

カードの裏面に自署でサインする

一昔前までは、日本ではクレジットカードの裏面を確認することなく、クレジットカードが使えていました。しかし、今ではそのようなことは一切ありません。

なので、クレジットカードが届いたら裏面に自署でサインをしておきましょう。クレジットカードを利用する際に、裏面に自署のサインがないカードは利用できない規則になっています。これを怠ると、ショップでカード利用を断られますので要注意です。

カード会社の電話番号を登録しておく

財布を落としたり、クレジットカードをショップに忘れたり、最悪は盗まれたりした時には、悪用される前に、カード会社に連絡して利用停止をしてもらう必要があります。

その時に、カード会社の電話番号がわからないと、時間が経ってしまい悪用されるリスクが高まってしまいます。ですから、届いた台紙や書類に記載のあるカード会社の電話番号を、携帯電話やスマートフォンにその場で登録しておきましょう。

クレジットカード作成時の注意点

クレジットカードを作る際の注意点は、カードの機能がご自身のライフスタイルに合っているかどうかになります。

たとえば、ネットショップは楽天市場しか利用しないのであれば、「楽天カード」が有効ですし、amazonでしか買い物しない方なら「amazonカード」がお得になります。

海外旅行によく出かける方には、手厚い海外旅行傷害保険が付帯しているカードがいいですし、Suicaをよく使い方には、Suicaへチャージできてポイントも貯まるクレジットカードがお得になります。

このように、ご自身のライフスタイルにお得になる特徴を持ったクレジットカードを選ぶのが、重要なポイントになります。

いきなりゴールドカードへの申し込みはNG

NGとなる注意点は、クレジットカード初心者なのにゴールドカードなど、ステイタスの高いクレジットカードへの申し込みを行うことです。

絶対にNGとはいい切れませんが、審査に落ちる可能性が高いですし、クレジットカード利用の経験が浅いと、せっかくのカードスペックを活かすことができません。つまり、宝の持ち腐れ状態となってしまいます。

クレジットカードは一般カードから初めて、慣れてくればゴールドカードへステップアップするなど、順番も大きなポイントとなってきます。

クレジットカード作成に関するQ&A

ここでは、クレジットカードに関するさまざまな疑問にお答えしましょう。

クレジットカードは何歳から作れる?

クレジットカードは高校生を除く18歳以上から申し込みが可能となっています。

大学生の場合は、学生専用クレジットカードへ申込むことをおすすめします。

クレジットカードは何歳まで作れる?

クレジットカードの年齢の上限は、どのカード会社でも提示していません。

しかし、概ね70歳前後が限度であると考えてよいでしょう。

100%ではありませんが、今のところでは70歳前後が年齢制限としては妥当といってよいようです。

クレジットカードは債務整理してから何年で作れる?

債務整理を行うと、俗にいう「ブラックリスト」に入ってしまいます。

正確にはブラックリストは存在しないのですが、CICなど個人信用情報機関に「異動」と登録されて、この記録がある内は、クレジットカードだけでなく金融機関からの融資を受けることができません。

債務整理別の信用情報機関への登録年数

ここで、債務整理の種類別に各信用情報機関への登録年数を、一覧表にしておきます。基本的には、「登録年数=クレジットカードが作れない年数」と考えてよいでしょう。

任意整理個人再生自己破産
CIC5年5年5年
JICC5年5年5年
KSC5年10年10年

自己破産を除いて、他の2つは完済してからの期間となるので、8年~10年間必要となります。

クレジットカードは申し込みから届くまで何日かかる?

クレジットカードは、申し込んだカード会社やクレジットカードの種類によって、届くまでの期間が異なっています。申し込んだ即日に発行できるカードもありますし、3日~5日で届くカードもあります。

ですが、概ね申し込んでから1週間~2週間を目途にしておいた方が無難です。

まとめ

今回は、クレジットカードの作り方と、申込から発行までの流れを詳しく解説してきました。

記事内で解説しているとおり、大学生の方は「学生専用クレジットカード」に申し込めば、審査の不安なくクレジットカードを持つことが可能となります。また、無職の方でも家族カードを申し込んでもらえば、クレジットカードを持つことが可能です。

いずれにしても、クレジットカードは正しく利用しなければなりません。限度利用額に余裕を持った使用と、返済は滞りなく行うこと。これさえ守って利用すれば、一般カードからゴールドカード、プラチナカードへとステップアップできますよ。

▼クレジットカード関連記事

※本記事の内容は、本記事内で紹介されているクレジットカードを提供する企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事に掲載している情報は、可能な限り正確な情報となるよう努めておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介しているクレジットカードの内容が変更されている場合があります。
※本記事に掲載されているクレジットカードに関するご質問、お問い合わせにはお答えすることができません。各発行元会社へ直接お問い合わせ頂きますようお願いいたします。