【クレジットカードの使い方マニュアル】レジやネットなど用途ごとに詳しく解説!

「初めてのクレジットカードで使い方が分からない」

初めてのクレジットカードで、お会計の時に躓きたくないという方もいるのでないでしょうか?

この記事ではクレジットカードの使い方をシーン別に詳しく解説していきます。

初めてのクレジットカードで支払いで手こずらないためにも、ぜひ予習に使ってくださいね。

クレジットカードはどこで使える?使える場所一覧

クレジットカードはスマートに使用したいですよね。そのためには、所持しているクレジットカードが使えるお店かを知っておきたいもの。

小さな店舗だとクレジットカードそのものが使えない場合や、限られた国際ブランドいがいが と使えないというケースもあります。

クレジットカードが使えるかどうか確認できるツールはあるのでしょうか。

店頭やレジ周りで「アクセプタンスマーク」を確認

アクセプタンマークとは何のことかご存知でしょうか?名前は聞いたことないかもしれませんが、見たことはあると思います。お店でクレジットカードを使う際に、所持しているクレジットカードが使えるかどうか確認するマークです。

レジの周りにある、各種カードや電子マネーのロゴが表示されたものです。クレジットカードが使える店舗であれば、VISAやMaster Card、JCBやAMEXなどほとんどの国際ブランドに対応しています。しかし稀に使えない国際ブランドもあります。

その時はアクセプタンマークを見ればすぐにわかります。アクセプタンマークが見当たらない時は、所持しているクレジットカードが使えるかどうか、店舗スタッフに確認してみましょう。

クレジットカードの使い方【実店舗・レジ】

クレジットカードはコンビニやスーパー、カフェやレストランなど様々なところで使う機会があります。

クレジットカードの店舗での使い方は次の通りです。

  1. 支払い方法を「カードで」と伝える
  2. 決算端末にクレジットカードを読み込ませる
  3. 暗証番号を入力する、もしくはサインをする
  4. 支払い完了
  5. お金が引き落とされる

支払い方法を「カードで」と伝える

まず、支払い方法をカードで行うことを伝えましょう。

お店によってレジでの会計、テーブル会計など様々なスタイルがあります。

どんな会計時でもクレジットカードで支払いたいときは、まず「カードで」と伝えます。

決算端末にクレジットカードを読み込ませる

次に、決算端末にクレジットカードを読み込ませます。

これは店員が行うところもあれば、客自身で行うところもあります。

店員が行う場合にはクレジットカードを差し出し、自身で行う場合には決算端末にカードを差し込みましょう。

暗証番号を入力する、もしくはサインをする

そして、暗証番号を入力もしくはサインをします。

決算端末にクレジットカードを挿入すると、カードの情報が読み込まれます。ここで本人確認となるのが、暗証番号の入力、もしくはサインです。暗証番号は小型の機械にテンキーを押すのが主流です。

サインはレジから出力されたレシートにサインするものから、最近はタブレット端末で署名をするタイプもあります。

利便性向上のために、一定の金額まではサインも暗証番号も不要なこともあります。なお暗証番号を忘れてしまったら、クレジットカード会社に問い合わせましょう。いざ支払いをする際に忘れてしまっては、買い物ができないので注意してください。

支払い完了

暗証番号が認証されてレシートが出てきたとき、もしくはサインを書いて店員に渡したときには、クレジットカードと領収証の受け取りを忘れないようにしましょう。

お金が引き落とされる

最後にお金が引き落とされて、一連の流れは終わります。

クレジットカードの引き落としは全て後払いで、指定した銀行口座から翌月引き落とされます。

引き落とされる金額と日付、口座は必ず把握しておきましょう。

クレジットカードの使い方【コンビニ】

コンビニ大手3社すべて、クレジットカードが使えます。しかしコンビニによって使い方が異なります。

クレジットカードには、ICチップがあるものとないものがあります。ICチップとは、カードのセキュリティ向上のために備えられており、カード番号の上に付いている金色のマークのことです。

主要コンビニでクレジットカードを使う方法をそれぞれ解説していきます。

セブンイレブンでの使い方

まず、店員に「クレジット払い」であることを伝えます。そして所持しているカードにICチップが付いていた場合には、端末機にカードを挿入してください。それだけで支払いが完了します。

ICチップが付いていないカードであれば、「クレジットカード払い」であることを店員に伝えたうえで、カードを渡します。クレジットカードとレシートを受領したら決算完了です。

ローソンでの使い方

ICチップがあるカードであれば、「クレジットカード払い」を店員に伝えたうえでクレジットカードを端末に挿入します。読み取りが終わり領収書が出てきたら支払い完了です。

そしてICチップがない場合は、端末機にカードをスライドさせます。これで決算終了です。

ファミリーマートでの使い方

ファミリーマートでの利用はICチップの有無関係なく、使い方は同じです。

店員に「クレジットカード払い」であることを伝えて、カードを渡します。

店員がクレジットカード支払いの処理をしてくれるので、カードとレシートを受け取ったら支払い完了です。

クレジットカードの使い方【ネットショッピング】

ネットショッピングでも、もちろんクレジットカードは使用可能です。

クレジットカードを手元に置きながら操作しましょう。ネットショッピングでのクレジットカードの使い方は次の通りです。

必要事項を入力する

まず「必要事項を入力する」です。商品を購入する際、注文ページでは住所や氏名、生年月日やメールアドレス、電話番号を入力することが多いです。

何度かリピートしていれば自動で入力されていることもあります。

支払い方法を「クレジットカード」にする

次に「支払い方法を『クレジットカード』にする」です。

ネットショップではあらゆる支払い方法が用意されています。クレジットカードの他に、代引きや銀行振り込み、コンビニ払いやキャリア決済、後払いなどがあります。この中から「クレジットカード」を選択してください。

カード情報を入力する

そして「カード情報を入力する」です。入力に必要なクレジットカードの情報は、主にクレジットカード名とカード番号、有効期限と名義、セキュリティコードと発行会社です。

サイトによっては入力項目が異なることもあります。間違いのないように、クレジットカードを確認しながら入力していきましょう。

支払い確定ボタンを押す

「支払い確定ボタンを押す」と注文が確定します。

登録した住所や名前、カード情報に間違いがないかを再度確認してから押しましょう。

支払い完了

支払い確定ボタンを押すことで「支払い完了」となります。

支払い完了となれば、登録したメールアドレスに注文確認メールなどが届くはずです。

後日お金が引き落とされる

最後に「後日お金が引き落とされる」です。

実店舗であってもネットショップであっても、後日引き落とされるのには変りありません。

クレジットカードの決済から口座引き落としの流れ

クレジットカードの決済から引き落としまで次の流れで行われます。

  • カード決済
  • カードの利用情報が決算代行会社へ渡る
  • 決算代行会社からカード会社へ利用情報が渡る
  • カード会社が決算代行会社へ立て替え
  • 購入代金から手数料を差し引いた分がお店へ支払われる
  • 利用者の口座から支払日に購入金額が引き落とされる

クレジットカードには「締め日」と「支払日」があります。締め日になると、1か月間の利用料金がまとめられ、支払日に指定の銀行口座から引き落とされるという仕組みです。

クレジットカードの締め日が「毎月20日」で支払日が「毎月10日」だった場合、1月21日から2月20日までの分が3月10日に引き落とされます。

締め日と支払日はカード会社によって異なります。支払日は給料日の後の方が、利用者も支払いやすいと思います。給料日も会社によって異なるため、支払日を複数用意して利用者が選べるようにしているカード会社もあります。

支払日を忘れていて、銀行口座が残高不足で支払いができなかったときは、すぐに支払金額分の入金をしましょう。その日のうちに気が付けば、支払いが間に合うかもしれません。

忘れていたわけではなく、支払うことができなかったという場合には支払い遅延になってしまいます。支払い遅延になると、様々な悪影響があります。まずはクレジットカードの利用が停止され、使えなくなります。

そして次の支払いで遅延損害金が発生し、利用限度額が制限され、さらには信用情報に傷が入ってしまう恐れがあります。

クレジットカードの賢い使い方

クレジットカードは日々の利用でお得に使うことができます。クレジットカードを賢く使うためのポイントは次の通りです。

  1. ポイントを上手に貯める
  2. カード特典、サービスを使う
  3. 利用履歴を家計簿として使う

ポイントを上手に貯める

まず「ポイントを上手に貯める」です。クレジットカードにはポイント還元があります。現金で買い物してももらえませんが、クレジットカードはお得に使えるポイントがもらえます。ポイントの還元率はカードによって異なります。

そして使う店舗によってポイント還元率がアップになることもあります。貯まったポイントは飛行機のマイルに交換したり、キャッシュバックをしたり、商品との交換などにも使えます。

カード特典、サービスを使う

次に「カード特典、サービスを使う」です。クレジットカードごとにあらゆる特典や、サービスが備わっています。

空港ラウンジの利用や旅行傷害保険、ロードサービスなんかが付いているカードもあります。カードの特典はぜひ積極的に活用していきましょう。

利用履歴を家計簿として使う

そして「利用履歴を家計簿として使う」です。クレジットカードの利用明細は、今やネットやアプリで確認できるものがほとんどです。

クレジットカードの利用明細を見ていつどこで何を購入したかがわかり、家計簿代わりになります。うまく活用して、家計管理に役立てましょう。

クレジットカードの支払い方法の違い

クレジットカードには複数の支払い方法があります。

それぞれ特徴を見てみましょう。

1回払い

締め日の翌月の支払いになります。1番スタンダードで利用頻度の高い支払い方法です。

店舗によっては支払い方法が1回払いのみのところもあります。

2回払い

締切日の翌月と翌々月に分けて支払う方法です。

分割やリボにするほどではないけれど、一括払いは負担だと思う買い物に利用されます。手数料はかかりません。しかし、カード会社によっては利用できないケースもあります。

分割払い

利用金額と手数料を指定の回数に分けて毎月支払っていく方法です。

大きな買い物をした時に、一気に支払う必要がないため便利です。

手数料が発生するため、一回払いと比べると手数料分損することになってしまいます。

リボ払い

利用件数や金額問わず、月の支払いをフラットにできる支払い方法です。

あとから設定できるカード会社も多く、大きな買い物をした時などによく使われます。

しかし、使いすぎには注意が必要です。

ボーナス払い

夏、または冬のボーナス月に一括で支払う方法です。

今すぐは、払うのが難しいけれどボーナス月なら一括で払える、という場合によく使われる支払い方法です。

おすすめのクレジットカード3選

おすすめのクレジットカードを3枚厳選してご紹介します。

カード名JCB CARD W楽天カード三井住友カード
ナンバーレス
イメージJCB CARD W楽天カード三井住友カードナンバーレス
年会費無料無料無料
国際ブランドJCBVisa・MasterCard・American Express・JCBVisa・MasterCard
ポイント
還元率
1.0%〜5.5%1.0%0.5%〜2.5%
申し込み対象

・18歳以上39歳以下で、本人または配偶者に安定継続収入のある方。18歳以上の学生の方(高校生は除く)

・18歳以上であれば可能(高校生は除く)

・満18歳以上(高校生は除く)

発行スピード最短3営業日最短5日最短5分
詳細申し込む申し込む申し込む

※スクロールできます。

JCB CARD W

JCB CARD W

JCB CARD Wの特徴

  1. 39歳までの入会で年会費無料。
  2. 通常のJCB CARDに比べてポイント還元率が2倍の1%
  3. ポイント優待店の利用でポイント還元率がアップ。Amazonやセブンイレブンは2%、スターバックスカードへのオンライン入金、オートチャージで5.5%も還元。
年会費永年無料
国際ブランドJCB
ポイント還元率1.0~10.5%
ポイント使用例Amazon、キャッシュバック、スターバックスカードチャージ
追加カードETC、家族
電子マネーQUICPay
対応スマホ決済Apple Pay、Google Pay、
保険・補償旅行傷害保険:海外2,000万円(最高)

ショッピングカード保険:100万円(最高)

マイル交換ANA、JAL、DELTA
申し込み対象18歳以上(高校生不可)
発行スピード最短3営業日

JCB CARD Wは39歳までに入会すれば、40歳以降も永年無料で利用できます。そしてポイント還元率が1.0%で他のカードと比べてもポイントが貯まりやすいのが特徴です。

またスターバックスカードへのオンライン入金やオートチャージ、スターバックスギフトの購入でポイントが10倍還元されます。スターバックスを頻繁に利用する方には大変お得です。

またポイントサイト経由でAmazonを利用すると還元率が2.0%アップ、楽天やYahoo!ショッピング、その他ネットショップでも還元率がアップすることもあります。ネットショッピングを良くする人にメインカードとして最適です。

\ ポイント高還元率カード /

JCB CARD W公式サイト

18~39歳入会限定

楽天カード

楽天カード

楽天カードの特徴

  1. 新規入会で2,000ポイント、初回利用で3,000ポイントプレゼント。
  2. 楽天市場での利用でポイント還元率3.0%
  3. ポイントは楽天市場や楽天Edyのポイントとしてそのまま使える。
  4. 楽天カードの紹介で1,000ポイントプレゼント。
年会費永年無料
国際ブランドVISA、Master、JCB、AMEX
ポイント還元率1.0~3.0%
ポイント使用例月々の支払いに補填、楽天トラベル、楽天市場での支払い
追加カードETC、家族
電子マネー楽天Edy
対応スマホ決済楽天Pay
保険・補償海外旅行保険:2,000万円(最高)

カード盗難保険

マイル交換ANA
申し込み対象18歳以上(高校生不可)
発行スピード約1週間

楽天カードは年会費無料な上にポイント還元率も高く、メインカードにおすすめです。

特に楽天市場の利用が多い人はポイント還元率が3倍となり、日常的な買い物も全て楽天市場で行うことで、気づいたらポイントがたっぷり溜まっていることでしょう。

そして溜まったポイントの使い方もわかりやすいので、クレジットカード初心者でもポイントを無駄にすることなく有効活用できます。貯まったポイントはそのまま楽天Payとしてや楽天Edyにチャージして支払いに使えます。

\ 新規入会&利用で5000ポイントもらえる /

楽天カード公式サイト

ポイントが貯まりやすい人気カード

三井住友カードナンバーレス

三井住友カードナンバーレス

三井住友カードナンバーレスの特徴

  1. セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートのコンビニ3社とマクドナルドの利用で+2%、タッチ決済でさらに+2.5%還元。
  2. 選んだ店舗3店で常に+0.5%還元。
  3. 友達紹介で何度でも最大10,000ポイントプレゼント。
  4. スマホアプリ「Vポイント」、Visaプリペ、家族のおさいふへのチャージで+0.25%還元。
年会費永年無料
国際ブランドVISA、Master
ポイント還元率0.5~5.0%
ポイント使用例ANAマイル、キャッシュバック、オンラインギフトカード
追加カードETC、家族
電子マネーiD
対応スマホ決済Apple Pay、Google Pay
保険・補償旅行傷害保険:2,000万円(最高)

損害補償(60日前まで)

マイル交換ANA
申し込み対象18歳以上(高校生不可)
発行スピード最短5分

三井住友カードナンバーレスは、最短5分で即時発行ができます。

カードが届く前からVpassアプリでカード番号を確認でき、ショッピングをすることができます。コンビニ3社とマクドナルドの利用でポイント還元率5%だったり、タッチ決算でポイントが最大10倍貯まったり登録した3つの店舗での利用で常にポイントが2倍還元されたり、ポイントUPモール経由での買い物でポイントが最大20倍貯まったりと、ポイントを貯めやすいのも魅力です。

ポイントを上手に貯めたい方へメインカードとしておすすめです。

\ ポイント最大5%還元 /

三井住友カード(NL)公式サイト

ナンバーレスで高セキュリティ

まとめ

ここまでクレジットカードの使い方について、レジやネットでの利用の仕方や支払い方法などを網羅的に解説してきました。

クレジットカードは使い方を間違えると、無計画な利用に繋がってしまいやすいですが、利用明細でしっかり管理し、ポイント還元を上手に使うことでお得に活用できます。カードごとの特典などもしっかり考慮して自分に合ったクレジットカードを見つけましょう。

▼クレジットカード関連記事

※本記事の内容は、本記事内で紹介されているクレジットカードを提供する企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事に掲載している情報は、可能な限り正確な情報となるよう努めておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介しているクレジットカードの内容が変更されている場合があります。
※本記事に掲載されているクレジットカードに関するご質問、お問い合わせにはお答えすることができません。各発行元会社へ直接お問い合わせ頂きますようお願いいたします。