欠かせないアイテム

「スキー用グローブのおすすめはどれ?」

「スキー用グローブの選び方は?」

「キッズ用のグローブはどんなものがあるの?」

あまりウィンタースポーツに馴染みのない人にはどんなスキー用グローブを選んでいいのかわからないですよね。

指先が冷えてしまうとスキーを楽しめなくなってしまいますし、ケガなどのトラブルの元です。

しっかりと防寒対策をしておきましょう!

この記事を読めば、あったかいグローブがきっと見つかりますよ!



安全性と快適さを両立させよう!スキー用グローブの選び方

きちんとグローブを装着

スキー用グローブは、以下のような点に気をつけて購入してください。

ピッタリな形状を選択しよう

スキー用グローブには、手袋と同じように形状の違いがあります。

多くのユーザーが愛用してるのは、グローブタイプかミトンタイプです。

グローブタイプは5本の指を個別に通せるため、手を動かしやすくなっています。

ストックが握りやすいので、最も標準的なスキー用グローブです。

ミトンタイプは、鍋つかみのように親指以外の部分が一体化しているため、隙間が少なくなることで保温性が向上しています。

その反面、物をつかんだりする際にはコツが必要で、どちらかといえば上級者向けのアイテムです。

その他には、親指と人差し指だけ個別になった3本指のロブスタータイプもあります。

グローブタイプとミトンタイプの中間の機能を有するので、指をある程度動かせて保温性も欲しいという方におすすめです。

冷え性が気になるユーザーは、休憩時に手を温める用途でミトンタイプを準備しておいてもいいでしょう。

自分にとって使い心地がいい形状を選んでください。

使い勝手を考慮したモデルを賢く選択

スキー用グローブが温かい理由は、外側部分のシェルと保温効果を高めるインナーに分かれた2重構造を採用しているためです。

スキー用グローブは、シェルとインナーが一体化したモデルと、インナーだけを分離できるセパレートタイプに分かれます。

セパレートタイプはシェルとインナーを別々にできるので、天候や気温に合わせた使い分けが可能です。

また、インナーが洗えるため、使用後のメンテナンスもしっかり行えます。

ただ、インナーを外したままにしておくと、紛失のリスクが発生することがセパレートタイプの弱点です。

総合的な機能性ではセパレートタイプが勝りますが、うっかり物をなくしてしまうことが多い方は、一体モデルも検討してみてください。

グローブの素材については、防水性や撥水性、保温性を向上させてある高機能素材(ゴアテックスなど)が使われたモデルを選ぶと、転倒しやすい初心者の方でも安心感が向上します。

グローブの内側が濡れると一気に熱を奪われてしまうので、デザイン性だけで決めてしまわないようにしましょう。

外した手袋を乾かすためにストーブの近くに置くことは多いですから、気になるようなら耐熱性もチェックしてください。

あれば助かるスマホ対応グローブ

最近は手に嵌めたままでスマホの操作ができる手袋をさまざまな店で見かけるようになりましたが、スキー用グローブにも同様の機能を付加した商品があります。

スキーをしている最中にスマホを操作する場面は多くないかもしれませんが、厚いシェル越しにタッチスクリーンが反応してくれるので、スマホをいじる際には欠かせない要素です。

いちいちグローブを外す必要がないため、SNSにアップする写真もラクラク撮影できます。

もちろんタブレットの使用もOKです。

スキー用グローブのおすすめランキングTOP9

通販サイトのアマゾンが売っているスキー用グローブの中で、人気が高い商品をまとめたランキングです。

サイズやカラーバリエーションは、ランキングを作成した時点でのデータを元にしているため、時期によってラインナップが変化する可能性があります。

9位:SEIRUS エキストリームオールウェザーグローブ

SEIRUS エキストリームオールウェザーグローブ

サイズ S、M、L、XL(メンズサイズ)
素材 インサート:ドライハンド防水透湿メンブレン
シェル:Spacer kint ナイロン
パーム:ToughTek ラバー
タッチパネル対応
カラーバリエーション 4色
原産国

手を濡らさないで滑れる

9位はSEIRUSの「エキストリームオールウェザーグローブ」です。

3層の異なる生地で100%の防水機能を実現し、透湿性にも抜かりはありません。

それぞれの指に気持ちよくフィットするため、スキー以外の場面でもバッチリ活躍します。

8位:Andake スキーグローブ レディース

サイズ S、M(レディース)(メンズサイズあり)
素材 3Mシンサレート、PU素材、防水TPUフィルム、65%ポリエステル、35%オレフィン素材
タッチパネル対応
カラーバリエーション 4色
原産国

人間工学に基づいて設計された3Mシンサレート採用の温かい手袋

8位は「Andake スキーグローブ」です。

この手袋は、お値段以上の機能性を期待できる手袋と言えます。

中綿に軽くて薄くても温かい3Mシンサレートを採用し、通気性と水分発散性に優れています。

手の平部分にはPU素材のゴムドットを採用しており、ストックをしっかりホールドしコブ斜面をダイレクトに滑っていてもストックが抜ける心配はありません。

手の甲にあるジッパーポケットには、お金を入れたりICチケットを入れたりと、あると便利なポケット付きです。

機能面と温かさにおいて申し分なく、作りもしっかりしている手袋ですが、価格が2000円以下とかなりお買い得です。

7位:SALOMON JP LOGO GLOVE

SALOMON JP LOGO GLOVE

サイズ M、L、XL(メンズサイズ)
素材 中綿:PES100%
裏地:PES100%
掌部:PU100%
タッチパネル対応
カラーバリエーション 5色
原産国

機能性がバツグン

SALOMON JP LOGO GLOVE

7位はSALOMONの「JP LOGO GLOVE」です。

日本人の手に馴染むジャパンフィットモデルで、伸縮性もあるポリウレタンが細かな指の動きを妨げません。

タッチパネルに対応していますから、スマホ操作もバッチリです。

シェルとインナーの間には、防水と通気を両立させたアドバンスドスキンドライフィルムが挟まれているため、一層快適に過ごせます。

6位:OURJOY スキーグローブ

OURJOY スキーグローブ

サイズ ワンサイズ(推奨年齢:4~8歳)
素材 外側:防水ナイロンタスラン
裏地:ポリエステル
インサート:コット
タッチパネル対応
カラーバリエーション 3色
原産国

通学にも使いやすい

OURJOY スキーグローブ

6位はOURJOYのスキーグローブです。

手の甲には撥水加工、手のひらには滑り止め加工で、十分な利便性を確保できています。

しっかりとした3層構造ですから、アジャスターも調節して手を温かくましょう。

左右のグローブはフックで繋げられるため、片方だけが紛失する心配も少ないです。

5位:X.A スキーグローブ

X.A スキーグローブ

サイズ S,M,L,XL(子ども~大人まで)
素材 表地:ナイロン
裏地:綿
タッチパネル対応
カラーバリエーション
原産国

手の動きが自由になる

X.A スキーグローブ

5位はX.Aのスキーグローブです。

立体裁断で手にピタッとフィットし、手のひら側は指先までラバー加工が施してあるため、グリップ力や操作性がよくなっています。

内側は中綿で柔らかくしてあるので、温かくて快適です。

左右のグローブは、フックとジョイントを使って繋げられます。

4位:PONTAPES PG-03

サイズ S、M、L、XL(ユニセックス)
素材 3M シンサレート、マイクロファイバー、ポリエステル、フリース
タッチパネル対応
カラーバリエーション 19色
原産国

手頃に入手できるグローブ

PONTAPES PG-03

4位はPONTAPESの「PG-03」です。

シェルの内側を3M社の保温性に優れた断熱素材が覆っているため、時期によってはインナーなしでもOKです。

デザインにも個性があり、コスパに優れたグローブとなっています。

3位:Love&Fashion スキーグローブ

Love&Fashion スキーグローブ

サイズ XS(年齢3~5歳)、S(推奨年齢:6~10歳)、M(推奨年齢:10~14歳)
素材 PU素材
タッチパネル対応
カラーバリエーション 3色
原産国

活動的な子供にオススメ

Love&Fashion スキーグローブ

3位はLove&Fashionのスキーグローブです。

保温や防水など、スキー用グローブに求められる基本的な機能をしっかりカバーしています。

グローブを首から下げておける連結紐が付属するので、ビショビショに濡れてしまったときも安心です。

子供がしもやけにかかるリスクを減らすためにも、気持ちよく着用できるグローブを準備しておきましょう。

2位:PROKTH スキーグローブ

PROKTH スキーグローブ

サイズ フリーサイズ(キッズサイズ)
素材 生地:228タスラン
インリング:ポリエステルワッディング
ライニング:ベルベット
タッチパネル対応
カラーバリエーション 4色
原産国

色が明るい

PROKTH スキーグローブ

2位はPROKTHのスキーグローブです。

販売元は違いますが、13位と同じデザインになっています。

それぞれ違う色が売られているので、お子さんの好みに合わせて選択してください。

防寒対策にバッチリですから、子供が毎日使えるように複数購入してもいいでしょう。

1位:PONTAPES(ポンタペス)PG-05

サイズ S、M、L、XL
素材 3Mシンサレート
タッチパネル対応
カラーバリエーション 20色
原産国 日本

インナーグローブ付き

1位は「PONTAPES(ポンタペス)PG-05」です。

3M社が開発した、軽い素材の中綿材を使用しており、リフトに乗車中でも指先までぬくぬくです。

中には着脱可能なインナーグローブが入り、調節すれば寒い日も暑い日もどちらも対応可能。

片方だけ落としてしまいがちな手袋ですが、ジョイントフック付きで手袋どうしを引っ付けておくと紛失防止に役立ちます。

ドローコートで手袋内部に雪が入らないようにシャットアウト。

温かさと使いやすさ、どちらをとっても優秀なスキーグローブなのに、手ごろな価格設定が嬉しい商品です。

スキー・スノボが好きな県民はどこ?

スキーは明治44年に新潟県の高田陸軍歩兵連隊がオーストリアのレルヒ少佐にスキーの指導を受けたことが日本人初のスキーといわれています。

高度経済成長期には冬の一大スポーツとして全国各地にスキー場が開設され人気を博しました。

しかし1996年をピークにスキーを楽しむ人は年々減少傾向にあります。

そんな中でも、スキー・スノーボードが好きな県民は一体どこなのでしょうか?

総務省が統計を公表していますのでランキング形式でご紹介します!

スキー・スノボ大好き!?ランキング

1位 富山県 9.5%
2位 長野県 9.2%
3位 北海道 8.9%

平成23年に実施した社会生活基本調査によると、過去1年間にスキー・スノーボードをした人の割合が一番多い都道府県は「富山県」という結果になりました!

スキーに適した山が多く存在する富山県は、県民にとっても馴染み深いスポーツなのかもしれませんね。

最近では北陸新幹線の開通によって東京方面からのアクセスも便利ですので、ウィンタースポーツを楽しみたい方は富山県に遊びに行くのもおすすめですよ。

参考:今日は何の日?「1月12日はスキーの日」

どんなスキー用グローブを使えばいいの?使用経験のある男女486人に調査!

スキー用グローブは鍋つかみのような親指以外がひとつになった「ミトンタイプ」と、一般的な手袋のようにそれぞれの指に通せる「グローブタイプ」があり、どれを選べばいいか迷ってしまう人も多いですよね。

そこで今回は、自分用のグローブを持っている男女486人にアンケートを取りました!

経験者から聞くことで、自分にはどんな形が合うかイメージしやすくなりますよ。

まずは、実際にどんなスキー用グローブを使用しているのかご紹介します。

調査の結果、最も多かったのは486人中433人(約89%)の「グローブタイプ」でした!

5本指それぞれ動かせるほうがスキーのストック(ポール)をしっかり握りしめられて安全ですね。

続いて、購入したグローブを選んだ決め手を聞いてみましたので、ぜひ購入の際の参考にしてくださいね!

購入したグローブを選んだ決め手はどのような理由ですか?

調査の結果、最も多かったのは486人中274人(約51%)の「防水性・保湿性」でした!

やはり雪が積もるほどの寒い地域で滑りますから、日常使いの手袋よりも格段に温かいグローブを選びたいですよね。

スキー用のグローブは中に何層もの防寒素材が織り込まれているものが多いですが、他にも雪が入ってこない手首の調節機能や外側の防水加工も購入する際には確認しておきましょう。

2番目に多かった回答は486人中106人(約21.8%)の「価格が手頃」でした!

やはり機能性も大事ですが、お値段が手頃なことも大切です。

毎日使うものでもないですし。キッズの場合、次に使用する頃には手の大きさが変わってしまい買い替えが必要…なんてことも考えられます。

高価なものでなくても十分な機能を発揮するグローブもありますので、先に購入した人のレビューなども参考にしつつ自分にあったグローブ選びをすることが必要ですね。

まとめ

いかがでしたか?

今回のランキングは低価格帯の商品も多いですが、グローブとしての性能はやや抑えめといえるため、メーカーが推奨するように防水スプレーなども賢く利用しましょう。

スキーシーズンが近づくと、各メーカーのスキー用品の新モデルが続々と発売しますから、他のアイテムと一緒にグローブを準備してもOKです。

ワンシーズンで何度もスキーに行くなら、やはり有名メーカーのグローブを選んだほうが安心感が増します。

しかし、ハードユーザーともなると、グローブの耐久性の限界はかなり早まるので、低価格のグローブを頻繁に買い替えることもひとつの手段です。

お得な方法を考えながら、失敗しないグローブ選びをしましょう。

みなさんもベストなスキー用グローブを入手して、安全で快適なスキーを楽しんでください。