葬儀社のおすすめ8選|選ぶタイミングや選び方、費用の相場までご紹介!

「葬儀社ってどうやって選べばいいの?」

「急なことでどこに頼んだらいいか分からない…」

「自分の好きな形の葬儀をしたい!」

家族や大切な人を見送る最後の場である「お葬式」。

色々な感情が渦巻く中、選ばなくてはならないのが葬儀社(または葬儀業者)です。

より小規模なものが好まれる傾向にある昨今、様々なプラン・対応をしてくれる葬儀社も多くなってきています。

急な出来事の中、「数多く存在する葬儀社のどこに頼めばいいか分からない」という方は多いはず。

また、「自分好みの葬儀をするために準備したい」と生前から葬儀社を選びたい方もいらっしゃいますよね。

この記事では、「おすすめの葬儀社8選」を選ぶタイミングや選び方と一緒にご紹介します!

悔いの残らない葬儀のためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。



葬儀社を選ぶタイミングやその形態について

「葬儀」という言葉が横切ったとき、いつから準備していけばよいのでしょうか

不謹慎に思えるかもしれませんが、準備ができる時間があるのならば事前に調べておくことは決して悪いことではありません。

葬儀社などに依頼をする際、「一体どのタイミングでお願いすればいいのか」というのは意外な盲点となります。

ここでは、「意外と知らない葬儀社のこと」をお話しします!

葬儀社とは?

「葬儀社」とは「葬儀屋」や「葬祭業」とも呼ばれ、主に葬儀に関する様々なサービスを提供している会社や業者のことです。

そのサービス内容は多岐に渡り、葬儀前から始まり、葬儀後のアフターフォローまで行っている場合もあります。

葬儀事業を始めるにあたり、許認可は必要ではなく、資格が必ずしも必要なわけではありません。

そのため、新規参入しやすい事業であり、葬儀専門ではない業種からの参入はよくあることとなっています。

ですが、厚生労働省が認定している「葬祭ディレクター」の資格を始めとし、葬儀に関わる様々な資格が存在しています。

これらの資格を持っていることは、信頼や実績に繋がるため、所有する資格を明記する葬儀社を選ぶ方が良いとされています

形態の違い

葬儀業者はいくつか種類が、大きく分けて4種類あります。

葬儀業者の種類
  • 専門葬儀業者(主に葬儀屋や葬儀社のこと)
  • (冠婚葬祭)互助会
  • JA・生協
  • その他事業からの参入や自治体など

それぞれの特徴として、「専門葬儀業者」の場合は全国に大小さまざまな規模の業者が存在しています。

ニーズに合わせて柔軟に対応してくれる業者も多いため、形にとらわれない自分に合った葬儀を依頼することもできます

「(冠婚葬祭)互助会」の場合、割賦販売法が適用されている、生前に葬儀費用を前払い式で積み立てを行うシステムを持っています

葬儀費用の全額がまかなえるものではないですが、他の葬儀業者より規模が大きめなのも特徴です。

「JA・生協」は、組合員向けに信用事業や生命保険などの共済事業の他に冠婚葬祭事業が存在します。

組合員以外であっても利用は可能ですが、組合員であれば割引が適用され、費用が抑えられるのが特徴の一つ。

その他、ホテルや鉄道事業などさまざまな業種が葬儀事業に参入しています。

意外と気づかない選ぶタイミング!

状況などにもよりますが、葬儀業者を選ぶタイミングは意外なところに存在していることをご存知でしょうか。

葬儀業者は、葬儀を行うだけだけではなくその前後にも関わっています。

それは、病院や警察からご遺体を搬出するときです。

特に、病院ではご遺体を安置する時間があまりなく、すぐに搬送しなくてはなりません。

もちろん、病院や警察から葬儀業者を紹介してもらうことができますが、その業者がご自身や故人の合う葬儀業者とは限りません。

「突然のことで選んでいる余裕がない」というのは当然ですが、費用ばかりが膨れ上がってしまい後悔してしまうかもしれません。

そのため、葬儀の内容や費用を生前から相談しておくことも重要な点です。

生前積み立てをされている方は多いそうですが、さらに具体的な葬儀前からの流れ、内容やプランを検討しておくのがおすすめです。

分かっていたとしても、いざ故人を目の前にしたら家族は身動きが取れなくなってしまうもの。

そんな時に、しっかりと取り仕切ってくれる存在がいるのは心強いものです。

自分の最期を任せられる、信頼できる業者をご自身で選ぶことができる機会があることを忘れないでくださいね。

葬儀仲介・紹介業者とは?

近年増えてきている、「葬儀仲介・紹介業者」

利用者の条件に合う、提携する葬儀社を紹介してくれるという仲介・紹介業者は、価格設定が統一されている場合が殆どです。

全国対応していたり、低価格での提供をしてくれるなどのメリットがあります。

しかし、個別の細やかな対応が難しかったり、人によっては紹介された葬儀社が合わないと感じるなどのデメリットも。

仲介・紹介業者を利用する方も増えてきているので、ご自身に合った形態の葬儀業者を早めに決めておくのがおすすめです。

葬儀社の選び方


形態も含めて、様々な葬儀社が存在している葬儀事業。

ご自身が後悔しないためには、どのように選べばいいのでしょうか。

ここでは、葬儀社の主な選び方をご紹介します!

経営規模

全国に展開している大規模な葬儀社から、家族経営や地域に密着した小さな葬儀社まで様々です。

そのため、ご自身が望む形がどれくらいの規模になるのかを確認し、それに対応している葬儀社を選ぶのがおすすめです。

仮に、社葬を行う場合、大手の葬儀社だと手配もしやすくなります。

家族や親族のみの小さな形を希望する場合、地域に密着した小さな葬儀社の方が地元でのその後の対応も手厚くなる場合が多いです。

このように、葬儀社の経営規模から選ぶのは一つのポイントです。

プラン・こだわり

家族だけで行いたい場合の「家族葬プラン」や、会社規模で行いたいという「社葬プラン」など、様々なプランがあります。

葬儀社によっては、希望するプランの用意が無い場合もあるので、選ぶ時にはこの点もチェックしてみましょう。

また、「葬儀で好きな音楽を流したい」という方や、「色とりどりの花に囲まれたい」という方など様々なこだわりをお持ちな方。

その場合も、対応している葬儀社とそうでない葬儀社があるので、希望する方は事前にチェックしておく必要があります

対応

大切な葬儀ですから、スタッフも信頼できる方々にお願いしたいですよね。

対応が丁寧であることのほか、プランなども分かりやすく、こちらの意見をしっかりと聞いてくれるかどうかも選ぶ時のポイントの一つ。

また、どんな時間に何が起こるか分からないため、できれば24時間相談・対応できる葬儀社であるのが望ましいとされています。

そのため、特に対応時間に関しては事前にチェックしておくのがおすすめです。

費用の適切さ・明確さ

どうしても気になってしまうのが、葬儀の費用。

参列者の人数や宗派など、様々な要素からなる葬儀費用は、その費用の内訳も分かりやすくなっているかどうかの確認が大切です。

そのため、見積書を事前に貰っておくことを忘れないようにしましょう。

これにより、見積金額と請求金額が違った場合のトラブル対処がしやすくなります。

選ぶ時間が無い場合もあるかと思いますが、「何にどれだけ費用が掛かるか」をしっかりと説明してくれる葬儀社を選ぶようにしましょう

複数の葬儀社に見積を依頼するのもおすすめです。

支払期限・方法

少し前までは、葬儀が終わり次第、現金による支払をするというのが主流でした。

しかし、気持ちの整理も含めて、何かと落ち着かない葬儀前後は少しゆとりが欲しいもの。

最近では、支払期日にゆとりがある葬儀社も多くなっています。

気持ちの余裕と感謝の気持ち込めて支払いをできるよう、支払期日にゆとりがある葬儀社を選ぶのがおすすめです。

また、カード払いや分割払い、葬儀ローンなど複数の支払方法が選択できる葬儀社であれば、咄嗟のときも安心できます

葬儀は、決して低い金額ではありません。

そのため、支払い関して余裕がある葬儀社を選ぶのも選び方の一つです。

葬儀の権利とは?

実は、「葬儀を必ず行わなくてはならない」という法律はありません

極端に言ってしまえば、葬儀はやらなくても問題ないということです。

しかし、埋葬(土葬)と火葬は必ず行わなくてはなりません

ここで、埋葬などに関する法律の一部をご紹介します。

第 3条 埋葬又は火葬は、他の法令に別段の定があるものを除く外、死亡又は死産後24時間を経過した後でなければ、これを行つてはならない。但し、妊娠七箇月に満たない死産のときは、この限りでない。
第 4条 埋葬又は焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行つてはならない。
2  火葬は、火葬場以外の施設でこれを行つてはならない。

このように、死亡届も含めて、埋葬・火葬については法律でしっかりと定められています

しかし葬儀に関しては、「国民の生存権」の中で権利としては認められていますが、厳密な法律はありません

そのため、もちろん葬儀を行わないという選択肢もあり、その選択をするのも問題ありません。

なかなかの費用が掛かってしまうため、葬儀を行わないという選択をする方は増えてきています

様々な形式の葬儀がありますが、埋葬・火葬に関しては定められているため、火葬式(直葬)などを希望している方もこの点は注意が必要です。

葬儀社によっては、火葬式(直葬)に対応していない場合もあります

葬儀についての権利と関連する法律に関してはぜひ事前にチェックし、葬儀業者ともよく相談するのがおすすめです!

葬儀社のおすすめ8選!

No.1 小さなお葬式


全国4,000以上の葬儀場と提携しているという「小さなお葬式」。

本当に必要な物品・サービスだけを提供するという、適切でスマートな価格を掲げています。

プラン・価格例 小さなお別れ葬 13,0900円~
対応地域 日本全国(一部離島を除く)
対応時間 24時間・365日対応
運営会社 株式会社ユニクエスト
所在地 〒550-0004
大阪府大阪市西区靱本町1-6-3

不透明な葬儀費用を適正価格に見直した、小規模葬儀に特化した葬儀サービスを提供

価格とプラン内容を徹底的に見直すことで、低価格でのプランを実現させたのが、「小さなお葬式」です。

低価格でありながら高品質であり、葬儀に必要なものが揃った安心できるプランを提供しています。

また、もしも追加費用が必要な場合であってもしっかりと金額目安が明記されているので、状況に応じたプラン見直しが可能に。

早く申し込むほどお得になる早割サービスも行っており、安心感とさらに低価格が手に入れられるありがたいサービスです。

急に葬儀社が必要になったという際、検討中であっても搬送のみの対応も受け付けているのも◎

専用ダイヤルからの依頼により、事前相談なしの急な事態にも対応してくれるもおすすめできるポイントの一つです。

No.2 やさしいお葬式


お葬式からお墓のことまで、葬儀だけではなく終活にまつわることまでサポートしてくれる「やさしいお葬式」。

プランもシンプルで分かりやすく、24時間対応が可能なので急な時でも安心できます。

プラン・価格例 やさしいお別れ葬 98,000円(税抜き)~
対応地域 全国対応
対応時間 24時間・365日
運営会社 ライフエンディングテクノロジーズ株式会社
所在地 〒105-0003
東京都港区西新橋3丁目24−5御成門ビル6階

シンプルなプランかつ、やさしい価格と質の高さがこだわりポイント

「やさしいお葬式」は、シンプルなプランが魅力的な葬儀社です。

必要以上に高くなってしまいがちな葬儀ですが、「やさしいお葬式」は最低限必要な物だけを残し、価格設定もやさしいものとなっています。

厚生労働省認定の「一級葬儀ディレクター」が選んだ、本当に必要なセットのみを盛り込んだシンプルなプランを提供。

また、急遽手配しなくてはならない時でも、24時間365日対応しているため、すぐに対応してくれるありがたい点も。

全国対応はもちろん、都内だと直営店からのお迎えで最短1時間以内に対応してくれるのも安心できますよ。

忙しい現代人のニーズ対応して、1日で完結できるプランも用意されており、柔軟な対応をしてくれるのも嬉しいポイント。

No.3 よりそうお葬式


日本全国でお葬式を行うことができる「よりそうお葬式」。

追加費用もなく、明朗価格の葬儀プランが揃った、葬儀仲介サービスです。

プラン・価格例 よりそう火葬式 シンプルプラン 96,800円~
対応地域 日本全国
対応時間 24時間・365日対応
運営会社 株式会社よりそう
所在地 〒141-0031
東京都品川区西五反田2-11-17 HIビル五反田ビル 4F

全額返金保証制度もある、高品質で安心できる葬儀を提案

不明瞭で高額になりがちの葬儀費用を見直し、必要なものだけに絞った低価格プランが用意されているのがおすすめポイントの一つ。

式を行わない火葬式にも対応しているため、急いでいる方や費用を抑えたい方も安心できるものとなっています。

また、全国4,000か所の斎場と提携しているため、日本全国でお葬式を行うことができます。

もしも葬儀内容に満足いかないようであれば、全額返金対応も行うというほど、その品質には自信を持っているそう。

ただし、返金保証を受けるには条件があるので、その点はしっかりと事前に確認しておきましょう。

急な時にも対応してくれるため、費用だけではなく対応にも安心ができる葬儀サービスです。

No.4 日比谷花壇のお葬式


フラワーショップやギフトなどで有名な日比谷花壇が提供する、色とりどりのお花を添えてのお葬式を提供している「日比谷花壇のお葬式」。

寂しくなりがちの葬儀であっても、花の彩りによって重く辛い印象から温かみのある空間へと変化させます

プラン・価格例 ご自宅での直葬プラン 309,216円~
対応地域 8都府県
※首都圏、関西一部地域
対応時間 24時間・365日対応
運営会社 株式会社日比谷花壇
所在地 〒106-8587
東京都港区南麻布1-6-30

お花の専門店の視点から、丁寧で美しい葬儀が可能に

葬儀というと、どうしても重くて辛い印象を与えてしまうもの。

ですが、故人を見送る時に悲しい顔ばかり見せるのではなく、自然と笑顔になる葬儀もあります。

フラワーショップを展開している日比谷花壇は、そのノウハウを活かして、温かみのあるお葬式を行うサポートをしてくれます

色とりどりの花に囲まれると、故人への感謝の気持ちやこの先への活力が自然と湧いてくるきっかけとなります。

悲しみを乗り越えた先の笑顔を取り戻すまでのプロセスを大切にしている「日比谷花壇のお葬式」。

ご自身好みの葬儀を考えている方からの事前相談も多いため、お花が好きな方や温かみのある葬儀を検討している方におすすめです。

No.5 イオンのお葬式


有名なイオングループが手掛けるお葬式サービスである、「イオンのお葬式」。

知名度の高さと、独自の140項目にもわたるサービス基準により安心できる葬儀を提案・提供しています。

プラン・価格例 イオンライフの一日葬 357,500円~
対応地域 日本全国
対応時間 24時間・365日対応
運営会社 イオンライフ株式会社
所在地 〒261-0023
千葉県千葉市美浜区中瀬1-3

大手だからこその安心感と独自の高品質サービス

誰もが知るイオングループが手掛ける「イオンのお葬式」は、大手だからこその安心感と高品質なサービスを提供しています。

定期的に行われる、イオンのお葬式特約葬儀社のスタッフを交えたサービス向上研修により、その品質を保ち、磨き続けています。

また、価格表示も分かりやすく、納得いくまでプランを見直せる点も◎

イオンカードでの支払いによるポイント付与特典や、早期予約割引など、イオン系列ならではのお得なサービスもあります

オリジナルの会葬礼状など、遺族の方はもちろん、参列者の方の思い出に残る独自の取り組みも行っています。

高品質で安心の価格だけではなく、思い出に残る葬儀を行いたいとお考えの方にもおすすめです。

No.6 葬儀会館ティア


大手葬儀社だからこその豊富な実績と数々のプランにより、安心感のある「葬儀会館ティア」。

生前見積もりを検討している方に特におすすめできる葬儀社です。

プラン・価格例 白木30(1日葬限定)セットプラン 297,000円~(ティア会員価格)
対応地域 10の都府県
※関西、中部、関東
対応時間 24時間・365日対応
運営会社 株式会社ティア
所在地 〒462-0841
愛知県名古屋市北区黒川本通三丁目35-1

東証一部上場企業ならではの勢いと確かな実績

愛知県に本社を置く「葬儀会館ティア」は、年々着実に実績と会員数を増やしている、実力のある葬儀社です。

生前見積を推奨しており、当人を含めた家族が納得できるプランを提供することを大切にしています

また、ご家族とのコミュニケーションを重視することで、「世界でたった一つの葬儀」を提案・提供することを掲げています。

また、会員制度「ティアの会」に入会することで、葬儀費用がお得になったり提携サービスを受けられるというものも。

通常の互助会と違い、積み立ての必要はなく、入会金だけで特典を受け取れるのはありがたい点の一つです。

対応可能な葬儀の規模も大小様々なので、大手に安心して任せたいという方におすすめですよ。

No.7 お葬式のむすびす


全てのサービスを自社のスタッフで対応・提供している「お葬式のむすびす」。

仲介業者ではない、自社スタッフによるスムーズで丁寧な対応が◎

プラン・価格例 シンプル火葬プラン 156,340円~(税込・優待価格)
対応地域 東京、神奈川、埼玉、千葉の首都圏
対応時間 24時間対応
運営会社 株式会社アーバンフューネスコーポレーション
所在地 〒135-0061
東京都江東区豊洲5-4-9 KR豊洲ビル5F

すべての費用を契約前に全て提示してくれる、明確さと誠実さ

価格表示に対してとても誠実な「お葬式のむすびす」は、契約前にすべての費用を提示してくれます。

お布施に至るまで、1円単位でしっかりと見積もりを出すという徹底的な姿勢は、利用者に対しての誠実さが表れています。

また、厳しい社内基準をクリアした自社のスタッフが全て担当するため、安定した品質とスムーズな対応ができるのはおすすめポイント。

葬儀の相談はもちろん、その後のお墓のことや役所の手続きに至る部分まで無料でサポート・アドバイスをしてくれます。

対応エリアは関東圏に限られていますが、様々な希望に応えてくれるため、オリジナリティ溢れる葬儀を行うことが可能に。

費用を抑えたい方から、その人に似合う唯一の葬儀を行いたい方まで幅広くおすすめできます。

No.8 東京葬儀


小さい葬儀社であり、一日一家族限定だからこその真摯な対応が評判な「東京葬儀」。

費用に対しても偽らない価格を提示し、利用者と一緒に考えていく、パートナーのような葬儀社です。

プラン・価格例 火葬式(直葬) 198,000円~
対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉
対応時間 24時間・365日対応
運営会社 株式会社 鈴吉堂 ※屋号:東京葬儀
所在地 〒160-0004
東京都新宿区四谷4-33 四谷ビル

小さな葬儀社だからこその親身で葬儀後までしっかりご家族をサポート!

一日一家族限定という規模により、一回の葬儀やそのご家族としっかり向き合うことが可能な「東京葬儀」。

特に、初めて葬儀を行うという方におすすめできる葬儀社です。

利用者からも、そして自社の言葉でも「早い対応」ということを提示しているほど、その対応の素早さに定評があります

小規模だからこその誠心誠意な対応と、さらに特徴的なのは明確な金額提示です。

決して安くはない金額ですが、希望によって必要ないサービスを外すこともできるという柔軟で真摯な対応が◎。

関東圏のみの対応ですが、「初回搬送のみ」も受け付けているため、急ぎの方にもおすすめできる葬儀社です。

1330人に聞いてみた!葬儀社の決め手となったポイントや気になる費用は?

今回、全国の男女1330人に葬儀社についてのアンケートを実施。

「葬儀社を選んだ決め手となったポイント」や「葬儀にかかった費用」をお聞きしました。

利用した葬儀社を選んだ決め手となったポイントは?

1位が「葬儀を行う際にアクセスが良かった」と回答された方で513人。

2位が「費用が適切であった」で507人、3位が「担当の方が良い対応であった」372人という結果に。

複数回答でのアンケートでしたが、多くの方が、葬儀会場のアクセス面を気にしていることが分かる結果となりました。

ここで、「その他」と回答された方の具体的な内容をご紹介します。

愛知県
40代男性

互助会に入っていた

栃木県
30代男性

病院で紹介された

東京都
50代女性

以前から親族が使っていた、馴染みの葬儀社だった。

東京都
50代男性

故人が予め指定していた

全体的にご自身や故人が「互助会の会員であった」という回答が多かったです。

また、地域によっては葬儀社の数自体が少ないため、選択肢が無かったというお答えをされている方もいらっしゃいました。

「急なことだったので自宅の近くの葬儀社を利用した」という方も多かったようです。

ご自身の住まわれている地域や、会員状況の確認を事前にしておくことも葬儀社を選ぶ時の目安にもなるようです。

葬儀にかかった費用は?

1位が「100万円以上200万円未満」で461人、2位が「50万円以上100万円未満」で460人、3位が「50万円未満」で199人という結果に。

1位と2位は殆ど変わらない人数で、葬儀費用が「50万円以上200万円未満」である方が多いようです。

もちろん、個々の要望・規模など状況は違いますが、一般的に言われている相場価格とほぼ同じであることが窺える結果となりました。

葬儀の際の目安として、参考にしてみてくださいね。

後悔しないお別れのために信頼できる葬儀社を選ぶこと


故人と最後にお別れをする大切な場所である「お葬式」。

本来であれば訪れて欲しくはない機会ですが、誰もにとっていつか必ず訪れるものです。

いざという時に慌ててしまうのは当然ですが、何も分からないまま式を行ってしまっては悔いが残ってしまいます。

「もっとちゃんとやってあげればよかった」と後悔しないためにも、覚悟と共に葬儀社をちゃんと選ぶのは大事なことです。

また、自分で好きな形の葬儀をしたいと思う方であれば、希望に沿ってくれるかどうかご自身で見極めたいですよね。

大切な最後だからこそ、不謹慎だと考えずに事前に準備しておくことも必要なこと。

良くも悪くも状況が変わったとき、柔軟に対応してくれる葬儀社であれば支えになってくれます

ぜひ、葬儀社を選ぶときにこの記事を参考にしてみてくださいね。