素敵なマイカー

「車のバッテリーが持つか心配」

「旅行中のトラブルは避けたい…」

日常的に車を運転している方は、厄介なバッテリー上がりに遭遇した経験が一度はあるのではないでしょうか。

自宅で出発前に起こるならまだしも、出先でバッテリー上がりが起きてしまうと大変です。

そんなときにArteckやDBPOWER、BESTEKが販売するジャンプスターターがあれば、面倒なバッテリートラブルをすぐに解決できます。

価格は比較的安いので、車に1つは備えてあると便利です。

今回は、おすすめのジャンプスターターを紹介します。

他にもバッテリーが上がってしまった時の「対処方法」や「症状」について紹介するので、ぜひ参考にしてみて下さい。



バッテリー上がりに強いジャンプスターターとはどんなもの?

お手上げ状態

最近のジャンプスターターをシンプルに表現するとしたら、「バッテリー上がりを直すこともできるモバイルバッテリー」がふさわしいでしょう。

以前のジャンプスターターは、どちらかといえば業務用の製品というイメージでした。

しかし、最近はリチウムイオンバッテリーなどの普及により、モバイルバッテリーとしての機能を併せ持つ商品が安価で買えるようになっています。

車をバッテリー上がりから復帰させるジャンプスタートの使い方を簡単に説明します。

故障した車と救援してくれる車のバッテリー同士をブースターケーブルで繋ぎ合わせます。

そうして、相手の車のバッテリーから電力を分けてもらうことでエンジンを再始動させる方法が一般的です。

しかし、近くに救援車が都合よく見つかるとは限りません。

ロードサービス業者を呼ぶ方法だと、身動きが取れない時間を無為に過ごすことになりますし、費用もそれなりにかかってしまいます。

また、山奥など助けを呼びにくい場所で夜間にバッテリー上がりが起こったら、もはや途方に暮れるしかなくなるでしょう。

ジャンプスターターなら、そうした面倒な問題を一気に解決させることが可能です。

指示どおりにやれば素人でも簡単にバッテリー上がりを直せるので、万が一に備えるにはうってつけのアイテムといえます。

最近は事故に備えてドライブレコーダーを取り付ける車が増えていますが、そうした車載装置もバッテリーを食いやすいです。

自分の車になんらかの車載装置を設置しているユーザーは、ジャンプスターターも備えておくと安心できます。

チェック項目は多数!ジャンプスターターの選び方

これが一番!

ジャンプスターターを選ぶ際は、どういうポイントに気を付ければいいのでしょうか。

ここからは、ジャンプスターターの選び方を紹介していきます。

自分の車で使えるかをチェック

ジャンプスターターを買う前には、商品が自分の乗っている車に対応できているか調べる必要があります。

ガソリン車については問題ありませんが、ディーゼル車を所有する方は商品が対応できているのか、一応注意して探しましょう。

説明文にディーゼル車についての記載があれば、確実に対応している商品です。

車のバッテリーは、大半の車が12V、小型トラックなどの大型車は24Vを積んでいます。

大型車のユーザーはJAFなどに加入していることが多いと思います。
しかし、もしもの備えとしてジャンプスターターを持っておきたいなら、24Vバッテリーに対応した機種を探さなくてはなりません。

自分の車の排気量に合わせたジャンプスターターを探すことも大事です。

ジャンプスターターの商品説明には、「~車、最大~L(あるいは~cc)まで」といったように、対応する車種や排気量についての説明が書かれています。

肝心の車が動かせないと、せっかく購入したジャンプスターターの価値も半減してしまうでしょう。

バッテリーの容量に注目

バッテリー上がりは、車のバッテリー自体に異常がなければ年に何度も起こるものではないと思います。

先ほど書いたように、今のジャンプスターターはモバイルバッテリーとしての機能を搭載した商品がほとんどです。

ジャンプスターターとしてしか使えない機種も一部にあるため、仕様のチェックを怠らないようにしましょう。

いろいろなモバイル機器の充電をメイン用途にするなら、10000mAh前後の容量がある商品を買うと、余裕を持って機器の充電が行えます。

携帯性を気にする

ジャンプスターターをモバイルバッテリーにする場合、四六時中車の中に入れてあることはないでしょう。

そうした場合は、持ち運びのしやすさが重要な要素になります。

現在のジャンプスターターはスマホより少し大きい程度のサイズも多いため、簡単に持ち運びが可能です。

ほぼすべての商品がLEDライト機能を備えていて、非常時の照明としても活躍させられます。

24V車にも対応できるジャンプスターターは結構重たくなっています。

ですが、一般的な車に使うジャンプスターターなら重量1kg未満の機種でも十分使えるでしょう。

保証は大事

購入したジャンプスターターが、いざという時に使えなくなると困ります。

ジャンプスターターが故障した場合に備えて、保証付きの商品を購入することは重要です。

ほとんどのジャンプスターターでは、1年の保証期間が確実に付いてきます。

保証を2年間にしている商品もあるので、探すときに要チェックのポイントとして覚えておきましょう。

車のバッテリーが上がってしまったらどうする?男女1214人に調査!

車を運転する人

車のバッテリーが上がってしまった場合、どうしたらいいのでしょうか?

ジャンプスターターを持っていなかった時のためにも、対処方法を知っておきたいですよね。

そこで今回は、自分の車を持っている男女1214人にアンケートを取りました!

まずは、どのくらいの人が車のバッテリーが上がってしまった経験があるのか見ていきましょう。

車のバッテリーが上がってしまった経験がありますか?

円グラフ 車のバッテリーが上がってしまった経験がありますか?

調査を行った男女1214人中872人(約72%)が、「はい」と回答しています!

このことから車を運転する多くの人が、一度はバッテリーが上がってしまった経験があることが分かりました。

車のバッテリーが上がってしまうと長距離の移動の際にとても困りますよね。

参考のためにも、「はい」と回答した男女872人の対処方法をご紹介します。

車のバッテリーが上がってしまった時は、どのように対処しましたか?

棒グラフ 車のバッテリーが上がってしまった時は、どのように対処しましたか?

最も多かったのは、872人中381人(約44%)の「ロードサービスを呼ぶ」でした!

ロードサービスを登録しておくと、24時間バッテリー上がりやパンクなどのトラブルに無料で対応してもらえます。

会員で無い場合も有料で対応してくれるので、運転手にとって心強い味方となっているのです。

他にも「バッテリー交換を行う」や、「ジャンプスターターを使う」が多いようでした。

車の整備について詳しい人は、バッテリー上がりを対処できるアイテムを事前に用意しておきましょう!

反対に、バッテリー上がりを起こしたことが無い人の対策方法についても知りたいですよね。

続いて「いいえ」と回答した男女342人が、普段どんな対策を行っているのかご紹介します。

車のバッテリーが上がらないよう、何か対策を行っていますか?

棒グラフ 車のバッテリーが上がらないよう、何か対策を行っていますか?

最も多かったのは、342人中105人(約31%)の「バッテリー交換を行う」でした!

このことから、バッテリーが上がる前に古くなったバッテリーと新しく交換していることが分かりますね。

車の点検を定期的に行うことで、こうしたトラブルを事前に防ぐことができるのです。

他にも「定期的に運転する」や「ライトを必ず消す」が上位にランクインしていました。

車のバッテリーが急に上がって困らないためにも、定期的な点検を必ず行いましょう。

そして新しいバッテリーやジャンプスターターを用意しておくと、外出時でもより安心です。

便利に使えるジャンプスターター5選

それでは、ジャンプスターターで人気の5商品を最新版で紹介していきます。

5.日立 PS-16000 RP

日立 PS-16000 RP

日立 PS-16000 RP
バッテリー容量 16000mAh
ボルト数 12V
対応車種 4,000cc以下の12V車(ガソリン)、3,000cc以下の12V車(ディーゼル)
その他の機能 バックアップ電源、直流機器のサブ電源、携帯端末の充電、高輝度LEDライト
保証期間 記載なし

安心・安全・多用途

ジャンプスターターケーブルのコントロールボックスに保護機能が搭載されていて、危険を察知したらLEDとブザーで警告してくれます。

この機能のおかげで、ケーブルの接続ミスなどを防いで安全なジャンプスタートが可能です。

ジャンプスターターの他に、車のバッテリー交換時のバックアップ電源機能、直流機器のサブ電源機能がついています。

そのほかにも、携帯端末の充電、高輝度LEDライトを備え、驚きの1台5役を実現しています。

価格は少し高めですが、安心の日立ブランドで長く安全に使用できる商品です。

日立 PS-16000 RPの口コミ

評判の良い口コミ
口コミする男性
サム フカちゃんさん
満足度:★★★★★(5点中5点)
日立 PS-16000 RP

月に数回しか乗らない車で早速バッテリー上がり、これ使って簡単にエンジンかかりました
その日は、買い物行くにもこれを携帯してました、安心感半端なかった
これでJAFなどを呼ぶ回数が減るから安心、特に冬場はエンジンかかりにくいしね

口コミする女性
moshyさん
満足度:★★★★☆(5点中4点)
日立 PS-16000 RP

バッテリーあがりというのは、突然やってくるので、少々コストがかかっても備えていると安心です。
このジャンプスターターは、アマゾン掲載の中でもかなり値段の高いものですが、仕様やメーカー、レビューなどを考慮して、思い切って買いました。
一生使わない事もある類のものですが、私の場合、買って1カ月もしないうちに使うハメになりました。車のリアドアが半開きのまま一晩経過、翌朝気づいた時には、ルームランプがホタル程の状態。そこでこのジャンプスターターを説明書通りにセット、キーを回すと一発でエンジンがかかりました。バッテリーの残量に影響されるようですが、今回は助かりました。

4.Arteck K12

Arteck K12

Arteck K12
バッテリー容量 8000mAh
ボルト数 12V
対応車種 ガソリン車(2.5Lまで)
その他の機能 モバイルバッテリー、LEDライト
保証期間 24ヶ月

リーズナブルに高性能

Arteck K12

フル充電で最大20回のジャンプスタートが可能なジャンプスターターになっています。

モバイルバッテリーとしては標準的な性能で、普段使いには問題ないでしょう。

LEDライトはフラッシュ、ストロボ、SOS信号の3モードです。

価格が抑えめでもバッチリ使えるジャンプスターターは、コスパの面でもユーザーの大きな味方になってくれます。

Arteck K12の口コミ

評判の良い口コミ
口コミする女性
モモさん
満足度:★★★★★(5点中5点)
Arteck K12

多機能で使いやすく、ケース、コード、車用のバッテリーキットと、いう事なし何かあった時の非常用にも素晴らしい物です。
さらにメーカーの対応も抜群で私的には過去最高のモバイルバッテリーだと思います。

口コミする男性
ホントはヘビメタが好きさん
満足度:★★★★☆(5点中4点)
Arteck K12

予約した通院の朝、1400のバイクがバッテリー上がりして、よりによって今日かよとへこんだが、これで一発始動。病院の帰りに2回目の一発始動でした。この1回で元は取った。大きくて重いので普段使いには不向きだが、バイク用ならいざという時にあると助かる秘密兵器的アイテムだと思う。災害時もあると安心。

評判の悪い口コミ
口コミする男性
アッキーシニアさん
満足度:★★★★☆(5点中4点)
Arteck K12

プリウスに使うには延長ケーブルが必要なので折角のコンパクトさがいきません。性能は充分でした。耐久性はまだ分かりません。

3.UTRAI ジャンプスターター

UTRAI ジャンプスターター

UTRAI ジャンプスターター
バッテリー容量 22000mAh
ボルト数 12V
対応車種 ガスエンジン:8.0Lまで ディーゼルエンジン:6.5Lまで
その他の機能 モバイルバッテリー、LEDライト
保証期間 12ヶ月

大容量で安心のバッテリー

UTRAI ジャンプスターター

容量重視の方におすすめなのが、UTRAIのジャンプスターターです。

22000mAhとダントツで大容量なジャンプスターターで、一度の充電で30回のジャンプスタートが可能です。

ジャンプスタートだけでなく、スマホやパソコン、タブレットの充電も可能です。

LEDライト搭載で、夜間のバッテリー上がりでも安心なジャンプスターターとなっています。

操作が簡単なので、初めて使う方でも心配なく使用することができます。

UTRAI ジャンプスターターの口コミ

評判の良い口コミ
口コミする男性
めんまの父ちゃんさん
満足度:★★★★★(5点中5点)
UTRAI ジャンプスターター

衝撃・防塵・防水に強く安心。雪国では重宝します。タイムセールで安くなっていたのでもう一台追加しました。非常用に!

口コミする男性
楊孟誠さん
満足度:★★★★★(5点中5点)
UTRAI ジャンプスターター

商品は軽くて、すごく使いやすくて本当に良かったです

評判の悪い口コミ
口コミする女性
のろさん
満足度:★★★☆☆(5点中3点)
UTRAI ジャンプスターター

携帯への充電をしたら、1回でジャンプスターター本体の充電が必要で、期待外れ。
説明書には車チャージの説明のみで、携帯やほかの取扱の説明がない。
ジャンプスターターのスイッチをオンにして電源オンにして充電することが記載されていない。
何回か試して、やり方に気づいた次第。

2.GOOLOO ジャンプスターター

GOOLOO ジャンプスターター

GOOLOO ジャンプスターター
バッテリー容量 10000mAh
ボルト数 12V
対応車種 ガソリン車4Lまで ディーゼル車2.5Lまで
その他の機能 モバイルバッテリー、LEDライト
保証期間 18ヶ月

緊急時に備えて安心!

GOOLOO ジャンプスターター

ジャンプスターター以外にも、モバイルバッテリーやLEDライトも搭載しているので、災害時にも安心なジャンプスターターです。

1回の充電で20回のジャンプスタートが可能です。

PSE認証済みで安全に使えるジャンプスターターなので、品質も良いです。

収納ケース付きで、普段はケースに収納しておけるのも嬉しいです。

また、比較的コンパクトなものなので場所を取ることもありません。

GOOLOO ジャンプスターターの口コミ

評判の良い口コミ
口コミする男性
stanaka777さん
満足度:★★★★★(5点中5点)
GOOLOO ジャンプスターター

2018年に万が一の為に購入
2021年ついに使う日が来た。
いつも車の中に入れぱなしで時々充電していただけだったが
要充電マークとなったバッテリーで
容量はランプ3つの状態で1発始動してくれました。
ぜひ装備しておきたいツールですね

口コミする女性
kara7160さん
満足度:★★★★★(5点中5点)
GOOLOO ジャンプスターター

自動車のバッテリーが上がってしまい、その始動用に購入してみました。
普段は、別の車(救援車)を横付けしてブースターケーブルをつなぎ込んで始動させていましたが、
場所によっては救援車を横付け出来ない場合があること、最近普及が進むハイブリッド車の場合、
救援車に不向き(救援車側が電気的に故障する可能性がある)であることなどから、単独で救援出来る
この手の製品が気になっていました。
手の平から多少はみ出るくらいの大きさで、ホントに自動車を始動出来るか半信半疑だったのですが、
手順通りにやってみると、あっけなくかかりました。
10,000mAhは自動車用としては最小クラスですが、普通車までならこれで十分な感触です。
ライトやスマホなどへの給電機能もあり、製品としては優れたものであることは間違いありません。
ただし、運用面では難しさもあります。
私の経験的に自分自身や周りの人が車のバッテリー上がりで困っている場面は、1年に1回か2回くらいか。
その時にこの製品が手元にあり、使える状態にあるか(充電してあるか)は大きな問題で、常に持ち歩く
のなら別ですが、まさに必要なその時に手元に無いってことがありそうです。
車に常備しておきたいところですが、夏場に灼熱の車内に置いておくのも安全上心配です。
出先で必要になる場面がなければそんな心配はいらないのですが、そういう時にこそ手元にあってくれたら、
時には命拾いすることになる製品かもしれないと思います。

評判の悪い口コミ
口コミする男性
A+さん
満足度:★★☆☆☆(5点中2点)
GOOLOO ジャンプスターター

充電して保管できる期間は どれくらいか書いてないが
半年(ひと冬)過ぎたら ひと月もせずに 半減する
次に購入するモデルでは 容量と耐久性に重点をおきたい

1.Flylinktech ジャンプスターター

Flylinktech ジャンプスターター

Flylinktech ジャンプスターター
バッテリー容量 24000mAh
ボルト数 12V
対応車種 全てのガソリン車または8.0Lまでのディーゼル車
その他の機能 モバイルバッテリー、LEDライト、多機能ライト
保証期間 24ヶ月

使い勝手のいいジャンプスターター

Flylinktech ジャンプスターター
超強力な大容量スターターとなっています。

それ以外にも、USBポートやLEDライト、更には白点灯、赤点灯などが切り替えられる多機能ライトもついています。

また、車の修理や起動の際、ボンネットを開けて作業する時は、磁気吸引ベースでボンネット裏に貼り付けることができます。

作業の邪魔になることもなく、使い勝手がいいジャンプスターターです。

コンパクトなのにパワフルでいざという時にも安心です。

Flylinktech ジャンプスターターの口コミ

評判の良い口コミ
口コミする男性
中込恭平さん
満足度:★★★★★(5点中5点)
Flylinktech ジャンプスターター

車載用の緊急時用品として購入しました。蓄電も出来るという事で大きめのサイズ感を予想していましたが、良い意味で期待を裏切り非常にコンパクトな商品でした。ホンダ/ストリームのトランク下の収納部分に収まるサイズ感で非常に便利です。「痒い所に手が届く」という印象で、ジャンプスターターだけでなくポータブル電源としても使え、ライトまで付いている為使い勝手が良いです。非常時のライトというより、商品自体が小型な為普通に懐中電灯代わりとして使えています。接続端子はUSBが2つ有り、コンセントもアース端子が使える為幅広く使えます。TypeーCも対応可能な為、新型のiPhone等でも安心です。疑似正弦波な点だけ気にならなければ問題ないと思います。

口コミする男性
いしやまさん
満足度:★★★★★(5点中5点)
Flylinktech ジャンプスターター

日本製ではなかったので、一番サポートが大丈夫か心配していたのですが、真摯に対応してもらえました。人によってはレスポンスが遅いというかもしれませんがちゃんと遅くなっても返してくれたので満足です。
最初コネクタ部の LED が正常に点灯せず返品も考えたのですが車種によっては正常に点灯しない可能性がある、ということでした。バッテリーを外して本機を接続してエンジンをスタートさせたところ、ちゃんとかかりました。
USB からのスマホ充電も問題ありませんし、LED ライトもなかなか便利です。本機がマグネットで車体につくのも使い勝手が良かったです。本体も軽く大きさも B5 くらいなので車のダッシュボードに入りますが、夏場の車内温度には要注意かと思います。
これで、安心して走れます。

評判の悪い口コミ
口コミする男性
義和さん
満足度:★★★★☆(5点中4点)
Flylinktech ジャンプスターター

早速使いました
車のバッテリーへの接続時コードの短さが難点です。
あと、本体と付属品が一緒に入るポーチがあると満点です。

車のバッテリーが上がるとどうなるの?こんな症状に注目!

小さな車と修理道具

バッテリーが上がると、具体的にどのような症状が起こるのでしょうか?

これから大切な仕事や外出という時に、移動手段である車が動かなくては一大事ですよね。

症状を知っておくことで、運転中に起こり得るトラブルを回避しましょう。

ここからは3つのポイントをご紹介します。

バッテリーが上がったときにみられる症状

バッテリーが上がると、車に詳しくない人でも判別しやすい特徴が現れます。以下にバッテリーが上がったときに現れる状態の例をご紹介します。

エンジンがかからない、駆動音が弱い

エンジンがかからないというのは、最もわかりやすい状態です。また、駆動音も普段と違うのでわかりやすいでしょう。車は通常、エンジンキーを回すと「キュルキュル」とセルモーターが回転する音が聞こえ、その後にエンジンが始動します。このとき、セルモーターの駆動音が普段より弱々しく、なかなかエンジンがかからない場合はバッテリーが上がってしまっている可能性があります。

パワーウィンドウ・パワーシートなど電装品が動かない

パワーウィンドウやパワーシート、ラジオなど車内の電装品はエンジン停止時、バッテリーの電気で動きます。バッテリーが上がってしまうと、これらの電装品はいくら操作しても動かなくなってしまいます。

時計・シート位置・ラジオなどの設定がリセットされる

これはどちらかというと、バッテリーが「上がったとき」の状態というより、「バッテリー上がりが復旧した後の状態」です。時計の時刻やパワーシートの位置など、電装品の設定はバッテリーの電気で保存されるため、一度バッテリーが上がった後に復旧すると、記録されていた設定がリセットされてしまいます。

 

以上のことから、エンジン以外にも電装品が動かないなどの症状が現れることが分かりました。

電装品が動かなくなったり、時計などの設定がおかしくなっていたらバッテリーの交換をすぐに検討しましょう。

つい忘れがち…という人であれば、ジャンプスターターを車に常備させておくことをおすすめします。

バッテリーの寿命は平均2~3年と言われているので、定期的な点検を忘れず行うようにしてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ジャンプスターターの性能は、同クラスの製品同士なら大きな差がないようです。

デザインや付属品、口コミの信頼性も参考にして選んでください。

また、ジャンプスターターは車だけではなくバイクなどにも使えます。

バイクユーザーも小型のジャンプスターターを携帯しておけば、急なトラブルに襲われても安心です。

ジャンプスターターは海外製の商品が多いため、運悪く不良品に当たってしまうことがあります。

もしも使用前に不安を覚えるような異常が見つかったら、まずは購入したショップやメーカーに連絡を入れてください。

異常があるジャンプスターターをそのまま使用するようなことは、危険ですから絶対にやめましょう。

バッテリー上がりに即座に対応できるジャンプスターターは、1台持っておくだけで安心感が増すアイテムです。