三井住友銀行カードローンの評判は悪い?審査・金利を徹底解説!

「三井住友銀行カードローンの評判が知りたい」

「三井住友銀行カードローンの審査スピードや難易度は?」

「三井住友銀行カードローンの金利は高いの?」

この記事では、三井住友銀行カードローンの上記のような疑問について解説していきます。

三井住友銀行カードローンは人気の高い銀行カードローンです。

お金を借りたくて三井住友銀行カードローンを検討しているという方も多いのではないでしょうか?

三井住友銀行カードローンの概要をメリット・デメリット踏まえて詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてくださいね!

三井住友銀行カードローンとは?サービス概要を解説!

三井住友銀行カードローンの概要

金利(実質年率)1.5%~14.5%
限度額10~800万円
審査期間最短翌営業日
※1
融資スピード最短翌営業日
※1
WEB完結可能
※2
申し込み条件・申込時満20歳以上満69歳以下の方
・原則安定したご収入のある方
・保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方
借入方法振り込みによる借り入れ
ネットバンキング
三井住友銀行ATM
三菱UFJ銀行ATM
セブン銀行ATM
ローソン銀行ATM
コンビニATM(E.net)
ゆうちょATM
提携金融機関ATM※カードの種類により異なります。
返済方法口座振替
インターネット振込
三井住友銀行ATM
三菱UFJ銀行ATM
セブン銀行ATM
ローソン銀行ATM
コンビニATM(E.net)
ゆうちょATM※カードの種類により異なります。

※1:申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合がございます。
※2:三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちの方はWEB完結が可能。普通預金口座がない場合でも、本人確認をオンラインでされた場合WEB完結が可能。ただし、ご契約後にローン専用カード等が自宅に郵送されてるため、郵送物が困る場合はローン契約機でローン専用カード等を受け取りましょう。

銀行カードローンのメリットとして、消費者金融に比べて上限金利が低めという部分が挙げられます。三井住友銀行カードローンは銀行ならではの限度額、金利となっております。

全国の三井住友銀行ATM、提携コンビニATMで利用ができ、手数料が無料なので、どんな場所でも利用出来て便利です。

パソコン・スマホで24時間申し込みが可能、さらに審査回答は最短翌営業日。しかも融資までが、最短で翌営業日(※1)なのです。
(※1申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合がございます。)

\ WEBで申込完結 /

三井住友銀行カードローンに申し込む

スマホで24時間、土日も申込OK

三井住友銀行カードローンの良い評判

三井住友銀行カードローンですが、どの点に魅力を感じるのかを具体的に確認してみましょう。

それぞれ解説していきます。

金利が年1.5%~14.5%で、消費者金融に比べて上限金利が低め

なんといっても、三井住友銀行カードローンの一番の魅力は、銀行ならではの金利にあります。

銀行カードローンは消費者金融と比べて上限金利が低めに設定されています。

金利を抑えて融資を受けたい方におすすめです。

普通預金口座・キャッシュカードがあればキャッシュカードで借り入れができる

三井住友銀行の普通口座及びキャッシュカードを持っていれば、次の2つのメリットを受けることができます。

  1. 申し込み時の入力項目が少なくて済む
  2. 預金のキャッシュカードで借り入れが可能

この内最も大きなメリットは、「預金のキャッシュカードで借り入れが可能」でしょう。既にキャッシュカードは持っているのですから、カードが送られてくる訳でもありません。

キャッシュカードだけで済むので、カードの2枚持ちも不要。財布の中もかさばりません。

三井住友銀行ATM及び提携コンビニATMなら手数料が無料

三井住友銀行カードローンの取引で利用できるATMは、豊富にあります。

  • セブンイレブンに設置してあるセブン銀行ATM
  • ローソンに設置してあるローソン銀行ATM
  • ファミリーマート等にコンビニに設置してあるEnetATM
  • 三井住友銀行ATM
  • 三菱UFJ銀行ATM(ローン専用カードのみ)
  • ゆうちょATM(ローン専用カードのみ)

これらのATMを手数料無料で利用できるので、全国どこでも借り入れに困ることはありません。
※三菱UFJ銀行の場合、一部の店舗外ATMコーナーが無料となっております。

\ WEBで申込完結 /

三井住友銀行カードローンに申し込む

スマホで24時間、土日も申込OK

三井住友銀行カードローンの悪い評判

では今度は、三井住友銀行カードローンのデメリットを見ていきましょう。

それぞれ解説していきます。

在籍確認が行われる

三井住友銀行カードローンを申し込むと、審査の過程で勤務先に在籍確認の電話が入ります。

基本的に「三井住友銀行名」でかかってきますので、カードローンだとはわからないはずです。しかし、やはり電話対応した人の性格によって、疑う人はそういった目で見てきます。

そのような会社に勤めている方からは、在籍確認は止めて欲しい。との声が上っています。どうしても在籍確認に不安のある方は、カードローンプラザで相談を受け付けているので、一度相談してみることをおススメします。

銀行口座がないローン契約機も行かない場合は、カードは郵送される

三井住友銀行カードローンを申し込んで、めでたく審査通過した場合に「三井住友銀行の口座がない」また、カードの受け取りを自宅にした場合には当然ながら、ローン専用カードは自宅に郵送されることとなります。この点について、「郵送されるといろいろと勘ぐられて嫌だ」との声が聞かれます。

恐らくカードローンであることの「後ろめたさ」からくる感覚なのでしょう。それならば、インターネットから先に三井住友銀行の、口座を開設してしまいましょう。

WEBで口座開設すれば、約1週間から2週間でキャッシュカードが自宅に届きます。本当にキャッシュカードであれば、誰に見られても「後ろめたさ」は感じることはないでしょう。キャッシュカードの到着が遅くなっても、口座番号は先に知ることができますから、「銀行口座ありでの申し込みが可能」になります。

また、郵送物が困る場合は、ローン契約機でローン専用カード等を受け取るのがおすすめです。

三井住友銀行カードローンの利用限度額と金利

三井住友銀行カードローンの利用限度額は、「10万円~800万円」となっています。

また金利は、冒頭にお伝えした通り「年1.5%~14.5%」と銀行ならではの金利です。

ここでは、利用限度額と金利についてもう少し詳しく解説してみましょう。

三井住友銀行カードローンの利用限度額

何度も重ねての説明となりますが、三井住友銀行カードローンの利用限度額は10~800万円となっています。

利用限度額については、金利とセットで解説した方がわかりやすいので、次の「三井住友銀行カードローンの金利」にて、詳しく解説しましょう。

三井住友銀行カードローンの金利

三井住友銀行カードローンの金利は、契約極度額によって異なってきます。

契約極度額金利(年利)
100万円以下12.0%~14.5%
100万円超200万円以下10.0%~12.0%
200万円超300万円以下8.0%~10.0%
300万円超400万円以下7.0%~8.0%
400万円超500万円以下6.0%~7.0%
500万円超600万円以下5.0%~6.0%
600万円超700万円以下4.5%~5.0%
700万円超800万円以下1.5%~4.5%

三井住友銀行カードローンの金利は、この一覧表の通り契約極度額によって適用金利が異なっています。

たとえば、100万円以下の場合だと、10万円から90万円まで1万円単位で契約極度額が決定しています。この場合、適用金利は年14.5%が通常は適用されます。

しかし、延滞のない良好な取引が継続していれば、年12.0%の金利が摘要される可能性もあるのです。当然、契約極度額が高ければ高いほど、低い金利が設定となります。

これを基本に、三井住友銀行カードローンでは契約極度額によって、金利が変動する設定となっています。

\ WEBで申込完結 /

三井住友銀行カードローンに申し込む

スマホで24時間、土日も申込OK

三井住友銀行カードローンの審査

ではここで、三井住友銀行カードローンの審査について詳しく解説しましょう。

借り入れが最短翌営業日となっているので、消費者金融会社のカードローン程度の優しさだと勘違いしてはいけません。

三井住友銀行カードローンでは、収入のない専業主婦(主夫)は申し込むこともできません。その辺を考慮して、次から審査について詳しく解説します。

審査基準

三井住友銀行カードローンの審査基準は、次のすべてをクリアする必要があります。

  • 満20歳以上、満69歳以下の方
  • 原則、安定した収入のある方
  • 保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方
  • 使いみちが事業性資金以外の方

既に先にお伝えしている通り、「原則、安定した収入のある方」となっているので、配偶者に収入があったとしても、本人の収入がない専業主婦(主夫)の方は、申し込みすることもできません。

また、使用用途は概ね自由ですが、事業性資金には利用できません。つまり、生活費の補填や海外旅行、ショッピングなどに借り入れたお金を使うことは可能ですが、会社の物品購入や会社の慰安旅行など、会社に関わる使途には利用できないということです。

審査難易度

三井住友銀行カードローンの審査の難易度は、「高い」となります。

その理由は、「原則、安定した収入のある方」であり、金利が年1.5%~14.5%と消費者金融に比べると上限金利が低めなことも挙げられます。

一般的に金利が高い方が「借りやすい=審査が優しい」となります。その逆に金利が低いと「借りにくい=審査が厳しい」となります。

金利を低く設定できる理由は、貸し倒れがないからです。つまり、融資途中で返済が滞り債務整理などされる利用者は選びません。確実に、返済が滞ることなく長期的に借り入れしてもらえる方を、お客さまとして選びます。

この観点からいえば、三井住友銀行カードローンの審査は、結構ハードルは高いということになります。

在籍確認

三井住友銀行カードローンに申し込むと、勤務先への在籍確認は確実に行われます。

かかってくる際には「三井住友銀行名」でかかってくるので、上手くかわす方法はあります。申し込んだ時点で、「三井住友銀行に口座の問い合わせをしているから、電話がかかってきたらよろしくね!」とあらかじめ受付に伝えておけば、カードローンの確認とは思わないでしょう。

それでも心配な方は、カードローンプラザに相談することをおススメします。

審査スピード

三井住友銀行カードローンの審査スピードは、最短翌営業日です。

最短で申し込んだ翌営業日に審査結果がわかります。(※申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合がございます。)

\ WEBで申込完結 /

三井住友銀行カードローンに申し込む

スマホで24時間、土日も申込OK

三井住友銀行カードローンの申込みから借入までの流れ

それでは、三井住友銀行カードローンの申し込み方法と、借り入れまでの流れを解説しましょう。

三井住友銀行カードローンに申し込むなら、あらかじめ三井住友銀行の普通預金口座を開設しておくことをおススメします。

口座を持っていれば、より便利に利用することが可能になります。

三井住友銀行カードローンの申し込み方法

ステップ1

先ずは三井住友銀行カードローンの公式サイトから「審査申し込みはこちら」のバナーをクリック。ここで、三井住友銀行の口座を持っているか、持っていないかの選択となります。

口座を持っている場合は、SMBCダイレクトにログインすることで、名前や住所、電話番号、メールアドレスなどの入力を省くことができます。

口座を持っていない場合は、そのまま申し込み画面に移動しすべての情報を入力します。

勤務先情報の入力場面や、その他借り入れ金額など、すぐに判断できない情報の入力を求められる個所もあります。そのようなところで時間を使うのはもったいないので、コチラに注意点としてまとめました。事前に用意しておくことで申し込みがスムーズになります。

▼申し込み時に事前に準備しておきたい情報一覧

  • 免許証(表面をスマホで撮影しておくとベスト)
  • 入居年月
  • 保険証
  • 会社情報(業種・正社員の人数)
  • 入社年月日
  • 税込み年収(源泉徴収票に記載してあるのでこれを用意)
  • 他社借入金額(できるだけ正確に書き出しておく)

ステップ2

申し込みフォームから申し込みが完了したら、本人確認書類の提出を行います。

当然、WEBから必要書類をアップロードすることが可能です。

  1. スマートフォンアプリをダウンロードしてアップロードする
  2. WEBサイトの「書類提出サービス」を使ってアップロードする

上記の2つから好きな方法を選ぶことができます。

スマートフォンを利用しているなら、アプリをダウンロードして利用する方が便利です。

必要書類は、次のとおりです。

▼必要書類について

本人確認書類(顔写真付き書類)次のいずれか1点

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • パスポート
  • 住民基本台帳カ-ド(顔写真付き)

収入証明書類に関しては、三井住友銀行カードローンの利用限度額が、50万円を超える場合には提出が必要です。

三井住友銀行が必要と認めた場合には速やかに提出してください。

ステップ3

最短翌営業日に申し込み時に登録した電話番号かメールアドレス宛に、審査結果の連絡が来ます。

時間帯は9:00~21:00の間です。

ステップ4

審査通過した方は、カードの受け取りとなります。

三井住友銀行の口座を持っている方は既存のキャッシュカードで借り入れをできます。

口座を持っていない方は、ローン契約機でローン専用カードを受け取るか、郵送での受け取りとなるのでどちらか自分に合った方法を選びましょう。

\ WEBで申込完結 /

三井住友銀行カードローンに申し込む

スマホで24時間、土日も申込OK

三井住友銀行カードローンの返済方法

ここでは、三井住友銀行カードローンの返済方法について解説します。

返済方法としては「口座振替・ATMでの返済・インターネット振込」の3種類を契約時に選ぶことができます。

三井住友銀行の普通預金口座を持っている方であれば、毎月約定日に口座から自動で引き落としされる口座振替を選んでいるはずです。

返済日は「5日・15日・25日・月末」の4つから、好きなタイミングを選べます。

口座振替による返済

カードローンの返済用預金口座より、借入残高に応じた約定返済金額を自動引き落としにより返済します。

インターネットでの返済

SMBCダイレクト(インターネットバンキング)を使って、カードローン口座へ振込にて返済します。

ATMでの返済

契約時に指定した約定返済期日までに、カードローン口座へ約定返済金額をATMから入金することで返済となります。

借入残高別の約定返済額一覧表

三井住友銀行カードローンでは、借入残高によって月々の返済額が決まってきます。

ここでは、借入残高別の返済額一覧表を作成したのでご覧ください。

約定返済時のお借入残高約定返済金額
2千円未満の場合約定返済時の利息金額と借入残高の合計額
(ただし、2千円を上限とします)
2千円以上50万円以下10万円以下の場合2,000円
以後、10万円増すごとに+2,000円
50万円超300万円以下60万円以下の場合11,000円
以後、10万円増すごとに+1,000円
300万円超500万円以下350万円以下の場合40,000円
以後、50万円増すごとに+5,000円
500万円超800万円以下600万円以下の場合60,000円
以後、100万円増すごとに+5,000円

三井住友銀行カードローンでは、月々の返済額も少なく済む設定となっています。たとえば上記一覧表にて、30万円を借り入れした際の返済を確認してみましょう。

10万円までは2,000円+4,000円(10万円ごとに+2,000円)=6,000円

となり、30万円の返済額は月々6,000円となります。

因みに50万円では10,000円、100万円の際は、15,000円となります。

三井住友銀行カードローンがおすすめな人

三井住友銀行カードローンがおすすめな人は、たくさんいます。

その中でもとくにおすすめとなるタイプの人をご紹介しましょう。

三井住友銀行口座を持っている人

三井住友銀行カードローンを申し込む際に、三井住友銀行の口座を持っていると「申し込み情報が少なくて済む・キャッシュカードがそのまま利用できる」との、2つのメリットを受けることができます。

中でも、キャッシュカードがそのまま利用できるメリットは大きいです。

よって、三井住友銀行の口座を持っていてカードローンを検討している人は、三井住友銀行カードローンがとくにおすすめとなります。

カードローンの金利を低く抑えたい人

カードローンを利用するなら、金利はできるだけ抑えて利用したい人には、三井住友銀行カードローンがおすすめとなります。

三井住友銀行カードローンの金利は、契約極度額が800万円の場合は年1.5%、10万円の場合でも年14.5%と消費者金融と比較すると上限金利が低めです。

銀行カードローンを検討している人

カードローンには銀行が提供する銀行カードローンと、消費者金融会社が提供する消費者金融系の2種類が存在します。

この内、銀行カードローンを検討している人には、三井住友銀行カードローンがおすすめとなります。

理由は下記のようにメリットがたくさんあるからです。

  1. 上限金利の低さ
  2. 毎月2000円~の返済(※毎月のご返済は、返済時点でのお借入残高によって約定返済金額が設定されます。)
  3. 最短翌営業日の融資が可能(※申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合がございます。)

銀行カードローンを検討しているなら、ぜひとも、三井住友銀行カードローンをおすすめしたいです。

\ WEBで申込完結 /

三井住友銀行カードローンに申し込む

スマホで24時間、土日も申込OK

三井住友銀行カードローンの口コミ・評判

三井住友銀行カードローンを実際に借り入れを行った方の口コミをご紹介します。

良い口コミ・悪い口コミに関わらず、年齢順に掲載しています。

三井住友銀行カードローンの口コミ

22歳/男性(正社員)
年収:200万円以上400万円未満
借入額:10万円

急な出費が重なってしまい、カードローンを利用することになった。カードローンを利用するのは初めてでとても緊張したが、三井住友銀行という大手金融機関ということもあり、安心して借りることができた。また借りる際の煩わしいプロセスが全くなく、すぐに借りることができたのがとてもよかった。また、三井住友銀行のカードローンは、返済額と返済期間のシミュレーションがHPで行えるのがよかった。シミュレーションをすることで、不安を少しでも解消できると思う。


30歳/女性(契約社員)
年収:200万円以上400万円未満
借入額:10万円

やはり3大メガバンクであるという点に安心感があり申し込みをしました。大銀行の割には対応がスムーズに感じました。WEB完結で申し込みができ、店舗に出向く必要が無いため、仕事が終わった後の夜遅い時間でも気にせず申し込みができたのが良かったです。純粋な銀行系ローンだと消費者金融よりも審査が厳しそうなイメージがありましたが、収入が多くない自分でも審査に通りました。銀行系のカードローンなので、消費者金融に比べれば金利は抑えられます。


32歳/女性(専業主婦)
年収:200万円未満
借入額:30万円

奨学金の返済のため、実家の最寄駅に出来た新しい店舗にてお手続きさせて頂きました。20代から海外在住なので、基礎的なこともわからない私に分かりやすく丁寧に教えてくださいました。また、三井住友銀行に普通預金の口座がある場合、来店する必要がなくインターネットを利用して借入の申込が出来るとも教えて頂きました。審査や手続自体もネットで完結するので非常に楽ですし、心理的な負担も少ないので良かったです。携帯のアプリで現在の状況を把握できるのも安心しました。


33歳/女性(派遣社員)
年収:200万円以上400万円未満
借入額:50万円

引っ越し費用がすぐ必要だった為に利用しました。私自身借り入れをするのは避けたかったのですが、引っ越しまで時間が限られていたのですぐに返せる程度の金額のみ借り入れをしました。更に初めての借り入れだったので不安だらけではありましたが、担当して下さった方が電話越しではありましたがご丁寧に対応して下さったおかげで直ぐにお金が用意出来たのは助かりました。また平日は仕事で銀行に行けない状況だったので、夕方に小部屋で周りの人を気にすることなく手続き出来たのも有難かったです。


34歳/男性(正社員)
年収:600万円以上800万円未満
借入額:20万円

ちょっとしたお金が必要な時期があり、三井住友銀行カードローンを利用しました。貸し出しは初めてでしたが、銀行のホームページをみると、分かりやすく解説されてあり、初心者にも対応できました。借りた場所は、通勤の駅の近くの三井住友銀行のATMを利用しました。そのお金を有効に使用することができ、毎日を有意義に過ごすことができました。その後、一生懸命に働き、お金を貯蓄して、期限以内に返金することができたので、利子は多くなかったです。返金方法もスムーズでした。


35歳/女性(パート・アルバイト)
年収:200万円未満
借入額:5万円

三井住友銀行カードローンにて、借入を行った事がありますが、すぐに借入が出来るところがとても助かりました。急遽、出費が必要な時に借入審査を依頼して、1日程度で審査も通過して借り入れする事ができました。とてもスムーズで、最寄りのコンビニATMなどで引き出すことが出来たのも良かったです。返済に関しても、毎月2,000円から返済ができるので、支出が多い月などには返済金額を調整出来るのも良かったところでした。


35歳/男性(正社員)
年収:200万円以上400万円未満
借入額:10万円

どうしても急ぎでお金が必要で、ネット検索して無人カードローン機の存在を知りました。平日に銀行に行くスケジュールもなく、あまり公にしたく無かったので無人カードローン機でカードが作成出来たのはとても助かりました。また、郵送物は不可なども融通を効かしてくれるのでとてもサービスが良いと感じます。利息も100万以下の借入で、12〜14%程度だったかと思います。他の消費者金融より比較的安いのではないかと感じています。


36歳/男性(正社員)
年収:400万円以上600万円未満
借入額:400万円

どこのコンビニATMでも借り入れすることができるの急ぎの時には重宝します。大手の銀行ですし、一般消費者金融に比べ、後ろめたさ?は少ないです。ある程度の年月のやり取りで借入額も増額してもらえますし、金利の見直しもこちらから言わずとも定期的に銀行の方から提案してくれます。どうしても必要な時に借り入れして完済。また必要な時に借り入れして完済。を繰り返して今は借り入れはしていませんが、やむを得ない場面があればまたお世話になる可能性もあります。計画的に借り入れをすれば借金があって、、と負い目に感じる事はなく、むしろ有意義に時間を過ごせています。銀行系のローンですし、消費者金融で借り入れよりおすすめです。


37歳/男性(正社員)
年収:600万円以上800万円未満
借入額:10万円

まとまった費用の支出があり、生活費の負担になってしまうため、三井住友銀行カードローンを利用しました。借り入れするための手続きや審査も素早く行えて、費用が必要な時には借り入れが無事に出来ました。コンビニATMなどから返済する事が出来るのも、利便性が良かったです。まとまって一括返済も出来るので、費用に余裕ができた時に返す事が出来ました。短期の借り入れであれば、利息も少なく済みますし急な出費の際の対応に適しています。


40歳/男性(正社員)
年収:200万円以上400万円未満
借入額:1700万円

住宅ローンの借入で仲介業者の紹介により、三井住友銀行さんを利用させていただく事になりました。ローン契約は審査が通るか不安もありましたが、審査も無事に通り1700万円の借入でローン契約を結んでいただく事になったのですが、ローン契約に関する事も担当者が丁寧に説明してくださり、今現在も安心して利用させていただいてます。今年で借入から7年目になりますが、今現在特に金利が上がる事もないですし、今後も変わらずお世話になりたいと思っております。


43歳/男性(正社員)
年収:600万円以上800万円未満
借入額:30万円

他に借入があったため、審査が通るか不安でしたが無事に通ることができました。支払いの期日が迫っていたため、まとまったお金が必要だったので、本当に助かりました。本当は借入をしたくはなかったのですが、どうしても借りるしかなかったので利用しました。金利が勿体無いので、お金ができてすぐに返済をしました。手続きに関してですが、わからないことがあったのでコールセンターに電話をしましたが、とても親切に対応していただけました。疑問が解消し、スムーズに契約をすることができました。


43歳/男性(士業)
年収:400万円以上600万円未満
借入額:15万円

銀行カードローンにしては審査結果の連絡まで早かったので、わりと早く融資を受けることができたのがまず良かったです。それと知名度的にも大手のメガバンクのカードローンということもあって安心感が高かったです。電話オペレーターの対応も素晴らしいの一言です。丁寧な口調で全く威圧的な態度はなかったです。それから返済も2000円からすることができるようになっている点も魅力があります。また返済に関しても三井住友銀行はもちろんのこと、その他にも提携のコンビニATMで手数料がかからないで利用することができる点も良かったです。


47歳/男性(正社員)
年収:200万円以上400万円未満
借入額:20万円

親戚の結婚、出産等お祝い事等が重なりやむなく一時的な借入をさせていただきました。大急ぎで必要だったので金利等の重要な部分を調べずに借りてしまい正直戦々恐々でありましたが、返済時思ったほどの金利でなく安心いたしました。審査もそれほど時間が掛かりませんでした(メインバンクが三井住友銀行であったことも一因かもしれません)。今回は特別ではありましたが本来は計画的に利用しなければならづ反省しておりますがまた困った際には利用したいと思います。


48歳/男性(正社員)
年収:800万円以上1000万円未満
借入額:10万円

三井住友銀行の口座を持っていたことがきっかけでした。カードローンの申し込みについては口座を持っていなくても簡単にできることを確認したのですが、実際に借り入れに関しては普通預金のカードを持っていれば簡単にできることがわかりましたし、100,000円からキャッシングできることを知ったときに、どうしても車の車検で家族でお金が必要になると言うことがあって、ボーナスでは間に合わないことがわかったので利用することにしました。 1ヵ月後には返済するめどが立っていたので金利もさほど気にならず、家族にも公認で申し込むことができたカードローンです。今後も不測の事態があればお世話になりたいと思っています。

三井住友銀行カードローンに関するよくある質問

三井住友銀行カードローンに関するよくある質問に、Q&A形式で回答していきます。

三井住友銀行カードローンの特徴は?

三井住友銀行カードローンの特徴は下記のとおりです。

  1. 審査回答は最短翌営業日(申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合がございます。)
  2. 三井住友銀行の普通預金口座がなくても申込可能
  3. 三井住友銀行ATM、提携コンビニATMなら手数料無料

WEB完結で申し込みができ、返済もネットで出来る便利なカードローンです。
※ネットでの返済は、場合によっては手数料がかかります。

三井住友銀行カードローンの金利は?

三井住友銀行カードローンの金利は、年1.5%~14.5%です。

三井住友銀行カードローンは銀行カードローンならではの、低めの金利設定になっています。

金利を抑えて借入したい人におすすめです。

三井住友銀行カードローンに無利息期間はある?

三井住友銀行カードローンに無利息期間はありません。

無利息期間を利用したい場合は、消費者金融やみずほ銀行カードローンなどを検討しましょう。

三井住友銀行カードローンは借り入れまでどれくらいかかる?

三井住友銀行カードローンでが借り入れまで最短翌営業日です。ただし申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合があります。

早めにお金を受け取りたい場合は、早めに申し込みましょう。

三井住友銀行カードローンは主婦でも借りられるの?

三井住友銀行カードローンは主婦でも借りることができます。

自分でアルバイトやパートで収入があれば可能です。

三井住友銀行カードローンは無職でも借りられるの?

三井住友銀行カードローンをはじめ、カードローンは収入がない無職では借りることが出来ません。

なぜなら、審査の時点で返済能力がないと判断されるからです。

カードローンでお金を借りるにはアルバイトなどでも良いので、安定した収入が必要です。

まとめ

三井住友銀行カードローンの特徴やメリットなど、さまざまな情報をお伝えしてきました。いくつか悪い評判も聞こえてきているようですが、総合的には優れたカードローンであることがおわかりいただけたでしょう。

銀行カードローンならではの金利で融資を受けたい人におすすめのカードローンです。

\ WEBで申込完結 /

三井住友銀行カードローンに申し込む

スマホで24時間、土日も申込OK

▼カードローン関連記事

※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事に掲載している情報は、可能な限り正確な情報となるよう努めておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合があります。
※本記事に掲載されているカードローン等のローン商品に関するご質問、お問い合わせにはお答えすることができません。各金融機関へ直接お問い合わせ頂きますようお願いいたします。
※カードローンのご利用は計画的に。お借り入れ条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。