アコムの評判は悪い?審査・金利を徹底解説!

「アコムの評判が知りたい」

「アコムの審査スピードや難易度は?」

「アコムの金利は高いの?」

この記事では、アコムの上記のような疑問について解説していきます。

アコムは知名度の高い大手消費者金融です。

カードローンをアコムで検討しているという方も多いのではないでしょうか?

アコムの概要をメリット・デメリット踏まえて詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてくださいね!

アコムとは?サービス概要を解説!

アコム

アコムの概要

限度額800万円
金利3.0%~18.0%
対象年齢未成年の契約不可
保証人不要
返済方法口座振替、インターネット返済、アコムATM、提携ATM、銀行振り込み、店頭窓口
審査時間最短30分

「はじめてのアコム」でお馴染みのアコムは大手の消費者金融であり、テレビCMでもよく目にするため、知らない人は少ないでしょう。アコムはカードローンとキャッシングのサービスを軸にしているため、業界でもNo.1の顧客数を誇っています。

数多くの実績があるアコムですが、詳細を把握せずに借り入れをしてはいけません。アコムで借り入れを検討している人に向けて、サービス概要からメリット、デメリット、借り入れ方法などをご紹介します。借り入れ前の比較材料として利用してください。

\ 30日間金利0円 /

アコムに申し込む

最短30分で審査回答、即日振込も可能

アコムの良い評判

はじめに、アコムのメリット・良い評判をご紹介します。

それぞれのメリットを詳しく解説していきます。

初回限定最大30日間利息0円

消費者金融で多く取り扱っている、30日間利息0円をアコムでも提供しています。

初めて消費者金融を利用する人にとっては大きなメリットです。

30日間は消費者金融側に利益が発生しないため、利用者を第一に考えたサービスであると言えます。

スピーディな審査

アコムは多くの消費者金融の中でも、トップクラスで審査と融資の対応がスピーディです。

申し込みをしてから借り入れができるまで数日かかってしまうのが一般的ですが、アコムでは申し込みから借り入れまでその日のうちに行えます。

急な出費でお金に困っている人など、今すぐに借り入れがしたい人にとっては大きなメリットです。

土日祝日でも即日融資に対応

アコムは年末年始を除いた土日祝日でも審査を行っています。

窓口はお休みですが、ネットで申し込んだ後に自動契約機を利用してローンカードを発行する方法が利用できます。

しかし、土日祝日は企業も休業している場合が多く、後述する在籍確認の電話対応が少々困難であるため、土日祝日が休みの人は在籍確認についてアコムに相談しておきましょう。

便利な機能が備わったアコム公式アプリがある

アコム公式アプリである「myac」を利用すれば様々な機能が使えるメリットがあります。

  • 本人確認がアプリで完結
  • 支払日をプッシュ通知で確認
  • 書類をアプリで提出可能
  • 利用状況の確認
  • 最短1分で振り込み完了

などの機能が備わっています。

中でも、最短1分で振り込み可能なサービスは特筆すべき点です。アプリからの手続きのみで、振り込み手数料無料で口座に振り込みをしてくれるので、すぐに借り入れが可能です。

借り入れから返済までアプリ一つでできるので、大変便利なアプリとなっています。

カードローン機能をクレジットカードに付帯できる

アコムではカードローン機能に加えて、買い物でも使用できるクレジット機能がついた「ACマスターカード」があります。

毎月の利用額の0.25%を自動でキャッシュバックしてくれる上、年会費無料で即日発行も可能です。

ACマスターカード一つで様々な活躍ができるので、非常におすすめです。

\ 30日間金利0円 /

アコムに申し込む

最短30分で審査回答、即日振込も可能

アコムの悪い評判

たくさんのメリットがありますが、デメリットも存在します。

銀行カードローンとは違い、消費者金融であるからこそのデメリットもあるので、あわせてご紹介します。

それぞれ見ていきましょう。

 総量規制の対象

アコムは消費者金融であるため、総量規制の対象になります。総量規制とは、賃金業法の一部であり、年収の1/3を超える金額を借り入れできないシステムです。

年収が300万円の人は、消費者金融で借り入れをする際、1/3である100万円までしか借り入れができないとイメージしてください。

また、他の消費者金融で既に50万円借りていた場合は、残り50万円しか借り入れができません。

したがって、できるだけ多くの金額を借り入れたい人にとっては、消費者金融が向かないかもしれません。

提携ATMの手数料が掛かる

アコムが提携しているATMを利用する際には、手数料がかかります。

アコムATMやインターネットを利用した借り入れや返済は無料で利用できますが、頻繁に提携ATMを利用したい人にとってはデメリットです。

\ 30日間金利0円 /

アコムに申し込む

最短30分で審査回答、即日振込も可能

アコムの利用限度額と金利

アコムの利用限度額と金利をご紹介します。

借り入れ額別の金利や、他社と比較もしていきますので借り入れの際の参考にしてください。

アコムの利用限度額

アコムの利用限度額は800万円です。一般的な消費者金融では300万円から500万円の所が多数であるため、アコムの融資額は良心的です。

しかし、前述した通り総量規制の対象であるため、800万円まで借り入れをするには2,400万円の年収が必要です。

アコムは他の消費者金融と比較して、増額の申請が安易にできるので、利用を続けていく上で信頼を築ける可能性があります。

アコムの金利

アコムの金利は、3.0%~18.0%と消費者金融の中では標準的な利率を提供しています。

利用限度額によって、金利が以下のように変わります。

アコムの利用限度額金利
1万円~99万円7.7%~18.0%
100万円~300万円7.7%~15.0%
301万円~500万円4.7%~7.7%
501万円~800万円3.0%~4.7%

利用限度額が多いほど金利は低くなります。

しかし、初めて借り入れをする際は上限金利でシミュレートしておきましょう。

初めて消費者金融で借り入れをする際は、上限金利で設定するケースが多いためです。

以下に、他の消費者金融の金利を記載しておきますので、アコムと比較してみてください。

A社利用限度額金利
1円~100万円以下15.0%~18.0%
100万円~200万円12.0%~15.0%
200万円以上~300万円9.0%~15.0%
300万円以上~400万円7.0%
400万円以上~500万円4.5%

アコムとA社では、上限金利は同一ですが、下限金利に差があります。

借り入れを検討する際には、金利も重要なポイントとなるため、比較をする場合はしっかりと目を通しておきましょう。

アコムの審査

続いては、アコムの審査に触れていきます。

借り入れ前に審査について知っておきましょう。

しかし、審査の内容について確約できるものではないとご了承ください。

審査基準

アコムの審査基準ですが、安定した収入が必要です。

18,19歳の方は収入証明書の提出が必須になります。

審査の内容については公開していないため、アコムが提示している条件を全てクリアしておくのが無難です。

審査難易度

年齢制限と収入に関する制限があるため、一見審査難易度は高そうだと感じてしまいますが、アコムは消費者金融の中でも比較的穏やかな審査をしている傾向があります。

アコムは新規契約率が業界トップであるのと、新規契約者数を増やす計画をしています。

複数社から借り入れをしている場合や、ブラックリストに載っている場合でなければ、審査に通過するでしょう。

在籍確認

在籍確認とは、申し込み者の勤務先情報を担当者が電話して確認する作業です。実際に申し込み書に記載した勤務先で働いているかチェックするだけなので、申し込み者本人が対応しても、勤務先の人が対応してもどちらでも問題ありません。

しかし、確実に在籍確認を行います。アコムは基本的に在籍確認を電話で行っていますが、勤務先の人に借り入れをしている事実を内密にしてくれるため、アコムからの電話は、担当者の個人名で電話がかかってきます。電話を受けた社員が社名や要件を聞いた場合には、「個人的な用事で~」等の上手な言い訳でその場を凌いでくれるようです。

前提として、賃金業法により第三者にカードローン利用の事実を伝えてはならないと決まりがあるため、社名や要件は申し込み者以外には伝えないのが一般的です

また、基本的には電話で在籍確認を行うとお話しましたが、事情によっては、書類で在籍確認が可能です。書類での在籍確認の場合は、勤務していると証明できる書類が必要です。

社名の記載がある書類の提出が必要で、

  • 社会保険証
  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 社員証

などで在籍確認が完了する場合があります。

アコムが提示してきた書類の提出ができる場合に限り、書類での在籍確認ができます。

つまり、書類を用意できなければ電話での在籍確認になります。

審査スピード

アコムは最短30分で審査が完了します。しかし、審査の混雑状況等で時間が左右するので、できるだけ早く申し込みをしましょう。

そしてアコムは最短翌日融資にも対応していますが、インターネットや電話で事前に申し込みをしてから、自動契約機か店頭で契約手続きを進める必要があります。

\ 30日間金利0円 /

アコムに申し込む

最短30分で審査回答、即日振込も可能

アコムの申込みから借入までの流れ

アコムの申し込みから借り入れまでの流れをご説明します。

契約時に必要な書類もご紹介するので、申し込みの際に忘れないようにしましょう。

アコムには申し込み方法が4つあり、以下のいずれかで申し込みをします。

  • インターネット
  • 電話
  • 自動契約機「むじんくん」
  • 郵送

一つずつ申し込み方法をご紹介します。

インターネットでの申し込み

インターネットで申し込みをする際は、ホームページから24時間いつでも申し込みが可能です。

申し込みから借り入れまで全て完結できるのがインターネットの特徴で、アコムの店舗へ行く必要もありません。時間が確保できない人におすすめです。

インターネットで申し込みをする際、パソコンやスマートフォンから申し込みが可能で、必要事項を入力します。内容は以下に記載します。

入力情報詳細
申し込み者情報氏名、生年月日、性別、メールアドレスなど
自宅情報郵便番号、住所、電話番号、家族人数など
勤務先情報会社名、勤務先住所、勤務先電話番号、雇用形態、職種、保険証の有無等
他社借り入れ状況他社からの借り入れ件数、借り入れ総額
希望限度額希望する限度額
審査結果の希望連絡先携帯、自宅、勤務先
暗証番号生年月日や同一した4桁の数字は不可

事実と異なる虚偽の情報を入力した場合は、審査に影響を及ぼすため、正確に記載するようにしましょう。

上記の情報を入力したら、メールで仮審査の結果が届きます。審査スピードが早いので、すぐにメールが届きます。結果が届いたら、本人確認書類や収入証明書類などの提出をします。収入証明書はアコムで50万円以上の借り入れを希望する場合や、他社との合計で100万円以上の借り入れを希望する場合に必要です。

書類の提出方法は5つあり、以下のいずれかを利用して提出可能です。

  • パソコンからアップロード
  • スマホアプリで送信
  • FAX
  • 店頭窓口や自動契約機に持参
  • 専用郵便で郵送

提出が完了したら契約内容確認のURLがメールで届くので、届いた契約内容に同意すれば契約完了です。

電話での申し込み

電話申し込みも、インターネット申し込みと同様に24時間年中無休で対応しています。

まずはフリーダイヤルに電話をして、ガイダンスに沿って操作すればオペレーターにつながります。あとはオペレーターに従えば契約手続きに進めます。

電話で申し込みをしたあとの手続きは、以下のいずれかで契約の手続きを行います。

  • アコムの店舗
  • FAX
  • 郵送
  • インターネット

店舗に出向けば、ローンカードの発行も可能です。

店頭窓口、自動契約機での申し込み

アコムには、自動契約機の「むじんくん」が設置してあります。窓口でも自動契約機でも申し込みが可能です。

本人確認書類を用意した上で、アコムの店頭窓口か自動契約機へ足を運びましょう。

店頭窓口では、担当者と相談しながら申し込みができるので、初めて消費者金融を利用する人は店頭で申し込みをするのがおすすめです。

自動契約機の場合は、音声ガイダンスに従って機械を操作すれば申し込みができます。備え付けの電話があるので、分からない点はオペレーターに問い合わせができます。仮審査に通れば、契約手続きに移行します。契約が完了すれば、すぐにローンカードを発行してもらえるので、アコムのATMや提携ATMで借り入れが可能です。

郵送での申し込み

郵送で申し込みをする場合は、書類の取り寄せをしなくてはなりません。したがって、4種類の申し込み方法の中で最も時間がかかります。急いでいる人は、別の方法で申し込みをしましょう。

流れとしては、電話で申し込み書類を取り寄せます。申し込み書類に必要事項を記入して必要書類とあわせてアコムへ返送します。次に審査の結果が電話連絡でくるので、対応のし忘れがないようにしましょう。審査に通過すれば、契約書類とローンカードが届きますが、インターネット会員ページにログインするか、アコムへ電話すれば、カードが利用できるようになります。すぐにローンカードは使えないので注意してください。

必要書類

必要書類は以下です。

申し込みの際に必要なので、提出前に確認しておきましょう。

申し込みに必要な書類
本人確認書類運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証、在留カード、特別永住者証明書

顔写真のない場合は、住民票、公共料金の領収書、納税証明書

収入証明書類源泉徴収票、給与明細書、税額決定通知書、所得証明書

以上の書類を用意して申し込みをしましょう。

※18,19歳の方は収入証明書の提出が必須です。

\ 30日間金利0円 /

アコムに申し込む

最短30分で審査回答、即日振込も可能

アコムの返済方法

アコムでの返済方法は6種類あり、以下のいずれかの方法で返済が可能です。

  • 口座振り替え(自動引き落とし)
  • インターネット返済
  • アコムATM
  • 提携ATM
  • 銀行振り込み
  • 店頭窓口

非常に多くの返済方法に対応しているので、自分に合った返済方法を利用できます。

以下にそれぞれの返済方法の詳細をまとめましたので、返済方法を探してみてください。

6つの返済方法

口座振り替え(自動引き落とし)

夜間・土日非対応
手数料無料
メリット返済を忘れない
デメリット返済額の指定ができない

インターネット返済

夜間・土日対応
手数料無料
メリットいつでもスマートフォンから返済可能
デメリットゆうちょ銀行やみずほ銀行は利用不可

アコムATM

夜間・土日対応
手数料無料
メリットカードを忘れても返済可能
デメリットカードローンの利用を隠したい人には向かない

提携ATM

夜間・土日対応
手数料1万円以下:110円

1万円以上:220円

メリット返済場所に困らない
デメリット手数料がかかる

銀行振り込み

夜間・土日非対応
手数料金融機関により異なる
メリット1000円未満でも返済できる
デメリット手数料がかかる、夜間や土日の返済は反映が翌営業日

店頭窓口

夜間・土日非対応
手数料無料
メリット返済額の減額や延納の相談ができる
デメリット店舗数が少ない

上記の方法から選択する必要があります。

また、毎月の返済額は借り入れ残高に一定の割合をかけた金額になります。

毎月の返済額

借り入れ残高一定の割合
30万円以下の場合借り入れ金額の4.2%以上
30万円超え、100万円以下の場合借り入れ金額の3.0%以上
100万円超えの場合借り入れ金額の3.0%、2.5%、2.0%、1.5%

アコムでは、定率リボルビング方式を採用していて、「最後に借り入れした時の借り入れ残高」に一定の割合をかけた金額を最小返済額と定めて、最小返済金額以上の返済をする方法です。

アコムがおすすめな人

アコムがおすすめな人はどんな人でしょうか?アコムに向いている人の特徴をご紹介します。

即日融資を受けたい人

アコムの売りでもある、最短30分審査と即日融資の恩恵を受けたい人に向いています。

急な出費がありすぐにお金が必要になっている人に適しています。

増額手続きを希望している人

他の消費者金融と比較すると、アコムは増額の手続きを前向きに検討してくれる傾向があります。

さらに、増額手続き申し込み当日に増額が可能かどうかの回答をもらえます。

追加で融資をしてほしい場合に早い対応をしてくれますので、まずは相談をしてみましょう。

\ 30日間金利0円 /

アコムに申し込む

最短30分で審査回答、即日振込も可能

アコムの口コミ・評判

ここからは、アコムを実際に利用した方の口コミをご紹介します。

アコムの口コミ

31歳/女性(自営業)
年収:200万円未満
借入額:20万円

アコムを初めて利用したのは3年前でした。年収が100万円ほどしかなかったので、そもそもアコムでお金を借りられるのかわからなかったのですが、すんなり審査が通りました。総額36万円借入可能で、20万円借りました。携帯のアプリでアコムがあり、指の操作で簡単に自分が指定した銀行にお金を借り入れることができました。当時、賃貸を急遽引っ越さなければならなくなり、突然の引っ越し代金が払えずに困っていたので、借りたいと思ってから24時間以内にお金がすぐに気軽に借りられてとても助かりました。


32歳/男性(正社員)
年収:400万円以上600万円未満
借入額:15万円

通常の金利は高めだと思いますが、使用開始から30日間は利息が無料になります。少額を借りて短期間で返すならかなりお得に扱えて良いです。大手だけにサービス使用の手順は円滑なものになっていると言えます。ネットで簡単に申し込みが出来、審査からの融資までが速いです。即日で扱えるものなので急ぐ人には心強いものとなります。「振込キャッシング」というサービスは実用性があって良いです。手数料とこちらの面倒を少なくスムーズに返済分を振り込む事が可能になります。サービスにおいて時間の手間を削った要素が多く見られます。その観点からストレスなく扱える良いサービスだと思えます。


34歳/女性(正社員)
年収:200万円以上400万円未満
借入額:50万円

アコムは誰もが知っている企業なので、借りるときに安心感があります。お金が必要になったら「アコムで借りよう」と思えるくらい身近だと思います。実際に利用してみて、とにかく審査が終わるまでが早く、その日か次の日には審査が通ります。また、金利も30日間0円というサービスをしているので、借りてすぐに返せる人は、とてもお得に借りることができます。ただ、消費者金融なので、銀行よりも金利が高いため、借りすぎには注意が必要だと思いました。


35歳/男性(自営業)
年収:200万円以上400万円未満
借入額:15万円

他社借入があったので審査時の電話確認の際に仕事内容や用途等について色々確認されましたが、結果的に1時間以内に契約に至ることが出来ました。自営業は審査に不利と思っていたものの、特に所得証明等は提出することなく融資が受けられて良かったです。スマホやPCで必要な時、必要なだけ気軽に借り入れできるので便利に活用させてもらっています。オペレーターさんの電話対応は、申し込み時と契約後で少し印象が変わるので延滞等はできるだけ避けたいと思っています。


35歳/男性(派遣社員)
年収:200万円以上400万円未満
借入額:2万円

急遽借り入れの必要に迫られたので夜中に手続きを行いました。手続きはむじんくんを使用して行いました。手続き自体はスムーズに進み審査に通ることができました。借り入れ自体はATMを使用した引き出しを使用していました。クレジットカードの発行もされましたがこちらは使用していません。利用した感想としては煩雑な手続きなどは特に必要なく、契約、審査も遠隔で行え時間も選ばないという点で初心者でも利用しやすいと感じました。


35歳/男性(正社員)
年収:200万円以上400万円未満
借入額:10万円

家賃と生活費のためにアコムを利用することになったのですが、早い対応で審査などが済んだことにより、思っていたよりも早く借り入れすることができて、安心した気持ちになれて良かったです。また、大手の会社ということもあるため、オペレーターの方が親切に受け答えしてくれて、利用しやすかったなと思います。ただ、ちょっと金利だけが高くて良くは思えませんでしたが、でも結果的に借りられて助かりましたので、アコムにして満足しています。


35歳/男性(正社員)
年収:200万円以上400万円未満
借入額:10万円

ネットで審査スピードが早いと周りの人から伺い、収入が300万円代でも当日中に借りられるという点は良かったです。友人の結婚式のご祝儀を用意するのを忘れてしまい、その月は支出も厳しい事から急遽、平日午前中に申し込みました。公式サイトから申込みをして3時間くらいでお金を手にする事ができました。ローンカードは自動契約機で発行できるので便利ですがアプリがあればカード無しでお金を借りられるので、持ち歩くのに抵抗がある人に良いと思いました。


36歳/女性(パート・アルバイト)
年収:200万円未満
借入額:50万円

初めは借り入れた事がなかったので本当に借入ができるのか、自分にもできるのかとても不安だったが、大手の会社であること、多くの人が利用していると聞いていたので選んで利用しました。ネットで登録できたし、わたしにもあまり悩まず申請できたので安心したのを覚えています。また、周りにお金を借りているのがバレたらどうしようかと不安もありましたが、ネットで調べるとその心配もなかったので周りの目を気にしないで済むのも良かったです。


40歳/男性(正社員)
年収:200万円以上400万円未満
借入額:10万円

カメラのレンズが欲しくて10万円ほど今年の初めにアコムで借り入れました。まず、インターネットで事前入力を済ませておくと素早く借り入れができると聞いていたので、事前にインターネットで入力を済ませ、店頭窓口に行くと本当にあっという間のスピードで借りました。本当に面倒な手続きがいらないので、借りたい時にすぐに借りれるというお手軽さ、気軽さです。また、私はその時はアコムで初めて借り入れをしたのですが、30日間は利息がかからないというのも安心感を覚えました。


43歳/男性(士業)
年収:400万円以上600万円未満
借入額:5万円

無利息が30日間あるのがまず良かったです。初回利用の場合には30日間に完済することができれば利息を支払うことなく元本飲みの返済で済むのが個人的には良かったポイントです。短期間で返済することができることが分かっていたので、この無利息キャンペーンを上手に活用しました。また電話オペレーターの対応も威圧感がなく丁寧な対応をして下さりました。それから審査結果まで20分くらいでしたので、この審査結果の早さには驚きました。以上のような理由から利用して本当に良かったです。


43歳/男性(正社員)
年収:400万円以上600万円未満
借入額:20万円

審査スピードが早く、即日で融資を受けられたのは、早急にお金が必要だったため大変助かりました。初回だったため30日間無利息で借りることが出来て、負担も少なかったです。返済もコンビニATMで出来るため手間も掛からずよかったです。電話対応も丁寧で流石大手だなと感じました。また在籍確認も会社名でなく、個人名でプライバシーに配慮されており、周囲にばれることなく借りることが出来ました。非常に好印象だったため、また必要があれば利用したいと思えるカードローンです。


46歳/女性(派遣社員)
年収:200万円以上400万円未満
借入額:30万円

審査事態は素早く、本当に困っていたので助かりましたが金利はが高く返済しても利息の返済でほとんど持っていかれ、元金がなかなか減らないので、銀行ローンで借り換えし一括で完納しました。借入中には期日内の返済をしていたため、限度額を上げられるというような営業電話が掛かってきたり、逆に返済期日が1日でも過ぎると、携帯、自宅、職場まで個人名で掛けてきたり。特に折り返しの連絡が遅れると、1日に2回~3回かけてきたります。個人的な感想としては完納をさせてくれない消費者金融に思えます。


46歳/男性(自営業)
年収:200万円未満
借入額:20万円

無利息期間があるため早く返せば利息が安くなりますが、回数を増やしたり遅くすると高くなるため計画的に使わないといけないと思いました。ネットで申し込むと審査結果が出るまで早く、メールに直接届くためいざというときに借りるには最適です。しかし、利用可能額が少ないと年利が高くなるため安易に使うと支払うべき金額が多くなり、あくまでも緊急の場合に利用するようにしました。また、提携銀行やコンビニATMを使うと手数料がかかり、少ない金額では非効率的だと感じました。


49歳/男性(自営業)
年収:200万円以上400万円未満
借入額:30万円

経済状況が苦しかった時に、一時の生活費のためと思って契約しました。国道沿いの無人契約機で簡単にカードを発行することができて、借り入れ、返済ともに全て機械だけで行えました。最初の契約以外はコンビニのATMが使えたので、そちらで行っていました。限度額いっぱいの30万円近く借りている状態で、月々の返済額は12000円程度だったと思います。そのため、返済に困ったことはなく、何より、発行されたカードさえ持っていればいい点が一番便利でした。お金が入った時に残りの分を一気に返してしまったので、思ったより金利を支払うこともなく、うまく使うことができたと思っています。


54歳/男性(正社員)
年収:1000万円以上1500万円未満
借入額:15万円

10年ほど前に、街中のカードローン作成ブースで作成をしました。今であれば、ネットへの情報入力で済んでしまいますが、当時はブースでの作成が主流でした。ATM店舗数も多く、借り入れも返済もこちらの都合で資金の融通ができました。返済予定日の数日前にはきちんとリマインダーも届き、返済忘れも避けられます。金利は、他のカードローンと同レベルで金利面での差はありませんが、使い勝手が良く、お勧めできるカードローンです。

アコムに関するよくある質問

アコムに関するよくある質問に、Q&A形式で回答していきます。

アコムの特徴は?

アコムの特徴は下記のとおりです。

  1. 3秒で借り入れ可能か分かる
  2. 30日間の無利息期間がある
  3. 最短即日で融資可能
  4. WEBで申し込み完結
  5. ネットから24時間借入・返済が可能

WEBから申し込みが出来て、借り入れと返済もネットでできる便利なカードローンです。

アコムの金利は?

アコムの金利は、3.0%~18.0%です。

消費者金融カードローンの標準的な金利と言えます。

アコムに無利息期間はある?

アコムには30日間の無利息期間があります。

初めてアコムを利用する方のみ適当できます。

アコムは借り入れまでどれくらいかかる?

アコムの借り入れは最短でその日のうちに可能です。

借りられるかどうかの審査は3秒で診断できるので、すぐにお金を借りたい人におすすめです。

アコムは学生でも借りられるの?

アコムは安定した収入があれば大学生でも借りることができます。

しかし、未成年やアルバイトをしていない大学生は借りることは出来ません。

なお、18,19歳の方は収入証明書の提出が必須です。

アコムは主婦でも借りられるの?

アコムは主婦でも借りることが出来ます。

しかし、パートでもいいので安定した収入があることが条件です。

アコムは無職でも借りられるの?

アコムは無職やニートなど、収入が0円だと借りることが出来ません。

アルバイトで収入があることが条件です。

まとめ

アコムのカードローンについてご紹介しました。

消費者金融の中でも比較的審査も通りやすく、増額の手続きにも柔軟に対応してくれるので、新規の申し込みでも安心です。

アコムは親切なので、借り入れを希望しているのであれば、まずは相談をしてみましょう。

▼カードローン関連記事

※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事に掲載している情報は、可能な限り正確な情報となるよう努めておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合があります。
※本記事に掲載されているカードローン等のローン商品に関するご質問、お問い合わせにはお答えすることができません。各金融機関へ直接お問い合わせ頂きますようお願いいたします。
※カードローンのご利用は計画的に。お借り入れ条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。