プロミスの評判は悪い?審査・金利を徹底解説!

「プロミスの評判が知りたい」

「プロミスの審査スピードや難易度は?」

「プロミスの金利は高いの?」

この記事では、プロミスの上記のような疑問について解説していきます。

プロミスは知名度の高い大手消費者金融です。

カードローンをプロミスで検討しているという方も多いのではないでしょうか?

プロミスの概要をメリット・デメリット踏まえて詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてくださいね!

プロミスとは?サービス概要を解説!

プロミスの概要

限度額最大500万円
金利4.5%~17.8%
対象年齢18歳以上69歳以下(※1)
保証人不要
返済方法インターネット返済、口座振替、お客様サービスプラザ、プロミスATM、コンビニマルチメディア端末
審査時間最短30分/最短15秒事前審査(※2)

※1 お申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。
※2 事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。新規契約のご融資上限は、本審査により決定となります。

プロミスは、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が提供している大手の消費者金融です。TVCMでの「パッと!ピッと!プロミス」のキャッチコピーは有名ですね。

プロミスでは低金利で借り入れを希望する人におすすめの消費者金融となっています。

消費者金融で借り入れを考えている人に向けて、プロミスの基本情報から借り入れ方法や金利など、プロミスについてご紹介します。他の消費者金融との比較するための情報として利用してください。

\ 30日間利息0円 /

プロミスに申し込む

WEB申込・最短30分融資可能

プロミスの良い5つの評判

はじめにプロミスで借り入れをする利点をご紹介します。

プロミスのメリット・良い評判は下記の5つです。

それぞれの良い評判を詳しく解説していきます。

アプリローンを利用して簡単に借り入れができる

プロミスでは、アプリローンのサービスを提供しています。スマートフォンをお持ちの人は、プロミスのアプリローンを利用するのがおすすめです。

アプリローンの特徴としては、

申し込みから契約アプリの自動入力やスマートフォンのカメラ撮影で申し込みができる
入出金スマートフォンATMで24時間いつでも振り込みキャッシング
カードレスカード不要で全国のセブン銀行ATMから利用可能
キャッシュレスアプリから三井住友VISAプリペイドにチャージ可能
優待サービスお得な割引の「アプリdeクーポン」が利用できる

などの特徴があります。

ローンカードが必要ないので、いつでもキャッシングが可能です。

他の消費者金融よりも金利が低い

一般的な消費者金融では、金利上限が18.0%に設定している所がほとんどですが、プロミスの上限金利は17.8%と他よりも低く設定しています。

初めての借り入れの際は、上限金利で借り入れをするケースが多くあるため、プロミスの金利は利用者にとって大きなメリットです。

金利が低い消費者金融を求めている人にとって、プロミスはピッタリだといえます。

女性でも安心して借り入れができるレディースコールがある

初めて消費者金融を利用する女性のために、女性専用ダイヤル(レディースコール)があります。

特にサービスの内容が変わるわけではありませんが、担当者が女性であるため、気軽に相談できます。

独自のサービス「瞬フリ」

瞬フリはプロミス独自のサービスです。瞬フリでは全国約200の金融機関の口座を持っている人に対し、24時間対応で、受付から10秒程度で口座へ融資を行います。

今すぐにお金が必要で困っている場合などに利用すればすぐに使えます。プロミスにしかない、唯一のサービスです。審査に通っていて、24時間振り込み可能な銀行口座を持っていれば利用できます。

振り込み手数料0円で、24時間365日夜間でも利用できる上、ローンカードを持っていなくても利用できるので審査に通った人は瞬フリの検討をしてみてください。

プロミスポイントサービスの特典がお得

大手の消費者金融では珍しく、ポイントサービスを導入しています。

サービスに応じたポイントの獲得条件やポイント数などをご紹介します。

対象サービスポイント獲得条件獲得できるポイント数
プロミスポイントサービスに申し込み初回登録時100ポイント
プロミスインターネット会員サービスにログイン毎月初回ログイン時10ポイント
プロミスからのお知らせ確認ポイント獲得対象のお知らせ確認5~20ポイント
収入証明書類の提出同年中は1回のみ収入証明書の提出160ポイント
返済日お知らせメール毎月の月末時点にサービス利用1ポイント
取引確認メール毎月の月末時点にサービス利用1ポイント
Web明細の受け取り毎月の月末時点にサービス利用1ポイント

プロミスのポイントの用途ですが、一定期間の利息0円で借り入れができる無利息サービスに使ったり、提携ATMの手数料を無料にしたりできます。

必要ポイント無利息適用期間無利息の適用開始
250ポイント7日間利息以上の返済時、完済時は再度の出金時
400ポイント15日間利息以上の返済時、完済時は再度の出金時
700ポイント30日間利息以上の返済時、完済時は再度の出金時

上記は無利息サービスの詳細です。

提携ATMの手数料を無料にするには、40ポイント利用すれば、申し込み日から翌月末まで提携ATMの手数料が無料になります。

会員サービスやお知らせ確認は比較的安易であるため、ポイントを貯めるのにピッタリです。プロミスで借り入れをする際は、ポイントサービスの利用も検討しましょう。

\ 30日間利息0円 /

プロミスに申し込む

WEB申込・最短30分融資可能

プロミスの悪い評判

今度は、プロミスのデメリットをご紹介します。

実際に消費者金融を比較する上ではデメリットが重要になるので、各社のデメリットを把握した上で借り入れの申し込みを行いましょう。

総量規制の対象

消費者金融は、総量規制の対象になります。総量規制とは、年収の1/3までしか借り入れできないシステムです。

つまり、年収が300万円の場合、借り入れできる金額は100万円までとなります。同様に年収が300万円だとして、他のAの消費者金融で50万円借り入れをしていた場合は、Bの消費者金融でも50万円しか借り入れができません。

したがって、借り入れ額がある程度決まってしまうので、できるだけ多く借り入れしたい人には向いていません。

専業主婦や年金受給者は借り入れができない

プロミスに限らず、基本的に消費者金融では収入がない人は融資してもらえません。

公式サイトでは「安定した収入があれば主婦でも可能」との記載がありますが、専業主婦で申し込んだ場合では、審査に通過する例は多くありません。

もし借り入れを希望するのであれば、消費者金融ではなく銀行カードローンで申し込みをしましょう。

プロミスの利用限度額と金利

プロミスの利用限度額と金利についてご紹介します。

特に金利は借り入れをする際の重要な判断材料となるので、金利にも注目して借り入れを検討してください。

プロミスの利用限度額

プロミスの利用限度額は、500万円と他社と比較しても標準的な金額です。

しかし500万円まで借り入れをする場合は、年収が1,500万円以上必要です。

プロミスの金利

プロミスの金利は、4.5%~17.8%です。

プロミスは消費者金融の中でも上限金利が低いカードローンです。

借り入れ額別の金利を下記に記載します。

利用限度額金利
1万円以上~100万円以下4.5%~17.8%
100万円以上~500万円以下4.5%~15.0%

借り入れ額によって、金利が変わるので上記はあくまでも目安にしてください。

借り入れ金額と金利の詳細については、担当者に直接確認してください。また、プロミスと一般的な消費者金融で設定している金利を比較してみましょう。

A社の利用限度額金利
1万円~99万円7.7%~18.0%
100万円~300万円7.7%~15.0%
301万円~500万円4.7%~7.7%
501万円~800万円3.0%~4.7%

上限金利が低く設定してあるプロミスではお得に借り入れができますね。

\ 30日間利息0円 /

プロミスに申し込む

WEB申込・最短30分融資可能

プロミスの審査

プロミスの審査についてご説明します。

それぞれ見ていきましょう。

審査基準

審査で確認していると予測できるポイントがいくつかあります。

  • 本人確認書類は正しく提出できているか
  • 他社からの借り入れ状況
  • 過去に金融事故を起こしていないか
  • 収入状況

などは審査で見ている可能性があります。

また、プロミスは最短30分で審査が完了しますが、混雑状況によって左右すると認識しておきましょう。

審査難易度

プロミスの審査は、3人に1以上は通過する傾向があります。

審査難易度はあまり高くないと推測できます。

しかし、以下の特徴がある人は、審査に通過できない可能性があります。

  • 信用情報に傷がある
  • 6ヶ月以内に複数のローンに申し込んでいる
  • 年収の1/3を超える借り入れがある
  • 虚偽の申請をしてしまった
  • 申し込み条件を満たしていない

上記のいずれかに覚えがある人は、審査が困難かもしれません。

しかし、実際に審査をしてみなければ分からないので、まずは申し込みをしてみてください。

在籍確認

在籍確認とは、申し込み者の勤務先に電話を入れて、本当に勤務しているか確認するために行います。申し込み者でも、勤務先の人でも、誰が対応しても問題ありません。

一方プロミスでは、担当者個人名で電話をするため、プライバシーに配慮してくれています。プロミス名で連絡がないので、申し込み者にとって非常に助かりますよね。

  • 在籍確認では、
  • 勤務先が実在するか
  • 申告した勤務先に勤務しているか
  • アリバイ会社や在籍代行業者を利用していないか

などを確かめています。

勤務先の偽りや虚偽の申告は審査の通過を妨げるのできちんと申告をしましょう。

また、電話での在籍確認を避けたい場合は、申し込み完了後にすぐに相談するようにしてください。

なお、在籍確認は必須です。

審査スピード

プロミスの審査スピードは最短30分とかなりスピーディです。

しかし申し込み方法によって時間が左右します。

また、土日祝日でも変化するので、併せて確認しておきましょう。

申し込み方法審査時間:平日/土日祝日
Web完結申し込み最短30分
最短15秒事前審査(※1)
電話申し込み最短30分
自動契約機最短30分
店頭窓口最短30分/受付不可
郵送1週間~10日

他にもプロミスでは最短15秒事前審査(※1)を行っています。

(※1)事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。新規契約のご融資上限は、本審査により決定となります。

事前審査に通過していれば、借り入れ条件はほとんど満たしていると考えて良いでしょう。

\ 30日間利息0円 /

プロミスに申し込む

WEB申込・最短30分融資可能

プロミスの申込みから借入までの流れ

プロミスの申し込み方法は4つあります。

各申し込み方法の解説と、申込時に必要な書類をご紹介します。

Web完結申し込み

早く融資を受けたい人はWebで申し込みをしましょう。

専用フォームで氏名や住所、勤務先などの情報を入力します。本人確認書類はスマートフォンのカメラで撮影した写真を送らなければなりません。希望の借り入れ額も入力するので、入力が完了したら改めてチェックして申請をしましょう。

申請が終わったら、審査に移ります。最短30分で電話かメールが届きます。すぐに対応できるようにしておきましょう。審査に通過したら契約です。カード発行の有無が選べますが、カードがなくても借り入れは可能です。

後から必要になった時にカードを発行できます。契約が決まった時間によっては、当日から借り入れが可能です。最も簡単で早い借り入れを希望するのであれば、Webで申し込みをしましょう。

\ 30日間利息0円 /

プロミスに申し込む

WEB申込・最短30分融資可能

電話申し込み

電話で申し込みをする際は、プロミスコールかレディースコールに電話をかけましょう。

オペレーターの指示に従って、個人情報や勤務先情報などを伝えます。必要事項を伝えたら、一度電話を切り、審査の結果を待ちます。特に問題がなければ、30分~1時間程度審査の結果を契約可能額の連絡があります。

オペレーターの指示に従って、契約の手続きを済ませれば、借り入れができます。

店頭申し込み

スタッフが常駐している店頭窓口か、自動契約機がある無人店舗に行きます。

足を運ぶ際は、以下の書類が必要です。

  • 運転免許証
  • 健康保険証 +1
  • パスポート
  • マイナンバーカード(※2)
  • 在留カード
  • 住民基本台帳

(※2)個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認書類または収入証明書類などをご提出いただく際は、個人番号(マイナンバー)が記載されている箇所を見えないように加工して、ご提出いただきますようお願いいたします。

健康保険証に限り、住民票の写しや公共料金の領収書が必要です。

また、希望借り入れ額が50万円を超える場合や、他社と併せて借り入れ額が100万円を超える場合は収入証明書が必要です。

収入証明書は、以下のいずれかで対応できます。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 税額通知書
  • 所得証明書、課税証明書
  • 給与明細書(2ヶ月分)、賞与明細書(直近1年分)

窓口で上記の書類を提出すると契約書が作成できるようになります。

手続き完了後にローンカードが窓口で受け取れるので、キャッシングが利用できます。上記の必要書類は申し込み方法に問わず、必要であるため、必ず用意しておきましょう。

郵送

電話でも申し込みをした後、自宅に契約書類とローンカードが入った転送不要の簡易書留が届きます。

ちなみにプライバシーを配慮しているので、差出人は事務センターとなっています。契約書類に必要事項を記入し、必要書類のコピーを同封してプロミスに返送します。プロミス側が内容確認をした時点で借り入れが可能です。

郵送での契約は最も時間がかかるため、早く融資を受けたい人は別の方法で申し込みをしましょう。

プロミスの返済方法

プロミスの返済方法は5つあります。

それぞれ返済できる時間帯をはじめとして、細かな違いがありますので、自分に合った返済方法を選ぶようにしましょう。

返済方法利用可能時間特徴
インターネット返済24時間365日利用可能。毎月第3日曜日0:00~6:00と、毎週月曜日0:00~7:00は利用不可・返済額が即時反映
口座振替三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、Pay Pay銀行を利用する場合は、5日、15日、25日、末日のいずれかから選択可能。その他の金融機関は毎月5日。・返済忘れを防げる

・他に人には分からない

お客様サービスプラザ平日10:00~18:00・返済手続きの他に、返済についての相談もできる
プロミスATM土日祝日を含む7:00~24:00(ATMによって営業時間が異なる)・営業時間が長く、仕事の後でも利用できる
コンビニ・マルチメディア端末24時間365日利用可能。日曜日23:00~月曜日7:00は利用不可。・端末で申し込みをした後、レジで支払いをする

・プロミスカードが必要な場合も

上記の5つの返済方法は、いずれも手数料はかかりません。

また、プロミスの毎月最低返済額は1,000円です。

借り入れ残高別で毎月最低返済額が変化するので、以下を参考にしてください。

借り入れ残高毎月最低返済額
1万円1,000円~
5万円2,000円~
10万円4,000円~
15万円6,000円~
20万円8,000円~
25万円10,000円~
30万円~40万円11,000円~
45万円12,000円~
50万円13,000円~

プロミスでは借り入れ残高に対して設定した最低返済金額で返済を続ける、残高スライド元利定額返済方式を採用しています。

毎月無理なく返済ができますが、最低返済額で支払いを続けると、元金が減るまでに時間がかかってしまい、利息の負担が増えると覚えておきましょう。

プロミスがおすすめな人

プロミスで借りるべき人の特徴についてご紹介します。

すぐにお金を借りたい人

最短30分審査と、翌日融資に対応しているので、急遽お金が必要になって今すぐに借りたい人に適しています。

30日間無利息サービスも提供しているので、短期的な借り入れの場合は利息を抑えやすい特徴があります。

なお、30日間無利息利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

できるだけ低金利で利用したい人

プロミスは消費者金融の中でも低金利です。

初めて借り入れをする場合でも低金利で利用できます。

プロミスの口コミ・評判

ここからはプロミスで実際に借り入れを行った人の口コミをご紹介します。

悪い口コミ・良い口コミに関わらず、年齢順で掲載しています。

プロミスの口コミ

22歳/男性(正社員)
年収:200万円以上400万円未満
借入額:35万円

ペースも均等で支払いに追われていた去年には大変救われた。フロントの人も優しく、話しやすい。今後支払いに追われている人がいたら是非とも勧めたいアプリローンであると私は思います。金利についてはおそらくどこも一緒だと思うし自己破産等で落ち込むようならまずは相談してほしいです。何よりもすぐさまお金を借りれたのが強みでした。


26歳/女性(正社員)
年収:200万円以上400万円未満
借入額:60万円

借り入れの手続きはとても簡単でした。利用が初めての方に限りますが、30日間は利息もつかないです。融資にかかるまでの時間もかなりスピーディーでスムーズでした。申し込みも24時間対応しているので、必要な時に借りることができました。


32歳/男性(正社員)
年収:400万円以上600万円未満
借入額:60万円

申込みが24時間受付となっていて土日でも融資が可能です。週末にお金が入用になった時にはかなり助かります。スマホから気軽に申し込みができ、融資開始も速いので実用性がありました。ビギナーに助かるキャンペーンで初月の利息が無料になるものがあります。短期間で返してしまおうという人にはかなりありがたく働くもので良かったです。アプリが有能で、返済プランを立てるのに役立つお金の管理機能が搭載されているのが良かったです。


36歳/男性(正社員)
年収:200万円以上400万円未満
借入額:30万円

書類審査がなく、携帯(当時はガラケー)から簡単に借り入れができました。本人確認のための電話も職場にプロミスの人間だとわからない形でかけてくれたので配慮が感じられました。返済はコンビニのATMで簡単にできて、返済額もその時の自分の状況に応じて決められるので非常に助かりました。ただ契約更新の際には収入証明などが必要になり若干手間がかかりました。


38歳/女性(正社員)
年収:200万円以上400万円未満
借入額:50万円

プロミスはよく聞く名前で昔からあるので、信頼できると思い借りることにしました。実際にプロミスを利用したら、とにかく早いと思いました。手続きしてすぐにお金を借りることができるため、急いでる人にぴったりです。金利は他の銀行よりも少し高いかもしれませんが、店舗に行けばすぐに借りられるので、とにかくお金に困っている人に是非おすすめします。


38歳/男性(正社員)
年収:600万円以上800万円未満
借入額:80万円

返済手数料がかかる業者は多いですが、プロミスはコンビニのATMからでも返済手数料がかからないのでとても助かりました。また、他な消費者金融でも借入をしていたので、そのローンをプロミスでの借入と一本化できたのは非常に便利でしたし、金利も比較的低かったのでとても返済しやすかったです。サポート体制に関しても電話も繋がりやすくて丁寧でしたし、無理なく返済完了できたので満足でした。


41歳/男性(士業)
年収:200万円以上400万円未満
借入額:10万円

プロミスを利用して感じたのは最初の30日間は無利息で借りれるのが良いと思いました。またWEBから申し込んだのですが申し込みから30分ほどで電話があってそれで借り入れの理由を聞かれたりして、それですぐに審査が終わったので良かったです。もっと審査で時間がかかると思ったのですが、そんなこともなくすぐに終わったので良かったです。


43歳/男性(士業)
年収:400万円以上600万円未満
借入額:5万円

ここは他の消費者金融会社と比べて若干金利の上限が低めになっている点が良かったです。Webで申し込みをしましたが、特にトラブルもなくスムーズでした。審査結果も30分程度で連絡があったので1時間もかかりませんでした。審査結果に関しては、スピーディでした。それから電話対応に関しては、電話オペレーターの対応は素晴らしいの一言です。優しい口調で緊張することなく話すことができました。分からないことがあって質問した際にも丁寧に答えてくれました。さらに30日間の無利息キャンペーンもあるところも良かったです。


46歳/男性(自営業)
年収:400万円以上600万円未満
借入額:5万円

プロミスを初めて利用したのは2016年10月頃でした。借入の理由は、生活費の工面が主になります。その当時の職業は現在とは別な仕事をしていましたが、審査に関してはとてもスムーズだったのが記憶に残っています。借入する際は、インターネット申込と無人契約機を併用しました。次の給料日まで2週間近くあったので、上記の方法で手続きしました。インターネットで申込してから、借入まで2時間程度でしたので助かりました。返済もお金に余裕が出た時に、随時専用ATMから返済できるので利用しやすかったです。


46歳/男性(正社員)
年収:400万円以上600万円未満
借入額:100万円

賃貸マンションの当月家賃が払えずに借り入れしました、最初は簡単に考えていましたが、支払いをするたびに返しては利息だけ払いまた借りて元金が減ることはなく、10年ほど完済に掛かりました。簡単に借りられるのは良いのだが返済するのにすごい年月を要し、かなりの金額を払ったような気がします。短期で借りる時はよいが生活費を借りるのはダメなのが分かった。


50歳/男性(正社員)
年収:400万円以上600万円未満
借入額:30万円

しばらく休職の時期があり、至急お金が必要になったのでプロミスカードローンを利用しました。入会は実際に店舗に出向き対面で行ったのですが、簡単な審査で手続もかなりスムーズでした。店員さんに丁寧に借り入れプランや商品を説明していただき、カードローン体験が初めての私にも簡単にお金を借りることができました。返済は店舗付設のATMで行い、駅前などの場所にたくさんあるのでいつでも気軽に返済することができ、たいへん便利でした。全体的に見ると、入会から返済完了まで何のトラブルもなく、店員さんの対応も素晴らしく、楽しくお金を借りることができたように思います。


50歳/男性(正社員)
年収:600万円以上800万円未満
借入額:5万円

良かった点は、プロミスのホームページから申し込みをすることができたことだけではなく、審査を通過したあとは、ホームページ上で契約手続きができたことです。このため契約書類やローンカードが自宅に送られてくることは、なかったです。また、ネット上で契約手続きを終えたあとは、私が指定した銀行口座に5万円を振り込み処理してくれました。プロミスでは、ローンカードや契約書類の発行なしで借金できるため、妻子持ちの人間にとって大きなメリットだと実感した次第です。


52歳/男性(自営業)
年収:400万円以上600万円未満
借入額:20万円

あの頃は、お金が無く大変助かった思いがあります。でも、金利がかなりすごかった気がします、20万円借りた後も5万円追加で借りました。借りるのは、簡単ですけど返すのが一苦労です、かなり長い間返済していました。今は、金利の安いところが増えてきたので良かったと思います。コロナ禍で、大変な人が沢山いると思うので、計画を持って借りた方がいいと思います。


53歳/男性(正社員)
年収:400万円以上600万円未満
借入額:30万円

身内の不幸が重なったことがあり、現金の持ち合わせが少なかったため、プロミスのキャッシングを利用しました。ネットからの申し込みで手続きができる点、あと利用明細の郵送止めることができる点がプロミスを選んだ理由です。利用明細が自宅に届いてしまうと、家族に知られる可能性があり、心配をかけてしまいます。しかし、プロミスであれば、ネット確認にすれば、利用明細の郵送はされないので、助かってます。


58歳/女性(正社員)
年収:200万円以上400万円未満
借入額:5万円

審査からカードローンの借り入れを早くしてもらえて、結果的に満足したサービスになります。申込みや手続き関係のことでスムーズに行えましたし、あんまり難しくない手間のない利用をすることができて良かったです。他よりちょっとましな利率ではありましたが、それでも高いなという気持ちがありましたので、利率だけというイマイチだったなと思います。ですが、信頼して利用できましたので、またお金に悩んだら利用したいなというサービスに思います。

プロミスに関するよくある質問

プロミスに関するよくある質問に、Q&A形式で回答していきます。

プロミスの特徴は?

プロミスの特徴は下記の3つです。

  1. 初めてなら30日間無利息
  2. WEBで申し込み完結
  3. レディースローンも用意されている

初めての方でも女性でも、安心して借りることが出来るカードローンです。

プロミスの金利は?

プロミスの金利は、4.5%~17.8%です。

借入金額が高いほど金利は下がります。

他の消費者金融カードローンと比べると、上限金利が低いです。そのため、低額の借り入れをするなら特にプロミスを選ぶことをおすすめします。

プロミスに無利息期間はある?

プロミスは30日間の無利息期間があります。

はじめての借入時のみ利用可能です。

プロミスは借り入れまでどれくらいかかる?

プロミスなら審査は最短30分、最短即日で借りることが出来ます。

すぐにお金を借りたいという人におすすめです。

プロミスは学生でも借りられるの?

学生でも18歳以上であれば申し込み可能です。

高校生など17歳以下では借りることができません。

プロミスは主婦でも借りられるの?

主婦の方でも安定した収入があればご利用可能です。

正社員でなくても、パートで収入があれば借りることが出来ます。

プロミスは無職でも借りられるの?

プロミスでは無職の人が借入することはできません。

パートやアルバイトで安定した収入が必要になります。

まとめ

プロミスの特徴についてご紹介しました。

消費者金融の中では低金利であり、レディースコールや瞬フリなどの独自のサービスを展開していて、他社との違いが明確にあります。

ポイントを使ったサービスもプロミスならではのサービスですよね。

女性でも気軽に相談できる、珍しい消費者金融なので、お金に困っているのであれば、まずは相談をしてみましょう。

\ 30日間利息0円 /

プロミスに申し込む

WEB申込・最短30分融資可能

▼カードローン関連記事

※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事に掲載している情報は、可能な限り正確な情報となるよう努めておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合があります。
※本記事に掲載されているカードローン等のローン商品に関するご質問、お問い合わせにはお答えすることができません。各金融機関へ直接お問い合わせ頂きますようお願いいたします。
※カードローンのご利用は計画的に。お借り入れ条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。