アイフルビジネスファイナンスカードローンの評判は悪い?審査・金利を徹底解説!

「アイフルビジネスファイナンスカードローンの評判が知りたい」

「アイフルビジネスファイナンスカードローンの審査スピードや難易度は?」

「アイフルビジネスファイナンスカードローンの金利は高いの?」

この記事では、アイフルビジネスファイナンスカードローンの上記のような疑問について解説していきます。

アイフルビジネスファイナンスカードローンは、人気の高いビジネスローンです。

アイフルビジネスファイナンスカードローンの概要をメリット・デメリット踏まえて詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてくださいね!

アイフルビジネスファイナンスカードローンとは?サービス概要を解説!

アイフルビジネスファイナンスカードローンの概要

金利(実質年率)5.00%~18.00%
契約限度額1万円~1,000万円(新規取引時は500万円)
審査期間最短即日
融資スピード最短即日
WEB完結可能
申込条件20歳~75歳まで法人経営者
20歳~69歳までの個人事業主
借入方法振込借入
アイフルATM
セブン銀行ATM
東京スター銀行ATM
返済方法来店返済
口座引き落とし
アイフルATM
セブン銀行ATM

アイフルビジネスファイナンスカードローンは、法人や個人事業主の方を対象とする事業者専用ローンです。

最短で即日融資が可能で、法人経営者は75歳まで、個人事業主は69歳まで申し込みができます。契約限度額の上限が1,000万円で、年率金利は5.00%~18.00%と、会社として大きな金額が必要となったときにも頼れるローンです。

銀行や信用金庫より審査が柔軟で早く、赤字決算でも融資が受けられる可能性があります。とくに、スピード感のある融資が必要なときには便利に使えるローンといえます。

なお事業用融資のため、サラリーマンやパート、アルバイトなどの方が私用目的で申し込むことはできません。

\ 来店不要 /

アイフルビジネスファイナンスに申し込む

赤字決算でも融資可能

アイフルビジネスファイナンスカードローンの良い評判

アイフルビジネスファイナンスカードローンのメリットは、下記のとおりです。

それぞれ解説していきます。

無担保で最大1,000万円まで融資が受けられる

アイフルビジネスファイナンスのカードローンは無担保で融資を受けられるため、担保がない、他の融資に設定しているなどの場合は助かります。

最大1,000万円までの融資が受けられますが、新規の場合は上限が500万円のため注意してください。

また、用途は事業資金としての範囲内であれば自由なので、利用を制限されない点が魅力です。

融資までのスピードが早い

アイフルビジネスファイナンスのカードローンは申し込みから融資までのスピードが早く、銀行からの融資が間に合わない場合や審査が通らなかった場合にも活用できます。

最短で即日の融資が可能なため、ビジネスのチャンスを逃したくないとき、支払い期日が迫っているときなどさまざまな場面で重宝するでしょう。また、アイフルビジネスファイナンスは、申し込みから融資までのすべての手続きを、店舗を訪れることなく完了できます。

忙しい経営者の方にとって、時間をとって店舗を訪れるのは難しいのではないでしょうか。融資スピードが早くても、スケジュールの問題でなかなか店舗に行けず、申し込みができないこともあるでしょう。しかし店舗を訪れる必要がなければ、スケジュールに左右されずスピーディな融資が可能となります。

ただし、申し込みのタイミングが受付時間外であったり、特別混雑していたりする場合には即日融資が受けられない場合もあるため注意しましょう。

利用限度額内で何度でも利用できる

利用限度額の範囲であればいつでも借り入れや返済が行えます。

給料支払い前のつなぎ融資や大口の入金が遅れた場合など、お金のことで困ったタイミングにいつでも活用できます。

利用限度額内であれば何度でも利用できるのは、経営者にとって心強いのではないでしょうか。

赤字決算でも融資が受けられる場合がある

赤字決算の場合でも、アイフルのビジネスファイナンスローンなら融資を受けられる可能性があります。少額融資を希望する場合には、融資のハードルが低いカードローンを選びましょう。

そもそも赤字決算は、業績が悪化していることだけが理由ではありません。たとえば、事業を成長させるための設備投資や増員によって、一時的に赤字となっていることもあるでしょう。

ローン会社にとって重要なのは「貸し付けたお金を無事回収できるかどうか」です。貸し倒れを防ぐために、返済能力が重視されます。そのため返済能力があることを証明できれば、融資を受けられる可能性は高くなります。

総量規制の対象外

総量規制では個人に対する融資は年収の3分の1までと決まっていますが、アイフルビジネスファイナンスカードローンは事業融資のため総量規制の対象外です。

よって個人事業主であっても総量規制を超えた借り入れが可能です。

申し込み可能年齢が高い

アイフルビジネスファイナンスは申し込みの条件を次のように明記しています。

  • 20歳~75歳までの法人経営者
  • 20歳~69歳までの個人事業主

65歳を超えるとそもそも申し込みができないローンもあるため、お年を召した方にとって法人経営者なら75歳まで、個人事業主なら69歳まで申し込み可能なのは嬉しいポイントではないでしょうか。

返済日が選べる

返済日が自由に設定できるため、会社のキャッシュフローに合わせて設定できます。事業資金の借り入れではタイミングも重要となるため、返済日を自由に設定できるのはメリットといえます。

口座引き落としでも返済できる

返済はATMなどで毎月手続きを行わなくても、口座引き落としによる返済も利用できます。多くの金融機関の口座引き落としに対応しています。

\ 来店不要 /

アイフルビジネスファイナンスに申し込む

赤字決算でも融資可能

アイフルビジネスファイナンスカードローンの悪い評判

アイフルビジネスファイナンスカードローンの悪い評判やデメリットを解説していきます。

それぞれ見ていきましょう。

上限金利が高い

アイフルビジネスファイナンスカードローンは、上限金利が18.0%と他の消費者金融系事業者カードローンと同様に高い水準となっています。

無担保のため仕方がありませんが、下限金利の5.0%も銀行などに比べると金利は高めです。

そのため、融資において金利の低さを重視する方には向いていません。

在籍確認の連絡が入る

アイフルビジネスファイナンスの事業者ローンの申し込みでも、在籍確認の電話が入ります。

担当者が会社名を名乗らず個人名で電話してくれて、電話の内容も「〇〇さんはいらっしゃいますか」という程度の確認です。

ATM手数料が有料

ATMでの返済はアイフルのATMでは手数料が無料で手続きができますが、セブン銀行や東京スター銀行では所定の手数料がかかります。

アイフルビジネスファイナンスカードローンの利用限度額と金利

アイフルビジネスファイナンスカードローンの利用限度額は1万円~1,000万円で、年率金利は5.0%~18.0%です。

この条件は他のビジネスローンと比較してどうなのか、また実際に借り入れを行った時の計算方法も実例で説明していきます。

アイフルビジネスファイナンスカードローンの利用限度額

利用限度額は審査の状況により、1万円~1,000万円まで設定されます。

新規取引時の利用限度額の上限は500万円です。取引実績に応じて利用限度額が変動していきます。

審査で高い評価を得れば利用限度額も高くなり、適用金利は低くなります。他の消費者金融系ビジネスローンの利用限度額の上限は300万円や500万円が多く、上限1,000万円は高いと言えます。

アイフルビジネスファイナンスカードローンの金利

アイフルビジネスファイナンスカードローンの上限金利は18.0%で、消費者金融系ビジネスローンとほぼ同水準です。下限金利は5.0%と消費者金融系ビジネスローンの中では低いといえます。

審査の評価が高く、借り入れ限度額を高く設定できれば、低い金利で借り入れができます。

▼ビジネスローン金利一覧

カードローン名称年率金利利用
限度額
アイフルビジネスファイナンス
カードローン
5.0%~18.0%1000万円
プロミス自営業者
カードローン
6.3%~17.8%300万円
オリックスVIPローンカード
BUSINESS
6.0%~17.8%500万円
PayPay銀行ビジネスローン2.8%~13.8%500万円
ビジネスパートナー
スモールビジネスローン
9.98%~18.0%500万円
オージェイビジネスローン10.0%~15.0%2,000万円
アクトウィルビジネスローン7.5%~15.0%5,000万円

アイフルビジネスファイナンスのその他のローン

アイフルビジネスファイナンスはカードローン以外にも事業向けビジネスローン、不動産担保付カードローンや不動産担保付ビジネスローンなどがあります。

▼事業者向けカードローンと事業者向けビジネスローンの違い

事業者向けカードローン事業者向けビジネスローン
対象法人または個人事業主法人または個人事業主
融資
金額
1万円~1,000万円1万円~1,000万円
金利5.0%~18.0%3.1%~18.0%
担保不要不要
保証人原則不要(法人の場合は代表者の連帯保証が必要)原則不要(法人の場合は代表者の連帯保証が必要)
借入限度額内でいつでも借入や返済可能約定返済
返済
方法
元金低率リボルビング支払い元利均等返済(最長5年60回以内)

元金一括返済(最長1年12回以内)

▼不動産担保付カードローンと不動産担保付ビジネスローンの違い

不動産担保付カードローン不動産担保付ビジネスローン
対象法人または個人事業主法人または個人事業主
融資
金額
100万円~5,000万円100万円~5億円
金利5.0%~14.8%2.49%~14.8%
担保不要土地・建物
抵当
順位
不問不問
保証人原則不要(法人の場合は代表者の連帯保証が必要、担保提供者の連帯保証が必要な場合あり)原則不要(法人の場合は代表者の連帯保証が必要、担保提供者の連帯保証が必要な場合あり)
借入元金自由返済約定返済
返済方法元金低率リボルビング支払い(最長8年4カ月100回以内)

元金自由返済(最長5年60回以内)

元利均等返済(最長30年360回以内)

元金一括返済(最長1年12回以内)

\ 来店不要 /

アイフルビジネスファイナンスに申し込む

赤字決算でも融資可能

 アイフルビジネスファイナンスカードローンの審査

アイフルビジネスファイナンスカードローンの審査基準や難易度、審査スピードについて他のカードローンとはどのように違うのかを詳しく説明していきます。

それぞれ見ていきましょう。

審査基準

審査基準は公開されていませんが、債務超過でないことや過去に支払事故がないことなどは重要な要素です。

また他社からの借り入れが少ない、売り上げが増加している、価値のある不動産を所有してなどの場合には、審査で有利になるでしょう。

審査難易度

アイフルビジネスファイナンスカードローンの審査は「銀行には相手にされなかったけど助けてもらった」「赤字決算だけど融資をしてもらえた」などの利用者の声があります。

このことからも、銀行から融資を受けられない場合でも審査に通る可能性は充分あるといえます。

審査に通るか不安な方は、公式サイトの「お借入5秒診断」から代表者の年齢や事業形態、年間売上高や他社から借り入れ金額を入力すれば簡単に診断できます。

在籍確認

個人向けカードローンのように、アイフルビジネスファイナンスの事業者ローンの申し込みでも在籍確認の電話が入ります。

申告情報に虚偽がないか、正しいかなどを貸付のプロが確認を行います。

審査スピード

申し込みの時間帯によっては即日審査となり、審査にとおれば即日融資を受けられます。

即日融資が可能な事業者向けカードローンはさほど多くないため、即日融資はアイフルビジネスファイナンスカードローンの強みといえるでしょう。

アイフルビジネスファイナンスカードローンの申し込みから借り入れまでの流れ

アイフルビジネスファイナンスカードローンは、まず公式サイトの「オンラインで申し込み」をクリックし、申し込みフォームから必要事項を入力し送信します。

その後、仮審査の結果連絡が入ります。仮審査に通過すれば本審査に必要な書類をメールかFAX、郵送のいずれかで提出します。本審査に通過すれば、融資を受けることができます。借り入れ方法は振り込みとATM借り入れがあります。ATMでの借り入れは一度の上限が50万円です。

\ 来店不要 /

アイフルビジネスファイナンスに申し込む

赤字決算でも融資可能

申し込みフォームの入力項目

申し込みフォームから申し込み者情報、会社情報を入力します。

▼申し込みフォームの入力項目

申込者情報希望商品
事業形態
希望金額
名前
生年月日
性別
住所
会社電話番号
メールアドレス
会社情報会社名
会社住所
事業開始年月日
職種区分

本審査に必要な書類

本審査には個人事業主は運転免許証などの本人確認書類と確認申告書が必要です。

法人の場合は、代表者の本人確認書類と会社の決算書、登記事項証明書の提出が必要です。

▼本人確認書類

事業形態必要書類
個人事業主運転免許証などの本人確認書類
確定申告書(原則1期分)
法人運転免許証など代表者の本人確認書類
会社の決算書(原則2期分)
登記事項証明書
所定の事業内容確認書

借り入れ方法

借り入れ方法は振り込みでの借り入れとATMでの借り入れがあります。

ATMを使って借り入れを行う場合はアイフルATM、セブン銀行ATM、東京スター銀行ATMが利用できます。

▼借り入れ時ATM手数料一覧

アイフルATM手数料無料
セブン銀行ATM1万円以下 110円
1万円超  220円
東京スター銀行ATM平日8時45分~18時 無料
土曜日9時~14時  無料
その他の時間帯 110円

アイフルビジネスファイナンスカードローンの返済方法

アイフルビジネスファイナンスカードローンの返済は元金低率リボルビング返済です。

また返済方法は、口座引き落としやATMで返済する方法があります。返済日は自身の希望日を設定できます。

元金低率リボルビング返済

元金低率リボルビング返済は毎月同じ元金を返済し、借入残高に対する支払利息の割合が毎月一定になる返済方法です。

▼元金100万円を年率金利10%元金の支払い割合が2%の場合

返済回数元金
返済
支払
利息
支払
総額
返済後
残高
120,0008,21928,219980,000
1020,0006,73926,739800,000
3020,0003,45223,452400,000
5020,00016420,1640
合計1,000,000209,5641,209,564

▼元金150万円を年率金利15%元金の支払い割合が2%の場合

返済回数元金
返済
支払
利息
支払
総額
返済後
残高
130,00018,49348,4931,470,000
1030,00015,16445,1641,200,000
3030,0007,76737,767600,000
5030,00036930,3690
合計1,500,000471,5501971,550

アイフルビジネスファイナンスカードローンがおすすめの人

アイフルビジネスファイナンスカードローンは融資までのスピードが速く、無担保融資では契約限度額が1,000万円と高いのが特徴です。

そのため大口資金が入金される前のつなぎ融資としても活用しやすいでしょう。こうした特徴のあるアイフルビジネスファイナンスカードローンは、どんな人にとっておすすめのカードローンといえるのでしょうか。ここでは、アイフルビジネスファイナンスカードローンがおすすめの人についてお話しします。

大口の借り入れを考えている方

アイフルビジネスファイナンスカードローンは他の事業用カードローンと比較して契約限度額が1,000万円と高いです。

審査の評価が高い方は無担保で大口の借り入れを行えます。

銀行から融資を受けられない方

業績が赤字のケースや担保が設定できず、銀行から融資を受けられないケースでも、アイフルビジネスファイナンスカードローンでは融資を受けられる可能性があります。

つなぎ融資を受けたい方

「大口の入力前に従業員の給料の支払いがある」「予定していた大口の入金が遅れそう」こういった時のつなぎ融資に大いに活用できます。

アイフルビジネスファイナンスに関するよくある質問

アイフルビジネスファイナンスに関するよくある質問に、Q&A形式で回答していきます。

アイフルビジネスファイナンスの特徴は?

アイフルビジネスファイナンスの特徴は下記のとおりです。

  1. 最大1000万円まで融資を受けられる
  2. 融資までのスピードが早い
  3. 赤字決算でも融資が受けられる場合がある

多額の融資にも対応しています。

アイフルビジネスファイナンスの金利は?

アイフルビジネスファイナンスの金利は5.0%~18.0%です。

消費者金融では標準的な金利となっています。

アイフルビジネスファイナンスに無利息期間はある?

アイフルビジネスファイナンスに無利息期間はありません。

アイフルビジネスファイナンスは借り入れまでどれくらいかかる?

アイフルビジネスファイナンスは最短で即日融資に対応しています。

資金繰りが苦しいときや、早く事業に着手したいときにこのスピード感は助かります。

まだ事業を開始していない場合でも借りられるの?

開業前の資金として借り入れを行うことは出来ません。

業歴1年以上で決算書もしくは確定申告書を提出することで審査を受けることが出来ます。

まずは公式サイトから「スピード審査」を受けてみよう!

アイフルビジネスファイナンスカードローンは契約限度額の上限が1,000万円で年率金利5.00%~18.00%の法人や個人事業主の方を対象とする事業者専用ローンです。

契約限度額内であればいつでも資金の出し入れが可能です。銀行からの融資が間に合わないとき、審査が下りないとき、また急に資金が必要になったときのつなぎ融資としても大いに役立ちます。約定返済日も自身で設定ができて、会社のキャッシュフローに合わせて利用できるのが便利です。

また法人経営者であれば75歳まで個人事業主は69歳まで申し込み可能と、年齢制限も厳しくないため、多くの人にとって使い勝手の良いカードローンとなるでしょう。気になる方は公式サイトにアクセスし、まずは「お借入5秒診断」を受けてみましょう。

\ 来店不要 /

アイフルビジネスファイナンスに申し込む

赤字決算でも融資可能

▼カードローン関連記事

※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事に掲載している情報は、可能な限り正確な情報となるよう努めておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合があります。
※本記事に掲載されているカードローン等のローン商品に関するご質問、お問い合わせにはお答えすることができません。各金融機関へ直接お問い合わせ頂きますようお願いいたします。
※カードローンのご利用は計画的に。お借り入れ条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。