社会人の18・19歳でも即日融資可能?すぐにお金の借りるおすすめの方法!

成人年齢が20歳から18歳に引き下げられたことにより、18歳・19歳の人でもお金を借りられるようになりました。

とはいえ、どこでもお金を借りられるわけではありません。18歳・19歳でお金を借りられるカードローン会社は限られています。

この記事では、18歳・19歳でも即日で借りられる大手消費者金融や、消費者金融以外にもお金を借りられる方法を解説していきます。

18歳・19歳(社会人・アルバイト含め)が即日でお金を借りる5つの方法

従来、消費者金融でお金を借りるときは20歳以上でないと申し込みがおこなえませんでした。

しかし成人年齢の引き下げにより、18歳や19歳の方でも可能になりました。

ただしすべての金融会社で申し込みができるわけではありません。

そこで18歳・19歳の方が、すぐにお金の借りるおすすめの方法を紹介します。

ポイントを、分かりやすくまとめたので確認してください。

  • 大手消費者金融なら18歳・19歳でも安心
  • 学生ローンなら金利を抑えられる可能性も
  • ろうきんの無担保フリーローンで借りる
  • クレジットカードのキャッシング
  • 質屋でお金を借りる

それぞれ解説していきます。

大手消費者金融なら18歳・19歳でも安心

大手の消費者金融の一部では、申し込み対象年齢を引き下げ18歳以上になりました。

ただし若年者の貸付では、借り入れ額に関わらず収入証明書の提出が必須になるなどの注意点もあります。

また年収の3分の1を超える貸付はできません。初めての申し込みをする際は、10万~20万円程度の限度額で申し込みをおこなえましょう。社会人でも収入が少ない方や、学生でアルバイト収入の人は、借りられる金額が少額だと考えておきましょう。

大手の消費者金融であれば規約もしっかりしているため、安心して借り入れができます。しかし成人年齢引き下げになっても、従来通り20歳からの申し込みの会社もあるため事前に調べることが大切です。

学生ローンなら金利を抑えられる可能性も

中小消費者金融であれば、18歳19歳の学生でもお金を借りることが可能です。学生専門の融資をおこなっている企業であるため、親の同意がなくても利用できるローンがあります。ただし安定した収入があることが求められます。

アルバイト収入で、毎月決まった収入があれば申し込みは可能です。決まった収入がある学生であれば、ほぼ審査は通過します。一方、無収入の学生や親の仕送りのみの学生は、18歳19歳の年齢であっても審査通過は、難しいといえるでしょう。

学生ローンは一般の消費者金融で融資を受けるより、金利が低く設定されている特徴があります。返済計画などを考えて、信頼できる中小消費者金融などを利用しましょう。

ろうきんの無担保フリーローンで借りる

通常の銀行カードローンは20歳以上が原則ですが、ろうきんの無担保フリーロンなら借り入れができる可能性もあります。

▼利用条件

■中央労働金庫に出資のある団体会員の構成員またはご自宅もしくはお勤め先(事業所)が当金庫の事業エリア内(茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・山梨県)にある給与所得者の方

■次の条件に全て該当する方
・お申し込み時の年齢が満 18 歳以上で、最終ご返済時の年齢が満 76 歳未満の方
・同一勤務先に 1 年以上勤務されている方(自営業者等の給与所得以外の方は 3 年以上)
・安定継続した年収(前年税込み年収)が 150 万円以上ある方
・当金庫所定の保証協会の保証を受けられる方

引用:中央労働金庫

中央労働金庫の団体会員に属しているひとであれば18歳からの申し込みが可能です。

しかし規約のなかに、勤務先に1年以上勤務していることが条件として挙げられているため、実際には19歳から利用が可能だと考えておきましょう。そのほか年収が150万以上あることも必須条件です。

社会人で安定した収入がある方は、ろうきんの無担保フリーローンで借りる方法も選択肢のひとつです。借り入れの目的がはっきりしている場合であれば、信頼できる銀行のフリーローンもおすすめです。

クレジットカードのキャッシング

18歳であれば、クレジットカードの申し込みが可能です。クレジットカードにはショッピング枠のほかに、キャッシング枠が設定されています。このキャッシング枠を利用すると、限度額内で現金が引き出せます。

限度額はカード会社によって異なります。また若年者の貸付では、キャッシング枠を設けていない会社もあるため、申し込みをする前に確認をすることが大切です。実質キャッシング枠であっても、カードローンと仕組みは変わりません。

そのほか返済額や金利も、カード会社によって異なります。毎月の返済額を考えて、無理のない借り入れを検討してください。

質屋でお金を借りる

民法改正前は20歳で成人とされていました。そのため20歳未満の方が質屋を利用する際は、親の同意書が必要になっていたのです。しかし民法の改正により18歳で成人になったため、現在では18歳でも同意書なしに、質屋の利用が可能になりました。

質屋でブランド品やアクセサリーを出してお金を借りる場合は、身分証明書が必要です。運転免許証やマイナンバーカードなど、現住所記載の公的身分証明書が必要になるため持参しましょう。

ノーブランドや古すぎるものでなければ、その査定額内から融資が受けられます。期限内に返済できなかった場合でも、担保にした物品が売却される仕組みなので返済義務も発生しません。

18歳・19歳(社会人・アルバイト含め)でも即日で借りられる消費者金融カードローン

民法改正で成人の引き下げになったことで、プロミスとアコムの2社では18歳からの申し込みが可能になりました。

ここからそれぞれの特徴を紹介します。

プロミスなら18歳から申し込みできる

プロミス

プロミスの特徴

  1. 簡単3ステップで借り入れが簡単
  2. 誰にも知られずに借りることも可能
  3. はじめての利用で30日間利息無料
金利(実質年率)4.5%~17.8%
限度額最高500万円
審査期間最短25分
融資スピード最短25分
WEB完結可能
申し込み条件18歳以上、74歳以下(※1)で本人に安定した収入のある方(収入が年金のみの方はお申込いただけません。)
借入・返済方法
借入方法・プロミスATM
・三井住友銀行ATM
・セブン銀行ATM
・ローソン銀行ATM
・コンビニATM(E.net)
・ゆうちょ銀行ATM
・その他提携ATM
返済方法・インターネット返済
・口座振替
・店頭窓口
・プロミスATM
・銀行振り込み
・三井住友銀行ATM
・セブン銀行ATM
・ローソン銀行ATM
・コンビニATM(E.net)
・ゆうちょ銀行ATM
・その他提携ATM

※1 お申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

簡単3ステップで借り入れが簡単

忙しい方でも簡単に申し込みが完了します。インターネットなら、24時間365日で申し込みが可能です。申し込みをしたあとは、事前審査をおこないます。最短15秒で結果がでます。

事前審査が通過したら本審査が必要です。新規契約での限度額は、本審査で決定します。すべての手続きが完了したら、必要なタイミングで借り入れが可能です。申し込みから融資までが3ステップで完結し、インターネット振込も利用可能です。

アプリでお申込みからお借入れまで出来るアプリローンもあります。取引状況が一目で分かるため安心です。

誰にも知られずに借りることも可能

プロミスならWeb完結ができるため、誰にも知られずに借り入れができます。申し込みから借入、返済まで、すべてをスマートフォンやパソコンでの完結が可能です。郵送物も送られて来ないため、家族や友人にも内緒で借りられます。

本人確認もWebでの手続きが可能です。アプリでかんたん本人確認を選べば、本人確認の郵送物がないため、安心して契約がおこなえます。またカードを発行せずWebとアプリのみで利用する方法や、口座振替でのご返済にしておけば、来店する必要がないため内緒での返済も可能です。

\ 30日間利息0円 /

プロミスに申し込む

WEB申込・最短25分融資可能
プロミスの口コミ

26歳/女性(正社員)
年収:200万円以上400万円未満
借入額:60万円

借り入れの手続きはとても簡単でした。利用が初めての方に限りますが、30日間は利息もつかないです。融資にかかるまでの時間もかなりスピーディーでスムーズでした。申し込みも24時間対応しているので、必要な時に借りることができました。


50歳/男性(正社員)
年収:600万円以上800万円未満
借入額:5万円

良かった点は、プロミスのホームページから申し込みをすることができたことだけではなく、審査を通過したあとは、ホームページ上で契約手続きができたことです。このため契約書類やローンカードが自宅に送られてくることは、なかったです。また、ネット上で契約手続きを終えたあとは、私が指定した銀行口座に5万円を振り込み処理してくれました。プロミスでは、ローンカードや契約書類の発行なしで借金できるため、妻子持ちの人間にとって大きなメリットだと実感した次第です。

\ 30日間利息0円 /

プロミスに申し込む

WEB申込・最短25分融資可能

アコムも18歳以上で申し込み可能!

アコム

アコムの特徴

  1. 最短30分で審査回答がでて即日振込みも可能
  2. いつでも返済可能で利息は日数分だけ
  3. ネットやATMから借り入れや返済が可能
金利(実質年率)3.0%~18.0%
限度額最高800万円
審査期間最短30分(仮審査は最短15秒)
融資スピード最短60分
WEB完結可能
申し込み条件安定した収入のある方
※18,19歳の方は収入証明書の提出が必須
借入・返済方法
借入方法・アコム店頭窓口
・アコムATM
・スマホ、PCから振込依頼
・セブン銀行ATM
・ローソン銀行ATM
・コンビニATM(E.net)
・三菱UFJ銀行ATM
・イオン銀行ATM
・その他提携ATM
返済方法・口座振替
・アコムATM
・アコム店頭窓口
・銀行振り込み
・インターネット返済(ネットバンク)
・セブン銀行ATM
・ローソン銀行ATM
・コンビニATM(E.net)
・三菱UFJ銀行ATM
・イオン銀行ATM
・その他提携ATM

最短30分で審査回答がでて即日振込みも可能

アコムは大手消費者金融のひとつです。民法改正で成人の引き下げにより18歳からの利用が可能になりました。インターネット申し込みで、24時間受付けが可能であることや最短30分で審査回答がでることが強みです。

即日振込みも可能であるため、急いで融資を受けたい方におすすめです。手続きも簡単です。お申込み確認を電話やメールで受けたあとに、本人確認をカメラでアップロードして送信します。契約手続きのお願いをメールで確認したら手続きは完了です。

ただし18歳、19歳の方は収入証明書が必要になります。

いつでも返済可能で利息は日数分だけ

いつでも返済可能で、利息は日数分で計算されます。初めて利用する方なら契約日の翌日から30日間は、利息がかからないことも嬉しい特典です。返済の期日や方法も自分のスタイルに合わせられます。

返済した翌日から数えて、35日後が次の返済期日になります。この方法は自分のペースで返済したい方には便利な方法です。毎月指定日は希望した日にちが返済日になります。毎月同じ日にちなので安心です。そのほか口座引き落としも可能です。毎月20日を締め日とし、翌月の6日が口座からの引き落としになります。スタイルに合わせて返済方法が決められます。

ネットやATMから借り入れや返済が可能

好きな場所から借り入れや返済ができる点も魅力のひとつです。

パソコンやスマホからのインターネット経由や、セブン銀行やローソン銀行などのコンビニATMでも利用ができます。そのほかアコムの店頭窓口やアコムATMなども、借り入れや返済が可能です。自分の好きなタイミングで、借り入れや返済ができるから安心して利用することができます。

またネットやATMを利用することで、夜間の時間帯や24時間利用が可能な場合もあります。今すぐお金が必要になった、という場合でも焦らずに済むことが魅力です。

\ 30日間金利0円 /

アコムに申し込む

最短30分で審査回答、即日振込も可能
アコムの口コミ

31歳/女性(自営業)
年収:200万円未満
借入額:20万円

アコムを初めて利用したのは3年前でした。年収が100万円ほどしかなかったので、そもそもアコムでお金を借りられるのかわからなかったのですが、すんなり審査が通りました。総額36万円借入可能で、20万円借りました。携帯のアプリでアコムがあり、指の操作で簡単に自分が指定した銀行にお金を借り入れることができました。当時、賃貸を急遽引っ越さなければならなくなり、突然の引っ越し代金が払えずに困っていたので、借りたいと思ってから24時間以内にお金がすぐに気軽に借りられてとても助かりました。


43歳/男性(正社員)
年収:400万円以上600万円未満
借入額:20万円

審査スピードが早く、即日で融資を受けられたのは、早急にお金が必要だったため大変助かりました。初回だったため30日間無利息で借りることが出来て、負担も少なかったです。返済もコンビニATMで出来るため手間も掛からずよかったです。電話対応も丁寧で流石大手だなと感じました。また在籍確認も会社名でなく、個人名でプライバシーに配慮されており、周囲にばれることなく借りることが出来ました。非常に好印象だったため、また必要があれば利用したいと思えるカードローンです。

\ 30日間金利0円 /

アコムに申し込む

最短30分で審査回答、即日振込も可能

18歳・19歳(社会人・アルバイト含め)では申し込めないカードローン会社もある

民法改正により成人年齢の引き下げになりましたが、18歳や19歳で申し込みのできるカードローン会社は少ないようです。

どのような会社だと申し込みができないのでしょうか。ここから少し解説をしていきます。

プロミス、アコム以外の大手消費者金融

プロミスとアコム以外の大手消費者金融であっても、20歳以上でないと申し込みができない会社がほとんどです。

今後、他社の消費者金融も年齢の改正がおこなわれる可能性はありますが、現在では18歳から申し込みができる会社は、2社のみになります。

大手消費者金融名申し込み可能年齢
プロミス18歳以上
アコム18歳以上
レイクアルサ20歳以上
アイフル20歳以上
SMBCモビット20歳以上

レイクアルサやアイフルSMBCモビットも、利用がしやすくサービスも充実していますが現状では20歳以上であるため、18歳や19歳では利用ができません。その理由のひとつとして、若年層との契約はリスクが高いと判断する会社が多いようです。

学生のアルバイトでは、安定した収入として認められないケースもあります。本人に安定した収入があることが必須条件であるため20歳以上に限定されることが多いと考えられます。

銀行カードローンも20歳以上でないと申し込めない

銀行のカードローンの申し込みの場合でも、20歳以上でないと申し込みができない会社がほとんどです。

やはり年齢引き下げがあっても、リスクの高さから18歳や19歳では申し込めない会社が多いのでしょう。

銀行カードローン名申し込み可能年齢
三井住友カードローン20歳以上
三井UFJ銀行バンクイック20歳以上
横浜銀行カードローン20歳以上
au自分銀行カードローン20歳以上
オリックス銀行カードローン20歳以上

ほかの消費者金融機関と比較しても、銀行のカードローンは審査が厳しいといわれています。20歳以上であっても安定した収入の証明書が必要になるケースがあります。

また20歳からと定められている理由のひとつに、法律行為を単独で行うことができるのは20歳からという規定があるため、年齢が引き下げになった現在でも20歳からの契約をそのままにしている会社が多いのです。銀行のカードローンを利用する場合は、20歳を過ぎてから考えましょう。

18歳・19歳でも借りられる学生ローン

ここからは、18歳や19歳でも借りられる学生ローンの会社を2社紹介します。

どちらも学生ローンの専門店で、長年の実績をもつ店舗であるため安心して利用でることが特徴です。では各店舗の特徴を確認していきましょう。

カレッヂ

カレッヂの特徴

  1. 設立45年の実績がある
  2. メールお知らせサービスで安心
金利(実質年率)実質年率17.0%
限度額1千円~50万円(18・19歳は10万円)
審査期間当日~翌日(申し込み時間による)
融資スピード条件により当日中のお振込みが可能
WEB完結
申し込み条件安定した収入がある日本国籍の学生
借入方法銀行口座に振込み
返済方法1ヶ月に1度最低利息以上で返済

設立45年の実績がある

カレッヂは高田馬場にある学生ローン専門店として、設立45年の実績があります。多くの学生に信頼されるローン専門店なので安心です。会員登録後は、電話1本で面倒な手続きもなく銀行振込での融資が可能になります。

またセブン銀行で使用できる、カレッヂカードが無料でつくれます。セブン銀行のATMで返済すると手数料がかからず利用できます。もちろんプライバシーへの配慮も万全です。在宅確認・アルバイト先への在籍確認は基本的にありません。カレッヂは、多くの実績を持ち信頼性の高い学生ローン専門店です。

メールお知らせサービスで安心

カレッヂには、残高照会に登録した方を対象にメールサービスの配信をおこなっています。返済日が近づくと自動にメールが配信されるため、返済日を忘れる心配もありません。返済日のほかにも、次回の利息を教えてくれます。

メールお知らせサービスの対象者は、Web残高照会に登録している方や残高が残っている方、今回のご返済分につき滞納をしていない方が対象です。返済日の3営業日前にメールが配信されるため安心です。なお残高に関してはメールでの配信をおこなっておりません。残高が気になる方は、Web残高照会を合わせて活用しましょう。

カレッヂに申し込む

※借入時は手数料がかかります

フレンド田

フレンド田の特徴

  1. 設立40年の実績がある学生ローン専門店
  2. お得な特典がある
金利(実質年率)実質年率 12.00%~17.00%
限度額1万円~50万円(通常審査の場合)
審査期間スピード審査可能
融資スピード即日融資(時間帯による)
WEB完結
申し込み条件高卒以上の大学生、短大生、専門学生、予備校生の方で、必要書類をご提示いただける方、及び、安定した収入のある方
借入方法口座振込、来店の方はその場で融資可能
返済方法元金自由返済方式

設立40年の実績がある学生ローン専門店

設立40年の実績をもつフレンド田は、大学生や専門学校生を対象に学生ローンを融資している会社です。高田馬場にあり多くの学生からの信頼を受けています。インターネットやスマホから申し込みができて簡単です。18歳や19歳の学生でも、毎月安定した収入があり収入証明書が提出できれば申し込みが可能です。

また、返済計画が立てられる自由返済方式が魅力です。自分のプランに合わせて無理なく返済ができます。さらに実質年率も12.00%〜17.00%と安い利息で借りられることも魅力のひとつです。

お得な特典がある

フレンド田では、お得な特典が多数準備されています。例えば友達を紹介すると、紹介料がもらえる嬉しい特典です。知り合いがどの学生ローンで融資を組んだらよいか悩んでいる場合は、紹介してあげましょう。

日本貸金業協会の会員であるため、安心して融資が受けられます。またローンの使い道は自由です。生活費や学費が足りないときもすぐに借りられます。また友達の紹介人数によって利息が下がる特典も魅力のひとつです。

年率17%から契約いただいた方が、友達を5人紹介すると年率14%まで下がります。お得な特典を有効に使いましょう。

フレンド田に申し込む

安定した収入がある学生限定

18歳・19歳(社会人・アルバイト含め)がお金を借りる審査に通るコツ

ここからは、18歳・19歳(社会人・アルバイト含め)がお金を借りる審査に通るコツを4つご紹介します。

  • 社会人またはアルバイトとして収入を得る
  • 必要書類を準備する
  • 他社ローンやクレジットカードの支払いを遅れない
  • クレジットカードの利用実績を積む

それぞれ見ていきましょう。

社会人またはアルバイトとして収入を得る

消費者金融や学生ローン会社では、安定した収入があることが必須条件です。そのため、18歳や19歳でお金を借りるためには、社会人で働いていることやアルバイトで安定した収入を得なければなりません。

また雇用形態が安定していることも、大切な審査条件になります。アルバイトやパートでも問題はありませんが、日雇い労働者や単発バイトで生計を立てている方は、審査が通らない可能性が高いです。

審査を通過するためには、6ヶ月以上勤務していることが理想です。勤務歴が短いと職場に在籍確認をされることもあるため注意しましょう。

必要書類を準備する

お金を借りる場合は、会社によって条件や必要書類が異なります。利用する前に必ず確認をとりましょう。また若年層との契約では、金額にかかわらず収入証明書が必要になります。アルバイト先の給料明細や支払証明書などを、必ず準備しておきましょう。

そのほか身分証明書が必要になります。運転免許証がある方は、身分証明書として使用できます。取得していない方は、マイナンバーや保険証が必要です。

顔写真がない書類や現在の住所が身分証と異なる場合は、公共料金の証明書を一緒に提出してください。学生ローンの場合は、学生証の提示を求められます。

他社ローンやクレジットカードの支払いを遅れない

ローンの審査基準となるのが、支払能力があるかが基準になります。そのため他社で借りているローンや、クレジットカードの支払が遅延していないことが重要です。クレジットカードの支払いやローンが滞っていると審査は通りにくくなります。

ローン会社では、必ず信用情報機関のデータ照会がおこなわれています。他社で支払が滞っている場合や、遅延をおこしている場合は、データーに記録が残り借入ができなくなるのです。審査で悪い結果を出さないように、他社での支払は遅れないことが大切です。

信頼性を落とさないように注意してください。

クレジットカードの利用実績を積む

支払が滞っている場合だけでなく、何も記録がない場合も審査が不利になるのです。信用情報機関のデータに記録がない人は、ローン返済の履歴がないため信用できるか分からないと判断されてしまいます。

また過去に債務整理があり、一定期間カードが使えなかった人と考えられてしまう場合もあります。信用情報機関では、このような実績がない人を注意しながら審査します。

ローン会社に返済能力が証明できるように、クレジットカードを利用することも大切です。少額でもいいので実績をつくっておけば、審査が通りやすくなります。

18歳・19歳(社会人・アルバイト含め)がお金を借りる際の注意点

ここからは18歳・19歳(社会人・アルバイト含め)がお金を借りる際の注意点を4つご紹介します。

  • 虚偽の申告をしない
  • お金を借りすぎない
  • 返済計画を立てる
  • 家族へ心配をかけない

それぞれ確認しましょう。

虚偽の申告をしない

18歳や19歳の若年層がローン会社と契約を交わすときに、親の同意書が必要になる場合があります。同意が得られないため、自分で同意書を書いてしまうと詐欺罪にあたるため注意が必要です。

また他社の借入状況や、収入金額の虚偽申告はやめましょう。信用情報機関に登録されているため、虚偽申告をしてもすぐに分かってしまします。嘘をつくと審査に落とされてしまうだけでなく、カード会社のブラックリストに登録されます。

ブラックリストに登録された場合は、他社でも借入やカード発行ができなくなるため注意しましょう。

お金を借りすぎない

若年層が借入をするときは、借り過ぎないことが重要です。消費者金融を規制する貸金業法では、年収の3分の1までという規定があります。これに該当するのは、カードローンのキャッシングやクレジットカードのみです。

マイカーローンなどは当てはまらないため、返済不能になるリスクが高まらないように計画を立てて借入をおこないましょう。

いくらまで借りられるかを考えるよりも、いくらまで返せるかを考えて契約をすることが大切です。支払が遅れた場合や、滞納してしまった場合はブラックリストに登録されるため注意してください。

返済計画を立てる

お金を借りる前に返済計画を立てることも大切です。毎月の手取り額が20万円だった場合、カードローンの返済や車のローンなどを合わせた金額が、7万円を超えている場合は借り過ぎです。

消費者金融のホームページでは滞納リスクを防ぐために、返済シミュレーションが準備されています。毎月の返済額を算出や、いくらなら返せるかといった視点で計画が立てられます。

毎月の収入や生活費を計算し、無理のない範囲で借りることが大切です。返済計画を立てて無理のない借入をしていきましょう。

家族へ心配をかけない

消費者金融やカードローンでお金を借りるときは、親に心配をかけないようにしましょう。消費者金融では、自宅に郵送物を送らないように配慮されています。しかし返済を滞納してしまったときや、本人と連絡が取れなくなった場合は、注意が必要です。

自宅に催促状が届き、家族に消費者金融から借入をしていることが知られてしまいます。家族に余計な心配をかけないように、滞納や返済の遅延はしないようにしましょう。また郵送物や電話連絡にも注意してください。

まとめ

成人年齢の引き下げにより、18歳や19歳でもお金を借りることが可能になりました。

しかし、すべての消費者金融で申し込みができるわけではありません。

大手のプロミスとアコム、学生ローン以外では20歳以上の申し込みが多数です。

また申し込みには、身分証明書のほかにも収入証明書が必要です。

勤務先の給料明細書を保管しておきましょう。

返済できる金額を考えて、借入をおこないましょう。

▼カードローン関連記事

※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事に掲載している情報は、可能な限り正確な情報となるよう努めておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合があります。
※本記事に掲載されているカードローン等のローン商品に関するご質問、お問い合わせにはお答えすることができません。各金融機関へ直接お問い合わせ頂きますようお願いいたします。
※カードローンのご利用は計画的に。お借り入れ条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。