ブラックでも借りれるカードローンはある?おすすめの消費者金融を紹介!

「ブラックてもお金を借りることはできるの?」

結論から言うと、ブラックでも借りられるところはありません。

正確にはブラックリストというのは造語で、信用情報機関に金融事故が登録されている状態です。

ブラックだと思ってたけど、実際は違ったという事もあるようです。

この記事では、

  1. ブラックとは何か
  2. ブラックになっているのか確認方法
  3. 元ブラックなら借りられる消費者金融

上記の内容を解説していきます。

カードローンの「ブラック」とは?

カードローンなど金融商品に関わる言葉で「ブラックリスト」という単語を聞いたことがあるでしょう。

「ブラックリストに載ってしまうとカードが作れなくなる」

「どこからも借りられなくなる」

といったイメージを持っている方もいるかもしれません。

しかし、実際にブラックリストと呼ばれるリストは存在しないのです。

ブラックとは個人信用情報機関で「異動」が記されている場合

現在日本には、次の3つの個人信用情報機関が存在しています。

CIC割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関
JICC日本信用情報機構(指定信用情報機関)
KSC全国銀行個人信用情報センター

カードローンを申し込むと、上記のCICとJICCに問い合わせが行われます。この機関には、借り入れに関するすべての情報が登録されているのです。

各情報機関にはさまざまな借り入れ情報が登録されていますが、その中にクレジット情報というカテゴリがあります。そして、ここには「異動」と「異動発生日」との項目があり、ここに記載があると何らかの「金融事故」を起こしたことがわかるのです。

金融事故とは、概ね次のような状況をいいます。

  • 延滞期間が長い
  • 保証会社に権利が移行された
  • 自己破産
  • 任意整理
  • 個人再生

これらの状況が「異動」欄に記載され「異動発生日」はその移動事由が記載された日となります。この「異動」欄に記載があると、新たな借り入れを行うことは不可能となりますし、借り入れ先からは一括返済を求められる状況に陥っているはずです。

このような状況になることを、世間一般に「ブラックリストに載る」といっているのです。

ブラックリストの期間

ブラックリストに載るということは、先ほど説明した「異動」欄に記載があることを示しています。そして、その内容は一生残るものではなく、ある一定期間経過すると削除されるのです。

ただし、削除される期間は移動事由によって異なってきます。ここでは、代表的な移動事由による掲載期間を紹介しておきましょう。

移動事由CIC
掲載期間
JICC
掲載期間
KSC
掲載期間
任意整理5年5年5年
個人再生5年5年10年
自己破産5年5年10年

「個人再生・自己破産」については、CICの異動自由にはその旨は登録されません。ですがその代わりに「返済状況」に「異動」と登録されます。その期間は5年ですが、KSCではその旨が10年掲載されます。

CIC・JICC・KSCは「CRIN(クリン)」と呼ばれる、信用情報の相互交流ネットワークを構築しています。ですから、CIC・JICCでは5年の掲載期間である「個人再生・自己破産」も、KSCでは10年となっているので、10年間はどこからも借り入れを行うことはできません。

また、クレジットカードの契約もできませんので、ご承知おきください。

10年経てば確実に再借り入れが可能なのか

この10年間というのは、完済してから10年となるのです。なので、完済するまでの返済期間を含めると早くて13年、長ければ15年経過してしまうケースもあります。

また、この10年間信用情報には借り入れした履歴がありません。つまり、完済してから10年経過すると、個人情報には何も登録されていない真っ白な状況となるのです。金融機関がこの状況を見れば、過去にブラックであったことがすぐにバレてしまいます。

ですから、登録が削除されても審査が厳しい状況になるのは、覚悟しておいた方がよいでしょう。

ブラックリストの確認方法

カードローンに申し込んで審査落ちしてしまうと「自分がブラックリストに載っているのでは?」と不安になることもあるでしょう。そんなときは、ご自身で調査することが可能です。

本人であれば開示請求を行うことができ、自分のクレヒスがよいのか悪いのか確認できます。

CIC・JICC・KSCへの開示請求の方法

それではここで、CIC・JICC・KSCの3機関への開示請求の方法を説明しましょう。

CICJICCKSC
手続き
方法
・パソコン、スマホ
・郵送で申請
・直接窓口で申請
・スマホ
・郵送で申請
・直接窓口で申請
郵送のみ
手数料
(税込)
パソコン、スマホ
⇒1,000円郵送で申請⇒1,000円直接窓口で申請
⇒500円
スマホ
⇒1,000円郵送で申請⇒1,000円直接窓口で申請
⇒500円
1,000円

パソコン・スマートフォンの開示請求方法(CIC)

パソコン・スマホを利用したインターネットでの開示請求では、支払いはクレジットカードのみとなっています。

ステップ1

クレジットカード、カードローンの契約時に登録している電話から、「0570-021-717」へ電話をかけて受付番号を取得

ステップ2

CICの公式サイトのページから「スマートフォンでの操作方法」「パソコンでの操作方法」のどちらかをクリック

ステップ3

受付番号と開示報告書(PDF形式)を開くためのパスワードを入力し「確定」をクリック

ステップ4

「開示報告書」のダウンロードが開始される

ステップ5

指定したパスワードで開示報告書を開く


以上の手順にてCICの開示請求を、パソコン・スマートフォンで行うことができます。

スマートフォンの開示請求の方法(JICC)

JICCでのインターネットによる開示請求は、スマートフォンからのみとなっています。

支払いは、クレジットカード・コンビニ・ペイジー・オンラインバンキングから好きな支払い方法を選ぶことができます。

ステップ1

専用アプリをダウンロード(JICC公式サイトにDL用のQRコードあり)

ステップ2

利用規約を確認後、メールアドレスを送信

ステップ3

JICCよりパスワードの発行

ステップ4

パスワードの入力

ステップ5

申し込み内容の入力

ステップ6

本人確認書類や自撮り写真の撮影と送信

ステップ7

手数料の支払方法を選択

ステップ8

申し込み内容の確認・決済の確認・開示結果の郵送


JICCの場合は、開示情報をダウンロードではなく決済確認後に郵送となるので、それなりの期間が必要となります。

【闇金には要注意】ブラックでも借りられるカードローンはない!

ブラックリストに記載されている期間は、どの金融機関からも融資を受けることは不可能な状況になります。

もちろん、先にお伝えしている通りクレジットカードも対象です。

ですが、ネット上には「ブラックOK」「ブラックでも100万円まで貸します」などのうたい文句で、借り入れを募集しているサイトが存在していますが、このようなサイトには決して手を出してはいけません。

貸金業登録されていない会社は「闇金」と呼ばれる怖い企業

現金を貸す商売をしている会社は、必ず貸金業者として拠点の財務局に登録する必要があります。登録が完了すると登録番号が発行され、サイト上でも登録番号を記載しなければならない義務があるのです。

「ブラックでもOK」などのいわゆる闇金では、貸金業者登録は行っていません。ですから、実際には登録番号が発行されないのでサイトには「関東財務局長(7)第09999号」など記載できないはずです。

  • ブラックでもOKのキャッチフレーズは危険
  • ほとんど危険な闇金と呼ばれる企業が行っている
  • 法定金利を無視した20%以上になる金利で貸し付ける
  • 反社会勢力に深い関りがある
  • 貸金業登録番号が載っていても偽物である
  • 番号を検索すればすぐにわかる

このような状況なので、貸金業の登録番号が載っていても疑ってかかり、検索して正体を見極めましょう。

ブラックでも借りられるカードローンもクレカも存在しない

ブラックリストというものは存在しません。個人信用情報機関に「異動」が登録されることを、ブラックリストに載るということは既にお伝えした通りです。

開示請求を行えば自分でブラックであるのか、そうでないのか見極めることが可能となります。

もしも、開示請求を行ってブラックであることが判明したらなら、以降の借り入れは諦めないといけません。

  • ブラックでも発行されるクレジットカードは絶対にない
  • ブラックでも審査に通るカードローンは絶対にない
  • どんな小さな借り入れでもブラックではできない

このような状況でお金を貸してくれるところは、本当に危険なところしかないのです。下手に手を出すと、今以上の借金を背負う羽目になり、人生の破滅に向かっていくのは間違いありません。

ですから、ブラックであることが判明した以上お金を借りて生活するのでなく、お金を返す工夫をすることを強くおすすめします。

元ブラックなら借りられるカードローン3選

大手消費者金融であれば、元ブラックであってもお金を借り入れることができる可能性があります。

元ブラックなら借りられる可能性のある消費者金融カードローンを3つ、比較表にまとめました。

会社名プロミスSMBCモビットアコム
イメージプロミスSMBCモビットアコム
金利(実質年率)4.5%〜17.8%3.0%〜18.0%3.0%〜18.0%
限度額500万円800万円800万円
審査期間最短30分
(事前審査最短15秒)
※1
最短30分
(簡易審査10秒)
※2
最短30分
融資スピード最短即日最短即日
※2
最短即日
(WEBで最短60分)
WEB完結
申し込み条件

・18歳以上69歳以下
・安定した収入のある方

・20歳以上69歳以下
・安定した収入のある方

・安定した収入のある方
(18,19歳の方は収入証明書の提出が必須)

詳細申し込む申し込む申し込む

※スクロールできます。

※1 事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります。
※2 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

ここからはそれぞれのカードローン会社を詳しく解説していきます。

プロミス

プロミス

プロミスの特徴

  1. WEB申込なら来店不要で最短30分融資も可能
  2. 土日祝日、原則24時間振込可能
  3. WABで完結、郵送物無し、内緒で借入可能
  4. はじめての方なら30日間利息0円
金利(実質年率)4.5%~17.8%
限度額最高500万円
審査期間最短30分
融資スピード最短30分
WEB完結可能
申し込み条件18歳以上、69歳以下で本人に安定した収入のある方
借入・返済方法
借入方法・プロミスATM
・三井住友銀行ATM
・セブン銀行ATM
・ローソン銀行ATM
・コンビニATM(E.net)
・ゆうちょ銀行ATM
・その他提携ATM
返済方法・インターネット返済
・口座振替
・店頭窓口
・プロミスATM
・銀行振り込み
・三井住友銀行ATM
・セブン銀行ATM
・ローソン銀行ATM
・コンビニATM(E.net)
・ゆうちょ銀行ATM
・その他提携ATM

プロミスは消費者金融会社の中でもなかなか懐の大きな会社で、元ブラックでもきちんと完済して個人信用情報機関から「異動」の登録が消えれば、貸し付けを行ってくれます。

ただし、その時の収入にもよりますが最初は30万円程の限度額となるでしょう。また、収入証明の提出なども求められるかも知れません。

ですが、継続した収入があれば貸し付けは問題ないでしょう。元ブラックで再度借り入れが必要になったなら、プロミスに申し込んでみるのもよいでしょう。

\ 30日間利息0円 /

プロミスに申し込む

WEB申込・最短30分融資可能

SMBCモビット

SMBCモビットの特徴

  1. 10秒で簡易審査結果を表示
  2. WEB完結は電話、郵送すべてなし
  3. 本審査の結果確認まで最短30分(※1)
  4. 21時までの電話契約なら最短3分(※1)で口座に振込
  5. セブン銀行ATMならスマホで24時間取引可能
金利(実質年率)3.0%~18.0%
限度額最高800万円
審査期間最短30分(10秒簡易審査)
(※1)
融資スピード最短3分(電話申込の場合)
最短即日(WEB申込の場合)
(※1)
WEB完結可能
申し込み条件年齢20歳以上、69歳まで、安定した定期収入のある方、SMBCモビットの基準を満たす方
借入・返済方法
借入方法・プロミスATM
・スマホ、PC、電話から振込依頼
・三菱UFJ銀行ATM
・三井住友銀行ATM
・セブン銀行ATM
・ローソン銀行ATM
・コンビニATM(E.net)
・イオン銀行ATM
・ゆうちょ銀行ATM
・その他提携ATM
返済方法・口座振替(三井住友銀行、三菱UFJ銀行またはみずほ銀行、ゆうちょ銀行のみ)
・銀行振り込み
・インターネット返済(ネットバンク)
・三菱UFJ銀行ATM
・三井住友銀行ATM
・セブン銀行ATM
・ローソン銀行ATM
・コンビニATM(E.net)
・イオン銀行ATM
・ゆうちょ銀行ATM
・その他提携ATM

(※1)申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットも、完済して個人信用情報機関にある「異動」の記載が消えているなら、元ブラックの方でも貸し付けを行ってくれます。

ですが、やはり高額な借り入れは、難しいと考えていた方がよいでしょう。さらに、元ブラックの方で既にクレジットカードのキャッシング枠を設定済みであれば、審査通過は難しくなります。

元ブラックの方がSMBCモビットに申し込むなら、どこの借り入れもない状態で申し込むことをおすすめします。

\ WEB完結 /

SMBCモビットに申し込む

WEB完結なら勤務先へ電話連絡なし

アコム

アコム

アコムの特徴

  1. 3項目の入力で診断する3秒診断を利用可能
  2. WEBですべて完結
  3. 最短30分で審査回答、即日振込も可能
  4. はじめての利用で30日間金利0円
  5. ネットやATMで24時間借入&返済が可能
金利(実質年率)3.0%~18.0%
限度額最高800万円
審査期間最短30分(仮審査は最短15秒)
融資スピード最短60分
WEB完結可能
申し込み条件安定した収入のある方
※18,19歳の方は収入証明書の提出が必須
借入・返済方法
借入方法・アコム店頭窓口
・アコムATM
・スマホ、PCから振込依頼
・セブン銀行ATM
・ローソン銀行ATM
・コンビニATM(E.net)
・三菱UFJ銀行ATM
・イオン銀行ATM
・その他提携ATM
返済方法・口座振替
・アコムATM
・アコム店頭窓口
・銀行振り込み
・インターネット返済(ネットバンク)
・セブン銀行ATM
・ローソン銀行ATM
・コンビニATM(E.net)
・三菱UFJ銀行ATM
・イオン銀行ATM
・その他提携ATM

アコムのカードローンなら元ブラックの方でも、審査通過は難しくないでしょう。当然ですが、申し込む時点で安定した収入があることが条件となります。

また、先のSMBCモビットのコメントと同様に他社の借り入れや、クレジットカードの取得などがない状態でないといけません。

他に申し込み歴や借り入れ履歴がないのであれば、アコムのカードローンに申し込めば高い確率で審査通過することでしょう。

\ 30日間金利0円 /

アコムに申し込む

最短30分で審査回答、即日振込も可能

ブラックがお金を借りたいときによくある質問

ブラックがお金を借りたいときによくある質問について、Q&A形式で回答していきます。

ブラックだとお金を借りることは出来ないの?

ブラックリストに載っているとは、過去に金融事故を起こし信用情報機関に登録されている状態です。

そうなってしまうと返済の信用性がないため、お金を借りることは出来ません。

とはいえ、一生残るものではないです。返済が完了してから5年ほど経過すれば、カードローン会社などでお金を借りられる可能性が出てきます。

ブラックだと思っていたら違ったというケースもあるので、まずは自分がブラックなのか確認してみましょう。

消費者金融と闇金は違うの?

闇金とは違法の金融業者のことです。貸金業法に基づく業者登録をせずに貸付を行っているため、金利が異常なほど高いです。一度借りてしまうと返済に追われ、厳しい取り立てをされる危険性もあります。

消費者金融は貸金業法に則って営業している貸金業者で、闇金とは異なります。

法律で決められた金利内での貸し付けのため、自分で返済のスケジュール管理すれば問題なく返していけます。

まとめ

今回は、ブラックについてお伝えしてきました。ブラックリストなるものが、実際にはどのようなモノであるかよくおわかり頂けたことでしょう。

また、残念ながらカードローンの審査に落ちてしまった場合、一度CICかJICCに開示請求を行ってみると、ご自分の状況を正確に把握できます。

もしもブラックになっていたら、「ブラックでもOK」などのサイトを決して利用してはいけません。その正体は「闇金」に他ならないのです。ブラックな方には、正規の金融会社は貸し付けを行うことはありませんからね。

とにかく最も大切なことは、借り入れをした後はキチンと返済計画を立てて、滞ることなく返済を行うことです。そうすれば、ブラックなど気にする必要もなくなります。

▼カードローン関連記事

※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事に掲載している情報は、可能な限り正確な情報となるよう努めておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合があります。
※本記事に掲載されているカードローン等のローン商品に関するご質問、お問い合わせにはお答えすることができません。各金融機関へ直接お問い合わせ頂きますようお願いいたします。
※カードローンのご利用は計画的に。お借り入れ条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。