お腹すいたけどお金がない。そんなときはどうすればいい?

「お腹すいたけどお金がない。そんなときはどうすればいい?」

今回は、上記のような悩みがある方向けに、下記の内容を詳しく解説していきます。

  • 空腹が続く危険性
  • お金があまりかからずお腹を満たせる食品
  • お金がないときの解決策
  • お金を上手に使うコツ

お金がなくて、お腹も空いている状態は危険です。

まずは現状を抜け出せるように、この記事を参考にしてくださいね。

お金がないからと、食べない状態が続くと危険

ご飯を食べないと空腹になるだけではなく、体調にさまざまな影響を及ぼします。

具体的な変化が表れるのは食後6時間後です。体のエネルギー源として使っているブドウ糖が体内から枯渇してしまい、脳の働きが鈍くなります。すると脳は、ブドウ糖の代わりになる体内の脂肪をエネルギーに変える働きをします。

しかし、脂肪をエネルギーに変換しても脳は十分な栄養が得られません。脳は十分なエネルギーを作れないため、どんどん思考能力が低下していきます。集中力がなくなってしまったり、やる気がなくなったりしてしまって、仕事も勉強も十分なコンディションでできません。

さらに食べるものがない状況が続くと、脳は体内のタンパク質を分解してエネルギーに変換しようとします。すると体の筋肉が衰える変化が起こります。他にも、体内で生成できないビタミンやミネラルが不足してしまい、病気になるリスクが高くなるため、何も食べないのは危険です。

健康な食生活ができなくなる

長期間食べない状況が続いた後、何か食べようとすると食べ物の選択に支障をきたします。人は空腹状態が続くと、無意識のうちに甘いものや炭水化物を選びがちです。甘いものや炭水化物を摂取すれば、食べていなかった反動もあり、気分としては非常に満たされるかもしれません。

しかし、炭水化物だけでお腹を満たしてしまうと、ブドウ糖の上昇を緩和させる脂肪やタンパク質、食物繊維が不足してしまいます。すると、血糖値が急上昇して低下する悪循環が起こります。そして、またすぐに空腹になったり、食べすぎてしまったりします。

消費したカロリーを補おうとして過食してしまい、吐き気や便秘が起こる他、疲労感や膨満感を覚える可能性が高くなるので危険です。

以上から分かる通り、辺に時間を開けて食事をしたり、そもそも食事をしなかったりすることは体にとってさまざまなリスクが潜んでいます。お金がなくて食事ができない場合でも、食べなくてはなりません。

お金があまりかからずお腹を満たせる食品

お金がない時でもお腹を満たせる食品は存在します。

お米や麺類、インスタント食品や缶詰はお金がかからずお腹を満たせます。

お米

お米は炊飯器を使わなくても炊く方法があります。フライパンを使う方法です。

お米1合に対して180mlから200mlの水を用意すれば、準備完了です。弱火で5分炊いた後、水に気泡が出てパチパチと音がするまで熱します。

フライパンに蓋をしたまま10分ほど蒸らせば温かいご飯の完成です。

卵や醤油、塩コショウなどを使用すればチャーハンが作れますし、納豆があれば栄養も摂取することができます。

麺類

麺類は長期の保存ができるので確保している人も多くいるでしょう。そうめんは麺つゆや水で薄めた醤油に砂糖を加えたつけ汁で食べるのがおすすめです。

そうめんはつゆを温めればにゅうめんとして食べられるので、好みに合わせて食べるのがおすすめです。味噌や七味などの調味料があれば、うどんやラーメンを作る際に重宝するのでさまざまなアレンジレシピが楽しめます。

しかし、スパゲッティの麺はアレンジするのが難しく、ソースや調味料を別途購入しなければ食べられないため注意が必要です。特に、お金がない状況だとかえって出費が増えるため、おすすめできません。自宅にある調味料だけでスパゲッティの調理ができない場合は、購入しないようにしましょう。

インスタント食品

インスタント食品やレトルト食品が家にあれば、1食分くらいは用意できます。カップラーメンやインスタントラーメンは保存ができて好きなタイミングで食べられるので、常備しておくのがおすすめです。

レトルト食品はカレーや牛丼、シチューなど豊富な種類があり、お金がなくてもさまざまな料理をすぐに用意できます。安売りの際に購入すればたくさん常備できるのでお金がない時の食事に最適です。

また、インスタント食品やレトルト食品は忙しい時でもサッと用意できる利点があるので、複数用意しておいて損をしない食品です。

缶詰

缶詰は組み合わせると立派なおかずを作れるので、買い置きの缶詰をチェックしてみましょう。缶詰は常温であっても数年の保存がきくので、期限に関しては心配無用です。

魚の缶詰の汁は濃厚で、ご飯や麺類と一緒に食べることもできます。さんまの蒲焼等の缶詰は、炊き込みご飯も作れる万能な缶詰です。缶詰は調理の幅が広く、アレンジも簡単なので自宅にある缶詰を確認してみましょう。

野菜室の野菜や冷凍してある肉類

生野菜は傷んでしまいがちですが、玉ねぎや人参、じゃがいもやごぼうなどの根菜類は日持ちするのでストックしておくことができます。特に、じゃがいもは野菜室で保存しておくと半年程度であれば問題なく食べられます。

野菜は不足しがちな栄養素を摂取できる貴重な食材なので、常備しておくようにしましょう。また、ラップに小分けした肉類を冷凍すれば、1か月程度は保存が可能です。傷みやすい肉類は冷凍保存して、食べるものが無い時に備えておくのがおすすめです。

お腹が空いたけどお金もないときの解決策

お金がなくてお腹が空いている場合は、食べものを確保する意識を持って行動しなければなりません。

親や兄弟に助けてもらう

親や兄弟に頼って食事をする方法です。実家に帰ってご飯を食べたり、兄弟と食事したりできれば、お腹を満たすことができるでしょう。また、親や兄弟は事情を話せばお金の援助をしてくれる可能性があります。

返済の期限など、細かい取り決めはたとえ身内であってもおこなわなければなりませんが、問題の解決ができるかもしれません。まずは親や兄弟を頼ってみましょう。

カードローン会社を利用する

カードローンとは、消費者金融や銀行からお金を借りるサービスです。

お金を借りるのは怖いと感じる方もいるかもしれませんが、国に決められた金利内で借り入れができるため、しっかり返済計画を立てれば無理なく返済できます。

返済額や返済方法も自由度が高いため、無理なく返済できるでしょう。

すぐにお金が必要だという方は消費者金融カードローン

消費者金融カードローンは、すぐにお金が必要な方におすすめです。

最短で即日お金を受け取ることができるため、「お腹が空いてどうしようもない」「今日食べるものがない」というピンチの方に最適です。

消費者金融でおすすめなのが、アイフルです。

アイフルの特徴

  1. WEB申し込みで郵送物なし
  2. スマホアプリの利用でカード不要
  3. 審査も融資もスピーディーな最短25分

審査スピードも速く、最短25分で完了します。

また、30日間が利息が付きません。

つまり、タダでお金を借りられるということです。

申込時間によっては明日以降になってしまう可能性もあるため、早めに申し込みましょう。

\ 最大30日間利息0円 /

アイフルに申し込む

WEB申込なら最短25分で融資も可能
他の消費者金融カードローンと比較したい方はこちら「消費者金融おすすめランキング【2022】人気のカードローンを比較!

金利を抑えたいなら銀行カードローン

すぐにお金が借りられなくても大丈夫なら、金利を抑えられる銀行カードローンが良いでしょう。

銀行カードローンは審査に数日かかることがあるため、即日でお金を手にするのは難しいですが、消費者金融カードローンに比べて金利が数%低いです。

銀行カードローンでおすすめなのが、三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」です。

三菱UFJ銀行カードローン・バンクイックの特徴

  1. 24時間申し込み可能
  2. 三菱UFJ銀行の口座不要
  3. ATM手数料無料

三菱UFJ銀行は誰もが知っている超大手銀行ですよね。

三菱UFJ銀行を使っていない方もいると思いますが、口座がなくても融資を受けることができます。

借入・返済ともに提携先のATMと三菱UFJ銀行ATMが利用できるので、利便性も高いです。

\ WEBで申込完結 /

三菱UFJ銀行カードローンバンクイックに申し込む

24時間申込OK
他の銀行カードローンと比較したい方はこちら「【10社金利比較】銀行カードローンおすすめ10選

友人に相談してみる

親や兄弟を頼れない場合は、友人に相談してみるのもおすすめです。誰でも前向きに対応してくれるわけではありませんが、以前貸し借りをおこなった関係のある友人なら助けてくれるかもしれません。

しかし、お金を借りる場合はきちんと返済しなければ、今後の関係に影響を及ぼすことは明白です。相談できる友人がいない場合、同僚や先輩、上司に相談するのも手段の1つではありますが、他の社員にお金がない状況を知られてしまったり、だらしない人だと認識されてしまったりと、ある程度のリスクがあります。

今後一緒に働いていく上の弊害になってしまう可能性があるので、会社の人に相談するのは状況やタイミングを見計らいましょう。

日払いのアルバイトをする

忙しい日々に追われている状況でなければ、日雇いのアルバイトをするのもおすすめです。働いた当日にお金を確保できれば、帰りに食べるものを確保できます。ただし、長時間食べ物を摂取していないのであれば、体力を使う仕事は避けましょう。

倒れてしまったり、病院に運ばれてしまったりするとお金がかかってしまいます。また、日雇いのアルバイトでも、給与の支払い方法はチェックしておきましょう。場合によっては週払いやまとめて月に1回支払う方法を採用していることもあるためです。

すぐにお金が必要な場合は、即日払いの仕事を選ぶようにしましょう。さらに、応募から面接までの時間も考えておかなければなりません。実際に働くまでに時間がかかりすぎると、現状の空腹に対応できない場合があります。

公的機関やNPOなどに頼る

明日食べるものがなかったり、手持ちのお金がなかったりして、生きていけない場合は生活困窮者自立支援制度を利用しましょう。住んでいる地域の自治体には、生活困窮者自立支援制度の相談窓口があり、支援のサポートをしてくれます。

さらに、フードバンクの紹介もしてもらえて、無料で食品がもらえます。役所の窓口に行く元気もない場合は、よりそいホットラインなどの相談できる制度を利用しましょう。

24時間通話無料であるため、電話代を気にしないで相談ができます。誰にも相談できない場合に利用しましょう。

普段からできるお金を上手に使うコツ

普段の買い物のやり方を少し工夫するだけで、日常的にお金を上手に使えます。

日頃の買い物を意識すれば、明日食べる物がない状況を避けられるので、以下を参考にしてみてください。

空腹時には買い物をしない

空腹時に買い物をしないように意識するだけで、お金を上手に使えます。空腹時に買い物をすると、すぐに食べられるお弁当や惣菜を購入してしまいがちで、意外と出費をしてしまいます。

必要な食材だけを購入するためにも、空腹時の買い物を避けるようにしましょう。また、必要な物だけをリストアップして、リストにないものを購入しないようにするなど、対策を取るのもおすすめです。

コンビニには立ち寄らない

コンビニは割引や値引きがされていない定価の商品が多く、スーパーよりも高額で商品が売られています。コンビニは24時間営業しているので、急いでいる時や夜中の買い物に最適ではありますが、上手なお金の使い方をしているとは言えません。

さらに、コンビニには誘惑が多く、必要な商品が並んでいる棚に行くまでにさまざまな商品を見かけます。つまり、不要な物を購入してしまいがちです。誘惑が多いコンビニには立ち寄らないようにして、スーパーやドラッグストアを利用して食べ物や備品を購入するのがおすすめです。

タイムセール品を買う

食材を購入する際は、タイムセール品や見切り品を購入しましょう。出費をかなり抑えられます。特に、旬の食材は見逃せません。旬の食材は出始めると高額である場合もありますが、数週間もすれば市場に多く出回るため、低価格で旬の食材を楽しめます。

栄養価も高く、お金がない時に活躍する食材として適していて、季節も感じられます。ただし、タイムセール品や見切り品、季節の食材に注目しながら買い物をすると、安価であるためつい買いすぎてしまう場合があるので注意が必要です。

買いだめをしない

食材の買いだめをすると、そもそも買い物に行く必要がなくなるので出費を抑えられる利点があります。しかし、使いきれずに捨ててしまうリスクがあるので、慣れないうちは買いだめを避けましょう。

使わない食材や調味料は買いだめせず、使い物だけを買いだめする方法から実践していくのがおすすめです。インスタント食品やレトルト食品は安売りされていますが、自宅に備えてある食品を消化できていないと結局無駄にしてしまう場合があるので注意しましょう。

細かな食費設定を行う

食費の予算を細かく設定しておくと、無駄な買い物を減らせます。具体的には1週間単位や1日単位など、自分が管理しやすい予算を決めてみましょう。

買い物に必要なお金を持ち歩かなくなる上「お金がないので不要な買い物ができない」状況を意図的に作ることができます。慣れないうちに長期間の見通した食費を設定してしまうと、予算がなくなってしまったり、衝動買いをしてしまったりするリスクがあるので、おすすめできません。

まとめ

空腹の状態が続くと、体に悪影響なので早急に対処する必要があります。まずは自宅の食べ物をチェックしてみて、空腹が満たしましょう。自宅に何もない場合は、家族や友人に相談したり、公的機関やNPOに頼ったりしてみてください。

そして、普段から上手にお金を使うように意識を持つようにしましょう。食べるものがない状況を未然に防ぐことができます。困った時は一人で悩まずに、誰かに相談することが大切です。

▼カードローン関連記事

※本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
※本記事に掲載している情報は、可能な限り正確な情報となるよう努めておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合があります。
※本記事に掲載されているカードローン等のローン商品に関するご質問、お問い合わせにはお答えすることができません。各金融機関へ直接お問い合わせ頂きますようお願いいたします。
※カードローンのご利用は計画的に。お借り入れ条件をご確認のうえ、借りすぎに注意しましょう。